*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
わんことにゃんこ
こんばんわんこそば

変態TreeMateの配信の時間です

毎日、毎日、飽きもせず自分と家族以外の者にモノを食わせている皆さん、
いかがお過ごしでしょうか?

今夜は人間にとっておそらく最も身近なペット動物、イヌとネコ。
それらのルーツが行動生態学にどんな発見をもたらすか、
そして我等がエキゾチックにどんな応用ができるのか、
って事を模索していきたいと思います。


うちイヌ飼ってます
007_convert_20141229223725.jpg

爬虫類や昆虫に名前をつけない人はいても飼いイヌには名をつけるはず。
ひとでなしのわたしだってそうだ、彼女はトリッシュ・ウナ。
イヌはわたし達の飼うほかのどのペット動物とも一線を画す。
人間の本当の友達はイヌだけだ。
およそ十万年。
飼いならされてからのその年月は両者の関係を確固たるものに仕立て上げた。

008_convert_20141229223739.jpg

その年月は彼等を極限までネオテニーとする事に成功した。
幼形進化はどのペットでも見られるがイヌのそれは甚だしい。
オオカミから進化?した事は知れたことだがその面影はもうない。

子イヌ見ても子オオカミ見てもよく似てる。
テレビのドキュメンタリー番組でシンリンオオカミの子育ての映像を見て
「わぁ!子犬じゃん!」と思った方は多いだろう、その通り。
短い鼻面、短足で丸いお腹、垂れた耳。 子イヌそのもの。
だが、かわいい時期はすぐに過ぎて痩せて、手足と鼻面は長くなり怖い顔!

鼻面が短いのはCB化した爬虫類でもよく見られる CB顔ってヤツさ! 008_convert_20141229215215.jpg
家畜化するとやはり幼形進化を起こしやすくなる

対してこのトリッシュの眼。
いつまでたっても子供のまま!
犬種によっては鼻面は短く耳も垂れたまま。
挙句の果てには犬種によっては自然分娩できないときたもんだ。

もう家畜ではない。
人のプライドを保つ言い方をするなら、ともに歴史を歩んだ共生動物。
あけっぴろげに言うなら、人とともに進化した寄生動物
退化ではない、繁殖まで安全に人間に手伝わせているこの周到さ。

飼ってるんじゃないよ、人間ども!
だって奴隷は我々のほうだから。

うちネコ飼ってます
005_convert_20141120204305.jpg

ネコはまた違う。
よくイヌ派ネコ派なんて言い方をするが較べようがない。
だって全然違うんだから。

大前提として、ネコはさほど「飼いならされていない」という事。
わたしが商売としているエキゾチックペットとさほど変わらない。
「あなたイヌ派?それともエキゾチック派?」が正しい。

031_convert_20141126183523.jpg

さっきオオカミから発生したイヌといったがオオカミとイヌは見た目に違う。
もちろん、オオカミっぽい犬種はいるが。
でも、ネコの祖先といわれるリビアヤマネコやヨーロッパヤマネコの写真見ても
さして動物に興味ない人ならたぶんその辺のサバトラと区別がつかないだろう。
形態的にもほとんど変わっていない。

054_convert_20141229223820.jpg

いつだって野生に帰れる。 わたしの近所には複数の野良ネコが棲んでいる。
庭でハトを狩っているところを観察できる。 食い散らかしやがって!
交通事故や個体間淘汰によって死ぬ事はあるがネコは農村で生きていける。
そして春になれば子育てをして定着していく事だろう。

けど、トイ・プードルを農村に放ったら餌くれる人がいなければ2週間ともたない。
当然、殖える可能性もない。

イヌは共生的でネコは互恵的だと言える。

イヌは番犬や猟犬など仕事をするために素質のある個体同士で選別交配が行われた。
よりおとなしく、人を怖れない、頭がよく従順なオオカミを飼い馴らしたわけだ。
また、用途や役目に応じてその性質や形質を特化するに至った。

ネコには仕事がない。
ネズミを捕るために人の穀物の倉に住み着いたかあえて住み着かせたか、
この辺はよくわかっていないが、およそ九千五百年前。

どちらにせよ、教えなくてもネズミは捕る。勝手に。どのネコもたいして差はなく。
言うなれば、アブラムシ対策にテントウムシを放つのと変わりゃしない。
役目としてはもう十分だったし、あとは美しい毛色を交配させる程度。
だからほとんど品種改良されていない。

オオヒルヤモリの夫婦
009_convert_20141229215227.jpg

動物をうまく飼うにはその動物の特性を正しく理解する必要がある。
それは何も野生での生態とは限らない。飼育下での歴史も含めて。

美しく光を散乱、反射するオオバクチヤモリ
014_convert_20141229215254.jpg

野生動物のイメージが強い爬虫類だが生息地そのものを再現するのは?
「現地では夜間はすごい温度下がるんでしょ?平気だよね?」どうだかな? 
CB個体にそいつが当てはまるとは限らない。

変な色したいいパンサーなんだがボロカメラじゃ伝えきれねぇ
007_convert_20141229215203.jpg

生き物の家畜化というのは現在でも変わらず行われている。
よく野生動物の飼育を否定する意見を聞くが、生き物の家畜化の終わりなど
決まっている訳ではない。
たとえば、飼育を通じて感情における動物の行動を知る事が出来る。

改良種には変異における傾向というのもある。
たとえば黒ネコ
黒い毛色のネコは馴れやすい、というのを聞いた事があるだろうか。
黒い毛色は劣性遺伝だ。でも黒ネコってよく見るから性格の穏やか
というのもなんか生き残り戦略的に勝っているのかも知れない。

これは、自信がないけど・・・カラスヘビ。 黒化のシマヘビ。

長い付き合いのボールパイソン
048_convert_20141229215636.jpg

わたしのもの凄い少ないいくつかの採集地だけでのデータだが・・
カラスヘビっておとなしくない?噛まれたことがない。
もちろん、そんなに多くを何年にもわたって採集した訳ではないが・・

あかん!よくわからん事をのたまうのはよくないね、そんな気がしただけ!
よって反論は受け付けない!(藤原竜也ふうに)

別に変なものキメてる訳じゃないですよ、じゃれてるだけ
056_convert_20141229215708.jpg

柴犬って眉毛あるでしょう、あれは人間の眉毛と用途も機能も同じだ。
眉毛ってのは顔の表情をより豊かにするために発達したと考えられる。
つまり、イヌは改良によって霊長類のような能力も獲得したことになる。
より人の手によって生き残る確率を上げるために。

オメー、眉毛ねーだろ!とか言わないで。生えてこなくなっちゃった・・

・・息できなくて・・・オーガズム・・
061_convert_20141229215721.jpg
・・・コホン! 失礼しました

つまり、わたしはまあまあヒマってことだ。
とくに入荷も儲かるハナシもないんでね、生き物の家畜化について
考える事で研究家気取ってただ自堕落ではないと自身に言い聞かす。
でもセレクティブブリードがこれからも続くならペット動物としての爬虫類
にも同様の形質が受け継がれていく訳で、人馴れ度数は多少とも増す?

そうなると魅力がだいなしか? 人馴れするのが知能としてどう見るかだが、
家畜化された、養殖された動物は明らかに原種よりは脳が小さくなる。
まぁ、あれだ。 長文で乱文、読んでくれたならありがとう

ハッチ情報

ガーゴイルゲッコウ
016_convert_20141229215313.jpg

これはかわいい!メロメロでしょ

017_convert_20141229215327.jpg

カラーはこれでもかってくらい特徴がない、ただのグレー。


ふふ、おやすみなさい

また次回ね

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR