*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
空想こそが大事なんだ。
お控えなすって!
ああ、どうぞあんさんからお控えなすってください!
では、三尺三寸借りまして、手前、生国と発しまするは四国に御座います。
四国四国と申しましてもいささか広う御座います。
鳴門の渦潮で産湯をつかい、稼業 駆け出しの未熟者、されど腕と度胸の
野生のドラ猫、口先仁義御免こうむります・・・

なんて、新しく問屋を訪ねる際にはきちんと仁義切った方がいいのかしら?

五社秀雄が大好きなTreeMateです。

すごく、涼しいですね、快適。
エアコンなしでキャミ1枚で過ごせる環境が理想的ですね。
曇ったり小雨の日はバスキング日和。
025_convert_20160625024140.jpg
ですが・・もう、蚊がすごくて・・たまんない。
バットハウスでも建ててイエコウモリ大量に巣食わせたい気分です。
皆さん、コウモリはお好きですか?
037_convert_20160625024226.jpg
もっとも普通に見られるイエコウモリは皆様も観察したことがおありでしょう。

イエコウモリほど日常的に手軽に観察できる野生の哺乳類は他にいない。
ネズミやイタチやウサギもよく見かけるが絶対ではない。探すといないものよ。
コウモリだけは明日も明後日も観察が約束されている貴重な種類だ。
040_convert_20160625024248.jpg
この時期ならばお腹に赤ちゃん付けた母親や何とかようやっと飛行し始めた
幼獣も観察できる。この幼獣はずっと見ていればだいたい疲れてすぐどこか
適当なところに止まって休憩する。もう飛べなければそのまま死ぬ事も多い。
042_convert_20160625024300.jpg
小5の頃、コウモリに魅せられてからずっと自分の好きな動物ランキング№1
この座が危うかった事すらない。ずっと不動の一位を守り続けている。

現在では翼手類の輸入は禁止されており、野生種だろうが養殖モノだろうが
ペットとして海外からは持ち込めない。絶対に。病気持ってるからね、危ない。
今、流通してる個体はかつて輸入されたものがこの国で殖えてその末裔だ。
045_convert_20160625024314.jpg
わたしが業界に色気を出し始めた頃は種数は多くないものの食虫性の
小翼手亜目も割りと普通に流通していた。
現在の立場と流通状況が合わないのはよくある事でもう少し早くわたしが
このバイを始めたならばきっと大量に収集し成否はわからぬが人工養殖を
志していた事だろう。そしたら皆様にも素晴らしいペットのコウモリをご提供
できた事だろうに、いや、実に惜しい・・!
048_convert_20160625172000.jpg
現在となってはもうそれらの種類を新たに入手する事はほぼ不可能だが
何かしらの奇跡が起こり扱うことが出来るなら私はその飼育、繁殖、研究
に現在持ちうる多くのものを犠牲にしてでも尽力する事だろう。

いや、ハナシは逸れるがまったくもって美しいマツゲイシだ
052_convert_20160625024324.jpg
さて、ヤモリなんてどうでもいい、コウモリだ。
大学などの研究用に飼育されているコウモリでのデータだが飼育・繁殖が
比較的容易な種はコキクガシラコウモリ、ウサギコウモリなどが挙げられる。

人工飼料にも餌付きがよく、飼育下での産子の育成の話も聞いた事がある。
両種とも科は違うが広短型の翼を持ちヒラヒラと低速で樹間をたくみに飛行
しながら止まっている甲虫や大型の蛾などを拾い食いする生活様式を持つ。
015_convert_20160625024513.jpg
実にいい。この大型の昆虫類を捕食するカンジが飼育欲、いや飼育成功の
可能性が期待できる。イエコウモリやユビナガコウモリ等の高度の高いところ
を高速で飛行する連中は餌となるのは専ら飛行昆虫で量食ってナンボの世界。
こういった食性を持つ種はおそらく飼育しづらいと想像する。

観光地に現れる種類は悪食で物怖じしない
001_convert_20160619211559.jpg
食虫性の動物を飼育する機会ならトカゲ類が代表的だろう。
トカゲでも小さなカスカスの肉少なめの筋ばっかみたいな昆虫を大量に専食
する連中はえてして長期飼育が困難な傾向にある。栄養管理等が難しく妙に
太らせて内臓に負担がかかったり消化面でも不具合が出てくる事もあるはず。
ガッツリと大型の昆虫を飛びながら食すのではなく狩ったあとに枝に止まって
食すこれらの森林棲のコウモリなら確かに人工飼料にも無理なく移行できそう。

イグアナ科ってのは丈夫にできていて旧世界のカウンターパート、アガマ科よりも
輸入時の立ち上げや飼育におけるトラブル時の荒療治にも比較的ムチャがきく

011_convert_20160625024445.jpg
わたしは現在、エジプシャンルーセットオオコウモリの養殖、販売を行っている。
コウモリなしにはわたしの人生は成立しないのだ。
なら、流通可能な種はルーセット属だけでもわかってるだけであと数種類いるし、
もっと典型的な大型のオオコウモリも数種は流通するので入手できるがしていない。
流通する機会が少ないので高額になるという金銭的な問題もあるがそうじゃない。
わたしにとってのコウモリとはやはり小翼手亜目、コガタコウモリなのだ。
005_convert_20160619213204.jpg
耳が大きくて小さい眼でエコーロケーションを行う種類こそコウモリらしく感じる。
数グラムにも満たない体重でトーパー機能により活動時に体温が上昇するやつら。
キツネみたいな顔した可聴音で鳴くコウモリにそこまで入れ込む気にはなれなかった。
002_convert_20160625024422.jpg
「ヒナコウモリ科やアラコウモリ科やヘラコウモリ科のコウモリが飼えないなら、
ボクは・・・・コウモリは・・・いいです。 あ、でも僅かながらエコーロケーション
を使う洞窟棲のルーセット属なら是非とも扱いたいです・・・」ってカンジかな?

もし、仮に、奇跡的にものすごい偶然があって素晴らしい人脈を得たとして、
保護目的、もしくは研究用の外国産種の余剰個体を譲渡される事があった
としても、きっと養殖しての販売や飼育状況のお披露目は許されないだろう。

わたしはすでに商売人、銭の亡者・・・純粋な愛好家、研究家としての心などは
もはや幾許も残ってはいない。 だから、たぶん断るだろうな。
自由にできない個体なら、要らないんだ。
(研究者は実際に研究者、研究家は誰でも勝手に名乗っていい。例:料理研究家)

こうして、わたしのコウモリ飼育の夢はもう・・実現する事はないのである。
あと数年、数年だけこの稼業を目指すのがはやければなぁ・・また違ったかも(笑)
003_convert_20160625024434.jpg
でも、構わない。だってこうやって空想で飼育を模索するだけで楽しいものです。
そうやって子供の頃から頭の中でオオヤマネコやセグロジャッカルを飼育してきた。
「待てよ、オオヤマネコはやはり危ないな、もう少し南下してジャガランディ程度なら・・」
「クズリは馴れなかったら最悪だ。けどラーテルなら凶暴だがまだ小型で云々・・・」
空想はリアrティがなければ楽しめない。だからT-レックスは登場しない。
リアリティはマスターベーションにだって不可欠でしょう?

では、また次回~




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

初コメです。
初めまして~!
いつもニヤニヤしながら読ませてもらってます。(笑)クレスとバルバータスをペアで飼い始めた初心者です。この赤いのはクレスですよね?こんな赤いのは初めて見ました!仙台には居ません。(泣)いつか四国に行ってゲットしたいです。
新潟にもいませ〜ん。

という訳でいつか甲信越〜東北出張お待ちしております!
Re: 初コメです。
仙台のアキラさま、こんばんは。
コメントありがとうございます。

いや、確かにまあまあ紅いベビーなんですが時間帯によります。
それに、画像は多少は盛った仕上がりになってます。
ブリックスレッドと呼ばれるハッチでもまじ紅いのは一握りです。
選別交配していけばクオリティも上がるかも知れませんね。
Re: タイトルなし
通りすがり様、こんばんは。
コメントありがとうございます。


新潟ですか。佐渡島。
いつか行ってみたいですね。マジで。
東北ってマジで興味あるんですよ。
プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR