*All archives* |  *Admin*

2017/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
センバツ
センバツ観てる?
「観てねーよ!オメェみたくヒマじゃねんだよ!」
落ち着いて・・・! ただの世間話っすよ。

別に好きでヒマって訳じゃないの。
仕事がないのよ(笑)  誰かトカゲ欲しがってよ!

絶賛ゆらぎ世代中のTreeMateです。
078_convert_20170329204705.jpg
ゆらぎ・・・ほんとね、オバハン同士で電話してたら健康の話ばっかり。
誰が更年期やねん!
水飲んで豆食っとるっちゅうねん!
黒胡麻ドレッシングやっちゅうねん、ノンオイルで!

パンサーカメレオン
001_convert_20170329204115.jpg
いや、パンサーに意味はない。ただおもむろに。

パクチーも健康に良いらしいから食ってみてるけど・・
あれ、美味いけ? ちょっとはいいけど増し増しで頼む女子・・・
マジか?何でも食うけどちょっとあれだけは・・・久々に苦手。
慣れなんかな?

パクチーは苦手だがパクチー色したトカゲは大好き。
今夜の画像はそんなエキゾチックなこの種類から・・・

ミドリツヤトカゲ
ソロモン産だが下半身が褐色のタイプ。
フィリピン産ともちょっと雰囲気が違う。たぶん島モノなんだろうね。
016_convert_20170329204157.jpg
めちゃくちゃ良いと思うんだけどお客からはあまり反響はない。
相方にも否定された。 自信なくすわね。
だが確かにこれを買う客の姿は見えてこない。
女が買うのか?男?オタク系?ヤンキー系?メンヘラ系?初心者?
だいたい売る時に購買層を予想してるんだがどの層にアピールすればいい?
017_convert_20170329204209.jpg
わたしが例に挙げた客層もヒドイな・・(笑)
まあまあ、まっとうな人はあまりトカゲなんてペットにしませんよ・・

バタバタする種類だけどある程度は時間が解決してくれる。
最近は可愛げが出てきて近づいてもあまり逃げない。
撮影がずいぶんと楽になり助かる。 けど手を出せばパニックを起こす。
018_convert_20170329204221.jpg
エナメル的な体表も魅力だがツリースキンクといういのがこれまた面白い。
スキンク類は木にもよく上るがそれとは違い彼等は木の上で暮らす仲間。
034_convert_20170329204332.jpg
わたしにはかなりツボで姿を見るたびに癒される。
ケージの居て欲しいところに居てくれるんですよね、それが良い。
きっとこういうカラーでこういう飼育スタイルの種がストライクなんですよ。
ミドリツヤ、ガストロ、エメツリ・・・
商売人になり下がりもはやどの種類であれ灰色に見えるわたしですが
こういった連中を見るとそれが緑色だってわかる。 
青色じゃダメなのよ、だからグラミネアはブルーになるんじゃねー!
全っ然、キレイじゃねー・・・

ミオネクトンカラカネトカゲCB
035_convert_20170321232825.jpg
対極ともいえる環境で生活するトカゲだがなぜか妙に気になる。
樹上性の事を考えた後は半地中性の事を考えて頭をほぐすと云ったところ。
受験勉強で数学に疲れたから英語をやる、みたいな感じかな。
036_convert_20170321232836.jpg
これはこれで面白い。爬虫類飼育には逆説的な考えが常。
言いえて妙。 湿潤な樹上性種には乾燥を心がけ、その逆もしかり。
乾燥域に暮らすような種類こそ水分の加減がその後の飼育を左右する。
すべてが同じ部屋で同じだけの水の量で管理できる。
異世界をケージの材質、スポット1個、床材&調度品だけで同所的に創る。
季節すらもケージ毎に管理できるんだ。この棚は冬、ここは常夏、ってね。
ストックルームはまさに呉越同舟。 ま、違うだけで別に敵って訳じゃないが。
ともあれ、見事支配下におさめた時こそマニアのオーガズムだと感じませんか?

オーガズム・・オルガスムス・・
人の趣味なんて掘り下げると所詮は性的快楽に繋がるところが多いんじゃなくて?
あながち的外れな喩えでもなかろうて(笑)


さぁ、自慰を続けようか。
チャホウアミカドヤモリ
037_convert_20170329204350.jpg
可愛いさかりのベビーちゃん。最近はなぜかよく卵を産むんですよ。
まだまだ足りんけどね、こちとら卑しくも商売。繁殖じゃだめ、養殖よ。

大好きなミカドヤモリ。 ミカド・・?属も変わったり分類が混沌としている。
チャホウアだかジャールーだか知ったこっちゃねぇけどよ、どうでもいい。
見ろよ、この美しい血統を。もっと深く黒ずんで汚くなるんだぜ?最高!
夏に仕入れたペアだが飼い込む毎に格好良くなってくる・・・
045_convert_20170329204418.jpg
ババイヤ・ロブスタを思わせる汚さと荒々しさを感じさせる。
そしてそれはそのまま精悍さに同じ。チャホウアと男は背中だぜ!
046_convert_20170329204433.jpg
いや、男はやっぱり顔だわ。

こちらはメス。同様にダーク系。
064_convert_20170329204557.jpg
良い卵採ってあるからね、きっと孵るわよ?
上手くいったならこの血統は自慢の子達になるわ。
格好良いもん。

同じチャホウアでも好みの差は激しい。
わたしはマモノだったら何でも濡れるわけじゃない。

対して、こちらは付き合いの長いオス。
赤味が出たり白斑が入ったりとよく見るタイプ。
だが、再尾がアクセント。尾が切れて逆に良い面構えになった。
054_convert_20170329204502.jpg
去年アクシデントでね、ちんぽが出たまま戻らなくなった・・一大事!
ああ!大事なおちんぽこが!他にもオスはいたが不能にするのは忍びない。
056_convert_20170329204517.jpg
発見が遅い・・間に合うか?でも翌日明けて病院までは待てない。
乾きかけて終わりそうなちんぽを一晩中何度も優しく押し込み続けた。
命が助かればいいってもんでもない。 Q・O・Lだ!
必ず元通りにする。何一つ諦めない、譲らない、妥協はない。まだ間に合う。
いや、正確には自切して尾は譲った。だけど生えてくるしセーフだろ?
結果、現在はバンバン女とっかえひっかえのゲス野郎に(笑)
上の画像のベビーはコイツのガキだ。

籠の鳥じゃよ、メシ食ってメス食うぐらいしか人生楽しみがない。
良かったな、助かって。

という、見た目は気に入らんがエピソード付きの思い入れの深い個体。

そして同血統の似たような外観のメス。
059_convert_20170329204542.jpg
コイツは側室のひとりでロクな卵を産まないが色が似てるので選考した。
両ペアの外観の対比を見せたかったからね、ちゃんと有精卵を産めよ!
たぶん明日か明後日ぐらいに産む。無精卵製造機の側室さんです。

では、〆の画像は最高のプロポーションのガーゴちゃん。 
068_convert_20170329204612.jpg
好み・・・どストライク!これぞまさにオナペット!
お、今ちょっと上手い事言うたんちゃうん?(笑) でもいいでしょ、この子?
069_convert_20170329204625.jpg
調子良くフードあげてると太っちゃって台無しになるからね、ほどほどに。
ちょっと去年まで肥えてたんで昆虫中心の食生活に移行してシェイプアップ成功。
やっぱね、肥満は不健康ですよ。トカゲやヤモリは細長い生き物だもん。
たまに自慢そうに太った個体を肉付きが良いと画像撮ってる方々よ、それは違うぞ?
あんたらにはその個体が健康に見えてるってのか? もっと、よく見るんだ。

おっと、ちょっと過激な先輩風吹かした言い方に・・・酔ってるからね、許してね。
ほんとはわたしおとなしくていい子なのよ?
これ以上書き続けると良くないわね・・

では、また次回~




スポンサーサイト
アンギラバンクアミーバ
いや、しかし日本は惜しかったね、ほんと。
雨とかも影響して少しマウンドの状態も関係してるんでしょう。
けどそれは相手も同じ。 勝負は勝負・・・か。
ああ!でも悔しいな!

前回に引き続き日光浴中のTreeMateでございます。
005_convert_20170324230901.jpg
このブログ、さすがにネタにも尽きてきた。
まーブログなんだから営業用とはいえ好きな事を書けばいいんだろうけど。
なんか昔よりはちっとは名が売れて客も増えたもので妙に臆病になる。

まず下ネタ言わなくなったよね。これも色んなお客さんがいるからかな?
だって以前みたいにちんぽとか言ってたら苦手なひともいるでしょう?
小さいお子さんだって見る事がないとも限らない(ねーよ!)。
だからもうちんぽとか言わないようにしてるんです。
そうね、もうどれぐらいちんぽって言ってないんだろう?

さて、ちんぽ問題はさておき、爬虫類の日光浴の様子を。
久々に青い空の下でマコレピスミナミモリドラゴン。
009_convert_20170324230923.jpg
太陽は君達のような卑しき爬虫類風情にも平等にその恩恵を与える。
わたしのような外道の商人にも。 救われるね。
008_convert_20170324230912.jpg
口唇はめくれ上がり尾は切れ肌が乾燥して痩せ細った健康状態の悪かった個体。
私の献身的な看護によってちょっとは見れるようになったじゃないか。
いいフォルムです。 頭部クレストは欠損したままだが健康状態は良い。
完品の個体よりもコイツの方が手間かかったその分気に入っている。
性格も良い。 良いっつーか、立ち上げした分触ってるから手に慣れている。

いくら営業してもこの仲間が脚光を浴びる事はないだろう。
似たような外観でもっと観賞向きの種は多くいるしムダに高価だし。
だがこの抑えた美しさがたまらないわ。と、飼ってみて思う。
いいトカゲよ、ほんと。


最後の売れ残り。
キサントロプスのちびも優しい午後の傾きかけた日差しのもとでお散歩。
025_convert_20170321232659.jpg
おさんぽ、おちんぽ。 ・・・・・ごめんなさい。

ちびめ。 けど1頭になったらそこからの成長は早くなる。
可愛くなってきちゃって名前付けちゃいましたよ、もう!
024_convert_20170321232647.jpg
え、名前? ・・・だから、ちびが名前・・・

さて、先に売れたデカめの子達はもうかなり大きくなってるかな?
ツノ系は難物ですか?そうかもね。でも種類による。
初期ケアをしっかりしてるからキサントロプスなら高確率で育つ。
ふふ、殺すなよ? その個体は育つ仔だぜ?

不思議なもんですよね、昔どうしても育たなかった。
温湿度も綿密に細密に計測して毎朝気を遣いながらバスキングさせて。
でもバタバタと死んでいくし、たまに大きくなっても今見ると明らかな発育不良。
いつからか育つようになった。 とくに劇的に飼育を変えたわけでもないのに。
そしてほぼ同時期にいろんなマニアやブリーダーのもとで育成に成功しだす。
訳の分からんシンクロが起きる。
殺しすぎて追い詰められたマニアの意地と感性が生んだ奇跡か?
生き物はナニも変わらない。変わったのは飼育者の感じ方、感覚なのか。
カメレオンは肌で飼う。とだけ言っておこう。
ともあれ、以来、キサンは育つ種類になりました、とさ。
メスならばほぼ1年で大型個体とまではいかんがアダルトサイズになるわよ。

アブロニアは逃げ足がはやいので日光浴も窓際で済むならその方がいい。
003_convert_20170324230836.jpg
指欠けや再尾はご愛嬌。元々ってのもあるし繁殖させるなら同居は否めない。
002_convert_20170324230824.jpg
おっと、手にツメあとの傷があるぜ。
親友の喜美子が言ってたっけな、
「あら、手に赤い傷があれば色の白さが引き立つわ」
さすがはネクロフィリア。 言う事が違う。

ジャクソンカメレオンの次の課題はグラミネアの累代繁殖。
いまだ累代のハナシは聞いた事がない。
なぜ?性成熟が著しく遅いと聞いたが本当にそれだけか?
それともまったく違ったナニか別の理由があるのか?
検証してみたくないですか?マニアの面々。
サンプル個体いつでもご提供いたしますよ、有料ですが。
アンギストカゲという謎めいたカテゴリー。
誰しもがまだまだ第一人者になれますよ。


そして、この上原、一番のお気に入り。
素早すぎておんもで日光浴はネットケージでも回避したいアミーバトカゲ。
023_convert_20170324231108.jpg
アンギラバンクアミーバ。長いよ、言えねぇよ。

このアミーバだからいいんですよ、上品な色合い。
ジャウ・・なんだっけ?ナントカオマーンカナヘビみたいじゃない?
オマーンカナヘビってオマーン固有種かな?
ねえ、オマーン固有種って言ってみてよ。

いいね!このお手手が良いんだよ! 気持悪くってさ、ほんとイイ!
028_convert_20170317163953.jpg
狭舌下目カナヘビ上科テユー科アミーバトカゲ属。このセンス!この概念!
005_convert_20170321232401.jpg
元来、あまりペットとして飼育される事がない分野。
飼育情報や資料は少ない。
ゆえに手探りで飼育していくわけだがこれが楽しい作業。
全部わかんないんだから全部新たな発見で新鮮味がある。
アクシデントで換水時に水入れひっくり返してもそれが良かったりもする。
やだぁ・・ビチャビチャになっちゃった・・え?それがいいの?みたいに。
そして色々試せるほどに丈夫なのがまた良し。

メスがさ、妙に恰幅が良くなってきてる。
殖えたらいいな。殖えてどうする?
そりゃ、売りますよ。 売れるかな?

マイナーな個人趣味にはしってどうする?商売だろう?
なんて業界あるあるの説教ネタはもう聞き飽きたぜ。
売れ筋を置く。その通りだ。
だがどっちみち自分が惚れてないものの営業なんて難しいでしょう?
自分が良いと思ってなきゃ、金粉ふったってすぐ落ちるぜ・・・。
なんて(笑)なんかアイドルの売り出しみたいな言い回しで良いでしょう(笑)

また次回





ねこ散歩
うちのは白ねこだけど黒ねこのグッズを集めてしまう。

付録のポーチに惹かれて雑誌買っちゃうって云うね・・
044_convert_20170321233234.jpg
宝島社は付録がいい。 よく買ってしまう。
045_convert_20170321233246.jpg
厳密には黒ねこではないが。 いいんだよ、そんな細かくはない。

トカゲの日光浴がてら、ねこにリード付けて外に出してみた。
027_convert_20170321232713.jpg
気に入らないだろうね、でも思いの他おとなしい。
もっと嫌がると思ってたのに。
028_convert_20170321232727.jpg
近所にさ、ねこ散歩させてるオバハンがいるの。
ノーリードでさ、ねこは物陰に隠れながら一定の距離を保ちババアの後を追う。
ババア一人歩きかと思いきや振り返ってゴミバケツに向かって「行くよ、ホラ!」
するとねこが出てきて付いて歩き、また電柱に隠れる。
・・・飼ってんだろうな、たぶん。 びっくりするでしょ?
はは・・・まーこの界隈はちょっとユニークな人が多くてね、退屈しないかも。
はっ!ひょっとして私はその筆頭か!? 私ヤベェ気持悪いヤツなのか?
いいよ、どーせどこまでいってもアウトサイダーよ、認めるしかないわね。

外でケージ並べてトカゲ日光浴させてるやつがカタギなわけがない。
そういうのは一般市民とは呼ばないのだ、たぶん。皆さんも気を付けて。

グラミネア
014_convert_20170322000146.jpg
だいぶそれらしいかたちになってきた気がする。
1頭小さいけど他の仔はサイズにあまり差がなく成長してる。
015_convert_20170321232508.jpg
ある種のツリースキンクのような印象を受ける。
目の周りなんかはアブロニアらしいね。銅色の体色も鈍く光って渋い。
016_convert_20170321232537.jpg
トカゲ飼ってるって気がするわ。 いいフォルムよ、それらしい。
いかにも爬虫類飼ってるって気がするわ。

バルバドスカメレオンモドキ
017_convert_20170322004617.jpg
日光を浴びると少しメタリックなグリーンを呈する。
幼体の頃の特徴かな、この時期は青っぽくてほんとキレイ。

ポルカスカメレオンモドキ
019_convert_20170321232552.jpg
カメレオンモドキを撮影するなら屋外で撮るべきだわ。
紫外線に反応がはやく鱗の中の組織はティンダル散乱を繰り返す。
021_convert_20170321232615.jpg
チッ!黒ずんだか・・ストレスが顔色に出るお前らはきっと麻雀は苦手。
ああ、通った・・!これ切れるかな? 全部心の声が聞こえてきそう。

日光浴の季節になると急に飼育が忙しくなるわね。
でも夏と冬は厳しいからこの時期は見逃がせないわ。
大切な生体たち。できるだけ長く外に出してやりたい。
もう!焼けるじゃない!
紫外線が好きなこいつらといつかわかりあえる日がくるのだろうか。

エメラルドツリーモニター
001_convert_20170322005924.jpg
またヤッてる。今日で3度目の交尾。
エメツリの繁殖例はたまに聞かれる。
わたしが直接知ってるのは2例。 けど他にもまだいっぱいあるだろう。
ましてわたしはまだ産卵にもいたらない交尾だけ。
さして珍しい事でも自慢できた事でもないかも知れない。

にしてもだ、ツィッターもブログもだけどちょっと反応薄くねーか?
013_convert_20170321232455.jpg
あまり一般的に交尾画像が溢れてる種でもねーと認識してるんだが・・
こーゆーのはもひとつか?まだカメレンモドキの繁殖の方が反響があるぜ。
あんなもんはなぁ、飼ってりゃ殖えるようになってんだよ!
オオトカゲの繁殖行動を見てキャッキャ言ってんのはあたしだけか?
見てろよ!CB得てやるからな!
012_convert_20170321232440.jpg
わたしはオオトカゲが大好きでとくにツリー系は爬虫類の中でもかなり好き。
コバルトのペアも金に困って売っ払っちまった事を未だに悔やんでる。
そしてエメツリはコバルトよりも好き。
011_convert_20170321232421.jpg
こんなにエレガントな爬虫類は他に見ない。
大人の洗練された女性を目指す私にとって彼女こそが指針であり目標だ。
ああ、なんて良い横顔なの・・・!こんな風になりたい。

今、またオオトカゲ集めたい熱がハンパないです。
養殖せねばならん。オオトカゲこそ。

水割りすすみすぎてナニ書いてるかわかんねーぞ。
今夜はこのへんでヤメとくわ。

また次回~
さぁ、行こう!
こんばんは

ちょっとブログ更新サボッてたTreeMateです。

大丈夫!まだやってますよ!

ちょっと先週~今週と忙しくてね、
クルマは車検だし野球は観なきゃいけないしで・・ほんと。

011_convert_20170317163744.jpg

野球といえばこの前の日曜日オランダ戦のとき夜になぜか映画観に行っててさ、
試合は録画してたんだけど真っ直ぐ帰ったら絶対すぐ観なきゃいけないでしょ?
だってその間テレビやケータイ、PCもうかつに開けない。結果出たら終わり。
まず観終わらなければライフラインのあらゆるものが先に進めない。
仕事終わらせて風呂入ってビール用意して観戦してたら終わんないの(笑)
明日も午前中から用事だってのに延長11回もしやがって!寝れないよ!
終わらなければ翌日の朝ニュースも観れねぇ。 けどいいゲームだった。
今大会、観てていいなと思ったのは全員だけどやはり松田選手と菊池選手。
松田選手は振り逃げとか相手のエラーとかさ、やっぱりチームにとって吉の存在!
それに菊池選手のフォローがなければ勝ちに繋がらなかった場面も多いと思う。
私なんかが言ったら怒られるけど、菊池まじ野球上手いなぁ。

・・・動物か?
まぁ、特筆することもないんだが・・それも更新停滞の一因でもある。
そうね、ベタにいこうか?「なんだか春めいてきましたね」みたいに(笑)
月並みな科白よのう!けど定番やお約束がなければそれもさびしいものよ。

そう、春めいてきたら冬の間死んだみたいにおとなしかった連中も蠢きだす。
冬眠明け。 あら、死んでなかったのね、うふふ、なんて。

トウブクビワトカゲ
001_convert_20170317163525.jpg
ハハハーッ!まじで生きてやがったのか!
今回ちょっと失敗してあらかた死に絶えたかと思ってたがな、まだいたのか。
そうかそうか。いや、いいぜお前たち。ノレるぜ!
003_convert_20170317163541.jpg
クビワトカゲは毎年1頭ぐらいはミスって死なせてしまう。
割とガッツリ冬眠して期間も長いという思い込み自体が間違いなのか・・?
もしくは飼育個体すべてが同じ時にまとめて仕入れたものばかりではない
ので採集地による地域の気候の関係か・・たんに栄養の蓄積に問題か・・・

今回ちょおっとやり過ぎてしまって全滅させたかと思ってた。
片付けようと放置したままになってたケージに動くもの発見!
探せなかった土中深くに1ペア生き残ってたとはな・・・こんな嬉しい事はない!
残ったメスはまだ少し若いが今期繁殖できないとも限らない。秋でも頭ふるからね。
どちらにせよこれで次代を繋げる可能性がある。 やったぜぇ。
なぁ、これだから爬虫類は面白い!

アオキノボリアリゲータートカゲ
006_convert_20170317163438.jpg
こちらもすでにずいぶん前から起こしにかかってるが個体差がある。
死んでしまうような事はないが活動するやつ、まだ寝ぼけてるやつ。
008_convert_20170317163414.jpg
晴れた日はわかるのかいい陽気だと全員起きてる。
でも寒い日や曇りの日は活動しない個体も多い。
活動モードに切り替えた飼育部屋の環境設定は同じなのに分かるんだ。

先日の日光浴の時の画像だがベビーは成長がはやいと感じる。
性成熟がはやいかどうかは知らん。それはまた別のハナシだろう。
009_convert_20170317163732.jpg
なんとか全員大きく育って欲しいね、売り物になるくらい。
売れなければそれはそれ。楽しみ方は他に色々ある。

日光浴の様子
006_convert_20170317163658.jpg
楽しそうでしょ? 全部は出さない。
ローテーションで目が行き届く範囲だけにしましょう。
プラケの格子越しだとUVBの多くがカットされてしまう、
とかくだらねー事言ってんなよ?
青い空と娑婆の空気は生き物をリフレッシュさせるのよ。

ゴマバラトカゲモドキ
025_convert_20170304210243.jpg
そう、まさに春めいてくると活発になる。
今日なんかだとわたしの部屋は湿度も高い。
窓を開けると流れ込んでくる空気も匂いが違う。

ミドリツヤトカゲ
005_convert_20170317163556.jpg

迷うだろう? 一気にスコールを浴びせてより躍動の季節を演出するか、
はたまたこの蒸れ感に警戒心を抱き換気と乾燥を心がけるか、
結論は種類による。
ふん、何でもそうだし何にでも当てはまる言い方だな。我ながらくだらん。
でもそうだ。

たとえば、カメレオン。
パンサーカメレオン
001_convert_20170228183351.jpg
パンサーなら比較的蒸れには強くこの程度の温湿度の上昇にはビクともしない。
ある程度鍛えて飼っているなら。
だがいかに頑強で鈍感なパンサーと云えど健康状態が悪くそれに気付きながらも
騙し騙しで飼ってる場合はその限りではない。 意外に脆い。
水の使い方は慎重になるに越したことはない。

ヤモリ類ならスコールでより春をかんじて繁殖行動が活発になるだろう。
001_convert_20170304205839.jpg
ガーゴイルは乾燥と高温が苦手で多湿を好む。
このところの湿度上昇でうちのメスどもは一気に産気づく。

春は繁殖の季節。
ブルメーションと云う。 春化処理だ。
エメラルドツリーモニター
025_convert_20170317163940.jpg
こちらは冬眠ではなくウィンタークーリングという手法をとる種類。
ガチで冷やしたら普通におっ死ぬわよ?
024_convert_20170317163929.jpg
さぁ、上手くいくでしょうか? まだ少し若いんですよねぇ、見た感じ。
恋せよ、若き男女。
叶わぬ悲恋こそ、汝を強くする。
其は青春の息吹なり、ってか。

準決勝からは午前中の放送だぜ! さぁ、行こう!
では、また次回~



アブロニアグラミネアブロメリア
こんばんは

イベント終わって1週間も経つけど疲れが取れない。
もう・・!ちょっと疲れると肩凝って奥歯んとことか痛いんですけど。
もう親知らずねぇじゃんかよぉ!なんでよ?ちくしょー!
ダレか按摩してくれー!全身固まってんですけどー!!

アラフォーにもなると外見は厚塗りでごまかしても内面は確実に衰えます。
ゴブリン喜美子に電話したらあの子も歯が痛いって笑っちゃいました。
どうやらババアはオーバーワークすると歯が痛くなって熱が出ます。

イヤそうな顔するねこだぜ、まったく。 うちのゴエモンちゃんでーす
003_convert_20170304210101.jpg
だいぶロキソニンも効いてきたのでブログも書き進められそうだわ。

さて、アオキノボリアリゲータートカゲ。
002_convert_20170305190331.jpg
そろそろかと思ってましたが、出産しました。
034_convert_20170304210341.jpg
ぼけーっとPCさわってるとケージん中に変なスキンクみたいのがチョロチョロ。
042_convert_20170304210453.jpg
ちょー嬉しいんですけど。やった!
銀灰色で細くってなんかテキサスアリゲータートカゲみたい。
テキサスも何気にかなり好きなんですよね。

アンギストカゲ殖えちゃったよ!わーい!
050_convert_20170304210535.jpg
なんか親にもましてツリースキンクみたいな雰囲気。
いいよねぇ、こういったペット感のない種類のCBってオシャレだよね。

餌食った!やっぱね、頭悪そうだもん。動けばいく。
041_convert_20170304210442.jpg
親が丈夫なんできっと仔も丈夫でしょう。

それにしても、カメラ映えしない。可愛いけどね。
051_convert_20170304210547.jpg
何にせよ、これでしばらくは遊べそうだわ。
いくら好きでもペット屋は日々のライフワークに飽きてくるからね、ほんとに・・・
たまにはこうやってモチベーション上がる出来事ないと続かないわ(笑)

グラミネアも良いけど何気に今一番気になるのはカーステンオビトカゲ。
046_convert_20170304210524.jpg
以前からほんと一度は飼ってみたかったこの仲間。
いい感じに頭も悪くて可愛い。
もうちょっと小さければ良いとも思ったがこのサイズ感こそが魅力なのかも。
007_convert_20170305190414.jpg
普通に可愛いけど普通に探して購入するほどでもないところが良いでしょう?
ディスってるわけじゃない。もっと見直されていいと言っている。
マダガスカルのゾノサウルスを好んで飼育する愛好家は多くない。
この種は乾いた林床に棲息する地上性で昆虫や落果などを食べる。
昼間はバスキングをして多少の立体活動は行うが夜間は地中に潜って休む。

頑強で簡素なレイアウトで飼育できるがそれでは魅力が半減してしまう。
飼い易い部類に入る種だからこそ凝ったレイアウトで大事に飼うと面白い。
その生活史を飼育している感覚になる。餌付きが良いので餌も色々試せる。
広めの棲息地を模したレイアウトでストレスフリーで活動するさまを観察したい。
朝、倒木の隙間から這い出てきてチョロチョロ水を飲む様などを見てて癒される。

私にとってマダガスカル便とはカメレオンよりもこういった種を期待してしまう。
知名度や人気は低いが飼育種として優秀な種類は結構いる。
そういう連中を発信していきたい。それに趣味として選択肢が多い方が良い。

なんて思う今日この頃。
あ~、やっぱ歯が痛ぇ・・・クビが痛い、肩上がらん。
新しくパンプス買ったのに足がむくんでめっちゃキツイし・・・
頭痛ぇ、でも、酒飲む(笑)

では、また次回~




ゼンマイトカゲ
こんばんは

大阪レプタイルズフィーバー無事終了しました~

今回、冬の大阪は第1回。
申し込む時、地域的にも時期的にも丁度イイんじゃないの?って思ってました。
会場は予想通りの大盛況!トイレ行くのも一苦労の混み合い具合!
うかうかしてると漏らしちゃうわ。

当ブースにお越しになってくださった方々、ありがとうございます!
差し入れ頂いた常連様!いつもありがとうございます!
お世話になった関係者の皆様、私と組んでくれた同業、いや同士達よ、
まじ顔射!あ、いや感謝です!また宜しくお願い致します。

いや~、イベント終わると疲れるけどホッとしますね。
008_convert_20170228183453.jpg
コーヒー片手に歩いてるのってバカオンナっぽいからやってみました。
010_convert_20170228183505.jpg
いや、画像は地元ですよ、ただの意味のない自撮り。いつものように。

普通なら会場風景とか生体の画像でも載せるんでしょうけど。
以前はそうしてたんですが、もう終わった画像載せてもな、とも感じます。
もう売れた生体の画像でもお前のツラよりかはマシ、とでも言いたいですか?
そう言うと思ってなおさら今回は人物画像がメインです。

友人?同僚?先輩?同期?後輩?な感情が入り混じった仲間と共同出展。

格上の先輩だけど年が一緒だからタメグチで話す保憲くん。
ラセルタルーム
012_convert_20170228183534.jpg
イケメンで教養があり仕事はぬかりがない。
笑っているが基本的に喜怒哀楽の感情が希薄。
特に恐怖心の類は持ち合わせてなくてあるのは物事に対する興味だけ。
自分の動向にしか関心がないのは彼のようなサイコパスの特徴。
高い知能を持つ彼は周囲に合わせる事もそつなくこなす。学習能力は高い。
本当に魅力的で素敵な人物。なんていい男なの。
どうしようもなく惹かれてしまう。
キュウリが苦手。


肩パッドの入ったバブリーな衣装。
年上だけど後輩で長電話の相手、喜美子ちゃん。
レプタイルショップ ゴブリン
011_convert_20170228183519.jpg
古き良きエレベーターガールを思わせる美しき死体性愛者。
映画ネクロマンティックの世界に生きる娑婆が似合わないロマンチスト。
レトロでサイケデリックでトリッキーな親友。
013_convert_20170228183547.jpg
激しい気性と女の子らしい弱さと優しさを併せ持つ。
教養は高く努力家で忍耐力もあり行儀が良い。
だが著しく好戦的で常に何かと争っている。常在戦場。
ナマモノとお酒が苦手。


カオスですよ、まじ混沌。爬虫類業者なんて。
○○○○○しかおりません。みんな××××です。
伏字の欄には好きな字をあてがってね。

もう一人いたんですが写真撮っていいものやらどうやらで。
一応、大先輩なんで。 後輩みたいな先輩(笑)
このテの冗談が通じるかどうかも微妙なんで回避します。
怒ってくれたらまだいいけど傷つかれたらかなわん。

でも、最高に楽しかった。終始笑ってました。
ほんの数点、買い付けてきました。
新入荷

ハイチゼンマイトカゲ
015_convert_20170228183604.jpg
まだ若いペア。
イグアナ科ヨウガントカゲ亜科は中米から南米一帯にかけて棲息する仲間。
構成種は多くあまり調査もされていない。この分野に詳しい人を探すのは難しい。

メタリックな色彩を呈するのはオス。
017_convert_20170301214659.jpg
メスは褐色で地味。  ・・・ツメがボロボロ。あ、生体じゃなくてわたしね。
018_convert_20170228183642.jpg
高温のホットスポットでバスキングもするがすぐ床材に潜り込む。
土飼ってる感が否めない種類が増えてきた。
うちのコンセプトはツリー系じゃなかったのか?
だって可愛いんだもん。昔から好きな仲間だし。   ペア16800円

カーステンオビトカゲ
021_convert_20170228183707.jpg
プレートトカゲ科のゾノサウルス類は魅力的なトカゲ。
地上性だが環境が整えば立体活動も行うし地中にもよく潜る。
こういった林床を這う連中は雑食性傾向が強い。
スキンク類ともまた少し違う繁殖生態にも注目して飼育したい。
ペア 16800円

お問い合わせは
treemate@hotmail.co.jp
080-3163-1290(080-5669-3685)

宜しくお願い致します。

では、また次回~
プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR