*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
オンナだけの世界
うぃっす 貧乏暇ありのTreeMateです 想像もつかなかった不幸に遭遇してしまい
ひくぐらい落ち込んでる私ですが今や立ち直りつつあります長年飼ってた鳥がちょっとね・・
この仕事、これはしょうがなく慣れなければいけないが付き合いが長いとそうも割り切れない。
妖怪変化に堕ちた私にもいくばくかの人の心が残ってたようでして。フッ 年とると涙もろい。
が、生きて腹を空かせたヤツラはこの館には文字通り売るほどいる。感傷にひたる暇もない。
同情を誘って生体を買わそうというようなゲスい魂胆ではありませんのでご安心ください。 


とーとつに話変わりますが、オガサワラヤモリが売られているのを見た事がある。別に違法
ではないと思うが(だって売ってんだもん)興味深い。そんっなに詳しくないがヤモリ自体は
小笠原にもいるが南西諸島はじめインドネシア、太平洋の島にはたいていいるありふれた種。
小さくてとくに色が派手というわけでもないが、ロカリティにもよるが国産種ならおもしろい。
国産はメスしかいないし、しかも大東島の個体群は3倍体クローンだっていうじゃないか!
単為生殖種は近縁種との交雑とされるが今のところ種として扱われている。島ごとに2倍体、
3倍体と分かれるのはかつてそれらの島にはオスがいたって事になる。もちろん今はいない。
どんなストーリーを辿ってそうなったかはわからんが、その辺が魅力的だよね、進化を見て
る気ががするし、なにより血縁度という観点からみておもしろい。自分の娘は遺伝的に自分。
娘と母の血縁度は?親子と呼べるのか?私も読んでくれてるあなたも母親との血縁度は
平均0.5だ。まぁ当然、倍数体の動物だから父と母の半分づつでそうなる。兄弟でも0.5だ。
MAX1.0といえばこれはもう1卵生双生児の場合しかない。親子より血が濃いもうひとりの自分。

053_convert_20130228015604.jpg
人間から見ればメスなんか同じに見えるが赤の他人。


余談だが哺乳類でもげっ歯類のハダカデバネズミは女王ネズミがコロニーの繫殖を一手に
引き受ける、まるで昆虫の膜翅類のような生活をおくるこのネズミはアリやハチがそうで
あるようにコロニー内の血縁度は高い。なんと、平均0.81!兄弟以上、双子(自分)未満!
ミツバチなどは半倍数性だが(オスが半数体)哺乳類でこんなふざけたマネができるとは
いやはや、自然は恐ろしい。ちなみに我々哺乳類で半数体の時期は一生のうち精子と卵子の
時期だけである。

054_convert_20130228015620.jpg
なんか、おもしろいでしょ?この写真?

そんなあらゆる方面から見ても面白そうな単為生殖種を飼ってみたいと思うのも自明の理。
しかし、たまたまオガサワラヤモリがぶりくらで目にとまっただけでどうせならテユー科の
アミーバトカゲ?ハシリトカゲ?やイボヨルトカゲなんかのほうが飼育意欲をそそる。
テユー科のヤツラにいたっては単為生殖種の親種の種類もだいたいわかってるっていうし、
これまたたまに別種?親種のオスとも交尾をするそうで何度も染色体を重ねている。
こんな芸当が可能なのはトカゲ類とブラーミニメクラヘビだけである。有鱗目ファン

001_convert_20130301024223.jpg
ノシ・ベ 65000円

有鱗目は胎生であったりとか頭頂眼であったりと魅力がいっぱいで尽きる事がない。
何が何でも生き延びようとする適応力が爬虫類最多の種数を誇るゆえんでなかろうか?
中でもトカゲはおもしろすぎる!何でトカゲが好きかってゆうとヘビも好きだがヘビって
どれ見てもまぁ、ヘビじゃんねぇ?そりゃ違うよ?違うけど爬虫類に興味ないひとから
見りゃ大きさぐらいしか違わないでしょうよ?けどトカゲはだれが見てもカメレオンと
ヤモリとツノトカゲとスキンクじゃ違って見えるでしょ?その形態や適応の方法の度合い
がハンパではなく幅広く非常に興味深い。有鱗目じゃないがカメもワニもどれ見たって
まぁカメとワニである。誤解のないように言っておくが私はヘビもカメもワニも大好きで
敬意をはらっているし、その特異性も多様性も理解しているつもりだ。トカゲ亜目の多様
性を誇張するためにひきあいにその他爬虫類の比較対照として挙げただけで決して蔑んだ
訳ではないので、愛好家、飼育者の皆様、くれぐれもお気を悪くなさらないで頂きたい。

009_convert_20130301024354.jpg
ノシ・ベ 60000円

トカゲ愛好家の多くが好みの系統を選択して飼育していると思う。形態であったり
飼育環境であったり馴れるかどうかなどで。私も例外ではなくその名の通り樹上性
が好きだ。地上性でもなるべく湿った場所に棲むものを好む。もちろん乾燥域の地上性
種でも好きな種類はいるが例外的でなぜか水に依存が高い連中を選らんでしまう。
そしてその性癖?をも凌駕する魅力とは単為生殖種などのドビックリ連中だろう!

006_convert_20130301024325.jpg
ノシ・ベ 60000円

そんなバケモンがいるなら樹上性でもなんでもなくっても飼育欲が高まる!
絶対飼えないけどウミイグアナなんてのも憧れる!海草食って超ヘルシー!

008_convert_20130301024342.jpg
ノシ・ベ 65000円


011_convert_20130301024407.jpg
ノシ・ベ 55000円


こんな事を考えてると、冒頭の鳥の事も忘れるってもんです。いかん、思い出した!
さぁ今夜も訳のわかんない長文書いてしまったがだれかこのつまんないの読むんだろうか?

ノシ・ベ、よかったらご検討ください。ちなみに価格に多少差があるのは私の好みであって
状態等は関係なくどの子もナイスですよ。

では、この辺でグンナイ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR