*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
モチベーション
どうも おはこんばんちは

前回のブログでトウレプのレポート的な事を書いたんですが、
不覚にも大切な事を書き忘れてしまいました。

お買い上げいただいた皆様、並びにご協力いただいた関係者の皆様、
大変ありがとうございました! 

感謝の気持ち。 
まずそれですよね、普段は仲間や後輩に対し仁義にうるさいこの俺が・・
ご無礼、お詫び申し上げます。
どうぞこれからも宜しくお願い致します。


皆様のおかげで好きな回転寿司も行けます。
顔射・・・・感謝感激です。
あ・・大好きな白子が口元に・・まさに顔射・・いえ、感謝です(笑)
DSC09384_convert_20151212165619.jpg
こーゆー下品な事やるから嫌われるんだよな・・
やっとシャリカレー食いました!美味かったです


では、新入荷情報から。

セスジオマキトカゲモドキ
DSC09562_convert_20151212170218.jpg
キレイだったんで追加で入れました。
いつでも居るもんじゃないからね、居る時に仕入れします。
トウレプでセレクトした戦利品ですが、餌バクバク食っていい調子
24000円

これはもう売約済なんですが、可愛かったんで画像だけ。
ヘルメットゲッコウ
DSC09559_convert_20151212170203.jpg
パターンレスのストライプ型とパターンレスのアダルトペアですが、
なんつっても柄パターン云々よりまずはカイデー!
DSC09558_convert_20151212170150.jpg
アタマがデカイっす。 赤ちゃん体型がサイズあると更に引き立つ。

はい、入荷以上です。

さて、ハナシ変わって・・
モチベーションには波がある。
飼育されている生き物にとっては迷惑なハナシだが、しんどい時もある。
今、月に何度かある飼育がたまらなく面白い時期にある。

ホソユビヤモリの仲間を飼うのが最近の楽しみ。
キルトダクティルス属は構成種が多く小型種から大型種まで多岐にわたる。
オセアニア方面にもデカイのいるけどマレーシアとかタイとかあの辺に多い。
指裏のラメラは発達せずその名の通り細い指にかかぎ爪というデザイン。

ジャワホソユビヤモリ
DSC09577_convert_20151212170230.jpg
美しいイエローはほんのちょい画像が盛り気味だが中型の美種。
熱帯雨林種は入荷直後はどこか頼りない印象を受けるが飼い込むと迫力がある。
DSC09580_convert_20151212170241.jpg
ガッシリして導入初期と比べるとまるで別モノ。
どこかオージーのベルベットゲッコウのような印象を受ける。
雑多モノ感がつきまとうが、ソコがいいんじゃない 
最初からたいして売れるもんでもないと思ってるから純粋に飼育を楽しめる。
DSC09582_convert_20151212170307.jpg
そこそこ触れたりもする。 12000円

エロークホソユビヤモリ
DSC09586_convert_20151212170320.jpg
多湿感が強いこのヤモリは好きな人にはたまらない。
尾を横にコイル状に巻くヤモリは熱帯の樹上性種には時折見かけるスタイル。
DSC09588_convert_20151212170342.jpg
餌付きがよく、気が荒い。
こういった華奢で気が荒い種は興奮させすぎないように注意する。
補綴する時が一番気を遣う。

少しふっくらしたがまだ若いという事もあってここからが面白い。
完全に私の飼育環境に慣れるまでにはまだ少し時間がかかる。
難しくはないがそんな強くもない、馴染むまでは慎重に。

いいね、この腫れ物に触るような感じ。
久々に飼育してる感があってしょっちゅうケージ覗いてしまう(笑)
いや、素晴らしい!ステキなホソユビだ。
飼育部屋に居座る時間が長くなる。


続いてのゴキゲンなコレクションはフラットテール

リーフテールとも呼ばれるがマラガシーのやつはフラットとわたしは呼ぶ。
オージーのやつと区別するためにもね、アッチはイシヤモリ亜科でまた系統が違う。
欲しいけどね。
スジヘラオヤモリ
DSC09591_convert_20151212170355.jpg
だんだんと立ち上がってきたが、まだまだ変化して魅せてくれる。
DSC09594_convert_20151212170405.jpg
スレンダーなスタイルと象徴的なストライプは縦長のレイアウトが似合う。
枯れた笹の葉のようなルックス。

薄い皮膚の被膜がいい、アバッキオのムーディブルースみたい。
DSC09597_convert_20151212170429.jpg
眼球のカンジもスタンドっぽくてまたよし。
DSC09598_convert_20151212170440.jpg
マスカラは程よくカールさせて上向きに跳ね上げサイドビューを引き締める。
ヘラオの中ではツルンとしたシンプルな体型だが十分に特徴的。
コイツは木の葉っぱとかにデカイ卵を産み付けるんだ。

ヤマビタイヘラオヤモリ
DSC09600_convert_20151212170454.jpg
丁度いいサイズ感の人気美種。
特徴的なフリンジでトレンド感も意識。
DSC09601_convert_20151212170506.jpg
飼い易いようでいてよくわからない種(笑)
DSC09602_convert_20151212170518.jpg
立ち上げてからが難しい、飼い込みでも手を抜いてはいけない。
餌食いもよく飼育下で繁殖もするが基本的な温度・湿度環境に妥協を許さない。
DSC09605_convert_20151212170530.jpg
これもF1とかF2になったりしたらまた全然違うんだろうけどね。
CB全部売っ払っちまったからまた最初から検証せねば。

スベヒタイヘラオヤモリ
これは当店CB個体。
美しい柄を持ちお気に入りの逸品。
DSC09613_convert_20151212170610.jpg
紅い頭部やえぐい黄緑が下品で、なんていうか、たまらない。
DSC09607_convert_20151212170623.jpg
コイツの息子も変わらず下品だがコイツの方がお気に入り。
地味なイメージのヘンケリーだがショッキングな色彩を見せる個体も多い。

今夜もこのコレクションを眺めながら飲む。
いや、美しいキミ達に酔っているのさ、
どうかもう少しこの倒錯の酔いから覚まさないでおくれ。


繁殖関連情報

ハッチ!

ガーゴイルゲッコウ
DSC09512_convert_20151212165837.jpg
変な温度帯で孵化させてみた。
けど、なんか小ちぇな、こいつ。 これでもかってぐらい地味なのがいい。
ようこそ。今日からこの変態が親代わり。

外食情報

寒いからこそアイス食う
この画像はなかなか怖ぇだろ? いい表情をする。
DSC09390_convert_20151212165632.jpg
まったく・・・いいオンナだぜ。

では、また次回~






 














スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

こんばんわ!
今年2月にあった冬レプでTreemateさんからヘンケリーをお迎えしました!
無事立派に育っております!
写真のヘンケリーもすごい色ですね!オスでしょうか?
もう一匹増やしたいと思ってますのでその際はまたお世話になろうと思いますヘ(゚∀゚*)ノ
プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR