*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
また講釈たれてみました
どうも、おはこんばんちは 妖怪のTreeMateです

最近、妖怪通りこして化け物なんてよばれてますけどね。
さて、外は木枯らし内は亜熱帯は爬虫類飼育者の常でしょうか。
光熱費もたまりませんな。自慢の地下室もホントの洞窟ほどには温湿度は安定しません。
生き物の調子が狂うのは皆さんもそうでしょうけどエアコンを使うシーズンですよ、ホント。
エアコンも調度よくいかないんですよ、コレが。

そんなややこしい季節でもなんとか頑張って生きて繫殖してる我が家の外産種たち。

パンサー・マソアラ
021_convert_20131219215912.jpg
少ねぇな。けど、コレはいい卵ですよ。
飼育下あるあるで数は少ないがいい卵、みたいな。
でも、上手いひとは数も多くとるけどね。

マソアラの親父
012_convert_20131219215533.jpg
何年も頑張ってくれてるほんとかわいいヤツ。
「マソアラ」って呼ばれてるのはタマタブとかマロアンとか南東部の多雨林地帯
の赤系のタクソンのひとつ。・・って事だけど?

南東部の赤系特有のパンサーストライプが不明瞭な体色。
010_convert_20131219215458.jpg
「マソアラ」ってのはマスアーラ岬から取ったネーミングだろうか?
実際にその地域が原産かどうかは知る由もないが、またタマタブやその近隣
の地域の個体との地域変異個体群とするに充分な差別化要因もわからないが、
とにかく、ペット界ではこのタイプは「マソアラ」と呼ばれ流通したりする。

威嚇するとオレンジ感が増す。
007_convert_20131219215315.jpg
調子がいいと頭部からノド、前肢のあたりまで真っ白になる。

パンサーカメレオンは地域によっていくつかのタクソンに分かれる。
って事はほとんど疑いようがない。
だが先進国でペットとしての流通名は分類上の地域差変異というよりは
ハーペトロタクソン、と捉えたほうがいいでしょう。
つまりはホビーの世界でのみ通用する分け方って事。

パンサー・アンバンジャ
008_convert_20131219215333.jpg
皮下線虫がもう1枚下の皮の深いところにいたので横腹の傷が生々しい。

北西部のやや乾燥気味といわれる地域のパンサー。(行った事はない)
北部に向かうにつれ青系の色彩をした個体群が現れる。
同種でこれほどに外見的に変化がある種も珍しい。
非常に興味深くスター性もある。

だいぶマシになったが立ち上げにはほど遠い。
011_convert_20131219215515.jpg
まだアップには耐えられないかとも思ったが載せてみる。
(ちょっとズルイけどライト当ててやったわ)

この、アンバンジャ・モルフにもかなり個体差があって一見同産地とは思えない
程に色味の違うものもけっこういる。
この子は最近よく来るカンジのアンバンジャ。同じアンバンの名を冠した個体でも
もろに赤いバーが入ったり、ビビットなオレンジが散らばったり、と変異に富む。
もちろん、加齢とともに色彩は変化する、という事も無視できない。
よく言う「最終的にはどんな色になるか」ってやつね。

パンサー・ノシ・ベ
013_convert_20131219215607.jpg
黄色いんですよ、コイツ。

黄色が目立つし「ベ島」のなかでも少なくとも2モルフはあるといわれてますが
実際はもっと細密にタクソンが存在するのかも?

立ち上げ前の色ボケってのともまた違う。と、思う。
014_convert_20131219215628.jpg
あら、ハナ見切れちゃったわ。

それとも、タクソンなんて存在しないかも?
そもそもコイツが本当にノシ・ベで採集されたかどうかもわからない。
その便で同じく輸入された個体達を見て判断するか?どうだかな。

このままのカンジで美しく覚醒して欲しいなぁ。
015_convert_20131219215707.jpg
パンサーを選ぶとき立ち上げ前から将来を予測するのが醍醐味、じゃない?

我が尊敬するクレイジーゲノのお姉様にならって私も調査に行きたいなー。
あ、知り合いっぽく言いましたがとんでもない、大先輩だし、昔ちょろっと
2,3回飲みの席に同席させていただいただけで私の事は憶えてないかも?
今夏の埼玉で数年ぶりにひと言、ふた事言葉を交わしましたがそれも憶えてないかも。

これはアフリカに爬虫類の採集に行った事のある輸入屋さんから伺ったのですが、
同じく色彩の変異に富むホーネリーカメレオンでも色の違いはその土地の色だという。
バナナ農園に棲んでいるとか、違う作物のプランテーションか、原生林か、的な。
標高によっても土の色も違うしそこに生える植物の種類や葉の色も違う。

さらに同種のヤモリでも赤土の乾燥地に棲むものと、灰色の礫砂漠に棲むものとでは
明らかに体色が違うらしい。

生き物の体色の変化、変異で時折見られる繁殖期限定の婚姻色は別として基調色
はやはり保護色にウェイトを置く事がセオリーなのだろう。
パンサーがそうとは言ってないがその要因はたぶん多い。
南東部の森は赤いのかな(笑)あ~あっ!いっぺんマダガスカル行きてーなー!

ジャクソンは亜種で色は違うけど同亜種内であまり個体差はない。
006_convert_20131219215243.jpg

カエル情報
003_convert_20131219214846.jpg
もうかなりオイヤポッキ
001_convert_20131219215105.jpg
すでにサッカーボール感がかなり出てます。
002_convert_20131219215130.jpg
上がっちゃえよ、ホラ、上がっちゃえ!

と、まぁこんな感じに毎日成長が見れて楽しんでます。
我がラボは常にちっちゃい餌昆虫を必要としています。
ちっちゃいもの好きだからね
カエルもいっぱいやりたいんだけどねぇ、・・金がない。

久々にルーセッツ
016_convert_20131219215729.jpg
とくに何もありませんが産みそうなので予告がてら。

世界の哺乳類の4分の1はコウモリである。
極地を除く世界中に分布している。だって飛べるからね。
ガラパゴス諸島にも分布するし真獣類がいない(ディンゴは除く)オーストラリアにも
分布している。いまだに新種が発見されるし、鳥類以外で継続的飛行を実践する唯一の
脊椎動物である。
さらには昼行性の飛翔性昆虫食の鳥類に対して夜の昆虫食の生態系ニッチを占める。

アップ
017_convert_20131219215804.jpg
原猿みたいだろう?だが類縁性はない、収斂。

昔は種類も多く出回ってましたがいまではルーセットの数亜種を除いて流通は稀。
輸入禁止以前は食虫性の小翼手亜目も売りにだされていた。惜しいね。
再び輸入が許されるなら(まずありえない!が、)アラコウモリ科のコウモリを飼育してみたい。
食虫性の哺乳類ってのは栄養面や量の問題とかで飼育が難しいが、アラコウモリ科、たとえば
最大のオオアラコウモリなどは完全な肉食動物で昆虫も食べるが、ネズミなどを餌にしている。
たぶん、餌、栄養の面では飼育しやすいと思う。ペット用に輸入される可能性はないだろうね、
残念。

生まれたらまた報告しまーす!

ネコはコタツでまるくなる
022_convert_20131219215931.jpg
コタツ出したのよ

画像の生体は売ってますので気になればお問い合わせください!
両生類のカエル以外は通販規制のなかにありますが、
東京、大阪なら私の商品を取り扱ってくれる協力店もございます!

お問い合わせは

treemate@hotmail.co.jp
080-5669-3685(080-3163-1290)


では、今夜はこの辺で おやすみなさいませ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR