*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
オウカン
こんばんはー


陽が落ちても気温が下がらねぇ・・無風。

日中ちょっと外に出る用事があったんだけど、行き倒れるかと・・
容赦なく照りつける太陽がドクロに見えるぜ・・

ここ金星じゃないのか?

ふふ、地球も長くねぇ・・
ヨーロッパからスークレが来てる。
ちょっと太らせてから画像アップっていうスケベ心でご紹介。

クレステッドゲッコウ

なんつーの?タイガー?ブリンドル?
けどこういった渋めのカラーにしちゃ脇の破線的な白いスポットが目立つ。
016_convert_20150730000048.jpg
面白い個体だと思う。

コッチはよく見るタイプのモカつうかダークつうか。
018_convert_20150730000119.jpg

地味なブリンドルだが暗色部にオリーブ色がうっすらと出て雰囲気はある。
021_convert_20150730000218.jpg
結構好きな手合い。

グッと抑えたクルミ色だがホクロが目立つ。
024_convert_20150730000250.jpg
ダルメシアンにはこういった地色の個体が多く見られる。

コチラもホクロタイプだがスポットは小さく淡い地色。
023_convert_20150730000234.jpg

濃いめのブリックスの地色にオレンジが目立つバイカラー
026_convert_20150730000314.jpg
美しい。
027_convert_20150730000351.jpg
顔の大半が暗い色調なのが今回の便のバイカラーの特徴。

少しフレアがゆらめくがハーレクインとはとても呼べないバイカラー
029_convert_20150730000407.jpg
柄は並だが明るいオレンジとレンガ色の地色とのコントラストは美しい。

地色がグレーのバイカラー
033_convert_20150730000607.jpg
クラシックな雰囲気が逆にフレッシュ
032_convert_20150730000548.jpg
コイツはそーでもないがここから続く個体は割と好み。

このグレーいいね、好きよ、こういうの。
034_convert_20150730000627.jpg
渋いんだよなぁ、背のイエローがグレーに喰われかかってる。
035_convert_20150730000645.jpg
四肢にもほとんど色が入らないっていうね、マットなかんじだぜ!
054_convert_20150730000951.jpg
でも、こいつじゃねぇ。

こいつが好き!
041_convert_20150730000735.jpg
ダークグレーに縁取りのハッキリするイエローがイイ!
045_convert_20150730000755.jpg
面白い。
047_convert_20150730000824.jpg
ヨーロッパの個体群らしく派手さはないがクラシカルな美しさがある。
かといってコンサバって訳でもないんだ、ちゃんとハズシの個性も出てる。

そして、最近じゃ一番の以前ブログアップしたUSCB
069_convert_20150730001235.jpg
いいぜ、エグイわ、オマエ!
070_convert_20150730001251.jpg
典型的な配色だが派手に見える。
そうだな、族車で言うとCBXのF2ラインだけをビビットなカラーに塗装するみたいな。
あ~、族車で言うんじゃなかった、ヨケー伝わんねぇ・・

で、これはウチのCBちゃん。
このラインは最近じゃよく出るタイプ
063_convert_20150730001039.jpg
狙った通りに美しい。
065_convert_20150730001102.jpg
赤い地色と背の明色とのコントラストが派手だが下品ではない。

ソリッドのディープレッド
067_convert_20150730001159.jpg
以前はチャコール的なソリッドレッドが多かったが繁殖するうちに完成度は高くなる。
068_convert_20150730001216.jpg
「完成度は高くなる」って程の完成度じゃないけどね(笑)
そりゃ、商売人だから自分の商品は良いように言うだろうよ?

静岡も近い。
ちょっとは画像載せてアピールしないとね(笑)

さて、脈絡は常にないが、
夕食はラーメン

カレーラーメン
011_convert_20150729235936.jpg
ラーメンなんかはけっこう典型的なモノを食べるわたしだが美味かった。
012_convert_20150729235949.jpg
細麺で博多的な替え玉なノリかと思いきやコレは関西的に飯の方があう。
ごちそうさまでした。

誰もとくに食情報は期待してないのに勝手に自分のなかで恒例化して一回始めたら
続けなきゃ、みたいなノリになってんじゃねーゾ?ってお声が聞こえてきそうです。
ソレはねこも一緒だかんな!ってお声も聞こえてきそうです。

ねこはいいだろ!
004_convert_20150726231957.jpg
ちょっとアンニュイなかんじのウチのこねこ師匠です

ではでは、オウカン特集でした~
また次回~


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

レイアウトについて
こんばんはイベントでご相談させて頂きありがとうございました
ラコダクの植物レイアウトについてお教え頂けますでしょうか
ポトスはショップなどでも使われているのを目にしますが毒があるとも聞きます
これは犬猫が食べる為であり、食べない種であれば問題ないとなるのでしょうか?
レイアウトでの使用を検討していたので参考にさせて頂けますでしょうか
よろしくお願いします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: レイアウトについて
ケンケン様
こんにちは!
わたしは絶対サンセベリア!サンスベリア?
クレスやガーゴ、ヒルヤモリ、マルメヤモリ、ビロードヤモリまで広く使えます。
チャホウアやツギオにはもうちょっと多湿な植物が似合いますが使えなくはないです。
あの重なった部分がヤモリの程好い湿度の隠れ家になったり、産卵場所にもなったりします。
育成も簡単ですが、ビバリウムの湿度が高すぎるようなら枯れたり腐ったりします。
風通しのよいビバリウムにはよく映えてキレイです。
その他、タンクブロメリアなんかもビバリウムでよく育ち、見た目に美しいですね。
フリーセアなんかは植える位置をケージ内の光の加減とか湿り具合に応じて使用できます。

ポトスは中毒症状が出るって?けど普通に爬虫類や両生類の飼育に好んで使われてますよ、
確かに食べなければ隠れ家や湿度の保持、装飾の目的なら問題ありませんし、食べたって・・
イグアナやエボシカメレオンが食べてしまった事は多々ありますがそれで弱ったカンジはないです。
でも、毒があると言われている以上、安易に大丈夫とは言えませんので自己判断で。
ですが、湿度の高いビバリウムでもすくすく育ち、ちょー簡単に育成できます。
放っておくと繁茂しすぎてツルを張ってジャングルみたいになってしまうので小まめに剪定を。
つうか、わたしあんまり植物に詳しくないものでコレぐらいしか答えられない・・
こちらこそもっと勉強しておきます。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR