*All archives* |  *Admin*

2016/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
邪悪
おはこんばんちは

こないだまで雨降って寒かったのに晴れたら陽射し強くて暑いすね。
無暗に日に焼いたらいけませんよ、お若いひと。

かなり錆びた色してたんで髪の色を変えたのよ。
DSC01455_convert_20160430220111.jpg
どうですか相方さん、髪色暗くしてアバズレ感消えましたか?

そう、日焼け。
すでに私は眼のまわりのシミがエグイのでコンシーラーが必需品。
なんか大学の頃とかね、若い頃は日に焼くワケよ、どうしても。
さぁお若いひと、やれ!もっと焼け! そんでおもろい事なったらええねん!

ふん、日焼けと言えば、
この緑色が最近可愛くってしかたない。
DSC01468_convert_20160430220255.jpg
太陽が好きでたまに外に出すと必死になって浴びている。

グラミネア
DSC00349_convert_20160423190304.jpg
さすがに美しい。
コレについてあーだこーだ講釈垂れる程、付き合いは深くない。
けど、私の好きそうなテキトーでいいんじゃね?的な雰囲気は持つ。
寒さにも強そうだが一般に言われてるよりかは暖かいのが好きかな、たぶん。

いつだってたぶん。
そうでしょう?トカゲがもの云えるかよ?そりゃたぶんだろう。


ヘラオヤモリには陽が傾きかけた頃からの日光浴。
もしくは半日陰。 まだ春とはいえそれでも涼しい方が安全。
ヘンケリーヘラオヤモリ
DSC01471_convert_20160430220324.jpg
ヘンケリーならさほどオーバーヒートを気にする必要もないが夕暮れが安全。
たとえ低温でも蒸れには極端に弱く空気が淀むようなケージだと一発で昇天。
ほんと早いんだから。 くたぁ、ってなったら放っときゃ半日と持たない。
DSC01473_convert_20160430220337.jpg
いいね、真っ赤な亀頭・・じゃない!違う!
もとい、真っ赤な頭。

サイッテーね、あたし。 R15指定のTreeMateです。
まったく、品が良すぎて嫌んなるわ。

けどいい発色のF1のオス。
でかい目ん玉はもう邪悪としか言いようがない。完全に悪者だ。
ファンシーで可愛らしいペット爬虫類・・・かーッッ、ペッ!!
なんだって?
邪悪で醜悪で気持ち悪いから爬虫類なんじゃあねーか、冷めるぜ。

スジヘラオヤモリ
DSC01480_convert_20160430220431.jpg
この個体はちょいと再生尾が残念だがこればっかりはしょうがないわ。
スジヘラもやはり蒸れに弱いがヘンケリーほど通気性を必要としない。
DSC01477_convert_20160430220418.jpg
相も変わらず、禍々しい横貌。
不吉すぎて惚れてしまう。

この気味の悪い生き物はまるで神経質さがなくアホほど飼い易い。
相当のド下手クソでもすぐに殺してしまうという事はないだろう。
結構弱ってからでも改善すれば持ち直すだけの時間を与えてくれる。
丈夫な種だからこそ環境を研究して模索して工夫して大事に飼う。
長く付き合えるしより一層魅力的な姿を見せてくれる。

あんま云いたい事云って客が減ってもつまらん。
まぁ云いたい事の半分も云えてないが・・
ちょっとここらでファンシーで可愛いペット爬虫類のご紹介(笑)

アンビローブ ベビー
DSC00895_convert_20160430220237.jpg
ふっ たしかにこ可愛らしい。
いや、久しぶりにどうかと思ってね、いいカメレオンだ。
DSC01554_convert_20160430220759.jpg
この世界に入ってパルダリスにはいくら銭使ったかわからない。
たぶん爬虫類で一番コイツラに金使った気がする。

もちろん、そのぶん稼がせてはもらったが、とうてい勉強代には敵わない。
死んでは仕入れ、仕入れては死なせて、仕入れ代は安いも高いも年替わり。
そして屍乗り越え死ななくなった、そして商売、殖やしても飛ぶように売れる。
それなりに稼いだ頃には回収なんてどうでも良くてもう冷めちまったとさ。

ここが爬虫類の商売の難しいところっすよ。
飽きちまったらもう終わり。 あんなに簡単に思えた事でも出来ないんだ。
養殖家ならなおさらよ。

でも、やっぱ出来るもんはやらねぇ手はねぇだろう。
余裕かまして扱う種類選べるほど生活成り立っていないしな。
一心不乱にやるからこそ充実が得られる。
飽きるなんて高慢だ。
大物ぶったクチ利いてるが実際飽きる程わたしは彼等を識っているのか?
まぁ、上手いは上手いけどね。そりゃ相当。

ハッチ情報

バルバータスカメレオンモドキ
DSC00366_convert_20160423190330.jpg
別に飽きちゃいねぇがこうも面子にバリエーションがないのもつまらん。
DSC00379_convert_20160423190357.jpg
イイカンジで雌雄のバランスは良くなったけどね。

うどん

GWもクソもテレビの録画以外に曜日の概念がない私だが週末はうどんを食う。
DSC01098_convert_20160429091839.jpg
薬味の匂いがたまらないので釜揚げが多いし天婦羅は必ず食べる。
DSC01103_convert_20160429091852.jpg
美味っ!

では、また次回~











スポンサーサイト
アーリーキャッツ
こんばんにゃん

こねこ・・なんつう持ち方だ・・(笑)
DSC00230_convert_20160423033443.jpg
今夜はねこブログだにゃ

ねこの季節がやって来たにゃん
TreeMate の「ミルクボランティア」

自治体の依頼で譲渡会に出すには早い年端もいかない仔猫をちちやって
育てて大きくするっていうアーリーキャッツ保護作戦だ!

今回は3頭。

数週間程度の付き合いだが呼び名がないと不便だ。

こいつ顔が一番可愛いからカオカワ一番!
DSC00197_convert_20160423033300.jpg
ちょっと哺乳瓶から飲むのが下手な小食ちゃん。
DSC00202_convert_20160423033329.jpg
こーゆーやつは休み休みしながらゆっくり与えるしかない。
そのうちスコーンとはまってよく飲みだすかも。

コイツはミルク与えれば興奮して「はんまかんま、、」言うからザコシショウ!
DSC00260_convert_20160423034119.jpg
あほみたいに飲むの止めないからコッチで制限する。
ゲーしたら困るからね。

コイツすぐ尻尾ピーン!ってなるからオシッポ!
DSC00210_convert_20160423033411.jpg
「オシッポってひでぇな、みんなやんけ!それにオシッコみたいだ。」と相方。
いいのよ、テキトーなのよ、あたしは。

こねこいるからテキトーに生きてるあたしも規則正しく生活せねば。
DSC00224_convert_20160423033426.jpg
腹減ったってニャーニャー鳴くんで朝もちゃんと起きないとね!
DSC00264_convert_20160423034357.jpg
ションベンくせぇ部屋になっちまうぜ!
そんでもってチチくさい(笑)
イカくさくはないけどね!
何でこーゆーこと言っちゃうかな、あたし。

毎日、毎日、意思の疎通が不可能な冷血トカゲばっかと触れ合ってるもんでよ、
(ま、惚れたのもソコだが・・シンプルでいい!)
たまには温もりのあるフワフワに触れてみたくなるってものよ。

さあさ!もう腹一杯だろう? 仕事するから寝ておくれ。


んで、熱き血潮通ってる繋がりでもういっちょケダモノいってみよう!
ルーセットオオコウモリ
DSC00473_convert_20160423190702.jpg
また赤ちゃん生まれました!ちょっとスパン短くねぇ?
けど、まぁ、そんなもんっちゃあ、そんなもんか・・・

上の画像で見える?右端の個体、ちょっと胸毛が濃く見えるところが赤ちゃん。

幼き頃から人の手で育てると非常によく馴れる。
ねこみたいに哺乳瓶はした事ないけど海外の番組では見た事がある。
知ってるお客さんで凄く上手に育ててくれてる方がいて、もう、ベタ馴れ!すげぇ!
群れで暮らす生き物ってのは家族(他個体)を意識するからね、馴れやすいのかな?

フェラ・・・なんだっけ? フェラ・・フェラエ! 
そう、ペガソフェラエ!ペガサス野獣類って言ってね、食肉目、有鱗目、奇蹄目、翼手目で
構成されるローラシア獣類の一群。他はともかく奇蹄目って・・・にわかには信じられん。

と、今回はとあるブロガーの方のお誕生日のお祝いコメントをこの場でしたいと思います。
以前、わたしが誕生日の時にその方のブログでお祝いしていただきました。
確か、たまきんがどうとかいう内容だったかと・・・

たまきんね、いいわ・・・では、39歳の、
お誕生日・・
DSC00588_convert_20160423211808.jpg
おめでとう・・
DSC00586_convert_20160423211823.jpg
ございま~す!!
DSC00587_convert_20160423211838.jpg
パチパチパチパチ・・・

いや、しかし・・・でか過ぎやろ!
下半身ほとんど睾丸やないかい!ジーパン履いたらどないなんねん?

では、今夜はこにょ辺で、
DSC00539_convert_20160423190733.jpg
地下室のとらじ。 とらじは田村由美の「猫mix幻奇譚とらじ」から。

また次回にゃ~






アリゲータートカゲ
こんばんは

吉田敬にまじ惚れてんすけど。
あいつまじで面白いもん。
DSC09112_convert_20160413234312.jpg
はい、今日も録画番組の消化に忙しいTreeMateです!

これ、外ヤモリ。 健全。
DSC09798_convert_20160419221306.jpg
抱卵してるな、勝手にしろ。

内ヤモリ。 なんでやねん。
DSC09796_convert_20160419221255.jpg
抱卵すんなよ?
といってもオス個体のようだが・・・まぁどちらにせよ、
ガキ見つけたらガーゴイルとチャホウアのケージに入れるからな!
コオロギ食いちらかしやがって!オメーが餌代払うんかよ?

おっと、私のお客さんにはヤモリ可愛がって飼ってる人がいる・・
過激な発言は控えなければ・・・!
でも・・・やっぱりしょうがないわ。あたしの部屋だもん。
餌にするにはちょっと寄生虫が心配だけどね。


さて、新入荷

まずは「らしく」行くぜ!

ロビンソンモリドラゴン
DSC09838_convert_20160419221406.jpg
久々、ロビンソン!
かっこいいんですよねぇ、かなりドラゴン
ゴノセファルスっつうけど、ちょっと違う雰囲気を持つ異色のモリドラゴン
DSC09840_convert_20160419221417.jpg
しゅっとした細面にスレンダーな体型、幅広の板状のクレスト。
属内では中型~大型種でまあまあ大食いであまり臆病ではない性質。

いいねぇ、シブイ!シブイ入荷だ、まじで。(自分で言うな!)
探したからって、銭積んだからって手に入るもんじゃねぇ、居る時にしか居ない。
ダレかブリーダーさん、これ養殖して安定して国内に流通させてよ、
たぶん儲かんないけど(笑)

いいじゃねぇか、儲かんないから儲かるんだぜ?
アピールになるぜ、不思議ちゃん志望のブリーダーなら。
「コレ殖やしてるあたしって変わってんのかな?ねぇ、変わってんのかな?」
「ひとが興味ある事に興味ないあたしって変わってんのかな?」(笑)
うるせーよ?
DSC09842_convert_20160419221428.jpg
そうね、2ペアぐらい揃ったならまじ繁殖狙ってみたいかな、真面目に。
ふっ、あたし変わってんのかな?(笑)
今日はクチ悪いな。

ちょいと左後肢の指が欠けてしまっているが治ってる傷。
野生種なんでそこらへんはご愛嬌って事で。そのぶん安くします。
お値段は少々、お待ちを。 ちょっと様子見てからね。
ええ、少々と言わずごゆっくり。なんなら値段とかも付けず飼ってらしたら?
ってカンジですか?

アオキノボリアリゲータートカゲ
DSC09837_convert_20160419221355.jpg
アブロニア。
コチラもかなりドラゴンね。
ビリジアンで眼の青い個体群。
DSC09844_convert_20160419221441.jpg
気持ち悪いなぁ、もう。好みのタイプでテンション上がる。
DSC09885_convert_20160419221451.jpg
緑色で樹に棲むような日陰が好きな根暗な連中は食指が動く。
DSC00083_convert_20160420003555.jpg
爬虫類ったらやっぱ緑だろう? 子どもの頃から緑の爬虫類は異国の憧れ!
グリーンイグアナ、グリーンバシリスク、エメラルドツリーモニター、ヒルヤモリ、
ジャクソンカメレオン、ミドリカナヘビ、グリーンパイソン、エメラルドツリーボア・・・
好きなのは全部緑色。 
目に優しいしな。

あまり路銀もないし決まった入荷もあるんで節約したいところだったが。
こんなもんいいタイミングで持って来られたら断れるワケがない。
輸入屋さんは私の病をよく知ってるからね、さすがね。
ええ、私はあなたの傀儡です。

コチラもちょっと様子見でお値段お待ちください。

では、また次回~









皮は優しく剥いてあげて。
おはこんばんちは

今日は暑かったっすねぇ、ほとんどビョーキの爬虫類愛好家の皆様、
ご自宅で可愛がってるキモイ生き物たちは暑さにやられてませんか?

うちは朝から窓全開の換気扇全開。
暑いのに抵抗力がない種類が多いものでして。
DSC09762_convert_20160417183937.jpg
日光浴も様子を見ながら。
ずっと見ていられないなら気温の高い日は諦める。

でも日光浴は時間のある晴れた日にはなるべくさせてあげたいよね。
産卵続きで元気のなかったカメレオンモドキも代謝が上がり生き返る。

代謝が上がり脱皮を誘発するがこの若いメスは脱皮殻が残ってしまっている。
バルバータスカメレオンモドキ
DSC09696_convert_20160417183913.jpg
あら、皮被ってるわよ?手で優しく剥いてあげるわね。
あん、まかせといてよ、上手いんだから(笑)

後肢の脱皮の皮のハナシだ。 何も問題ない。

では、春の日の日光浴にかこつけて一部在庫情報を。
オオトカゲは春先なら少々暑くなっても即お陀仏という事はあるまい。
コガネオオトカゲ
DSC09564_convert_20160417225950.jpg
良い個体だろう?少しサンシャイン・マジックで盛った画像にはなったが。
ベタな言い回しだが、陽光を浴びて輝くその様はまさに黄金大蜥蜴。
DSC09569_convert_20160417230001.jpg
だがオオトカゲはオーバーヒートとは別の理由で目が離せない。
この仲間は狭い隙間でも無理矢理身体をねじ込む事ができるしツメも鋭く力も強い。
そして脱走したならカメレオンのようにのんびり庭木をお散歩中といったものでもない。
物陰に身を隠してうずくまったり、素早かったり、まぁ回収するのに骨が折れるだろうよ。
そして自分以外の者に先に発見されたならニュースになるぜ?
50000円

今日は皮手着用の種類の日。
オマキトカゲ
DSC09570_convert_20160417230014.jpg
薄明薄暮~夜行性といわれる。少なくとも飼育下では普通に昼間も活動する。
もちろん、そんな太陽燦々といった種類ではないがたまには必要だろう。
DSC09560_convert_20160417225937.jpg
おとなしくハンドリングできる個体だがツメが鋭く革製の手袋が必要。
あと機嫌が悪そうな時は手を出さない方がいい。
咬みつかれたらちょっと痛いわよ?

オマキなのに尾切れ100000円
短いながらものには巻き付けるけどね。

先の入荷は売れましたが後に仕入れたぶんも立ち上がってきていい感じ。
フィッシャーカメレオン
DSC09328_convert_20160418011519.jpg
つってもレインボーフィッシャーとも呼ばれるマルチツベルキュラータム。
まだ五分咲きか?(笑)

だが体重も増え状態は見た目ほど悪くはない。
体色の美しさはもう少し飼い込んだ方がいいが一旦、健康は取り戻した。
だから画像アップした。 12000円


これは・・・
DSC09343_convert_20160414223054.jpg
・・・まだ売りモンじゃねぇな。
もうちょっとかかりますが、でも立ち上がる。
死なせるもんかよ、仕入れは無駄にできない。

ロスさえしなきゃたとえ売れなくてもペット屋は敗けにはならない。
いつかはまた仕入れするワケだからな。同じだ。

味気ない事言うだろう?
でも、ファンシーなイメージだけで野生動物を飼うのも罪深いぜ?


デレマカメレオン
DSC09137_convert_20160413234343.jpg
やっとまともに撮影できた!
カメラの眼を見るとどうしても斑点出ちゃうもんだからさ、苦労する。
サッと角度決めてピント合わせて素早く撮る!
向こうがこちらをムカつくと判断する前に!

ピッカピカの若いペア 35000円
まじでいいわよ、コイツラは。

デイゲッコウ2016CB
DSC09802_convert_20160418012652.jpg
ヤングサイズ
グランディス 15000円
ベーメ     12000円
はやく買ってくれないと小競り合いでキズモノになるからケージが増える。
切実です。
その割にはそこそこ強気の値段だな、って思われましたか?
だって俺が殖やしたんだ。

「は?オマエ何様?」

うそです!わたし何様でもございません!申し訳ありませんでした!
複数買ってくだされば頭数割りでサービスしますぅ!!
宜しくお願い申し上げますぅ!

はい、こんなところで今夜はおひらき!
また次回~







ゲッコウライフ
おばんでやんす

暖かくなり雨も降ると庭草が元気になって。
クリエイティブなわたしに肉体労働しろっての?

DSC09477_convert_20160414223211.jpg

すっかり空気は湿気を帯びて明らかに生暖かい。
この美しい春の到来を生暖かいと表現するっていうね(笑)

いい季節っちゃいい季節だけどわたしのような田舎もんには考え物。
こう生暖かくなると草も伸びるし、なんか、いっぱいわいてくるじゃん。
窓を開け放って換気したいのによ、そうもいかないのが田舎の事情。

おっ!やったじゃん!
DSC08835_convert_20160413233934.jpg
見てるとどんくさいヤツもいるね、あ~!また逃げられた!
逃がすとまた動かなければならない、爬虫類の基本概念は体力の温存。
ロスしたぶんに見合う獲物を捕らなければ精算できない。

動物は常に打算的で有利な条件に則って行動している。
だから純粋で、混じりっ気のない欲望が美しい。
生きるという事に純粋なのだ。

野生の世界では美学とかフェアとかいう言葉すら汚わらしい。

ペットとして飼うには美学は必要だがね。
DSC08846_convert_20160413233948.jpg
ちびちびガーゴイルのお世話が忙しい今日この頃、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

この個体は大のお気に入り!
DSC08847_convert_20160413234001.jpg
一般的な個体と何がどう違うんだ?って言われてもコレばっかりは好み。
判断の基準は曖昧で微妙なんだよ。そんなもんでしょ?

これもいいなぁ。
DSC08863_convert_20160413234038.jpg
かなりいい。
こうやって趣味に合う個体が出てくるのがブリードの楽しみか?
この趣味ってのが購買層と合えば言う事ないんですけどね。
そうもいかないのがこの渡世。 どこか折り合いのつくとこで自分を殺さねば?
されど、オタクでなければ渡り切れぬもこの渡世。
そしてこの先、渡り切ったがために生き延びて年取っても運悪く?まだこの渡世。
カタギになんかなれねぇさ。

2016CB繋がりでこれまたお気に入りのブリックス兄弟。
DSC08032_convert_20160406215652.jpg
別に珍しい色でもないけど幼体の頃は透明感があって美しい。
DSC08028_convert_20160406215641.jpg
わたしの小指は犯罪的に短い。

クレスやガーゴの世話に疲れたらヘラオヤモリで癒されよう。
ブログ見てくれてる方も毎回おなじ画像じゃ疲れるだろう。

スジヘラオヤモリ
DSC09140_convert_20160413234356.jpg
カネもねーくせに売り出しもせずコツコツ育てております。
DSC09148_convert_20160413234420.jpg
まだ成長過程とはいえ、そう美しい模様の個体群ではない。
でもこのご時世、リニアータがいるだけでそれで十分。
ビバリウムでの繁殖も可能な種類だが産卵数はそう多くないと見える。
癒しのスジヘラケージだぜ。

ヘンケリーもまた産卵がはじまって今年も期待が持てる。
すでに次世代に突入してるが、最初の親もまだ産んでる。

ヘンケリーヘラオヤモリ
DSC09152_convert_20160413234443.jpg
シコラエの方が人気あるんだけど、やっぱり激変系ならヘンケリー。
これは若いメスだが、
DSC09151_convert_20160413234432.jpg
それなりには変化する。

これが成体のオスともなると変化つうかすでに妖怪変化。

気が昂ると一気に変色する。
DSC09166_convert_20160413234455.jpg
ああ~、コイツが完全尾だったらなぁ・・
尾までびっしりと幾何学模様のトライバルが入るのによ、
つうかホントは尾がキレイなんだけどな(笑)
DSC09168_convert_20160413234506.jpg
ヘラオはほんとに尻尾喰われるね。こいつも何度目の再尾だろう?
ま、1頭で管理すれば問題ないんすけどね、繁殖ってのはそうゆうもんだ。
完品でいられる可能性はぐっと低くなる。
DSC09170_convert_20160413234531.jpg
ふっ でも、まあ・・ある程度はCB色だな(笑)

程度の差こそあれヤモリって色はコロコロ変わるもんだけどね。
「キレイな時に見てください!」
人間でもか?

そして、
どうしても撮影が困難なのがこういう性格の連中。
ファシアータ・ゲッコウ
DSC09191_convert_20160413234542.jpg
こいつの夜の顔を是非お見せしたいのだが上手くいかない。
激変って事はないがやはり夜中は美しい。
すぐ逃げんだよ、このばか。

いつか撮影してご覧にいれよう。
きっと「売ってください!」となるはず。
ならねーよ!っと。 あらよっと。

いいんだよ、別に売れると思って仕入れてねー
まだ結構いますよ、いかがですか? 12000円
いや、売りたくないワケではないんだ(笑)

また次回~









もう夜は食わない
おはこんばんちは

テキトーに生きてますが、それでいて何気に忙しい。
生き物飼ってるヤツってみんなそうだけど休みないんだよね。
今、食う顔してる!今、この瞬間こそに水を与えなければ!
見てしまったらしょうがない。テレビ始まろうがクソしたかろうが今しかない。
あら、言葉が汚かったかしら。

クソっていや、ここ数日調子が悪い。
メシも時間テキトーだし、酔っぱらって夜中の3時にラーメン食って寝る・・・
年も年だし生活あらためないといけませんね。
DSC08575_convert_20160410134137.jpg
あたしってち〇こ、ま〇こ、う〇このハナシしかしないわね、
下ネタは最上のエンターティメントであると信じるTreeMateです。
どうぞ宜しく

いや、ほんとは下ネタよりも悪口いっぱい言いたいんですけどね、
どうやら自分が思ってるよりツラ売れちまってるらしく自粛してます。
いえいえ、ありがたい事でございますよ。

毒は吐かなくなりましたね、プライベートでも。
年喰ったのかな、やっぱ(笑)

さて、

かなりお気に入りのオカアリゲータートカゲ
DSC08471_convert_20160410133626.jpg
アンギストカゲってなんか肢がないイメージだけどしっかりした四肢を備える。
尾は長く多少の迫握力はあるが力は弱くものに捕まると言った感じでもない。
地味な体色で、何と言うか・・・売りづらい(笑) 
外見や生態的にとくに・・・特筆するところもなく・・ただトカゲだもん。
DSC08453_convert_20160410133608.jpg
隠れ家や活動場所のある林床を模したケージで飼育すれば雰囲気も出る。
仲良く同居して調度品によじ登ったり日光浴をする様子などはとても可愛らしい。
餌もすぐに手から受け付ける。こういったアタマの悪いカンジも好感が持てる。

でも、ケージならいいがこれをイベントでパックに詰めて売るとなると・・・
まぁ魅力は半減するわな。ただでさえそう華やかな種類ではない。
ペア 58000円  これがまた安くもないっていうね(笑)
でも、飼えばわかる。 絶対可愛い!


わたしって、やっぱりカメレオン好き。

つうか、カメラ映えがするんだよねー、カメレオンは。
飼育者に似て美しいメラーカメレオン
DSC08493_convert_20160410133640.jpg
日を追うごとに仕上がって可愛くなってきてますよ。
幼体の体色を残しながらも体格も体色も成体のそれへとかわりつつある。
生命力と躍動感、みずみずしさを持つ亜成体は最も美しい。 人間でもか?
DSC08507_convert_20160410133706.jpg
今買ってください。すぐ買ってください!
立ち上がって成長が始まり、本来の調子を取り戻したコイツラは我ままを言い出す。
なまじ身体が効くようになったら雑居でのトラブルも増えるし不平不満を口々にうたう。
沈んでた頃や本調子でない小康状態の時はそれはしおらしいもんだ。 人間でもか?

辺りを気にする余裕ができるんだよ、活かさず殺さずとはよく言ったもの。(ひでぇな)
まだ始まってないが不満はそのうちに暴動へと発展する。
だから今すぐ買ってください!ケージが増える。

ジャクソン・キサントロプス
DSC08522_convert_20160410133743.jpg
永かったぜぇ、ようやっと見れるようになったろう?
肉付きもよくさわってもガッチリしてきた。舌も素早く出す。
まだまだ若いがコイツも体力に余裕が出てくるといらん事に精を出す。
他個体を見たら頭カクカク、フルボ〇キ!

メスじゃなくても他種でも何でもメス「っぽい」ものには欲情して頭を振る。
ふっ 人間のオスでもそうか? いや失敬。

以前からお問い合わせいただいてたお客様、もういい時期ですよ。
お待たせしてお心変わりがなかったら、ですが。
DSC08633_convert_20160411001204.jpg
しかし・・・これほどまでに美しいカメレオンはいない。
完全に主観であり好みの問題だが、
やはりキサントロプスこそが自然の生み出した最高傑作、奇跡だ!
ツノ生えてんだぞ? 突起つうかツノ! トカゲにツノ生えるか?
ファンタジーの世界だぜ!
ペア65000円


こちらもキサンほどではないにしろファンタジー感満載のまるで空想動物。

バルバータスカメレオンモドキ
DSC08059_convert_20160410184624.jpg
オス売約でメスだけですが。
さーこのオンブ画像も共食いギリギリサイズですが案外ここまで育つと
その危険は少なくなります。
低温にも高温にも強く体力もあるが神経質。
怖がりなんですよ、ちょっと。
たまにひょんなきっかけで飼い主を忘れて餌見せても逃げまくる。
アホですわ。

でも出来の悪い子ほど可愛いものでしょう? 35000円

いつもよりちょっと高いかもだけど育ってるからね。


トカゲモドキ関係いってみよう!
ゴマバラトカゲモドキ
DSC08664_convert_20160411232647.jpg
なんかメスもいたはずなんだけど今日見たらオスばっかりだった。
2015CB オス 15000円

セスジオマキトカゲモドキ

DSC08661_convert_20160411232635.jpg
このように、産卵に適した湿度の隠れ家がないと水入れの付近に産む。
これはもうちょっと養殖してから売り出す予定。
以前みたいに現金に目がくらんで売っ払うと後で探しても手に入らない。


ハッチ情報

ガーゴイルゲッコウ
DSC08075_convert_20160410184608.jpg
地味子。

では、また次回~
リクルートスーツ
こんばんは

春になってリクスーが目立ちますね。
入学式?新入社員?新しい季節が廻ってきたってところですか。

新入社員気取り。
DSC08382_convert_20160407184913.jpg
あら、ちょっと新入社員には見えないわ・・


リクスー好きなんですよね。
タイトなやつ。
キュッとウエスト、プリッとヒップ・・・
スカートよりもパンツスーツがエロく感じて・・たまんねーな!
ああ、でもストッキングも捨てがたい・・・どうしたものか。

ええ、、あたし気持ち悪いですよ?
だって春でしょ?サカッてもしょうがない(笑)

で、先週はお花見行ってきました
近所の小さな公園にかるくね。
DSC07895_convert_20160406215914.jpg
人気のスポットは快晴の土曜だったんでいっぱいだろう、と回避。
近場で済ませましたが、まあ、悪くない。

人も少なくて落ち着けるし桜もよかった。
DSC07900_convert_20160406215956.jpg
ちょっと見れたらいいのよ、わたしらは。
そんな行事ごとにこだわりがある訳じゃない。
DSC07902_convert_20160406220009.jpg
桜って良いよね。 一番好きな花かも。
はなびらが可愛くて好き。
テクノスポーツのホイールでさ、星じゃなくて桜のカタチのやつがあってさ、
ハコの4ドアとかのスカGなんかに履かせてみろよ、 ビシキマだぜ?
パラリラ、パラリラ(ラ・クラカッチャ5連メロディホーン)

閲覧注意
DSC07912_convert_20160406220121.jpg
やっぱあたしってめっちゃ可愛いわ・・

花より団子・・つうかコイツ飲んでばっかりだな。
DSC07920_convert_20160406220139.jpg
ガラ悪~い!やめてくれる?
でも昼間飲むのって最高だよね!

ポカポカ陽気でオマエも一杯飲るか?
DSC07903_convert_20160406220024.jpg
おまえ、アテの魚捕ってこいよ、なぁ?

あ、捕っちゃだめなんだって。
DSC07931_convert_20160406220313.jpg
じゃあいいや、あ、オマエも捕るなよ?
「ウ!」ってか(笑)


きゃー!楽しいー!
DSC07923_convert_20160406220234.jpg
童心に帰って、
DSC07924_convert_20160406220249.jpg
「とぉっ!」
DSC07928_convert_20160406220301.jpg
ブランコ漕いだらものすごい勢いで酒がまわりますよ。
グワングワンなりました。

こうやってアホがケガするんでしょうね・・・
いや、楽しかった!

新入荷

クレステッドゲッコウ カナダCB
DSC08046_convert_20160406215753.jpg
はい、毎度高いクオリティのカナディアン
DSC08051_convert_20160406215809.jpg
ピンストが中心で、あとはハーレクィンやダークブリンドル
柄はいつものパターンだけど安定のカナディアンは状態が良い!
クレスの状態なんてどれも変わんないと思ってるあなた、変わるんですよ。

続いて、アメリカCB
DSC08165_convert_20160406215609.jpg
アメリカ便で来るヤツの方がいつも少し派手。
カナダもアメリカ寄りの色柄を持つ個体が多い。でもやっぱ違うのよ。
少なくとも私がいつも仕入れするヤツは違いがハッキリわかるのが多い。
DSC08170_convert_20160406231138.jpg
これもパターンのバリエーションはほぼ同じ。ピンスト中心。

両者とも表現により10000円~28000円を予定しています。

続いて、オカアリゲータートカゲ
DSC08158_convert_20160406215517.jpg
ナニを血迷ったか、らしくねーもん仕入れちまった。
なんかラセルタルームみたいな画ね(笑)
DSC08159_convert_20160406215529.jpg
あの、グレーの細長いグラミネアみたいな顔のやついるじゃん?
テキサスアリゲータートカゲ・・・だっけ?
アレかと思ってかるく「ああ、ペア?2頭ぐらいなら取るよ。」なんて。
DSC08163_convert_20160406215558.jpg
来てみたら「んだよ、コレ、オカアリゲーターとかってヤツじゃねぇの?」

でもさ、よく見るとコレすんごい可愛いの。 
最近少ないらしいが昔から見る種類で食指が動かなく一度も弄った事がなかった。
けど、こんな可愛いとは・・いや、気に入った!
DSC08162_convert_20160406215544.jpg
扱った事ないのに大丈夫かって?
ばーろ、俺を誰だと思ってんだ?斎藤・・
やーめた!さぶいな。

けど、大丈夫だよ。
プロだから。

ハッチ情報

クレステッドゲッコウ
DSC07892_convert_20160406215902.jpg
これまたブリックス

ガーゴイルゲッコウ
DSC07536_convert_20160402010534.jpg
はい、これまた地味。

では、また次回~








怪鳥は今シーズンも快調
とーとつだがアメリカが好き。
アメリカン・オールディーズが好きでさ、昔よく聴いてた。
R&Bって今じゃB系の意味あいが強いけどさ、以前はリズム&ブルースって
言ったら50‘sロックンロールとかのオールディーズの総称だった。

DSC07782_convert_20160402005929.jpg

宝物は高校ん時にフリマで手に入れたアメリカン・グラフィティのサントラLP
もうカバーとかボロボロんなっちまった・・まだ聴けるけどね。

” Where were you in ‘62? ”
  ―1962年あなたはどこで何をしていましたか?   

73年に公開されたこの映画の広告キャッチ・フレーズ
‘50のロックン・ロールとロッカ・バラードに彩られた素晴らしい作品だ。
カスタム・カーとドライヴ・インとローラースケート、ケンカと恋愛・・・
時代は激動の60年代に突入していくと同時にそれは美しい、古き良き
ノスタルジー、アメリカの50年代の夢の終わりでもあった。
DSC07476_convert_20160402010618.jpg
子どもの頃、チェッカーズが好きで、その影響でキャロル、クールス、
はてはシャナナやコースターズ・・・オールディーズにかぶれた。
ボウリング・シャツとか着てさ(笑)
その頃からアメリカが好きなんですよ、まじ。
DSC07512_convert_20160402010648.jpg
先輩が持ってたクリーム・ソーダのグッズとか欲しがったものでした。
わたしらが中学当時、暴走族とかでもアメ車乗ってる人ってまだ結構いたわけ。
トランザム、カマロ、コルベット、国産でもローレルとかのホットロッド仕様とかね。
最っっ高にカッコよかった!
高校に上がったくらいからまったく見なくなったケドネ。
大学の頃に流行ったようなアメ車、キャデラックやインパラのハイドロ組んだやつ
とはまた違うアメリカン・スポーツね。憧れた。
DSC07524_convert_20160402010725.jpg
いつも心にアメリカン・ドリーム!のTreeMateです!
ホントならネオンサインで「TreeMate!」って飾りたいぜ。
今度ポニー・テールでイベント行くっかねぇな。
アメ・グラをまだ観てないひと、是非観てください!
きっと明日からフィフティーズにかぶれる。

で、画像だが、すでに年中行事だが今年もバシリスク産卵しやがった!
なかなか売れもしねーのに。
DSC07529_convert_20160402010737.jpg
ゲッソリしちまったな、でもスッキリしたか?

まだ去年のヤツが半分売れ残ってるんですけどぉ・・・
DSC07639_convert_20160402010232.jpg
このままではバシリスク・ランドになってしまう・・・
安易にそこそこ大型化するスペースの要る種類をペアリングすべきではない。
と、いう好例だ。

ちょっとだけ、ちょっとだけだが養殖個体は人馴れするのが救いかな。
なかなかワイルドの大型のオスみたいにカッコよくなんないケドネ。
どーやって飼えばあの恐竜みたいなクレストになるんかな?

庭を囲って放して飼うのか? すでに飼ってんだか何だかわかりゃしねー。

まー好きなトカゲでもあるし、ブログネタにはちょーどいい(笑)

キャットも定期的に抱卵するが、コチラはいい、人気商材だ。
DSC07682_convert_20160402010359.jpg
飽きなければずっと養殖していける種類だと思う。
ほんと、自分との闘いなんです。
DSC07685_convert_20160402010410.jpg
どんな種類にでも言えるんだけど、ずっと同じように世話するのが大事。
変わらず、水を与え、餌を与え、サプリを与え、適切な温度と湿度を与え続ける。
それだけ。画像では赤玉が湿ってるが乾いた部分が多い方がトラブルが少ない。
DSC07686_convert_20160402010422.jpg
でも、コレがなかなか根気がいるワケですよ。
見た目は良いがなんせアクションが少ない種類ですからね。
飽きちゃって「もう、いいや」と思ったらそこで終わってしまう。
そんな丈夫でもないから飽きてしまうとあっけなく死んでしまう。
でも、定期的にきちんと世話してれば割と長く楽しめる種類。
DSC07694_convert_20160402010432.jpg
グリーン・アイなんて呼ばれるがそんなグリーンでもない。
くすんだモス・グリーンだ。

体色にはバリエーションが多くそのままでも美しいがこのキャットゲッコウは
養殖すればもっと見た目に楽しめる種類になると思う。
繁殖個体特有のハイポ化現象というか、くすみがない透明感。
選別交配によって強調される色彩もあるだろう。

以前に繁殖したヤツがまあまあ派手だったからね、いかにもCB色だったけど。
こりゃ、頑張って仔を取り続けたらいつかブランド化できんじゃねぇの?
そんな夢を見ながら、飽きまい、と自分に言い聞かせて今日も餌やるワケよ。
ムリか・・・売れたら全部売っちゃうもんな(笑)

ハッチ情報!

クレステッドゲッコウ
DSC07613_convert_20160402010500.jpg
ブリックスレッド。

ガーゴイルゲッコウ
DSC07531_convert_20160402010752.jpg
モノトーンのストライプ。

では、また次回~





プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR