*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
松山
こんばんは

暖かい。 日中はかなり気温が上がる危険がある。
飼育部屋をエアコン管理してるひとは気を付けたほうがいい。

「気を付けたほうがいい」 だと?
上からモノ言ってんじゃねーぞ!このクソアマ!

はい。 申し訳ございません。

さて、
とべ動物園は実に25年ぶり。 
DSC05472_convert_20160306203204.jpg
シャツワンピ貸してあげたのよ。似合ってる

とべ動物園と言えばピース 16歳になったらしい。
もうおっきくなってるけど、やはりあどけなくて愛らしい
DSC05400_convert_20160306202609.jpg
真っ白フワフワ。 ぬいぐるみ感満載で抱きつきたい
でもやっぱ命は惜しいわ。

ゾウの赤ちゃん。
6月に生まれたらしいから、まだお母さんベッタリです。
DSC05406_convert_20160306202624.jpg
なんか見てないけどアトラクションがあってね、展示場を二つに仕切ってる。
で、片方に準備のために餌とかセッティングしてるんだけど、仔ゾウが我慢できない。
DSC05446_convert_20160306203004.jpg
めっちゃ可愛くて、何回も飼育員さんに追い返されても餌欲しいから出てくるの。
子どもだもんね、我慢できないよね。
DSC05444_convert_20160306202951.jpg
で、素晴らしいのが飼育員のみならず母親が仔ゾウを戻す手伝いをするワケ。
なんと動物がだ。 
この飼育下におけるルールとかショーとかを理解してしつけてる。
「まだ早い、もうちょっと待て。」と言わんばかりに人間と協力して子どもを枠内に戻すの。
すでにそれだけで最高のショーだったよ。

ゾウさんって最高!

このブログを継続して見てくれてるならご存知の方もいらっしゃる事と思いますが
わたしは有蹄類が好きだ。かなり好き。
それに、実際わたしのような動物業者は小型の変わった動物は見慣れている。
小型の爬虫類や節足類なら、よりマニアックなものを普段から扱っているワケ。

じゃあテンション上がるのは大型の哺乳類でしょ!
もともと好きだし、動物園でしか見る事ができない種類が醍醐味だ!

では、偶蹄類、奇蹄類の画像を。
DSC05418_convert_20160306202744.jpg
あんまでっかいのは無理だけど、いつか偶蹄類を飼ってみたい。
DSC05421_convert_20160306202815.jpg
ポットベリーみたいなお部屋ん中じゃなくて外で放牧する系のグレイザーを。

キリンはブラウザー。
反芻獣の食性のアレコレについてはまた今度ブログで紹介しよう。
DSC05432_convert_20160306202843.jpg
クロサイ。
まるでアルシノテリウムとか古代の重脚目を思わせる雰囲気だ。 
もちろん奇蹄目だが。
だから大型哺乳類が好きなんだ。その姿に漸新世を感じれてロマンがあるんだ。
DSC05437_convert_20160306202910.jpg
奇蹄類はなんか古いタイプの獣なカンジがしてステキよね。
DSC05466_convert_20160306203057.jpg
かなり昔にさ、バクいらない?って打診された事があった。
「スマン、いらない。」って言ったっけな。

爬虫類館はでかいマレーガビアルが素晴らしくて印象的。
けど、動物園でアメラニのインペラトールボアとかバーミーズ見せられてもな。
原種のデッカイのが見たかったぜ!


で、県庁前の美術館にて進化の展示やってたんで。「生命大躍進」
TreeMateのテーマは進化と種分化だ。
DSC05474_convert_20160306203259.jpg
内容はわたしのようなオタクなら常識的な事も多いが勉強になった事も多い。
DSC05482_convert_20160306203420.jpg
180㎝ある大型のウミサソリの化石展示が印象的だった。

巨大なディニクチスから逃げるウミサソリ。
DSC05479_convert_20160306203330.jpg
トリックアート記念撮影。
「ここはあたしが抑える!さぁお逃げ!ウミサソリ!」
DSC05486_convert_20160306203509.jpg
「オラァ!今度はウチが相手じゃあ!!」
DSC05489_convert_20160306203522.jpg
子どもが多かったが子どもにしては学術的すぎる展示だった。
わたしは基本的には楽しめたが暁獣類については展示も多くて良かったが
鳥類についてはあまり触れていなかったのが残念だった。

せっかく松山まで来たんだ、ちょっと寄ってみよう。
DSC05512_convert_20160306203733.jpg
「ポンコツさま~ず」で英孝ちゃんと児島が来てた温泉街の入口の足湯。
DSC05523_convert_20160306203808.jpg
タオルも持ってないのにな(笑)
いいんだよ、旅だから。
DSC05517_convert_20160306203755.jpg
千と千尋の世界だぜ!
DSC05524_convert_20160306234417.jpg
黒なんて着てっから周りに同化してわかんねーや、足上げてまーす!

松山だけど夕食は何故か熊本ラーメン!
DSC05526_convert_20160306203834.jpg
めっちゃ美味かった!
しかもそんなに期待してなかったセットの焼き飯が意外に美味くて!
レディースセットって割りにゃ結構、量が多くて満腹で満足。

で、この一連の出来事を見せられてどないせえっちゅうんじゃ?
というお声も多いかと思います。

ま、カネもないのにヒマ人ぶり発揮してるって事ですよ。
大丈夫!帰ったら仕事すんだから! 疲れてなければ。

ハッチ情報

ガーゴイルゲッコウ
DSC05391_convert_20160306202458.jpg
ホラ、仕事残ってる(笑)
体格のいいハッチだ!色はくだんねーけど。

では、また次回~



















スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

こんばんは!
このあいだのヘラオがもう、飼えば飼うほど素晴らしくて。
忍者みたいに動き回っていて発色も素晴らしいです!
よく喰うし!トラ柄!
またお邪魔させて下さい。

ちなみに。白鳥動物園ってどうですか?
行こうか迷い結局行ってないんですけども…。
Re: タイトルなし
西田 様、コメントありがとうございます。
ヘラオいいでしょう?いいヤモリなんですよ。
ヘラオの中では寿命も長く飼い込むほどに迫力がでます!
うちにはいつでもいらしてください。
白鳥は良い動物園ですよ、見どころ満載です。
またメールします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ガーゴイルゲッコーについて
山本 様
コメントありがとうございます。

現在、ガーゴイルゲッコウの赤ちゃんは数頭いますが、どれもまだ販売には小さいです。
ある程度のスペック、餌食い等を確認してから販売しています。申し訳ありません。
1頭だけ、いいサイズがいますけど。

お問い合わせの際はお手数かけますがコメントではなくメールでお願い致します。
treemate@hotmail.co.jp


プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR