*All archives* |  *Admin*

2015/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
再戦のクリスマス
こんばんは

クリスマスは好き。
こどもの頃から雰囲気が好き。

まるで信心深くないうちの両親が何故かクリスマスだけはちゃんとしてくれてね。
だから家族と過ごした思い出ばかり。
まだガキの頃、友達はみんな恋人たちのクリスマス
わたしは両親と妹と過ごすクリスマス
あ、勘違いしないでね、昔から相手に不自由した事はない。 
敢えての家族のクリスマスよ。

エクスペンダブルスのジェイソン・ステイサムの役名もクリスマス。
J・ステイサム大好きなの。

24日は相方とふたりで安いけど美味いファミレスのステーキ
DSC00046_convert_20151225222630.jpg
まじでなかなかいけるんですよ、スジが多いとこあたったらかたいけどね。
DSC00047_convert_20151225222642.jpg
今回は柔らかく赤身のいい部分があたりました!ファミ飲みで全然楽しめる!

相方のTreeMate2号は優しいのでいつも食べさせてくれます。
ちょっ・・待って!それは入んないかも・・
DSC00052_convert_20151225222706.jpg
「ほら、食えよ?デカくてクチに入んねーか?好みだろ?」

「お、お前ナニ勝手にカレー食ってんだよ?」  え?
DSC00063_convert_20151225222737.jpg
「ほーら、ほら。 食わせてやるって、一人だとすぐこぼすんだからよ。」 
 ・・・・・。
DSC00067_convert_20151225222754.jpg
ふっ・・このアマ

ねぇ? じゃあ、コーヒーは私が飲ませてあげる。  「あ?」
DSC00074_convert_20151225222834.jpg
「おちょくっとんか?自分のタイミングで飲みたい時に飲むんじゃ!コラ!」
DSC00071_convert_20151225222849.jpg
・・・・ごめん!

ほんとは仲良しですよ!
DSC00092_convert_20151225222902.jpg
・・・・たぶん。

25日、今日は山の上にあるイルミネーション
毎年、こんな山ん中までバカみてーに人が集まりアホほど混んでる。
今年はあまり寒くなくて丁度いい。
DSC00121_convert_20151225223050.jpg
やっぱクリスマスは電飾だぜ
DSC00122_convert_20151225223038.jpg
ミラーハウス的な趣向を凝らしたやつ。
DSC00110_convert_20151225233922.jpg
中に入るとまるで万華鏡みたい。
DSC00115_convert_20151225223128.jpg
ステキでした。

ずっとわたしのブログを見てくれてる人なら憶えてるかも・・
去年もここでふたりで立ち会ってまだ決着が付いていない。
DSC00123_convert_20151225223221.jpg
ダセェ構えだ・・なっちゃいねー。  トーシロが。

いいだろう。 いっつもいいように殴りやがって! シバいたるわ!
DSC00125_convert_20151225234900.jpg
メガネ外しとけよ、ケガするぜ?

廻し打ち。
DSC00142_convert_20151225223426.jpg
かけ蹴り。
DSC00143_convert_20151225235356.jpg
ふん、今日は脚は使わないでおいてやるよ。

打っては退がり、退がっては打つ。 20世紀初頭から発達したフットワーク。
DSC00132_convert_20151226000053.jpg
それまでボクシングってのはベタ足での打ち合いのみだった。
フットワークが技術として認められたのは逃げてる訳じゃないからだ。
1インチの差で相手のパンチを見切り「躱して」いたから卑怯とは罵られなかった。
ベア・ナックル・ファイトの時代に終わりを告げ、競技として発展させたテクニックだ。

ほら、ボディーがガラ空きだぜ!姉ちゃん!
DSC00134_convert_20151225223344.jpg

うわっ 掴むなよ! ちょっ・・待て!
DSC00126_convert_20151225223242.jpg
「カンケーあるか!コラァ!」
DSC00127_convert_20151226001125.jpg
「何がテクニックじゃ!オラァ!」 もうっ・・ヤメ・・ごめん!
DSC00128_convert_20151225223308.jpg
・・・・・・。
DSC00130_convert_20151225223320.jpg
「おい、聞いとんか?おい?」
DSC00146_convert_20151226001633.jpg
「二度とたてつくな。 あとタメ語でしゃべんな!」
いい表情するでしょう? 輩感が出てる。
まったく・・・いいオンナだぜ。

はい、おふざけはこの辺で。
楽しいクリスマスでした

ハッチ情報

バルバドスカメレオンモドキ
DSC09620_convert_20151216230010.jpg
前回に引き続きいいハッチ!

では、また次回~



スポンサーサイト
ねこは日常を愛する
最近は起きるのがはやく午前中には目覚める。

半裸のまま水を一杯飲んでテレビをつけてねこを撫でる。
冬場は炊飯器の中のコメが腐らないから少し暖めて卵をかける。
コーヒーを淹れながらサプリメント2錠クチに放り込む。
顔を洗って着替えてまた座る。コーヒーも入った事だしね。

なかなか仕事を始める気がしない。 とりあえずメールチェック。
DSC09887_convert_20151221231054.jpg
仕事(笑) いや、作業は生き物の世話しかする事がない、ペット屋なんて。
ケージの掃除、水替え、散水。日光浴は季節じゃない。

インキュベーター覗いたら郵便局まで出掛けよう。ネットバンキングはやめた。
DSC09876_convert_20151221231010.jpg
ふらりとコンビニでBGを立ち読み。 あ、単車の絶版車の雑誌ね。
ファッション誌を一冊買う。
アルミの釣り銭をチャリティボックスに入れ、出ようとしたところで電話が鳴る。
熱帯魚屋の奥さん。
問屋まで用品取りに行ってくれってか、奥さんはクルマを持っていない。
いいけど、預けたチランジア、ちゃんとそっちで売ってよね?頼りにしてる。
帰ったらわんこの散歩に行かなくちゃ。

12月の風は冷たく手袋を着用。もう今年も残りわずか。
はやい。 季節ごとに散歩道は同じ景色で塗り絵のように色彩だけが変わっていく。

この時期、どうしても乾燥するのか生き物たちは水をよく飲む。
DSC09844_convert_20151221230929.jpg
除湿をする夏場と違ってまだ対処がしやすい。水吹けばいいから。
何にしても加熱とか加湿とか、とかく足すものはやりやすい。
DSC09848_convert_20151221230941.jpg
今まで何度も繰り返した冬季の世話。
それでも、未だに単純なミスもあるし新たな発見もある。
DSC09922_convert_20151221231130.jpg
熱帯種とは言え、多くの種類で夜冷えるのは都合がいい。
冬場はそういった意味ではやりやすいのだが。
DSC09898_convert_20151221231104.jpg
クレステッドゲッコウやガーゴイルゲッコウは低温にも乾燥にも比較的強い。
夜間に22℃くらいまで気温が下がっても捕食もするし産卵もする。
それ以下でも死にはしないがあまりに低温が続くのはよくないかもね。
DSC09940_convert_20151221231400.jpg
卵の管理も23℃でも孵化にいたるが実際のインキュベーションはもう少し
高い温度での管理がいいだろう。安全だと思うし性比の割合の事もある。
DSC09943_convert_20151221231415.jpg
もう夕食の買い物に行かなくちゃ、今日の夜は何を食べようか?
はやく半額のシール貼ってよ、兄さん。
どこかのおばちゃんが待ち切れずシールのお兄さんのとこまで商品を持って行く。
いいんだろうけど・・・何かそこまではできないわ。
DSC09968_convert_20151221231540.jpg
スーパーの小さな雑誌コーナーで一冊成人向け雑誌のシールが切られていた。
五十路を越えたろう熟女が表紙でその特集か元々そういうコンセプトか。
どんなのかちょっと興味はあったがシール切ったのあたしと思われてもアレだから
手に取るのをやめてみた。

結局、半額の惣菜は買わずに豆腐とアイスを買って店を出た。

飼い方にも依るがラコダク、旧ラコダクは気が荒い。
DSC09901_convert_20151221231117.jpg
ハンドリングは出来るが餌やりや掃除などのメンテナンスは怖くてたまらない。
下手に手を突っ込んだら襲い掛かってくる。
まるでひとが餌をやってないみたいに鬼の形相で食らいついてくる。
四方八方から。
DSC09964_convert_20151221231527.jpg
クレスまではいいがガーゴやマモノまでくると顎がよく発達してくる。
小さく並んだ歯が鋭利に皮膚を切り裂く。
深手は負わないが流血はする。
DSC00022_convert_20151222205327.jpg
ガーゴイルの幼体は雑居には向かない。
テイルイーターで昆虫にはなかなか餌付かないクセに尻尾はすぐに食べる。
DSC00026_convert_20151222205340.jpg
発達した大きな頭部は同種も含めたトカゲ食。
機会に恵まれれば鳥の雛や小型哺乳類の幼獣まで捕食するだろう。

フルーツもよく食べる雑食性・・いやぁ、あの獰猛さは肉食性のそれだ。
飼育のうえではレパシーフードは重宝するけどね、栄養を摂らせやすい。
DSC00029_convert_20151222205405.jpg
録画してあるバラエティを観ながら夕食をとる。
ごろんと寝転ぶとちょうどあくびしてるねこの顔が正面にきた。
よぉ、キョーダイ。 寄って来るが私は顔をそむける。クチ舐められるから。
はぁ、風呂入る気はしねーな・・めんどくせぇ。

髪を乾かしたらもう1度インキュベーターを覗く。
夜行性の生き物は当然だが夜の方が活発で美しく魅力的。
DSC00015_convert_20151221231312.jpg
成長したチャホウアはとくに美しい。
いいねぇ、その面長。 多湿系だが極めてドライだ。
DSC00017_convert_20151221231323.jpg
酒もヤモリもドライであればある程にいい。
そうね、例えるならチャホウアはドライマティーニ
オリーブの色もどこかソレっぽいっじゃねぇか。
DSC00019_convert_20151222022300.jpg
よくラコダク系に対して壁チョロなんて表現が使われるけどアレってどうなんかな?
クレスもガーゴもチャホウアも細い枝に絡まるのを好む。ツギオはそうでもないけどね。
なんとなく壁チョロって天井をも走るヤモリ亜科の連中ってイメージが強い。
指先にラメラが発達すれば壁チョロってんならヘルメットゲッコウも壁チョロになるが。

屁理屈か?
DSC00021_convert_20151221231348.jpg
ほどよく酔いがまわってきた。
歯を磨きながらケージの閉め忘れをチェックする。
翌日、半ベソかいて探し回るハメになるから。

ベッドに向かうと枕に人間みてーに仰向けにねこが寝てやがる。
まぁまぁでかい寝息立てながら。
思わず笑っちまうが、どかさない訳にもいかない。

もう今週はクリスマス
くっそ、もう少し稼いでおきたかったな。
あ~誰かヤモリ買わないかなぁ。
クリスマスプレゼントにどうですか?(笑)
DSC09880_convert_20151221231021.jpg

では、次回はクリスマスにでも

またね~
























翼手の堕天使
こんばんは

ねこ大好き爬虫類販売業者TreeMateです。

DSC09800_convert_20151216230554.jpg
手に持ってるのは誰も買わないので一体いつまで飼えばいいのかわからない
コモチミミズトカゲよ。

お手頃でいいミミズトカゲなんだけどなぁ、キレイだし。
こういった種類の観察や追跡はまだ難しくて実際に彼等を見る機会はペットショップだけ。
一方では批判されがちなエキゾチックペットにもこういった利点もあるのさ。

ふふ、胎生のミミズトカゲ類で9000円
その個体オスかメスかって? わからん(笑)
一応、有鱗目だからオスならち〇ぽ2本あるんじゃない?

ちょっと山の方までわんこ連れてドライヴ

紅葉が美しい
DSC09650_convert_20151216230212.jpg
わんこもゴキゲン!
DSC09644_convert_20151216230114.jpg
やっぱ家畜とはいえ、自然の中がよく似合う
DSC09647_convert_20151216230125.jpg
山で遊ぶのはいい。
DSC09648_convert_20151216230159.jpg
カネがかからん(笑)


さて、今回はルーセットオオコウモリの赤ちゃんのご紹介。
DSC09515_convert_20151212165913.jpg
ちっちゃいでしょ?指に足をからめてくるのが可愛らしい
DSC09520_convert_20151217161740.jpg
現在、3頭いますがこのコが一番早く生まれて年長さん。
たぶんすべてのメスが妊娠してるからまだ増える。
たま~に双子産んだりするけど基本は一子出産。

あっ、やばい。 トロ~ンとしてきた。
DSC09519_convert_20151217161726.jpg
ほら、寝た。 この辺はね、ケモノの仔だから何でも一緒よ、すぐ寝る。
DSC09526_convert_20151217161751.jpg
この上原はコウモリ大好き変態人間である。
ねことかわんことかお前何でも好きって言うじゃねーか、とのご意見もおありでしょう。
でも、まじでコウモリはそうとう好きなほう。 一番かも知れない。

ガキの頃、王子動物園でインドオオコウモリの展示の前で2時間ぐらい居たものよ。
親も呆れてた。 
現在、この国でペットとして入手できる種は限られている。
野生、養殖問わず翼手類の輸入は禁止されているからね。
販売されているのはすべて国内で養殖された個体だけである。
わたしが業界に色気出した頃は色んな種類が売られていたけどね。

残念、と言うか・・まぁ輸入できなくなって丁度いいんじゃない?
訳のわからんヤバイ病気を持ち込まれても困るからね。
バット・リッサ・ウイルスっていう狂犬病が有名だけどね、他にもある。
DSC09688_convert_20151216230445.jpg
勿論、狂犬病に関してはコウモリに特別多い訳じゃなくて、他の肉食動物と
同じくらいの割合でしか流行してないんだけどね。
でも何であれ野生種なんて持ち込まないに越した事はないさ、やべぇもん。
映画アウトブレイクみたいな事になったらどうすんよ?

トカゲやヘビに咬まれて傷を負っても程度にもよるがまぁ多くの場合心配ないよ。
けど、ケモノに咬まれたらちょっとしばらく心配だわ、たとえ近所のノラネコでもね。
DSC09701_convert_20151216230524.jpg
そんな怖い事言ってコウモリを売る気があるの?ないのか?
勿論、売る気ですよ。だって合法だし安全だもん。
ん?と思った方はヤメればいい、それで丁度いいのよ、この種類は。

欲しいヤツはどんなマイナス的な要素を含んだ事を言われても欲しいものなのさ(笑)
自分に置き換えるとよく解る。
このトカゲ大きくなりますよ、紫外線が豊富に要りますよ、サボるとすぐ弱りますよ、
何言われようがもう決めてるなら絶対飼うでしょうよ?
DSC09702_convert_20151216230429.jpg
コウモリは極地を除く世界中に分布している。
飛翔性の動物は海洋による隔離をものともしない。
オーストラリアにもガラパゴスにも自然分布しているんだ。
DSC09710_convert_20151216230416.jpg
姿形から一見して原猿類や皮翼類、ツパイ類などに近縁なように見えるが
起源はまるで違う。つまり、真主齧類ではない。

ローラシア獣類。 食肉類やセンザンコウなどの有鱗類と起源を同じくする。
だが、どういった過程でコウモリに進化していったかはよくわかっていない。
化石など歴史の舞台に現れた時にはすでに完全なコウモリだった。
唯一、完全飛翔能力を備えたママリア。だがその起源は未だ謎のままである。
なぁ、魅力的だろう?

このご時世でも結構、手広くペットとして入手できるルーセットオオコウモリだが
詳細な種や亜種、地域別によるタクソンはよくわからない。

エジプシャンルーセット、デマレールーセット等がよくあげられる種名だがその名でも
実際にその種かどうかは怪しいし、おそらくは数種、若しくは数亜種が流通する。
亜種間、若しくはタクソン間の交雑個体も十分に考えられる。
どれもルーセッツ属には変わりないのだろうが見比べると面白い。

わたしのところのヤツはエジプシャンルーセットと思われる。
何にせよ、ベビー1頭38000円


ハッチ情報

このTreeMateがこれほどまでにハッチ情報に間を空けるとはな。

バルバータスカメレオンモドキ
DSC09530_convert_20151216230053.jpg
元気な結構サイズがあるいいハッチリングです。

アホみたいに食ってアホみたいに産卵し続けるからいいとこで休ませなければ。
仔は取りたいが一番に親を可愛がりましょう。単純に仔より付き合いが長い。
ペットでも人間関係でも古くからのものを大事に厚くしましょう。


山散歩の後はモスバーガー
DSC09667_convert_20151216230312.jpg
ん?わんこどうしたって? うん、言う事聞かないから捨ててきた(笑)
うそよ(笑) 先に家寄って下してきた。クルマ留守番だと吠えるから。
DSC09675_convert_20151216230335.jpg
「ま、飲めや」
相方ってまじ優しいでしょ、飲ませてくれるのよ?

では、また次回~













モチベーション
どうも おはこんばんちは

前回のブログでトウレプのレポート的な事を書いたんですが、
不覚にも大切な事を書き忘れてしまいました。

お買い上げいただいた皆様、並びにご協力いただいた関係者の皆様、
大変ありがとうございました! 

感謝の気持ち。 
まずそれですよね、普段は仲間や後輩に対し仁義にうるさいこの俺が・・
ご無礼、お詫び申し上げます。
どうぞこれからも宜しくお願い致します。


皆様のおかげで好きな回転寿司も行けます。
顔射・・・・感謝感激です。
あ・・大好きな白子が口元に・・まさに顔射・・いえ、感謝です(笑)
DSC09384_convert_20151212165619.jpg
こーゆー下品な事やるから嫌われるんだよな・・
やっとシャリカレー食いました!美味かったです


では、新入荷情報から。

セスジオマキトカゲモドキ
DSC09562_convert_20151212170218.jpg
キレイだったんで追加で入れました。
いつでも居るもんじゃないからね、居る時に仕入れします。
トウレプでセレクトした戦利品ですが、餌バクバク食っていい調子
24000円

これはもう売約済なんですが、可愛かったんで画像だけ。
ヘルメットゲッコウ
DSC09559_convert_20151212170203.jpg
パターンレスのストライプ型とパターンレスのアダルトペアですが、
なんつっても柄パターン云々よりまずはカイデー!
DSC09558_convert_20151212170150.jpg
アタマがデカイっす。 赤ちゃん体型がサイズあると更に引き立つ。

はい、入荷以上です。

さて、ハナシ変わって・・
モチベーションには波がある。
飼育されている生き物にとっては迷惑なハナシだが、しんどい時もある。
今、月に何度かある飼育がたまらなく面白い時期にある。

ホソユビヤモリの仲間を飼うのが最近の楽しみ。
キルトダクティルス属は構成種が多く小型種から大型種まで多岐にわたる。
オセアニア方面にもデカイのいるけどマレーシアとかタイとかあの辺に多い。
指裏のラメラは発達せずその名の通り細い指にかかぎ爪というデザイン。

ジャワホソユビヤモリ
DSC09577_convert_20151212170230.jpg
美しいイエローはほんのちょい画像が盛り気味だが中型の美種。
熱帯雨林種は入荷直後はどこか頼りない印象を受けるが飼い込むと迫力がある。
DSC09580_convert_20151212170241.jpg
ガッシリして導入初期と比べるとまるで別モノ。
どこかオージーのベルベットゲッコウのような印象を受ける。
雑多モノ感がつきまとうが、ソコがいいんじゃない 
最初からたいして売れるもんでもないと思ってるから純粋に飼育を楽しめる。
DSC09582_convert_20151212170307.jpg
そこそこ触れたりもする。 12000円

エロークホソユビヤモリ
DSC09586_convert_20151212170320.jpg
多湿感が強いこのヤモリは好きな人にはたまらない。
尾を横にコイル状に巻くヤモリは熱帯の樹上性種には時折見かけるスタイル。
DSC09588_convert_20151212170342.jpg
餌付きがよく、気が荒い。
こういった華奢で気が荒い種は興奮させすぎないように注意する。
補綴する時が一番気を遣う。

少しふっくらしたがまだ若いという事もあってここからが面白い。
完全に私の飼育環境に慣れるまでにはまだ少し時間がかかる。
難しくはないがそんな強くもない、馴染むまでは慎重に。

いいね、この腫れ物に触るような感じ。
久々に飼育してる感があってしょっちゅうケージ覗いてしまう(笑)
いや、素晴らしい!ステキなホソユビだ。
飼育部屋に居座る時間が長くなる。


続いてのゴキゲンなコレクションはフラットテール

リーフテールとも呼ばれるがマラガシーのやつはフラットとわたしは呼ぶ。
オージーのやつと区別するためにもね、アッチはイシヤモリ亜科でまた系統が違う。
欲しいけどね。
スジヘラオヤモリ
DSC09591_convert_20151212170355.jpg
だんだんと立ち上がってきたが、まだまだ変化して魅せてくれる。
DSC09594_convert_20151212170405.jpg
スレンダーなスタイルと象徴的なストライプは縦長のレイアウトが似合う。
枯れた笹の葉のようなルックス。

薄い皮膚の被膜がいい、アバッキオのムーディブルースみたい。
DSC09597_convert_20151212170429.jpg
眼球のカンジもスタンドっぽくてまたよし。
DSC09598_convert_20151212170440.jpg
マスカラは程よくカールさせて上向きに跳ね上げサイドビューを引き締める。
ヘラオの中ではツルンとしたシンプルな体型だが十分に特徴的。
コイツは木の葉っぱとかにデカイ卵を産み付けるんだ。

ヤマビタイヘラオヤモリ
DSC09600_convert_20151212170454.jpg
丁度いいサイズ感の人気美種。
特徴的なフリンジでトレンド感も意識。
DSC09601_convert_20151212170506.jpg
飼い易いようでいてよくわからない種(笑)
DSC09602_convert_20151212170518.jpg
立ち上げてからが難しい、飼い込みでも手を抜いてはいけない。
餌食いもよく飼育下で繁殖もするが基本的な温度・湿度環境に妥協を許さない。
DSC09605_convert_20151212170530.jpg
これもF1とかF2になったりしたらまた全然違うんだろうけどね。
CB全部売っ払っちまったからまた最初から検証せねば。

スベヒタイヘラオヤモリ
これは当店CB個体。
美しい柄を持ちお気に入りの逸品。
DSC09613_convert_20151212170610.jpg
紅い頭部やえぐい黄緑が下品で、なんていうか、たまらない。
DSC09607_convert_20151212170623.jpg
コイツの息子も変わらず下品だがコイツの方がお気に入り。
地味なイメージのヘンケリーだがショッキングな色彩を見せる個体も多い。

今夜もこのコレクションを眺めながら飲む。
いや、美しいキミ達に酔っているのさ、
どうかもう少しこの倒錯の酔いから覚まさないでおくれ。


繁殖関連情報

ハッチ!

ガーゴイルゲッコウ
DSC09512_convert_20151212165837.jpg
変な温度帯で孵化させてみた。
けど、なんか小ちぇな、こいつ。 これでもかってぐらい地味なのがいい。
ようこそ。今日からこの変態が親代わり。

外食情報

寒いからこそアイス食う
この画像はなかなか怖ぇだろ? いい表情をする。
DSC09390_convert_20151212165632.jpg
まったく・・・いいオンナだぜ。

では、また次回~






 














エローク
爬虫類飼育というやべぇ趣味をお持ちの皆様、こんばんは

TreeMateは死ぬまで皆様の味方です。

明石大橋。
帰りの淡路のSAにて。

我ながらいけすかない。バカ丸出し。
DSC09466_convert_20151208235954.jpg
だってあたしこんなヤツいたらムカつくもん。

はい、先週末はトウレプでした!
もう、すんごい人で・・大盛況としか言いようがない会場でした。
春より一部屋少なかったもんでね、かなりの飽和状態の光のサンシャイン!

お隣ブースはポイズン西沢とポレポレ前田。
DSC09409_convert_20151208235440.jpg
相変わらずの大盛況ですね、先輩。 働けよ、後輩!

で、わたくしはと言えば初日の土曜は一日にしては、まーかなりの売り上げ!
ヤッター!と思って日曜になってみればほとんど売れないヒマブースってね。
DSC09431_convert_20151208235655.jpg
いいクオリティなんだぜ?買わないなんて、どうかしてるぜ!(吉田風に)

終わってみればいつもの売り上げ程度。
つまりアレか?単純に倍になると思ったら大間違いで、一回の儲けは
ほぼ変わらないようになってると?まーよくできてるわ、世の中は(笑)
だから面白い。

お気に入りのイケメン、リョータ。
DSC09399_convert_20151208235417.jpg
もう!このやさぐれた感じとか、ちょーカッコイイ!いい男でしょ?
悪そうな顔付きが好きなんですよね、トカゲでも何でも。

ポニーテールバージョン
DSC09410_convert_20151208235452.jpg
あ・・シブイっす
なんか頭痛がして調子が悪かったみたい。
添い寝してあげようか?
カッコイイけどカネ持ってねーからな、コイツ(笑)

美しいミヤビキノボリトカゲ
DSC09433_convert_20151208235706.jpg
だからなぜ売れない?モリドラゴンは完売だったけどね。

ニーブラ!
DSC09435_convert_20151208235733.jpg
おーおー、やってまえ!
だって日曜ヒマでする事ねーからよ?

お前はわたしに忠誠を誓え。
DSC09440_convert_20151208235818.jpg
ドン・コルレオーネ

ゆういちろう。
DSC09445_convert_20151208235841.jpg

保憲と。
DSC09443_convert_20151208235829.jpg
このひと、サイコパスだから目が怖い・・

孤高の侠客、ゴッドファーザー藤井先輩と久しぶりにゴハン。
DSC09446_convert_20151208235851.jpg


と、いつものように人物写真ばっかりのイベントレポート!
完全身内ネタ見せられても何も面白くないよね(笑)


だから、新入荷

ヘルメットゲッコウ(ヤングサイズ)
DSC09468_convert_20151209000020.jpg
リクエストが多かったので追加いたしました!
可愛いベビー~ヤングサイズはアダルトより更に順応性がいい。
DSC09472_convert_20151209000031.jpg
パターンレスとオレンジっぽいのセレクトしてきました。
DSC09475_convert_20151209000044.jpg
お腹ぷくぷくでちょー可愛い!
あ、手がむくんでるわ。疲れてんのよ・・イベント帰りは。
16000円

これも在庫なくなったので追加!
グローブヤモリ
DSC09481_convert_20151209000158.jpg
アングリファーのヤング。そしてやはり再尾(笑)
そんな事は気にしない。状態重視のTreeMateです
DSC09483_convert_20151209000213.jpg
キレイなメスだ。

で、オスは更に若い。
DSC09486_convert_20151209000226.jpg
童貞野郎はなんとか完全尾かな?
DSC09487_convert_20151209000251.jpg
若いと皮膚の透明感がキレイ。いいね、若いって。
ペア65000円

そして、いいね!結構久しぶりに見たぜ!
エロークホソユビヤモリ
DSC09496_convert_20151209000303.jpg
いやぁ!うちらしい入荷だろう?
サイッコーだぜ!キルトダクティルスで一番好きだぜ!
DSC09477_convert_20151209000057.jpg
はぁ・・美しい
くるくる尻尾巻きやがってよぉ、たまんねーな。
DSC09478_convert_20151209000127.jpg
ハイセンスなホソユビコレクション!どうですか?
ペア26000円

以上、イベント&入荷情報でした~
DSC09463_convert_20151208235941.jpg
またね~
明日だぜ!
こんばんは!TreeMateです

イベント告知するっつったけど時間がねー!
写真とか撮れてません!

それなりに特価品もあります!
是非来てね!
DSC08111_convert_20151025225450.jpg
ほぼヤモリばっかり!
DSC07874_convert_20151022222051.jpg
あと、細々とヤモリ以外のトカゲ・・・
DSC07251_convert_20151009190827.jpg
と、蟲。
DSC07231_convert_20151009190734.jpg
まーそんな変わったのはいねーけどネ!
いつも通り!
DSC07223_convert_20151009190654.jpg
でも、状態だけはバッチリです!たぶん(笑)
だってたぶんだろう?
生き物だもん、絶対に大丈夫なんて言える訳がねー。
たぶん、ほぼ、おそらく、健康できっと大丈夫な生体を見に来てね

DSC09336_convert_20151130215135.jpg

では、会場で~

プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR