*All archives* |  *Admin*

2016/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
好み
はい、どうも~! ゆとり世代のTreeMateでっす!

ゆと・・・白髪生えてますけど?

はい、また回転寿司にリベンジにやって来ました!
DSC07287_convert_20160326005027.jpg
今回はちゃんとサイフの中身確認してからね!

TreeMate2号はカミ切ったのよ、春だから。
DSC07111_convert_20160326005233.jpg
で、もちろん今日は余裕のお会計。

夕食時の混雑は会計も順番待ち。

うちらの前の6人ぐらいの大学生のグループがさ、1枚1枚会計の手板持ってんの。
お会計は別々で、って事か。自分の前の皿だけ数えてもらうってシステムか?
面白い事するじゃない。

このアマ、タッチパネル見てるすきにネタの裏にワサビ大量に練り込みやがった・・
DSC07122_convert_20160326005246.jpg
くううっ、バラエティで見るようなワサビ入ってないフリはできねぇぞ・・!

そんでレジで会計待ちしてたら訳わからんじじいに割り込まれるというハプニング
がございましたが今年の目標はイライラしないって事で笑って済ませます。
空腹の入店時なら孫連れてるぐらいじゃ抑えがきかねーからな、じじい。

はい、美味しかったです!

ひさびさに毛をとばされた! モロに喰った!
DSC07390_convert_20160326190531.jpg

くっそ、首筋から眼の粘膜まで痒い・・!ミスったぜ!
種類によっちゃどーって事ねーんだが、これは個人差ですね。

アカプルコ・レッド・ニーだが・・まじか?
そんなクモに詳しくないのでメキシカン・レッド・ニーと区別がつかん。


同属でもメキシカン・ファイアー・レッグの刺激毛はわたしには効かん。
かったように思う。

だがメキシカン・レッド・レッグとこいつの毛はたまらなく痒い。
今日は風呂入らないよてーだったのに・・・

こういった種類は効かないし、たぶん多くのひとが何て事ないだろう。
DSC07391_convert_20160326190542.jpg
チリアン・コモン的な・・・何だろう?
ローズヘアーではないけど何か同属のおんなじようなヤツ(笑)
でも白くてフワフワで可愛いからお気に入り

クモには別段興味はないが我が家にはクモが多くてなんか愛着がある。
ついでにこんなもんまで集まって来る。
夜中に作業してると気配を感じてふと見るとクモの天敵のヤモリ。
DSC07008_convert_20160326005414.jpg
屋内にも数頭出没する。
模様替えとかで家具をどかすと卵を産み付けてある事がたまにある。
もちろん、ヤモリ類愛好家なので姿を見るのは可愛いものよ。
DSC07010_convert_20160326005425.jpg
夏になると面白いよ、窓という窓に数頭張り付いている。 沖縄か?
守宮は益獣? 尿酸とフンでガラスは汚れサッシの枠んとこに堆積して粉が部屋に舞う。
すでにただの害獣でしかないがなぜか個体数が爆発的に多い年はテンションが上がる。
DSC07013_convert_20160326005439.jpg
ここは変態爬虫類愛好家の館だから彼等の平穏は保たれている。
この前、夕方にモズが亜成体を咥えてちょっと重そうに飛び去っていった。
少し暖かくなるとモズは庭で子育てをするし、ネズミも出るのでアオダイショウを見る。

そんなおバカ食物連鎖が繰り広げられる中で部屋では外国のヤモリを繁殖させている。
さぞかしご近所からすれば薄気味悪い館だろうね。

そもそも、害獣、益獣ってどういう解釈だ?誰から見てだ?
第一次産業から見てか?じゃあうちにはカンケーねー
好き嫌いは勝手だが、生き物に善悪があるか?
害獣も益獣もねぇよ、ソイツらはただそこに生きてるってだけよ。

俺か?  俺は食うだけよ。
若き日の雲のジュウザがラオウに言い放ったセリフだが少年期からの彼ら天才拳士の
それぞれの性格を如実に表す回想シーンの中の青春の1ページで私の好きなシーン。
一見無頼を気取るジュウザは実は純粋で誰よりも真面目。ユリアとの純愛に殉じる。
小学生ながらに死ぬシーンは涙が止まらなかった。

だから毎回、漫画が古いねん、オマエは!   だって古いんだもん。

さて、地味すぎて「カメラ映えしないもので登場回数の少ないカメレオンモドキ
DSC07128_convert_20160326005317.jpg
幼体でも日光浴は大好きで全身で陽光を受け体色のコントラストが際立つ。
DSC07402_convert_20160326190603.jpg
飼育に関しては樹上性特有の神経質さはちょっとあるが基本的に丈夫。
ただ何気に忙しい。
紫外線要求量が高く大食いで頻繁に水を飲む。手間がかかるんだよね。 
DSC07279_convert_20160326005014.jpg
かと言って餌切れに弱いという事もなく耐寒、耐暑性もある。
だから丈夫だが、気持ちが読みづらく微妙に「飼いにくい」一面もある。
DSC07265_convert_20160326004950.jpg
バルバータスのギザついた尾がよくわかるでしょう、幼体だとポルカスと
見分けが難しいという意見も聞くがひとつの見分けるポイントになる。

カメレオン飼った事あるひとなら飼育環境のセッティングはしやすい。
ほぼ同じようにセッティングしてコチラの方が温湿度にうるさくない。

でも、ヤモリ感覚で飼育するとなると幾ばくかは飼いづらいだろうね。

やはり、カメレオンの方がカメラ映りがいい。
キサントロプスを嫌いな人なんているんだろうか?
DSC07369_convert_20160326005213.jpg
ベタな趣味かも知れないがカメレオンと言えばこれが一番に思い浮かぶ。
突起とかじゃなくてツノ生えてるからね、このトカゲ。そりゃ好きですよ。

メラーカメレオンも数いたらうっとうしいが基本的には好き。
DSC07137_convert_20160326005332.jpg
なんかさ、ウデが細っこいんだよね、でかいナリして。
お盆のナスみたいで面白いなぁ、なんて。
メラーの大型個体は引くくらいでかいからね。
以前にもっと頻繁に流通してた時はでかいのもたまに見た。
なんかやたら長いし顔とか大くて気持ち悪いの。
舌とかかなり伸びるから部屋の離れた位置から給餌するのが楽しかった。

誰か買わねーんか? こんな毎回アピッてんのによ。
いいよ、ずっと飼って大きくして楽しむんだもん。
マイペットにするよ、 15000円です。

これもね、好きなカメレオン。
DSC07141_convert_20160326005344.jpg
おいおい、はからずも仕入れてしまったタンザニア種を処分したいんだろう?
必死だな? とか思われるかも知れませんが半分当たってるが半分は的外れ。
わたしはたとえ付き合いでも好きじゃない種類は決して持って帰らない。
たとえ、売れ筋と呼ばれるものが特価で仕入れできてもだ。

好きな種類でもそこそこしんどいのに興味ないものの世話をする気にならんのだ。
それにあたしって素直なコだから興味ない感がたぶんお客にも伝わる。

そこそこ興味のあるまあまあ好きなフィッシャー 12000円です。

ハッチ情報!

ガーゴイルゲッコウ
DSC06903_convert_20160321214609.jpg
何だってんだ?バリエーションが多いガーゴにしちゃ最近全部一緒だな。
DSC06904_convert_20160321214621.jpg
でも、ま、体格はいいです。
DSC06905_convert_20160321214633.jpg
つうか個体識別ができん。 
モノトーンな地味目のヤツが好みとか言ってたらソレしか出ないよ!
育ってきたらちょっとは差が出てくるかな?

お気に入りのツギオの次雄。
DSC06968_convert_20160326005402.jpg
ツギオいっぱい飼いたいな。
最近とくに高いんだよね。

ちょっと薄着でセクシーでしょ?春だからね。
半・タッチャブルになったら教えてください(笑)

ならねーよ!殺すゾ!ってお声が・・

では、また次回~


スポンサーサイト
ドッピオ
こんばんは!
最近、金属製の耳かきが売ってなくて困ってるTreeMateでっす!
DSC05534_convert_20160306221503.jpg
ぬるいプラスチック製ばっか売りやがって!アレじゃかけねーよ!
ドコ行ったら買えんだよ?金属のやつ!なめやがって!


ホワイトデーのお返しに貰ったアニスシードのキャンディをさ、
健康に良いし美味しいよ、ひとつどう?って相方にすすめたらさ、
「おまえアホのOLか!」ってまた蹴り入れられました。
まったく、足クセの悪いオンナだぜ。

いつでもやってやんぜ?眼鏡外せよ、ケガするぜ?
DSC03370_convert_20160219232745.jpg
「あ?できんのか、テメー?」 ごめんさい。腕力では勝てません。

ホワイトデーのお返しってさ、まぁそれぞれ育った地域によって違うんだろうけどさ、
好きならクッキー、友達ならマシュマロ、嫌いならキャンディーとか言わなかった?
キャンディ・・・嫌いなんかよ?


天気良いのでやっぱりヤモリ達の日光浴
DSC06671_convert_20160321214212.jpg
スケボー好きだったなぁ、もうできねーや。 年だもん、ケガしちゃうよ。
もともと全然上手くないけどね。
フリップだワンエイティだと、そんな年じゃねー!
DSC06667_convert_20160321214149.jpg
別にどうしようもなくヒマでこんなん持ち出したワケじゃないわよ、
なんでかな、春だからかな(笑)

スケボーでも何でもカネかかんないアソビばっかやってましたね。
つうか、カネ持ってたらカネ使うんだろうけどね、持った事がない。

カネ使わないでアソんでみようか?

では、テーマ「ドッピオ」

おっ、こんなところに非常用携帯電話が・・!
DSC06769_convert_20160321214244.jpg
「とるるるるる、とるるるるる」
DSC06703_convert_20160321214327.jpg
「はい、ボス。大丈夫です、ヤツラに動きはありません。」
DSC06705_convert_20160321214339.jpg
「これからどう動けばいいですか?」

ジョジョの奇妙な冒険 第五部
パッショーネのボスであるディアボロのもうひとつの人格、参謀のドッピオ
の、アソビ。

誰かわかるひとー?

失礼。
真面目にトカゲを語ります。

ファシアータ・ゲッコウ
DSC06567_convert_20160321213824.jpg

売り出してもいないから売れないのは当然のヤモリだが、よく産卵するペア
これがまた飼ってると可愛いんですよ。
餌放り込んでおけばいいような種類ですけどね、馴れる可能性もまずない。
けど、属中では大型でぷくぷくに太ると見応えがあって好き。
DSC06573_convert_20160321213843.jpg
こういう人馴れしないガチャガチャした種類ってのが魅力的で。
やっぱね、元々、子どもの頃はその辺にいるヤモリ捕まえて飼ってたからさ、
このペット感がないのがヤモリってイメージが強くてね。

根気強く付き合えば馴れるかも知れないけどあまりその点には興味がない。
あと、売り出してないから売れないんじゃなくて売り出したとしてもそう簡単には売れない。
でも一応ね、 10000円



一括りにすると同じような雰囲気を持つ
ラガッツィ・ファンフィンガー
DSC06649_convert_20160321214025.jpg
咬みつきやがった、大型なので結構痛い。

この場合の同じような雰囲気とは見た目や生物学的分類ではない。
ペットとしての人気やそれに伴う扱いなどの事だ。
一昔前の流通状況を見てるかのような扱いの種類はノスタルジックで好き。
そうだな、ラガッツィ自体は私は比較的最近知った種類だがこのテの仲間は
熱帯魚屋さんとかでもよく見かけた種類かも。馴染み深い。
最近じゃ海外から目的なくドサッと複数種輸入される、なんて事は稀。

しかし・・・
DSC06655_convert_20160321214049.jpg
こんな美しいヤモリは見た事がない。

そりゃ、極彩色や形態的にヤモリらしからぬ珍種はごまんと流通するが。
でも、日本人のイメージする動きや肌の質感を持ったヤモリらしいヤモリ。
もちろん、ワレユビヤモリ亜科で守宮とはまったく系統が違うが関係ない。
私の中では秀逸だ。最高にツボだぜ!
DSC06657_convert_20160321214101.jpg
気持ち悪いユビしやがって・・・いいねぇ、濡れる。
コレも一応、7000円

あと、ずっと在庫してるシリーズでアングリファーのペア
DSC06599_convert_20160321213919.jpg
オスだけは完尾。
DSC06609_convert_20160321213949.jpg
もう、可愛いんですよね、こやつらも。
なるべくね、在庫してもイヤにならないやつ仕入れてます。
もしも私がヤモリだったら嫌々世話されるのって嫌だから。

とか善良な優しい人発言してるけど、実際ウザイと思う種類も仕入れるよね。
だから「なるべく」よ。

ペアで65000円

こいつらがその「なるべく」から漏れるかな?(笑)
メラーカメレオン
DSC06771_convert_20160321214527.jpg
このちびがおススメです。可愛いよ。
DSC06773_convert_20160321214540.jpg
もう、早く世話終わらせたいのにずっと水飲んでるしちょっとウザイ?
わたしは水は手で与えるからね、それが愛情だと思ってる、飲む量も把握できる。
だから誰かミスティング・システム買ってください。

まーね、ちょっと1頭キレイな色したヤツがいるんでそれが楽しみかな。

ちょっと立ち上げきってないけど十分に販売できる個体もいるので、
売れるヤツだけで、15000円

全部売れるんだけどね、ちょっとでも気になるヤツはなるべく販売は控えてます。
だって売れずにロスしたとしても、はるかに看板の方が高いから。

俺ら、見栄で生きてます・・・

秋田書店コミックス「JINNGI~仁義~」より。
さっきからマンガが古いんだよ!

では、ハッチ情報!

ガーゴイルゲッコウ
DSC06561_convert_20160321213804.jpg
何気に数いると大変になってくるガーゴイル赤ちゃん。
DSC06564_convert_20160321213720.jpg
でもコレ売らなきゃナニ売るよ?
ガーゴイルゲッコウで冷や飯食っとります!
東京までにゃ仕上げておくんで皆さん、宜しくお願いします!
パンプス欲しいんでその前に売れたらなお良し(笑)
背が低いので基本ペッタンコ靴は履きません。

冒頭で履いてましたが・・・


では、また次回~








春の紫外線対策
こんばんは

ビール飲むから夜中に何かと食いすぎてダメですね。
いや、ビール的なもの、かな(笑)
安い酒でも気持ち良く酔える、安上がりなTreeMateです!
どうぞ宜しく。

DSC06428_convert_20160318010800.jpg

先日、夕食に回転寿司に行きましてね
相方と二人でスシローで気持ち良くトロ食って満足

で、お会計。1800・・いくらだって?
「あっれ、もう千円っかない、明日おろしに行かなくちゃ。」
「え?」
「?なによ? ・・・・ちょっと待って、ねぇ、いくら持ってんの?」
チャリン。
「ア?てめぇ、外出んのに250円とはどういう了見だよ?まじか?」
「おめぇこそ何でメシ行くのに千円っかねーんだよ?小銭はよ?ちょっとあんだろ!」
「小銭あるけどハナシになんねーよ!どーすんだよ、どうこの場を収めるんだよ?」

で、バッグん中ひっかきまわしてたら別の小銭入れみたいなのに万券発見!
あ~よかった! どえらい恥かくとこだった!


あ、フィッシャー。
問屋に残ってたんでね、まとめて持ってきた。
DSC06444_convert_20160317171010.jpg
見事にポンコツだけどね。
任せてよ、ウデがいいんだから。ついでに頭と容姿もね(笑)
ピカピカの新品にしてあげる
DSC06446_convert_20160317171021.jpg
と、クチで言うのは容易いが、ですよね。
何とかなんじゃない?フィッシャーだもん。

いい季節だから育てやすい、でしょう。

まだ寒い日もあるだろうけど、ここんとこ暖かいですね。
気温の高い午後は日光浴をして過ごしてもらいましょう。
DSC06483_convert_20160317211850.jpg
小プラケ連中は温度上がりすぎてやばいかもなんで観察しながら。
DSC06485_convert_20160317211903.jpg
この小汚いプラケ、何年ものだろう?そのうち硬化して割れるよ。
プラケはまとめて倒れにくいようにね。
風吹いて倒れて開いたらヒルヤモリやマルメ、ヘミダクの回収は難しい。
DSC06486_convert_20160317211918.jpg
実際に外に出す前にフタやジッパーの閉め忘れ、破損による抜け穴をチェック。
DSC06487_convert_20160317211931.jpg
ちゃんとチェックしないとあとで日光浴なんてしなければよかった、と後悔する。
別にしなくても死にもしないし何ともない日常を送れたのに、って。

でも、そんな危険を伴ってでも自然光でのバスキングは魅力的すぎる。
脱走、オーバーヒート、野良ネコなどの捕食者、付き添う人間の日焼け。
デメリットはキリがねぇ。
DSC06227_convert_20160317170825.jpg
けど、吸い込まれるような青い空を見た家畜どもは一瞬、野生を取り戻す。
夜行性のヤモリでも種類に依るが必死に陽光を浴びようとしてるようにしか見えない。
有鱗目に特有の頭頂眼で自然光を取り入れようとしてるみたい。
DSC06228_convert_20160317170836.jpg
頭頂眼ってのは今は光を受容できる構造にはなってるが別に眼としての役割はない。
かつて動物の眼は左右に一対、上下(前後?)に一対。
左右はそのまま眼になって、上下のひとつは松果体、もうひとつが頭頂眼になった。

現在は光周期を感じたり、体温調節に一役買ってる器官らしいけどよくわかんない。
でも、日光と無関係ではないはず。
内分泌器官である松果体が絡んでくるから日光浴させる事によって健康維持に効果的な
ホルモンとか何か出るんじゃないの? 脱皮促進とかはあると思うし。
あとメンタル面にもいい影響が出そうだ。

という「思う」とか「~そうだ」って曖昧で項目にしたら僅かなメリットが甘美すぎて。
ポカポカいい陽気だと出さずにはいられないわたし。

とくにこういうコにはね、冬眠から醒めて本来の調子になってきたビークワちゃん。
DSC06492_convert_20160317211945.jpg
オーバーヒートもさして気にならん(笑)むしろ寒いか。

ハッチ情報

クレステッドゲッコウ
DSC05973_convert_20160317170716.jpg
デカイ!いい仔だ! 柄はまだよくわからんが特筆するようなものではない。

バルバドスカメレオンモドキ
DSC06472_convert_20160317211807.jpg
これもいいハッチ!すぐに孵化子を回収しよう!
他の卵を蹴散らして踏みつけてメチャメチャにするのが大好きだから
DSC06476_convert_20160317211831.jpg
そんな大きな仔でもないけどね、シッカリした力強いハッチリング。
ずっと待ってくださってるお客様方、いまもうしばらくだけお待ちくださいませ。

ハッチが続けば地下室への出入りも増えてくる。
別に画像に意味はない。写りがよく撮れたもんだから(笑)
DSC06102_convert_20160317170604.jpg
な、とらじ。 「わしはピンボケやにゃいかい!」

また次回~






万華、鏡
こんばんは

何気に相方の顔を見てたら、「オイ!コッチ見んな!」と蹴り入れられました。
ちょっと、扱いがゾンザイっつーか、まじひどくない?
ちょっぴりやんちゃだったあたしはこんな扱い今までされた事がないわ!

仲良しのブリーディング・ユニット TreeMateです。

DSC04774_convert_20160228190925.jpg

どうぞ宜しく。

ともあれ、相方にはいちいち何かとツッコまれます。
「おい、夜っぽいカッコウすんな!」
すんません。

樹洞で休むエメラルドツリーモニターのつがい
DSC05890_convert_20160312035312.jpg

「あとな、下ネタはいいけどあんまエグイのはよせ、引くヤツもいるから。」
ほう、たとえば?

活動を始めたスジヘラオヤモリたち
DSC05896_convert_20160312035323.jpg

「童貞はいいけど処女はだめ。オトコのやつは笑いになるがオンナはだめ。」
ふむ、ち〇ぽはいいけどま〇こはだめ、ってコトね?

網戸にしがみつき強制的にバスキングさせらるカメレオンモドキ
DSC05243_convert_20160303180306.jpg

「そうや!ち〇ぽはええけどま〇こはあかんねん!」
じゃあ、これは? オマーン固有種。

脱皮直前のセスジオマキトカゲモドキ
DSC05603_convert_20160310232536.jpg

「おまえ、おちょくっとんのか?」
万華、鏡とか(笑)・・・すんません!
ってなカンジにね、いつもくだんない言いあいしてるワケですよ。

さて、ハッチ関連

グランディスオオヒルヤモリ
DSC05904_convert_20160312210535.jpg
安定のヒルヤモリ。
よく生まれる・・・

画像はベーメオオヒルヤモリ
DSC04150_convert_20160226023510.jpg
よく殖えるクセに多頭飼育に問題アリで紫外線もまあまあ必要なキミに乾杯
DSC05745_convert_20160310232328.jpg
ケッ!引き締まったボディしやがって・・
おう、よく鍛えてあんな。なんだ、そのハラ?

クレステッドゲッコウ
DSC05538_convert_20160312210416.jpg
赤黒い小さな仔。
DSC05540_convert_20160312210432.jpg
ブリックスレッドと呼ばれるタイプだ。
DSC05544_convert_20160312210447.jpg
少し小さい。 やはりシェッドが残るあたり強くはない。
十分、普通に育つ範疇だとは思うけどねー。

たぶんあなたの子よ!
DSC05732_convert_20160313010659.jpg
下品な目元がソックリだわ!

むけ〇ん!
DSC05696_convert_20160310232033.jpg
ちん〇関係は構わねぇんだよなぁ、TreeMate2号?

自分で舐めてキレイキレイしなくては。
DSC05701_convert_20160310232000.jpg
男性諸君、1度は試した事あるんじゃない?(笑)
うまくいった?

クレステッドゲッコウはわたしの主力商品。
DSC05586_convert_20160310232420.jpg
ナニ扱ってる?って聞かれたらクレス!って答える。

それなりの数さばいてきたから、そのぶんお客さんもいる。
飼育相談を受けたら自分の知識の限り真剣に返答してるつもり。
相談してくるって事は順調じゃないパターンが多いから問題の内容に
焦点を絞って的確に明解に答えるよう努めてます。

今夜はダレにもなにも聞かれてないけど勝手に飼育関連のハナシをしよう。
とーとつに、ざっくりと、全体的な飼育イメージのハナシです。
飼育ってイメージだろう?

ヤマビタイヘラオヤモリ
DSC05599_convert_20160310232512.jpg
ヘラオもそうだが・・・
クレスやガーゴは時折、壁チョロだなんて紹介される場合がある。
ラメラが発達したヤモリ全般を指す呼称かも知れないが正確ではない。
DSC05637_convert_20160310232630.jpg
夏に窓にひっついてるヤモリを年寄りは壁チョロって呼ぶよね。
わたし的には壁面性のゲッコウやヘミダクの仲間のイメージ。
こういった連中と同じに考えたら環境設定がしにくい。
DSC05627_convert_20160310232602.jpg
体型からしてラコダク、旧ラコダクは樹上性の趣が強い。

熱帯の森林に棲む樹上性のヤモリ。
これってクレスだけ飼っててもイメージがしにくい。
コレクターみたいに複数種のキープを勧めている訳じゃないけど、事実だ。
ただ1種の経験というのは一見専門的なようでいてその実、ヒントに乏しい。

キノボリトカゲ科、カメレオン科、イグアナ科ではヘルメットイグアナ類、
アンギストカゲ科ではアブロニア類、はてはツリーフロッグに至るまで。

ヤモリ類だけが参考になる訳でもない。
他種を扱う事で発見があったり流用できたりもする。
DSC05649_convert_20160310232658.jpg
それに加え、原産国の環境も考える。
湿った森か乾いた林か、チャホウアだったら湿ってて、イシヤモリなら乾いてる。
あと、形態的特徴。
ヘラオや豪州のノーザンリーフテールみたいに四肢を張り出して幹に止まるのか、
ホソユビヤモリやカメレオンゲッコウみたいに枝で身体を持ち上げるのか、
手指の形、頭部の形。 動物の端部の形ってのはそのまま食性だ。
棲息環境や地理的な問題と形態的特徴から食性もイメージできる。

もちろん、環境変化により2次的な食性もあるから全部は当てはまらないけどさ。

すべてが臨機応変で実験的なんだ。
DSC05760_convert_20160310232304.jpg
養殖されて家畜化し飼育が確立されたようでも最後はイメージ力がモノを云う。
センスであり、経験のカンなのだと思う。

可哀想だが失敗の数だけ上達するのも否めない、事実だ。
最近じゃトカゲ診る獣医師も増えて情報も多く手に入るから犠牲を払わずに
経験を積む事も出来たら一番いいね。

だからまじでペット・ロスに悩むんなら、たぶんトカゲの飼育には向いていない。
だってもともとが飼いきれるようなものではない。 ほんとのペットにはなってないんだ。
コッチの都合で無理矢理飼ってんだってば(笑)

センスとそういう事も含めて飼育にはある程度の適性があると思う。
わたしにその適正とやらがあるかは知らんがね。

ペット化する方も多くて、それで実際上手く管理できてる事もあるが逆のパターンもある。
うまくいってる方はそれで素晴らしい事で、もしうまくいってないって方なら見方を変えよう。
森林をイメージして飼うと云う事は、客観的にある程度距離をとって付き合うという事。
所詮は意思の疎通が不可能な低能で獲物と交尾相手しかアタマにない卑しき生き物。
と、線を引く事で見えなかったものが見えてくるかも。
その事と一生懸命飼育してない、とかはまた全く別の話ですよ。
なんか誤解されそうだけど、命を軽視してるのとは全然違うんだ。

たとえるなら侍が気持ちはいつでも死ねるって覚悟と自殺願望は全く違うって事かな。
これもちがうか(笑)
DSC05080_convert_20160313013351.jpg
と、少しでも飼育のアドバイスになった方がおられるでしょうか?

「なんねーよ!オマエの持論で気持ち良くマスターベーションしやがって!」

ふん、マスターベーションは日課なのよ(笑)

では、また次回~














松山
こんばんは

暖かい。 日中はかなり気温が上がる危険がある。
飼育部屋をエアコン管理してるひとは気を付けたほうがいい。

「気を付けたほうがいい」 だと?
上からモノ言ってんじゃねーぞ!このクソアマ!

はい。 申し訳ございません。

さて、
とべ動物園は実に25年ぶり。 
DSC05472_convert_20160306203204.jpg
シャツワンピ貸してあげたのよ。似合ってる

とべ動物園と言えばピース 16歳になったらしい。
もうおっきくなってるけど、やはりあどけなくて愛らしい
DSC05400_convert_20160306202609.jpg
真っ白フワフワ。 ぬいぐるみ感満載で抱きつきたい
でもやっぱ命は惜しいわ。

ゾウの赤ちゃん。
6月に生まれたらしいから、まだお母さんベッタリです。
DSC05406_convert_20160306202624.jpg
なんか見てないけどアトラクションがあってね、展示場を二つに仕切ってる。
で、片方に準備のために餌とかセッティングしてるんだけど、仔ゾウが我慢できない。
DSC05446_convert_20160306203004.jpg
めっちゃ可愛くて、何回も飼育員さんに追い返されても餌欲しいから出てくるの。
子どもだもんね、我慢できないよね。
DSC05444_convert_20160306202951.jpg
で、素晴らしいのが飼育員のみならず母親が仔ゾウを戻す手伝いをするワケ。
なんと動物がだ。 
この飼育下におけるルールとかショーとかを理解してしつけてる。
「まだ早い、もうちょっと待て。」と言わんばかりに人間と協力して子どもを枠内に戻すの。
すでにそれだけで最高のショーだったよ。

ゾウさんって最高!

このブログを継続して見てくれてるならご存知の方もいらっしゃる事と思いますが
わたしは有蹄類が好きだ。かなり好き。
それに、実際わたしのような動物業者は小型の変わった動物は見慣れている。
小型の爬虫類や節足類なら、よりマニアックなものを普段から扱っているワケ。

じゃあテンション上がるのは大型の哺乳類でしょ!
もともと好きだし、動物園でしか見る事ができない種類が醍醐味だ!

では、偶蹄類、奇蹄類の画像を。
DSC05418_convert_20160306202744.jpg
あんまでっかいのは無理だけど、いつか偶蹄類を飼ってみたい。
DSC05421_convert_20160306202815.jpg
ポットベリーみたいなお部屋ん中じゃなくて外で放牧する系のグレイザーを。

キリンはブラウザー。
反芻獣の食性のアレコレについてはまた今度ブログで紹介しよう。
DSC05432_convert_20160306202843.jpg
クロサイ。
まるでアルシノテリウムとか古代の重脚目を思わせる雰囲気だ。 
もちろん奇蹄目だが。
だから大型哺乳類が好きなんだ。その姿に漸新世を感じれてロマンがあるんだ。
DSC05437_convert_20160306202910.jpg
奇蹄類はなんか古いタイプの獣なカンジがしてステキよね。
DSC05466_convert_20160306203057.jpg
かなり昔にさ、バクいらない?って打診された事があった。
「スマン、いらない。」って言ったっけな。

爬虫類館はでかいマレーガビアルが素晴らしくて印象的。
けど、動物園でアメラニのインペラトールボアとかバーミーズ見せられてもな。
原種のデッカイのが見たかったぜ!


で、県庁前の美術館にて進化の展示やってたんで。「生命大躍進」
TreeMateのテーマは進化と種分化だ。
DSC05474_convert_20160306203259.jpg
内容はわたしのようなオタクなら常識的な事も多いが勉強になった事も多い。
DSC05482_convert_20160306203420.jpg
180㎝ある大型のウミサソリの化石展示が印象的だった。

巨大なディニクチスから逃げるウミサソリ。
DSC05479_convert_20160306203330.jpg
トリックアート記念撮影。
「ここはあたしが抑える!さぁお逃げ!ウミサソリ!」
DSC05486_convert_20160306203509.jpg
「オラァ!今度はウチが相手じゃあ!!」
DSC05489_convert_20160306203522.jpg
子どもが多かったが子どもにしては学術的すぎる展示だった。
わたしは基本的には楽しめたが暁獣類については展示も多くて良かったが
鳥類についてはあまり触れていなかったのが残念だった。

せっかく松山まで来たんだ、ちょっと寄ってみよう。
DSC05512_convert_20160306203733.jpg
「ポンコツさま~ず」で英孝ちゃんと児島が来てた温泉街の入口の足湯。
DSC05523_convert_20160306203808.jpg
タオルも持ってないのにな(笑)
いいんだよ、旅だから。
DSC05517_convert_20160306203755.jpg
千と千尋の世界だぜ!
DSC05524_convert_20160306234417.jpg
黒なんて着てっから周りに同化してわかんねーや、足上げてまーす!

松山だけど夕食は何故か熊本ラーメン!
DSC05526_convert_20160306203834.jpg
めっちゃ美味かった!
しかもそんなに期待してなかったセットの焼き飯が意外に美味くて!
レディースセットって割りにゃ結構、量が多くて満腹で満足。

で、この一連の出来事を見せられてどないせえっちゅうんじゃ?
というお声も多いかと思います。

ま、カネもないのにヒマ人ぶり発揮してるって事ですよ。
大丈夫!帰ったら仕事すんだから! 疲れてなければ。

ハッチ情報

ガーゴイルゲッコウ
DSC05391_convert_20160306202458.jpg
ホラ、仕事残ってる(笑)
体格のいいハッチだ!色はくだんねーけど。

では、また次回~



















自然の宝
おもむろにスライドガラス・・
DSC05252_convert_20160303180351.jpg
プレパラート・・
DSC05251_convert_20160303180341.jpg
さぁ、今日も戦利品のコレクションを眺めよう。

なんて。
DSC05295_convert_20160303191808.jpg
ただのシリアルキラーごっこよ、気にしないで。
クライムサスペンスが大好きなTreeMateです。 どうぞ宜しく。


よく晴れて気温も高い日は窓際で日光浴。
気温はクリアしても乾燥した空気を吸い込むとロクな事がない、室内が安全。

ジャクソン・キサントロプス
DSC05239_convert_20160303180252.jpg
ちょっとは家畜らしい表情を見せるようにはなったが。
まぁ どうだかな。

少しふっくらしたがまだ痩せてる。
餌は食うけどじっくりいかないと。 まだ気を抜くとワンミスで消し飛ぶ。
DSC05234_convert_20160303180214.jpg
落ち着いて青みがかった緑に明るい黄色のラインが入る美しい体色も
ハンドリングで一瞬でメラニンばっちり斑模様に。
馴れてない個体の正常な反応。 クチを張って怒るとなお良し。
DSC05235_convert_20160303180229.jpg
こういう表情したヤツで一番気を遣うのは絶対に吐かせないこと。
せっかく肉が付いてきたのに吐いたら同個体か?ってぐらいゲッソリする。
吐かせてはだめ。

海外の業者がストック期間中に世話をするかどうかはまちまちだろう。知らん。
ともあれ、輸入されて痩せ細って脱水ドロドロで来るヤツはまだやりやすい。
けど自宅に持ち帰って一旦、飼育下で弱ったヤツってのは非常に始末が悪い。
商売としてカメレオン扱うヤツラはみんな知ってる。

でも、わたしがカメレオンを好きな理由もそこにある。
DSC05342_convert_20160303223911.jpg
ずっと見て世話してないと安心できない生き物だから世話する。
カメレオンにとっては拉致られて囲われて迷惑極まりないハナシではあるが、
わたしが面倒見ないと、このコたちにはわたししかいないの! ってね(笑)
けど、そうなんだ。
DSC05341_convert_20160303223859.jpg
餌放り込んでおけばOKな生き物もそれはそれである意味大好きだけどね。
手間いらずなコたちは姿を楽しんだり、馴らすのを楽しんだりできる。

けど、見てなきゃいけない種類ってのは、なんかドキドキする。ワクワクする。

おお、すっかり元気になってよかったね、デレマ君!
わたしの献身的な介抱のおかげで見違えるようじゃないか!

「アア?もとはと言えばお前ら(人間)のせいで俺はなぁ・・

その通りだ。
だからどうだってんだ?

こういったペットを飼うときめた日から愛情は注ぐが保護などとクチにしてはいけない。
ただ、大自然と命に敬意を払い、誠心誠意お世話をしよう!
身体のケアだけじゃなく、怖い思いをいっぱいしたはずだから心のケアにも取り組もう。

まーわたしが言うのも何だが、ホントに生き物を想うのなら、そこの宝はそこだけのもの。
現地から動かしたりしたらダメさ。 
そしてそれが一番正しい。別に生活必需品ではないのだから。

さておき、
このポーズよりも、
DSC05345_convert_20160303223937.jpg

このポーズだ!この位置だ!
DSC05358_convert_20160303223951.jpg
この下ってくるカンジ。
カメレオンが(個人的に)もっとも美しく見える下りの尻尾ピーン!

何でかな、樹上棲のトカゲで頭を下にしてる時は文句なくカッコイイ!
あくまでも個人的にだが。

まーモリドラやエリマキは上向いちゃうけどさ。
でも樹から下りてくる瞬間の身体下向き、顔正面!ってナイスアングルだぜ!
みんな樹に上るトカゲ飼いなさいよ!


では、古参のクレス母さんが夜、起床してくる様子で〆たいと思います。

尻尾が動くのでたぶん目覚めた。
DSC05191_convert_20160303180127.jpg
中でUできないのかバックでモゾモゾ這い出してくる。
DSC05196_convert_20160303180137.jpg
あら、思ったよりまだ明るいわ。
DSC05197_convert_20160303180147.jpg
でも腹は空いてるからなんか探しにいくわ。このままでは死んでしまうわ。
DSC05198_convert_20160303180159.jpg
ケッ!ボテボテの腹しやがって! 死ぬか!
てめぇ妊娠してんだろうなぁ?オイ!

シンクロしてみんな起きてきます。昼間どこにいるのか親のわたしでも知らない。
DSC05186_convert_20160304000110.jpg
では、また次回~














プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR