*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
勃ち・・立ち上げ
こんにちは

完全に発熱中のTreeMateです。
作業してても冷や汗ダラダラ。
それでも愛好家は夕暮れ天然光でバスキング!
037_convert_20170530151315.jpg
だってもったいないじゃんよ、いい気候だし。

風が気持ち良い・・微熱少女。 少女?まぁいいよ、流せ。
でも熱って気持ちイイですね、セキもハナも出ないから苦しくはない。
ボーッとしてほどよく寒気がしてヨーグルトと梅干ご飯食べて布団かぶって寝る。
歩くと雲踏んでるみたいにフワフワして面白い。 雲踏んだ事ないけどね。
汗かくんだけはイヤね。

最近はちょっと遠出したら体調崩しやがる。疲れがとれねぇ。
下腹んとこ重いし。もうね、年取ったら色々重いのよ。

で、新入荷

オマキトカゲモドキ ペア
005_convert_20170530150831.jpg
いわゆるマレーとかって呼ばれるやつ。
基亜種つうか別種つうか私得意のセスジオマキとは別物。

さすがに導入直後で痩せてるがこんなもんといえばこんなもんだよ。
全体的に細身の種類でセスジよりか少しだけ樹上性が強い気がする。
植物の細い葉っぱとかに絡まるようにとまったりするよね。
004_convert_20170530150817.jpg
とはいっても地上部にもシェルターは必須で下はあまり湿らせてもまずい。
背を覆う幾何学模様は個体によって異なり体色によっては金属光沢も帯びる。
金属光沢の色の薄い個体は最近見てないがあれはまた別タクソンなのかな?
002_convert_20170530150806.jpg
状態は悪くない。良い着状態。
野生種にCBばりのクオリティを要求してはいけない。
弱そうな外観だが飼育のサイクルができてきたら怖れる事はない。余裕よ。
ちょっと動きのスローなゴニウロといった感じ。駆虫するかどうかは・・その時次第。
ペア19000円

続いて、
トウブクビワトカゲ
015_convert_20170530151025.jpg
カラードリザード。 いいね~、オスしかとれなかったけどいいね~!大好き!
もちろん、痩せこけてるし駆虫もしていない、ワイルド感満載のトウブクビワ。

見ろよ、この厳つい獣脚類みたいな骨ばったツラ!(痩せている)
メラニンの生成が強く暗色部が目立ちメリハリがあるのは野生種の常。
016_convert_20170530151038.jpg
貧相だな、おい。 だが立ち上がれば立派な大型個体。
日中は摂氏50℃近くになる乾燥した荒野の住人だがまずは霧吹き。
有鱗目の皮膚には浸透性がある。水分を隅々まで行き渡らせる。
水いれに落ちた水滴で水場を発見し首突っ込んでグビグビ飲む。
この時冷水ってのはあまり良くないのである程度水温を合わせた水。
018_convert_20170530150958.jpg
しばらくは水だけで過ごさせる。心配ならグラブパイでもクチに含ませる。
乾燥域に棲む種類でも必要なのは水分。湿度があればまず死なない。
いつだって、生き物は水を確保しようと必死なのだ。
オスのみ 8800円

ビフォーアフター、対比としてうちの飼い込みの越冬組の画像を。
020_convert_20170530151053.jpg
飼育下あるあるでメラニンの生成が甘く多少のハイポ感が出る。
019_convert_20170530151105.jpg
飼えば餌を待つ姿が愛らしい。飛び上がってピンセットに食いつく。

CB。
022_convert_20170530151128.jpg
より明色部の白さが引き立つ。継続して繁殖させるなら面白いペットになる。
セレクティブブリードなんて品種作成的な事にはまるで興味がないが売るなら
そういった感覚も必要になってくるのかも知れない。
CBオス 20000円

では、〆はバスキング中のヘンケリーちゃんの画像で。
006_convert_20170530150842.jpg
可愛い・・・! 練り餌からトカゲまでパックン、パックン!
007_convert_20170530150852.jpg
ツギオにだけは全個体名前がある。 恥ずいから教えないけど。

コイツも美しい
010_convert_20170530150915.jpg
ラコダク、旧ラコダクはやはり私にとって特別。やっぱニューカレドニア!
013_convert_20170530150941.jpg
あの閉鎖的な島の中でイシヤモリ亜科の生存競争とその進化。
自然の揺り篭が生み出した特異な連中の事を思うと長く空想に浸ってしまう。

では、また次回~




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR