*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
JRS
こんばんは

品行方正なブリーダー TreeMate です。

いやぁ、言うまいと決めてましたが言いますね、暑いっすね。
陽が落ちても全然涼しくない。瀬戸の夕凪、風も吹かん。
夕方になるとわんこの散歩に出かけるんですが汗だくになりますね。

この週末ぅの~夜~はぁ~おれにくれないかぁ~?
たとえ最初でぇ最後ぉの夜ぅでもぉ~ (もうひとつの土曜日)

クソ暑い夕暮れにわんこ連れて汗だくで熱唱。
年を取ると自分で歌いながら泣けるという芸当が可能になります。
ナニ見てんだよ?歌おうが泣こうがあたしの勝手でしょー?

DSC09375_convert_20170728000752.jpg

帰宅してくそいぬに餌やって夕飯とビール準備してテレビつけるでしょ、
じぃっと観ててもすぐ投げないからさ、メシ食うじゃん、その間にひとくち。
その瞬間に打ってんじゃねーよ!何なんだよ、まじ。観客ワァ!だって。
スポーツ観戦で結果大体はリプレイで観るって言うね・・まぁあるあるですか。


クレステッドゲッコウとは付き合いが長い。
DSC09368_convert_20170723190649.jpg
丈夫で飼い易くよく殖える。
ニューカレドニアの旧ラコダクの中で一番メジャーな存在。
一目で外産。メジャーになって見慣れたがかなりエキゾチックな風貌。
DSC09359_convert_20170723190640.jpg
今、うちじゃチャホウアやサラシノなんかが人気があってよく売れる。
それ自体が魅力的なヤモリだとも言えるがやはり少し珍しいのもある。
けど冷静に見ていっちゃん珍しいのはやっぱクレスだぞ?そーとー珍種。
DSC09423_convert_20170728000845.jpg
立体活動をする樹上性種(壁面性カベチョロではない)にしてこの頭でっかち。
尾を失った個体はほとんどカエルみたい。ただでさえよく跳ねるし。
2年ぐらい前まで正直飽きてたが去年ぐらいからやはり面白いと思い直す。
眼上から背まで続くフリンジが十数年ぶりに新鮮で魅力的に見えてしょうがない。
クレステッドなのにクレストではなくフリンジと呼ぶ私のひねくれ具合(笑)

そこそこ付き合いの長いガーゴイルゲッコウは当然うちのクリーンナップ
DSC09409_convert_20170728000858.jpg
魅力的なホソユビミカドヤモリは多様な環境に棲息しペットの歴史も長い。
体色パターンのバリエーションが多様過ぎて様々な色や模様が存在する。
クレスの場合は、多少の選別交配モルフ的な色彩の差異が認められるが
ガーゴイルはほとんど人為的な要素を感じにくいのが魅力。
モルフ的な派手なレッドの個体でも自然化で普通に見られる範疇に過ぎない。
人為的セレクティブブリードも多少はありますよ、そりゃね。
改良品種的な劣性遺伝がどうとかとはまた違うんだけど、まぁ子は親に似る。
DSC09403_convert_20170728000937.jpg
可愛いね。けどCB顔してるわ、気に入らないわ(笑)
よく似たサイズ感だが華奢なクレスよりどっしりしてて重厚ですよね。
ペット感覚で飼育するってんならこちらの方がより「動物感」がある・・のかな。
顎の力が強いのでド成体に咬みつかれると皮膚が切れる程度の傷は負う。
クレスより多湿と低温を好み水切れに弱い。

とーとつに話が飛ぶがタワヤモリ
DSC09456_convert_20170729215103.jpg
これは徳島県産。結構探したがいるところにはちゃんといる。
香川ではニホンヤモリと棲み分けてたが徳島では同所的に棲息していた。
局所的に見られる。どちらかといえば追われた立場の種類なのかも知れないな。

こいついいでしょう?変な体色パターン・・グラニットとでも呼ぼうか(笑)
DSC09459_convert_20170729215114.jpg
捕獲時に尻尾は切っちゃったけどね、逃がさなかった。
日本土着のヤモリは結構寂しいところにしかいないので調査は楽しいけど怖い。
夜の山道は危険がいっぱい。マムシや野獣は当然。
とは別に山ん中でワケわかんないベンツとかエンジンかけてずっと停まってたり。
「なんかの取り引きでもしてんのか?じゃあもう一台来るのか?ただのSEXか?」
「不法投棄ならまだしも死体とか棄てたりするんじゃねーだろーな?」
建物中心に探してたら見るからに怨念の塊みたいな廃墟もあるし。
「う・・こりゃあ・・なかなかの雰囲気・・地元民に聞いたら逸話が出てきそう」とか。
たとえ山中で首吊り見つけてもシカトするからな!とか色々怖い。
まぁ傍から見りゃうちらも相当ヤバイやつに映るんだろうけどね。

まぁ来月は静岡ジャパンレプタイルスショーに出るもんでしてね、
それにあたって主力選手の紹介でもしておきましょうかと思いまして。
クレスとガーゴのハナシね。アピールしとかないとね。
別にタワヤモリは商売関係ない。売る気もねーし。買い手もいないし。

昨今は大型イベントも増え静岡伝説も以前ほどではない風潮がございますが
やっぱり静岡JRSはこのイベント飽和時代の中でも一味違いますよ。ほんとに。
法令は遵守するが行政や世論に媚びる事は一切ない。
一般への爬虫類の普及もあるがそれよりまずマニアの為のイベント。
購入者である飼育者と販売者や関係者の為のイベント。ゆえに趣向も規模も違う。
うちのブースに来てってんじゃなくてイベント自体に是非、お越しになっていただきたい。
夏の本番。生きた伝説レップジャパン主催。
そこにはこの業界の全てが詰まってる。

では、また次回~
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR