*All archives* |  *Admin*

2016/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
隷属させるなら首輪がいい。
こんばんは

ねこってほんと可愛い
とくにこねこはたぶんこの世で一番可愛いものなんじゃないでしょうか?
今、こねこ預かってるんですけど、もう、見てるだけで癒される。
成長がはやく、日に日にやんちゃになっていく、イタズラも微笑ましい・・
あん、パソコンのキーボードとかフミフミするのが好きなのね
070_convert_20160616203548.jpg
やだわ・・もう!殺意が芽生えるじゃない? おりんかい、クソガキ!
と、日々攻防が繰り広げられている今日この頃、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
イベントも近いというのにHuluばっか見てるTreeMateです。


さて、新入荷

トウブクビワトカゲ
011_convert_20160627231407.jpg
前回のブログで画像載せたコはトウブじゃないと思う。
チワワクビワ・・・かな?

今回のヤツラもインヴォイスはトウブクビワだけど・・どうでしょうね?
トウブクビワで来るやつには実際にいくつかのパターンがありまして、
ここ数年仕入れたヤツだと2パターンは見てます。

今回のは典型的な青黒いトウブじゃないけど体格が立派な個体群。
何より、痛んで輸入される事が多いクビワにしちゃ、かなり着状態がいい!

若い個体 メスだね
005_convert_20160627231309.jpg
可愛らしいですね あどけない。
このコだけまだちっちゃいので別ケージ。
悪食で何でも食っちゃいますからね、デカイ餌でも無理にも食いつく。
捕まえたカナヘビとかケージに投げ込むとソッコーですよ(キャー!)
ふふ、もし拒食したら試してみるといいですわ。 
その際はカナヘビも少し飼って駆虫するとより安心できましてよ。

そこそこ大型のオス
007_convert_20160627231325.jpg

ほんと、状態が良いんですよねぇ・・
輸入された時点でキツイやつはまじキツイっすから。
最近、あまり見かけないでしょう? 好きなんですよ、クビワ
昔からペットとして飼われていますが、ちょっとクセがあるんで経験は必要かも。
丈夫と言えば丈夫ですが。 はは、よく聞く売口上ね(笑)

009_convert_20160627231341.jpg

乾燥した大地に棲むからケージ内に加湿するものはあまり置かない。
小さな水皿ぐらいは置いても問題ないけど。
私はイネ科の植物とかも植えるけどね。枯れたら枯れたで味がある。
赤玉とか敷くと岩とかをきっかけに巣穴を掘って眠る。(岩崩れないように組んでね)
別にシェルターありゃいいじゃん、と思うかもだけど掘る姿も可愛いものよ。
夜間とかは相当冷えても問題ない。 つうかなるべく冷やすよう努めましょう!

010_convert_20160628004927.jpg

高温のスポットを1ヶ所用意して消化を助ける。 温度が低いとあまりよくない。
あと紫外線要求量も多いが屋外日光浴は気を付けて。逃がしたらもう捕まらんぞ?
よくドライ&バスキング的なトカゲの飼育で誤解されてるが真っ暗な密室で飼育してる
ならいざ知らず、普通に昼夜の区別がつく部屋なら日中常時点灯しておく必要はない。
サーモスタットもいい手段だが基本は自身の飼育部屋の環境を把握しておくこと。
そうすればおのずとケージの置き場所も決まってくるし、省エネです。

002_convert_20160628004901.jpg

餌は昆虫がメインで食うならピンクマウスとかも与えてもよい。
馴れるとピンセットめがけて飛びついてくる姿が愛らしい。
活発でジャンプ力も強いのでできるだけ大型のケージを用意しましょう。
その方が状態も良いし走り回ったり流木などの調度品によじ上ったりして観察が楽しい。
バタバタしたイメージがあるけど意外にもよく馴れて抱っこも可能。
まぁ、可能って言ってもフトアゴみたいにはいきませんけどね。

007_convert_20160628004911.jpg


サイズの割りには大きなケージが要るが大事に飼えばかなり優秀なペットリザードになる。
最近はかつてのようにあまり輸入されないので結構貴重な種類でもあるし。
状態の良いクビワをお探しの方!(そんな人いるのかな?笑) 是非、この機会に!
まぁもし売れなかったら・・・このわたしが来年国産CBおがませてやんよ!


001_convert_20160628004850.jpg

では、また次回~




スポンサーサイト
空想こそが大事なんだ。
お控えなすって!
ああ、どうぞあんさんからお控えなすってください!
では、三尺三寸借りまして、手前、生国と発しまするは四国に御座います。
四国四国と申しましてもいささか広う御座います。
鳴門の渦潮で産湯をつかい、稼業 駆け出しの未熟者、されど腕と度胸の
野生のドラ猫、口先仁義御免こうむります・・・

なんて、新しく問屋を訪ねる際にはきちんと仁義切った方がいいのかしら?

五社秀雄が大好きなTreeMateです。

すごく、涼しいですね、快適。
エアコンなしでキャミ1枚で過ごせる環境が理想的ですね。
曇ったり小雨の日はバスキング日和。
025_convert_20160625024140.jpg
ですが・・もう、蚊がすごくて・・たまんない。
バットハウスでも建ててイエコウモリ大量に巣食わせたい気分です。
皆さん、コウモリはお好きですか?
037_convert_20160625024226.jpg
もっとも普通に見られるイエコウモリは皆様も観察したことがおありでしょう。

イエコウモリほど日常的に手軽に観察できる野生の哺乳類は他にいない。
ネズミやイタチやウサギもよく見かけるが絶対ではない。探すといないものよ。
コウモリだけは明日も明後日も観察が約束されている貴重な種類だ。
040_convert_20160625024248.jpg
この時期ならばお腹に赤ちゃん付けた母親や何とかようやっと飛行し始めた
幼獣も観察できる。この幼獣はずっと見ていればだいたい疲れてすぐどこか
適当なところに止まって休憩する。もう飛べなければそのまま死ぬ事も多い。
042_convert_20160625024300.jpg
小5の頃、コウモリに魅せられてからずっと自分の好きな動物ランキング№1
この座が危うかった事すらない。ずっと不動の一位を守り続けている。

現在では翼手類の輸入は禁止されており、野生種だろうが養殖モノだろうが
ペットとして海外からは持ち込めない。絶対に。病気持ってるからね、危ない。
今、流通してる個体はかつて輸入されたものがこの国で殖えてその末裔だ。
045_convert_20160625024314.jpg
わたしが業界に色気を出し始めた頃は種数は多くないものの食虫性の
小翼手亜目も割りと普通に流通していた。
現在の立場と流通状況が合わないのはよくある事でもう少し早くわたしが
このバイを始めたならばきっと大量に収集し成否はわからぬが人工養殖を
志していた事だろう。そしたら皆様にも素晴らしいペットのコウモリをご提供
できた事だろうに、いや、実に惜しい・・!
048_convert_20160625172000.jpg
現在となってはもうそれらの種類を新たに入手する事はほぼ不可能だが
何かしらの奇跡が起こり扱うことが出来るなら私はその飼育、繁殖、研究
に現在持ちうる多くのものを犠牲にしてでも尽力する事だろう。

いや、ハナシは逸れるがまったくもって美しいマツゲイシだ
052_convert_20160625024324.jpg
さて、ヤモリなんてどうでもいい、コウモリだ。
大学などの研究用に飼育されているコウモリでのデータだが飼育・繁殖が
比較的容易な種はコキクガシラコウモリ、ウサギコウモリなどが挙げられる。

人工飼料にも餌付きがよく、飼育下での産子の育成の話も聞いた事がある。
両種とも科は違うが広短型の翼を持ちヒラヒラと低速で樹間をたくみに飛行
しながら止まっている甲虫や大型の蛾などを拾い食いする生活様式を持つ。
015_convert_20160625024513.jpg
実にいい。この大型の昆虫類を捕食するカンジが飼育欲、いや飼育成功の
可能性が期待できる。イエコウモリやユビナガコウモリ等の高度の高いところ
を高速で飛行する連中は餌となるのは専ら飛行昆虫で量食ってナンボの世界。
こういった食性を持つ種はおそらく飼育しづらいと想像する。

観光地に現れる種類は悪食で物怖じしない
001_convert_20160619211559.jpg
食虫性の動物を飼育する機会ならトカゲ類が代表的だろう。
トカゲでも小さなカスカスの肉少なめの筋ばっかみたいな昆虫を大量に専食
する連中はえてして長期飼育が困難な傾向にある。栄養管理等が難しく妙に
太らせて内臓に負担がかかったり消化面でも不具合が出てくる事もあるはず。
ガッツリと大型の昆虫を飛びながら食すのではなく狩ったあとに枝に止まって
食すこれらの森林棲のコウモリなら確かに人工飼料にも無理なく移行できそう。

イグアナ科ってのは丈夫にできていて旧世界のカウンターパート、アガマ科よりも
輸入時の立ち上げや飼育におけるトラブル時の荒療治にも比較的ムチャがきく

011_convert_20160625024445.jpg
わたしは現在、エジプシャンルーセットオオコウモリの養殖、販売を行っている。
コウモリなしにはわたしの人生は成立しないのだ。
なら、流通可能な種はルーセット属だけでもわかってるだけであと数種類いるし、
もっと典型的な大型のオオコウモリも数種は流通するので入手できるがしていない。
流通する機会が少ないので高額になるという金銭的な問題もあるがそうじゃない。
わたしにとってのコウモリとはやはり小翼手亜目、コガタコウモリなのだ。
005_convert_20160619213204.jpg
耳が大きくて小さい眼でエコーロケーションを行う種類こそコウモリらしく感じる。
数グラムにも満たない体重でトーパー機能により活動時に体温が上昇するやつら。
キツネみたいな顔した可聴音で鳴くコウモリにそこまで入れ込む気にはなれなかった。
002_convert_20160625024422.jpg
「ヒナコウモリ科やアラコウモリ科やヘラコウモリ科のコウモリが飼えないなら、
ボクは・・・・コウモリは・・・いいです。 あ、でも僅かながらエコーロケーション
を使う洞窟棲のルーセット属なら是非とも扱いたいです・・・」ってカンジかな?

もし、仮に、奇跡的にものすごい偶然があって素晴らしい人脈を得たとして、
保護目的、もしくは研究用の外国産種の余剰個体を譲渡される事があった
としても、きっと養殖しての販売や飼育状況のお披露目は許されないだろう。

わたしはすでに商売人、銭の亡者・・・純粋な愛好家、研究家としての心などは
もはや幾許も残ってはいない。 だから、たぶん断るだろうな。
自由にできない個体なら、要らないんだ。
(研究者は実際に研究者、研究家は誰でも勝手に名乗っていい。例:料理研究家)

こうして、わたしのコウモリ飼育の夢はもう・・実現する事はないのである。
あと数年、数年だけこの稼業を目指すのがはやければなぁ・・また違ったかも(笑)
003_convert_20160625024434.jpg
でも、構わない。だってこうやって空想で飼育を模索するだけで楽しいものです。
そうやって子供の頃から頭の中でオオヤマネコやセグロジャッカルを飼育してきた。
「待てよ、オオヤマネコはやはり危ないな、もう少し南下してジャガランディ程度なら・・」
「クズリは馴れなかったら最悪だ。けどラーテルなら凶暴だがまだ小型で云々・・・」
空想はリアrティがなければ楽しめない。だからT-レックスは登場しない。
リアリティはマスターベーションにだって不可欠でしょう?

では、また次回~




趣味
押忍! TreeMateです!

ようやっと録画してた不機嫌な果実を見終わりました。
大奥あたりから成宮くんのエロキャラもなんかハマッてきたような。
ロクでもないクソオンナもあそこまで突き抜けると清々しく感じました。
個人的には橋本マナミがよかったです。

オンナはねこ。 
ねこがオンナっぽいのかな、しなやかで、奔放な気分屋で追えば逃げる。
女豹、なんてゆうぐらいですからね、キャットハウス(女郎屋)、泥棒猫・・・
間男に対して泥棒猫なんて言い回しはしないですよね。

爬虫類はどうでしょう?
蛇女、黒蜥蜴・・・やっぱり有鱗類はオンナじゃないかしら? 
冷たく、しなやかで毒々しい美しさで、色っぽい。実際に毒も持つ。

でも、ねこにしてもトカゲ、ヘビにしても夜っぽいオンナですよね。

同じ爬虫類でもカメは絶対オトコですよね。
だって、亀・・やーめた!

バルバータスカメレオンモドキ
ピンボケ。 いいのよ、あたしにピントが合ってれば(笑)
101_convert_20160616203525.jpg

わたしはトカゲ愛好家で、現在扱ってるのはほとんどトカゲ。
爬虫類の中でも種数が多くまだ見ぬ種類や変わった種類に出会うと興味深く面白い。
けど、最近は爬虫類等エキゾチック飼ってるヒトの方が興味深くなってきた。
業者仲間やお客さんとか。

ブリーダー仲間とかで妙な収集癖持ってるヤツとかは狂気じみた変態性を感じます。
グラミネア
057_convert_20160616203343.jpg
そのヒトたち下心がないんですよね、ただ癖だから。 あっても希薄。
その辺がステキに気持悪くて観察対象としてはもちろんトカゲよりはるかに複雑で。
わたしは適わないなぁ、と感じるわけです。 そこまでは硬派じゃないです。

わたし案外普通ですからね、ほんのちょっぴり変態かな?と思うときはありますが。

スジヘラオヤモリ
033_convert_20160616203140.jpg

そういうヒトたちを勝手にタイプ別に分類して考察する。
という自分なりのアソビを頭の中でやって楽しんでます。
妄想好きなんですよ、昔から。
そう、だから自慰・・・なんでもない。

シコラエ・サメイティ  のインヴォイスで来たけど雰囲気の違う個体。
039_convert_20160616203225.jpg
まだ若輩ではありますが、それでもしばらくこの渡世にいると
色んなヒトに出会います。 一緒に仕事するヒトも増えます。

飼育する動機やモチベーションも様々で、飼育種で人間性さえ想像させる。
とくにビギナーの方がだんだんとのめりこんでいく心境の変化が面白い。
ヒトは退屈には耐えられない。趣味に没頭していく姿が事の成否はどうであれ
生を謳歌してる活力を感じる。 たとえ狂気であっても。

仕事仲間は、心境の変化も通り過ぎてたいていはロクでもない俗物ばかりですけどね。
向こうにもたぶんそう思われてるかもけど。
040_convert_20160616203151.jpg
実際ペアになるかどうかは不明ですが、
変な♂ 35000円 ♀ 28000円 ペア59000円

でも狂ってなければ生きられない。
そうでしょう?人生、さほど楽しい事で溢れ返ってるわけじゃない。
部屋でニヤニヤしながらトカゲの世話してる狂気性など害のない静かな自由。
愛すべき変態たち。

マツゲイシヤモリ国産ベビー
080_convert_20160613234516.jpg

どうせこんなの好きなんでしょ?って予想が取引でピタリとハマッた時が悦。
ほんの少しそのヒトを理解できた気になって親近感。
わたしが買う場合もそーよ、ドンピシャの種類だと電話で種名聞いただけで
もう全身総毛立つもん、ゾクッとする。ちょーどこのマツゲの尻尾みたいに。
ま、総毛立つとは言ってもあたしパイパ・・・何でもない。

サラシノミカドヤモリ
004_convert_20160619213155.jpg
サラシノちゃんも趣味の良いお客様に売約いただきました。
いいええ、変態でも俗物でもございません。ステキな方ですわ。
だってステキなヤモリですもの。

グランカナリアカラカネトカゲ
095_convert_20160616203826.jpg
あら、テキトーに思いつくまま文章書いてたら結論とかまとめとかできないわ。
042_convert_20160616203310.jpg
そうね、まとめとしては、カナリアカラカネたぶんペア取れます。 22000円
結論は、結局わたしは人が好きって事ですよ。

では、
ハッチ情報

バルバータスカメレオンモドキ
022_convert_20160616203112.jpg
まぁ、とくに変わったハッチもなくお馴染みの種類です。
でも、それがいい。継続するからこその発見がある。
025_convert_20160616203125.jpg
「可愛らしいポックンを買って連れて帰ってね、俗物ども!」
こら、お客様に何を言う!申し訳ございません、よく調教しておきますので。

では、また次回~















チョコミント
こんばんは

お菓子がとまらないTreeMateです!
とくにアイスが美味くってしょーがない
今日もチョコミント食べました!チョコミント世代です!
069_convert_20160613234238.jpg

おっ 抱っこされんのは嫌いか? いい色出すじゃない。
021_convert_20160613233921.jpg
パンサーカメレオンは写真映りがよくていいやね、ほんと。
023_convert_20160614010110.jpg
こういった赤出すようなパンサーは旬が長い。 
つうか老成して色褪せてもそれはそれで紅葉したような趣があるように見える。
そしてモルフにもよるがオレンジ系ってのはパンサーの最後の姿でもある。

だいぶ良くなったホーネリィ、あともうひとふんばり。
008_convert_20160613233836.jpg
日毎に良くなっていくのは楽しいもの。
はは、でもこのピンボケ具合がちょっと誤魔化してるか?(笑)
わざとじゃないよ、色が出た写真を使っただけ。
撮りなおし過ぎるとヘソ曲げて黒くなっちゃうもん。
009_convert_20160613233853.jpg
ちっこいからね、焦ってはダメ! ほんのちょっとだけビビリながら立ち上げる。
数週間前まではオオコウモリやナマケモノみたいに枝に逆さにぶら下がってた。
簡単には殺さないよ、この便は高かったんだもん。
いや、安い仕入れなら死んでもいいかってそういう訳じゃないんだよ?
でも、ちょっとは考えるわよ。

このコたちもあと一歩!
004_convert_20160613233826.jpg
だからピンボケするなって?自信ないんか!
悪くはないんだけど決して良くはない。 でも良くなった。
なんやねん?それ(笑)
003_convert_20160613233816.jpg
立ち上がればこの地味なカメルーン野郎も一転して魅力的な姿に化ける。
これは大きいからホーネリィよりかはムチャが利く。 けど焦らずに。
きっといつかは売れるだろう、と毎日ゆっくり立ち上げてます。
立ち上げも含め飼育が楽しいんだもん。売れるのはもっと楽しいけど。

色々カメレオンお問い合わせいただいてる皆様、あともうしばしお待ちを。

さて、新入荷

ドイツ便やらその他もろもろ、
まず、サラシノミカドヤモリ ヤング個体
048_convert_20160613234118.jpg
たしか、かつてはズボラミカドヤモリ。 そのルーズじゃねぇんだよ!
いいヤモリだ。このシンプルさが実にいい。
051_convert_20160613234130.jpg
久しぶりに見たがかつては何が良いんだかまるでわからなかった。
ただ、成体はデカイなぁ、ぐらいにしか。
今見るとなかなか魅力溢れる地味さ、きったなさが心を打つ。
052_convert_20160613234139.jpg
私の周りのルーズファン達はホワイトパターンなんて目もくれない。
何故かこのスタンダードな体色を好む。
私のイメージではもっと淡く汚い黄土色だった感じだがパターンの詳細は知らん。
053_convert_20160613234149.jpg
私は・・・ホワイトパターンの方が好きだけどね。

グラミネア
また入荷!
041_convert_20160613234046.jpg
この、緑が好き。黄色いノドとアイリングが好き。 メス個体。
042_convert_20160613234056.jpg
ゴツゴツの鱗。 ドラゴン感がたまらない。
アンギストカゲったらスローワーム的なものを思い浮かべる?
アレもいいけどやっぱしっかりした四肢を備えたコッチのが私は好きかな。
だって木に登るもん。
045_convert_20160613234107.jpg
でもやっぱ胴長で動きもニュロニョロ、シュルシュル感はあるけどそこもまた良し。
だって緑色だもん。 緑色の木登りする種類は確実にカッコイイ!

グランカナリアカラカネトカゲ
027_convert_20160613234002.jpg
最近ね、前にも述べたがトカゲらしいものに非常に惹かれる。
郊外の畑でちょっと岩めくったら居るんじゃねぇ?的な感じがすごく良い。
徳島はド郊外だからしょっちゅうソレっぽいの見るけどね。
038_convert_20160613234015.jpg
カラカネトカゲの仲間とかってずっと気になってるんですよね。
もっと黒っぽいのいるじゃない? アレはまた別種なんだろうな、たぶん。
飼育欲を掻き立てられる。 掻き立てられるでしょ?お客さん。
039_convert_20160613234025.jpg
いいですねぇ、この円筒系のフォルム。 胴長なカンジ。
形容が正しくない気もするが、何と言うか、とても可愛らしい。
もろ乾燥した砂地ってよりかは少し草がある荒地って感じの種がいい。
カナリアだから乾燥はしていても岩とか草もあるだろうよ。

いいじゃないか!目の前に地中海の田舎の牧草地が浮かんできそうじゃないか!

ガイアナレッドツリー
040_convert_20160613234036.jpg
フタは開けずに撮影。 だってちっこいの出てきたらイヤだもん。
小さいクモ育てるのって意外と楽しいんだよね、私的に。
放っとけないのよね、ああ、ノド乾いてるかも!ってしょちゅう見てしまう。
大っきくなるとだんだん見なくなると云う・・・(笑)

ハッチ情報!

ガーゴイルゲッコウ
074_convert_20160613234337.jpg
スオライプ。 ただストライプ。
075_convert_20160613234348.jpg
でもこれはいいお子じゃ。
076_convert_20160613234358.jpg
しっかりしたハッチはホッとする。
お腹ぷくぷく赤ちゃん体系(笑) 赤ちゃんだから。

では、また次回~





ジンベエ
こんばんは!

ペット業界のエロ事師、TreeMateです。

暑いですね、夏はやっぱジンベエさんでしょ。
1692_convert_20160611004325.jpg
かなり昔の衣装まだ捨ててなかったみたいで着てみました。
どう?まだ現役でしょ(笑)

相方のTreeMate2号がさ、「お前、舐められたら終わりやぞ?」
ってよくわたしに言うの。
業界の仲良い先輩も電話とかしてると「どいつもこいつも舐めやがって!」
ってハナシをよくするの。
わたしのまわりは皆さん舐められるのが嫌いなようでして。
わたしは・・舐めるのも舐められるのも好きだけどね アハン

正岡子規っているよなぁ、アイツの「歌よみに与ふる書」って読んだ事ありますか?
短歌なんざに興味はねぇがわたし好きなんだよね、むちゃくちゃ言うもん、あのヒト。
あの批判もおそれずに現代だったらまず炎上必至の講釈がたまらなく気持いい!
まぁ確固たる信念のなせる業なんだろうけど、「舐められたら終わりだぜ!」って
カンジでカッコイイ! 相方の言いたい事もそーゆー事なんかな?(笑)

さて、新入荷

パンサーカメレオン国産ヤング
1715_convert_20160611005041.jpg
モルフはわからん(笑) 一見するとなんか東海岸の個体群だね。
1717_convert_20160611005006.jpg
眼の赤い放射模様とか見てみよう。
単純にサンバーバ等の南東系とは少し違う感じでしょう?
1719_convert_20160611004954.jpg
シャープな顔立ちはもうちょっと北へ上がった個体群をも思わせる。
まぁそこは成長途中なんで何とも言えんところもあるがね。
ただ南東系にしては年齢の割りには色を出す、普通最初はもっと地味な場合が多い。
かなり派手な個体になりそーなカンジで気に入った! 48000円


繁殖関連

クレステッドゲッコウ

スークレがよく産むのよ、これがまた。
1698_convert_20160611020553.jpg
ちょっと真面目に餌やったらすぐハラミやがる。
ガーゴイルは残したいのにかなり減ったがクレスいっぱい。
1725_convert_20160611004803.jpg
まー好きだからいいんすけどね。 
1727_convert_20160611004829.jpg
ラコダク、旧ラコダクの中でも何だかんだで一番好き。
1653_convert_20160611003834.jpg
ベビーだってまるで手間がかからない、だけど飼い応えがある。
1730_convert_20160611004001.jpg
最近、このブリックスでうっすらピンストが残るヤツがよく生まれる。
これが生まれだしたらしばらくコレばっかになりますからね(笑)
コレはまじピンキリよ、秀逸なヤツはほんとレンガ色でカッコイイけど
しょうもねー仕上がりになるやつもかなりいます。
しょうもないってのも違うか、ダレ基準だ?ってハナシですよね。
主観であり趣向とか嗜好とかって問題ですけどね、好みにクチは出せない。

最近はそのほんとにしょうもなく見えてたヤツが好きになりかけてきてる。
きったなさがカッコイイなんて感じだしたらそろそろ世間とのズレが生じだす。
なんて(笑)
いつ、世間と噛み合ってた?

〆のヤモリ

ヤモリ
1701_convert_20160611005104.jpg
はい、今年第一号。
言った筈だ。我が家に巣食う複数の害獣ども。
屋外は好きにしろ、屋内で見つけたらチャホウアかジャイゲ行きだと。
あたしサディスティックなの。やだ、興奮気味
・・・ふん、かわいい眼してんだよなー、できる訳がねー。
今回だけは、屋外へ逃がしてやる。
センチにはなっていない。餌にしたら寄生虫が心配なだけさ、使えねー。

あ~あ、あたしもトロクセーオンナだな・・・
そりゃ、舐められるぜ。

では、また次回~




クソ
こんばんは
無頼の奴隷商人TreeMateです。

さんまのお笑い向上委員会観てますか?
絶対観たほうがいいですよ、

我ながらユルそーでしょ?
DSC03078_convert_20160603224922.jpg
そんなユルくないですよ(笑)

今日は近所に最近オープンした居酒屋に相方と行ってきたのです。
わたしは店の当たりはいい方だが久しぶりにまあまあのクソ店でした。

「予約してますか?」 いいえ、飛び込みや。
「じゃあ個室無理なんで奥の座敷に・・」 はい。
下駄箱あったから靴脱ごうとしたら、「あ、靴のままでいいっすよ」 
案内についていったら「あ、こっから土足じゃないんで」
境界がひどく曖昧でわからんし。
他の客は座敷の手前で脱ぐのに何でワシらここで脱がされんねん?
そこのろーかみたいなんワシら裸足で歩くんかい?

モツ鍋セット注文。
おまえなぁ、、この小さい七輪みたいな網に乗せて鍋する気か?何分かかんねん?
炭火の網とか鍋やのにカンケーないからな?
しかもまあまあ高い・・・モツ小さいんが6つほどやで?
「取り皿とレンゲとか何か持ってこんかい!このままクチですするんか?」
ああ、言ってしまった・・・

向こう座ってた兄ちゃんらが「すんません!なんか取り皿とかレンゲとか!」
ほらな(笑)

アンチョビキャベツ・・
これ、もろにちりめんやんけ、シラスやん?
アンチョビソースかかっとんか、若手芸人の貧乏メシようなもん持って来やがって・・
魚に魚合わせるんか? 匂いとか風味とかもカンケーないやん!
安かったら言わん、まあまあ普通に料金取るし。
100パー大丈夫っぽいもん頼んだのに。アンチョビキャベツは普通裏切らんやろ?
「アンチョビキャベツでーす」
もうええねん!何で2回来るねん!
ワザとか?これモニタリングの検証収録かなんかなの?

チキン南蛮中身のトリ噛み切れんくらいの生焼けやし・・ヤバない?
もうあかん!一杯飲んで鍋食って帰る。
しかしまだ鍋が煮えんのじゃ(千鳥ノブ風に)

で、お会計。
ネットでクーポン出してよ、ハイボールと酎ハイはオープンセール半額!
「いやぁ、生絞り系は半額じゃないんですよ、クーポンにも書いてますよ」
どれ、・・・おまえ、どこに書いとんねん?見てみ?まぁ払うけどな。
「書いてませんね。いえ、では引かせてもらいます」 どないやねん?

くっそ!ナメた商売しやがって!
何かウチらめっちゃうるさいオバハンみたいに思われてるんやろな?
いや、オープンして忙しんやろ? ええねんで、別にええねんで、
けど、ほんまはあかんねんで!(団体芸)
さんまのお笑い向上委員会観てますか?

はい、
先週まで西日本はまあまあ雨降りでした

雨降ったら巻貝集め。
ヘビーウェザー。わかるひとー?
DSC02731_convert_20160601220216.jpg
とくに小さいヤツは重宝します。
なかなかオゾマシイ光景ではありますが宝の山です。
DSC02762_convert_20160601220229.jpg
カメレオンモドキ達のおやつにします。
おんもで捕ったのできったないから清潔なコケでしばらく餌やって飼ってからね。
そんでも何か心配なら冷凍しても良いんじゃないかしら?
DSC03082_convert_20160603224934.jpg
サイズにあったカタツムリなら幼体でも食いつきはいいです。
DSC03083_convert_20160603224944.jpg
亜成体以降なら固いものもバキバキいきますよ。
DSC03089_convert_20160603224956.jpg
ねー、固いものをクチいっぱいに頬張っちゃって・・
もっと奥まで欲しいんじゃないの?オマエの名はイラマチ男にしよう。
あ、メスだっけ?(笑)

やっぱね、Treeなんて名乗るだけに樹上性が好き。
そうじゃないのも扱ってますけどね。
枝に絡んでるような爬虫類がやっぱり琴線に触れる。色っぽい。
この時点でもうカメはない。
ヘビは現在居ないけど欲しい種類もたまにある。

そんな中でもこれほど美しく私の心を捉える種類もいない。
エメラルドツリーモニター
DSC02994_convert_20160601215644.jpg
どの角度から見てもキマッてる。 溜息もんだぜ・・・
DSC02988_convert_20160601215616.jpg
240ZGやケンとメリーや117クーペを見た時にも同じような感動を覚えた。
流れるラインが美しくずっと見ていられる。
DSC02983_convert_20160601215549.jpg
もっと広く飼いたいぜ、枝を密に張ってよ。
昔、160×100ぐらいのケージにいっぱい飼ってたんですよね。
銭に困って二束三文で全部売っ払っちまったけどさ、大事にしてたのに。
そういうのって多いです。何故出してしまったんだろう?
DSC02996_convert_20160601215656.jpg
また集めたいですね、もう以前ほど安くは仕入れらんないけどさ。
こういった樹上性種の迫握力のある長い尻尾がまた、たまんないんですよね、美しい。
そして緑色のものにめっちゃ弱いわたし・・・

このミドリホソオオトカゲは自分ランキングの中でもかなり上位に位置する。
ヤモリ売ってカメレオン売って稼いでまたコレをいっぱい飼わなければ・・・!
と思う今日この頃。

もちろん、そりゃヤモリも好きで中でもクレステッドはかなり好きなヤモリ。
よく流通するので結構見慣れた感があって大衆種に見られがちだが、
ニューカレドニアの旧ラコダクの中でも相当に変わってるヤモリだと思う。
DSC02832_convert_20160601220328.jpg
イシヤモリ亜科にしてはもっとも家畜化されてる点も特異だと思う。
サルエル履いたような後肢と尾の間の被膜といい、吸盤のような尾の先端。
尾の先端写ってねーや。
DSC02823_convert_20160601220258.jpg
かなり派手だしね、顔から背に続くフリンジもヤモリにしては異様なカンジ。
そこはクレスだけにクレストと呼んだ方がいいのか。
DSC02833_convert_20160601220341.jpg
正直、最近は多少、売れ残る。
が、これも集めたい願望があるのでさほど辛くはない。
DSC02835_convert_20160601220353.jpg
趣味として眺めている事が可能な種類。
このテの商売何かに惚れてなきゃモチベーションが保てない。
つまり買ってください。

ファシアータゲッコウ
DSC03344_convert_20160603225531.jpg
ヒロオビナキヤモリは趣味で仕入れて、とは言っても売れなくもないだろう、
と思ったが完全に甘かった。
DSC03279_convert_20160603225157.jpg
コチラは別段集めたい願望もないので少し数が多すぎる。
変わってるけどね、ヘミダクにしては大型だし小ギレイだし。
DSC03276_convert_20160603225143.jpg
でも、結構調子よく卵とか産みつけるんだよなぁ、と思うと手放しにくい。
スケベ心でストックしてます。
なので買ってください。セールスポイントはクソ丈夫い。

普通に考えて爬虫類売って稼ぐって至難の業ですよね。
会社や学校やバイト先で誰か他に飼ってるヤツいるか?ってハナシですよ。
まぁみんなが飼ってるようじゃこれまた競合ってのが厳しいけどね。
まったく、どうしょうもない渡世に踏み込んじまったもんだぜ。

とか考えながら今日も水吹いて餌やって卵拾って・・・
日が暮れる。

まぁ、なんだかんだで幸せ者さ(笑)
DSC03267_convert_20160603225127.jpg
では、また次回~







プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR