*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
バルバータスの孵化と頭頂眼のうんちく
はーいどうもこんばんはっ TreeMateです CBXが好きです!フルBEETでキメッ!

今日は気候がよくてバスキングできそうだったので何種類か天日干ししました
やっぱ寒くても日光浴はみんなゴキゲンッやっぱ作った光じゃ機嫌は取れないのか?
私はトカゲしか扱いませんが、トカゲ類やムカシトカゲ類には頭頂眼 parietal eye
と呼ばれる器官がその呼び名通り頭頂部にある。いわゆる「第三の眼」っていうやつだけど
もうその構造はほとんど眼そのものである。水晶体、硝子体、視細胞、視神経からなっている。
ただ虹彩や水晶体を動かす筋肉はないからものは見えない。その構造から光的なものを感受
するんだろうけど、どうやら(光を感じて?)体温調節に役立ってるらしい。昔は1年の日長
など光周期を感じる器官では?なんて学んだが事実、それもあるんだろうな。たぶん。
だから、お天道様の光と熱はきっとヤツラの生理的な代謝に貢献してるはずだから私は常に
陽が出てる瞬間を逃さないように天日干しのローテーションを待機させてます。ヒマか!
もうちょっと知識のひけらかしをしたいけど途中で画面閉じられそうだからまた後半で。


バルバータスカメレオンモドキがハッチしました!
002_convert_20130123231831.jpg
チャイチィですね。ハッチライトこびりついてる

もちょいアップで。怒り新党で口張ってます!
001_convert_20130123231812.jpg
つか、ピンボケがドイヒー!ちゃんと撮れよって感じですね。

このアノールに近縁なトカゲは少し気難しいけどホント面白いですよ。

親はけっこうカイデーな種類です ゴツイ感じになります。
014_convert_20130123232345.jpg
異常にデカイ頭部はエサの陸生巻貝を食べるためといわれてますが
なるほど、飼育下でもよくカタツムリを食べる。大好物なんで他の
エサ食わずにソレを待つという弊害もあります。ほどほどに。

ポルカスカメレオンモドキ
005_convert_20130123231937.jpg
モッシーなバルバータスにくらべアイボリー色調の上品な印象を受ける。
006_convert_20130123231957.jpg
虹彩もグレーでディティールの細かい配色センスが高級感を漂わせる。
007_convert_20130123232015.jpg

あまり素早く動かずペット向きとはいえないまでも遅いヤツは飼い易い。
取り逃がす危険が少ないのでメンテ等に気を使わずにすむ。
人気種の必須条件のひとつです。早くて人気者も多いけどね。


TreeMateの自慢のガーゴイル特集~

赤が強く緑によく映える。
008_convert_20130123232108.jpg
夜はもっと赤くなる。じゃあ夜撮れよ!って?
009_convert_20130123232133.jpg
ガーゴイル(クレスもそうだが)は親に似るのはあたりまえだが似ないのも多い

レッドのブロッチ?が多数入る。誰に似たんだか。
010_convert_20130123232200.jpg
しつこいが夜はもっと鮮やかになる。
011_convert_20130123232400.jpg
真っ黒の眼の個体
012_convert_20130123232306.jpg
半分だけ黒い眼の個体
013_convert_20130123232325.jpg
コレってどうなの?自分ん家以外で見たことないんだけどケッコーいる?
いたら欲しいなぁー。カワイイから気に入ってんだけど。
何にせよ親にこんなのはいないからたまにはヘンなのも生まれるってことか。
とりあえずコイツラを繁殖に用いて次世代のデータを取ってみたいもんだが。

ミルキーフロッグ入荷しました。
まだすんげーチャイチィですけどっ!来て私もビックリ!
004_convert_20130123231917.jpg
とりあえずエサは食ってますがこの手のカエルの幼体はエサやりは慎重に!
小さいエサを少しずつ小分けにして与えます。あと湿度は高めに保ちましょう!
少し育てばこーゆーアマガエルは丈夫いです。成長も早いしね!
003_convert_20130123231856.jpg


前述の頭頂眼の後半。初期の脊椎動物の頭部には側面に1対,頭頂部に1対の光感受する
器官があり、側面はもちろん今の眼に対応し上の1つはトカゲ類に残る頭頂眼。残る1つは
トカゲ類の頭部の中に埋め込まれ松果体として内分泌器官となっている。頭頂眼の開口部
は間頭頂板という鱗の中央、半透明の部分がそうであり、その鱗の下の頭骨には頭頂孔と
いう穴が開いている。頭頂眼が体温調節に関係しているという前提として獣弓類ではすで
に頭頂孔が消失し、これら哺乳類型爬虫類や竜盤類、鳥盤類など恐竜類でも頭頂孔が失わ
れている事から、これらの系統から外温性から内温性への移行が始まったと推測される。
恐竜温血説を支持するひとつのポイントとなる。

はい、無駄な知識のひけらかしお付き合いあろいがとうございました。
尚、こうゆう研究結果は随時変わっていくので私の言ってる事が少々
古くともご容赦ください。 では今夜はこの辺で!おやすみなさい
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR