*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
詣で詣でと申。
おはこんばんちは

ちょっとお菓子食べ過ぎたのか、空気が乾燥してるのか
なんか肌アレしてます。

やっと初詣に行ってきました!地元の大麻比古神社
人気スポットです。

もう10日だぜ、空いてるはず。
と、思ったのにまあまあの行列。 まじか。
さすがにもう的屋はいなかったが。

このご老体ご一行様は写真撮ってるっぽいので立ち止まってくれたが
こっちが景色込みの引きのアングルなのであまり意味はない。
DSC00858_convert_20160111175219.jpg
いや、やはり神社はいい。厳かで神聖な気持ちになりました。
DSC00860_convert_20160111175232.jpg
こういった神社などにある大木には樹洞をねぐらにする森林棲のコウモリが
棲みつく事がよくある。 見た感じではこの樹にはいないと思われるけどね。

個人的にヒットだったのは新調された狛犬の前掛け。
DSC00863_convert_20160111175243.jpg
何か気に入ってるように見えて、可愛かった。「コレええやろ?」って感じ(笑)
でも、ねこでいいんだ?

天気が良くて、山あいだから気温は低いが気持ち良かった。
DSC00866_convert_20160111175259.jpg
寒いから身が引き締まって清らかで、参拝にも気持ちが入る。

お!サル発見!
DSC00871_convert_20160111175319.jpg
神社の張り出した枝から道路に葉っぱとか枝とか落としてやがる。
いつもは小ざかしいサル共も今年の干支だから何か縁起が良く思える。
DSC00874_convert_20160111175331.jpg
この大麻町から北側、西側の鳴門市の山林にはサルが多い。
鳴門では取り立てて珍しい光景でもない。とくに冬場はその姿をよく見る。
DSC00875_convert_20160111175342.jpg
とくに人を恐れず近くでも集団を観察できる。
人里に来ると作物荒らしたりロクな事をしないが微笑ましくもある。
そこまで危険な事になる印象はないが、むやみに近寄らない方がいい。
だって咬まれてもどこに文句言っていくよ?労災も下りない(笑)

まだ若い個体。 仔ザルは仔ザル同士でかたまって遊んでいる。
DSC00876_convert_20160111175354.jpg
真猿類でも旧世界の狭鼻猿類と呼ばれるグループだ。
北限の霊長類ニホンザル 地域によって行動も変わってて面白い。
DSC00877_convert_20160111175406.jpg
おっ コイツ強そうじゃん! ワッフルあてたみたいな長毛がいい。
DSC00878_convert_20160111190636.jpg
個人的にはあまり可愛いとも思わないが野生の哺乳類を見れるのはいい。
鳥類や爬虫類と違って野生種の獣は見る機会が少ないはずだ。
この他にはイノシシ、、イタチ、テン、アナグマ、タヌキ、ノウサギ等がこの地域
では見られる。他はともかく、アナグマはレアだろう?まず見れないぞ?

わたしの住む徳島市で見られるようなシカ、ハクビシンは鳴門では見た事がない。
わたしが見てないだけで居るのかもしれないけどね。
あと、クマは県西部に行けばいるらしいがばったり出会うのも考え物。
時折、カモシカも報告がある。里に出たら地元の局でニュースになる。

サルと記念撮影
DSC00882_convert_20160111175444.jpg
もっと近づきたかったがこれ以上行くと逃げるしわたしもこわい。

帰りに日産に立ち寄り、年末できなかったオイル、エレメント交換と洗車。
クルマはずっと日産です。 長い付き合いの営業所だ。
DSC00918_convert_20160111175716.jpg
コーヒーを頼みちょっとスカして大人っぽく足組み。
DSC00889_convert_20160111175508.jpg
余裕こいて、ああ、フィルターも交換?気になるところテキトーにお願い。
クルマはベタローンだけどね(笑)

?なんだ?立ち上がって・・?
DSC00892_convert_20160111175532.jpg
「おい、スカしとらんとちょっと童心に帰ろうやないかい!」
うわっ やめろよ! 何だいきなり!
DSC00895_convert_20160111175546.jpg
他に客がいないからってムチャすんじゃねー!
DSC00896_convert_20160111175556.jpg
「オラァ!」 ぐおっ!
DSC00897_convert_20160111175608.jpg
イテテテテ!! あほ、ほんまヤメロ! 
DSC00900_convert_20160111175622.jpg
くつをぬいであそんでね!って読めねーのか!クソアマが!

グラウンドでの攻防をしてる最中にお店のお姉さんが福袋持ってきてくれました。
すんません!ほんますんません!
「あら、いいんですのよ(笑) ごゆっくり・・」 ほんますんません。
これで40前だってんだから自分でもどうかと思う。

おふざけも長い付き合いの店だからなせる所業です。

さて、ヤモリ屋らしく・・
アオマルメヤモリ の幼体。
DSC00943_convert_20160111175835.jpg
今や最も有名なリゴダクで人気も高い。
DSC00942_convert_20160111175817.jpg
丈夫な種類だが結構神経質で多頭飼育するとオス同士だと優劣の差が顕著に出る。
DSC00945_convert_20160111175900.jpg
メス同士やペアでも序列ができるがそれはどの種類においても通常見られる程度。
まぁ狙って殖えた訳ではないが小さくて可愛いものよ。2016年も幸先がいい。

小型種って何とも言えない愛らしさがある。
妖精っぽくて空気と光に同調して生きてるような。
ミニチュアの世界で何にも考えずにただ気持ちよさそうに生きてる。
今年は小型種をもっと多く集めてみようかな、と思います。

昨年末に画像アップする前に売れたエベナビア・ゲッコウとかも可愛かったなぁ。

これよりもっと小型の乾燥した地上に棲むカワラヤモリの仲間とかは
皆で仲良く集団生活する様子が観察できてこれまた愛らしい。


妙に丈夫い魅力的な種が多いです。
どちらかと言えばオトコ的な趣味かな?オンナは触れる懐く種を好む。
観賞魚とかはオトコの趣味だ。

ただ、小さいので逃げやすいのがデメリット。 小さな穴も塞いでおきましょうね。
DSC00880_convert_20160111225714.jpg
では、また次回~ ウキッ ウキキッ









スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR