*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
ヤモリのハッチとジャクソンと
どうも、春が似合うブリーダー TreeMateです

今日は無加温、無点灯、窓からの明かりだけで自然に陽が昇り落ちていく、
省エネ飼育が可能な気候ってのはいいですね、部屋の電気だけは点けるけど。

春から暗い話でなんですがこのエキゾチック業界も常に危機にさらされてますねぇ。

そうですね、例えば話題のミドリガメ。
「特定外来生物法」って基準が曖昧で意義は理解できるが実際無意味な法律が
あるんですが、これがまた難物でしてね、いろんな意味で。

おっと、慎重に喋らないとね、デリケートな問題だから。

動物を原産地から移動させない、っていう考えは理解できる。その通りだろう。
移動させる明確なメリットってのは思い浮かばないがデメリットはあげたらキリがねぇ。
私は外来種を扱う業者だがいまいち言い返すクチを持ち合わせない。言い返すけどね。

ガーゴハッチしました
005_convert_20140323173508.jpg
おおっ 今回のはでっかい仔だ

不明瞭だが斑模様が散らばってカラーも期待できる
006_convert_20140323173522.jpg
キャワユイでしょ? ガーゴが一番、なんというか・・ペットらしいラコダク
逃げ廻らずに雑食も強く凶暴性もあまりない。ほどほどにボリュームもあるが中型

本来の生息地で生きていくのが自然だし正論。
「ええ、そうですね、じゃあ外国の生き物は持ち込めませんね」
この法律の行き着くところはコレしかない。
それじゃあ廃業だしファンも悲しむ。

今のところ指定リストにはいってない種類を扱ってても明日はわからない。
駆逐されようとしているのは外来種だけでなく我々も同時に葬るつもりだ。
このエキゾチック文化そのものの衰退と消滅も狙いにある。

一方、近年、動物取扱業登録が通信教育や講習会(もちろん有料)で取得できたり
ホウシャガメの正規輸入など一種の緩和的な現象も見られる。

通販規制、イベントの是否、ミドリガメ、と我々を追い詰めつつもすぐなくなっては困る、
という他の分野でもよく見られる矛盾がやはりここにもある。

分煙、禁煙、健康をうたいながらもタバコ税は欲しい。
高く税取りすぎてマジ禁煙されちゃったら税収入もなくなる。
だからゆっくり税を上げる、ってのと同じでね、情までも食い物にする。


だから気を付けるべきはお上にあまりつけいる隙を与えない事。
根源が業界撲滅にあるなら何を言っても無駄だが言わなくても結果は同じ。

まず、外来種の帰化、定着だけど
定着といってもどの時代から遡っていくんでしょうね?
って屁理屈を当然、私は言い返す。だってそうでしょう。

例えばトカゲ。
日本に棲むトカゲ類で南西諸島より北ではオガサワラトカゲ以外の種は
大陸からの帰化種だと聞く。自然分布ではないと。
自然分布ではないから人為的に拡散したものなんでしょうね。

スズメは?クサガメやスッポンも在来種ではないと聞いた事があるんですが。
彼等が外来のものなら我が国の固有種を摂食してることになります。
すでにグリーンカードを得たのかな?あほらしい。

ヘンケリーヘラオヤモリもハッチしました

トカゲの中でヤモリ類ではこういった角質の硬い殻の卵を持つ
018_convert_20140321201050.jpg
トカゲモドキ科では羊皮紙状の殻の卵になる

前回の仔より大きく体色も明るい
015_convert_20140321201017.jpg

一丁前にヘラオポーズをキメてやがる
008_convert_20140323173545.jpg
本来はアタマを下にするんだぜBABY? 

つまりは主に近代になって定着したものが対象だが
その選考基準も非常に曖昧だ。いや、曖昧でいいんだけどね。

倫理としては
飼育下に置いたものは飼育下で死ぬしかない。鉄則だ。

よく引き合いに出されるザリガニや食用ガエル、アカミミガメなんかは
個人のペットが逃げ出したり捨てられたりしたってレベルの拡散ではない。
各地で一斉に大量に飼育され放されたものだ。
サルモネラ報道のときとかはきっとカメは一斉に捨てられたはず。

先に生まれたコッチの仔が私好み
009_convert_20140323173601.jpg
このダークカラーの多色系がなんとも渋いんだよなぁ

逃げ出したりした少数が定着してるらしい例もなくはないが。
たとえ気候条件等が順応できても見知らぬ土地で生き延びるのは難しい。
もの凄い頑強種だってんならともかく順応性なら在来種には適わないから。

「この公園周辺に気候条件や餌の合う外来種が繁殖してますよ、少数ですが」
「この公園周辺にのみ少数が繁殖して生き延びている国産種」

頑強すぎる種でない限り条件も個体数も同じでも受ける印象が違う。
前者は脅威で後者は今すぐ保護しても手遅れな感じがするでしょう。
かんたんに定着できないのもまた自然。
でもそれは帰化の問題であって寄生虫や病気の問題もかなり大きいんだけどね。

シコラエはヘンケリーより擬態の完成度が高い
010_convert_20140323173621.jpg

大きくなった。この仔は成長が早い
011_convert_20140323173637.jpg

法が曖昧なのもしょうがない。だって実態や可能性からして曖昧なんだから。
生き物商売は確実なものが少ないからいろんな方面で縛りが効きにくい面もある。

株価のチャートのように流通量や価格が短時間で変動する。
こういった法規制もすぐさま流通関係に影響を与える。

生かされてるうちはそれでいいが確実にエックスデイは近づいてくる。
今は殺さずに猶予を与えられている。
猶予期間内にできるだけ大きく成長しなくてはならない。文化として。

その為にはペットから帰化種をつくるのは極力阻止しなければならない。
温帯種はとくに逸逃には気を付けて管理するべきだろう。

パンサーも今回は成長がはやい気がする
013_convert_20140323173709.jpg
いや、こんなもんかな? 
001_convert_20140323173412.jpg

屋外飼育はときとして生体管理に多大な恩恵をもたらす。
自然な光周期と空気の匂い、豊富な紫外線と温度変化、利点はキリがない。

同時に逸逃などのトラブルも生じやすい。
妊娠してるメスが逃げたらどうなるだろう?
私はカメレオンを愛してやまないが大陸の胎生種だったら親は逃げれない隙間でも
仔は逃げるかもしれない。そこが温暖な地域だったらと思うと非常に懸念される。
ハワイにはジャクソンカメレオンがいっぱいいる。
石垣のグリーンイグアナのようにサイテス種が逆賊として追われるのも悲しい。

ジャクソンは大きいのから順に売れて残った仔もでかくなった
015_convert_20140323173733.jpg
パンサーでもそうだがデカイのが退けば小さいのが成長しだす
016_convert_20140323173747.jpg
生後6ヶ月 ヤング

コッチの基亜種は生後4ヶ月未満だが成長が早い気がする
014_convert_20140323173721.jpg
早いってのは以前の私と比べてよ?上手いひとは遅いっていうかも

私も一昔前の古き良き時代の頃は逃がしまくったけどね。
あんまり偉そうにはいえないが文字通り今は時代が違う。

日光浴時などは結構気をつけてます。
外に出したくても家のなかでも飼育はできますからね。
帰化はしなくて逃がして一晩で死んでもその個体を失う事にかわりない。

ジャクソン・メルモンタヌス
020_convert_20140319215255.jpg
最小の亜種だが頭に対するツノの長さの割合では一番
019_convert_20140323222413.jpg
18000円でどうですか? 

ジャクソン・キサントロプス
019_convert_20140321201106.jpg
若くてガッシリ! ツノちょっと形悪いケド
021_convert_20140321201132.jpg
35000円

メス
025_convert_20140321201546.jpg
メスがいいんです!マジで  35000円

非難されるのは商業的な愛玩動物。奴隷商人だからでしょうね。
商業的なのはしょうがない。この世に金がかからない事はない。
さっきの株価のたとえ通り値がつくから流通する。

いえ、どうも脱線しがちでね、趣味の継続でした。

我々売り手はもちろん、
この趣味はファンの皆様おひとりおひとりが守っていかなければ。
もともと大儀があまりないので簡単に潰されます。
大儀なくはないんですけどね、ソレ書いたらあほみたいに長くなるんで
またの機会に。

モラルとルールを守ってればペットと人間の関係の先にはきっともっと
明るい解決策が見つかるはずです。
ミドリガメどうなるんでしょうね?

個人的には、放っておいてあげて欲しいかな。もう遅いから。
殺していいカメがいるって子供に教える訳にもいくまい。
人間が撒いた種だから、ヤツラはヤツラで生かしておいて
ピンチの在来種は在来種で保護しなよ、どっちみち金かかるんだ。

ムツヅノカメレオン
023_convert_20140321201531.jpg
カメラ嫌いはなおらない
022_convert_20140321201512.jpg
オス単で 38000円

いつまでもペットと楽しく暮らせるといいですね。
では、また次回。 おやすみなさーい

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR