*All archives* |  *Admin*

2015/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
レパシー
どうも!熱帯魚屋の奥さんが差し入れてくれる夜食で
生命を繋いでるTreeMateです。

今日はオムうどん?・・・か。
うどん焼きを卵で包んである。

オムレツにヤキソバ入ったらオムソバ。
オムレツにアンコいれたらオムアンコ?

オムアンコ早口で3回ぐらい言ってみてください。


最近、とんと本を読まない。
時間がない、というか起きる時間が遅いのかな、図書館も行ってない。

動物、爬虫類関係の書籍や学術的な文章も読んでない。
ので、最近分子系統解析やハイブリタゼーション等で分類が変わったなら知らないが、
とにかく、こういった位置づけが微妙な種類を入れてみた。
新入荷

コモチミミズトカゲ  9500円
014_convert_20150626213621.jpg
その名の通り胎生種。
私の知見の範囲ではこれはトカゲではない、有鱗目には違いないがミミズトカゲ亜目。

可愛いお顔 個人的にはペロッと舌を出す瞬間が萌える
018_convert_20150626213653.jpg
だから、トカゲ、ミミズトカゲ、ヘビ。
アンギストカゲやスキンクなどのアシナシのトカゲとは訳が違う。
019_convert_20150626213707.jpg
でも、トカゲ下目カナヘビ上科に近縁かも知れない、なんて噂も以前あって、
最近、何も読んでないのと、もともとコイツラにそこまで関心もなかったので、
どう決着が付いたのかは知らない。トカゲになったのかもね?
020_convert_20150626213721.jpg
何にせよ、そこそこ手頃な価格で出回るモロッコ産ミミズトカゲ。
しかもキレイでも可愛く、おとなしい。 まるでわたしみたい。
いかがですか?

ある研究者がミミズトカゲの仲間はペットショップ以外では見かける事がない、
と言っていた(笑) あは、この商業的捕獲もある意味、研究に貢献してるのさ。
そりゃ、そうだよなぁ?フィールドワークしても地底人のコイツラには出会えねぇ。

ドイツ産クレステッドゲッコウ  45000円
062_convert_20150626214319.jpg
新参のメス。 いいでしょう? ギラギラのオレンジフレアパターン。
手足までフレアが入る派手なハーレクィン。
060_convert_20150626214303.jpg
背中のモザイクとピンストが白に近い明るい発色で眩しい。
何度も見比べてのセレクト個体。
066_convert_20150626214334.jpg
餌食いも良く、動きも軽快な状態良好な亜成体。
美しい姿を楽しんで飼ってるうちにスグに繁殖サイズに達しますよ。
お客さん、いかがですか?

で、自分用の入荷なんですけど、流行りのレプシーグラブパイ
013_convert_20150626213607.jpg
使ってみたかった。

感想としては、結構イイですよ、コレ!
パンサーカメレオン、ジャクソン・キサントロプス、クレステッド、ガーゴイル、
チャホウア、カメレオンモドキ、ベルモリドラゴン、エリマキトカゲ、は食べた。

手から餌食うヤツラなら問題なく食いつく感がある。
でも、カメレオン関係には舌にひっつかないので食い付きはいいが与えにくい。
その辺は各人工夫してください、ってカンジかな。

ヤコプソン器官が発達したスキンクなどの種類なら美味かったら食い付きはいいだろう。
けど、カメレオンやエリマキなどのイグアナ、アガマ関係は視覚による餌認識が強い。
だから手から食う、馴れた個体というのが条件付けられる。

だがイグアナでもカメレオンモドキや男性諸君のような
濡れたモノが好きな種類には与えやすい。
昆虫を使い一回騙して食べさせたら美味かったのか
エリマキトカゲもすぐに餌として認識した。

ハッチ情報

ガーゴイルゲッコウ
009_convert_20150626213453.jpg
品薄だったガーゴもだんだんと補充できてきた。
今回のイイじゃない!
010_convert_20150626213507.jpg
モノトーンが好きだがソレだけじゃちょっとね、
やっぱ色味がはいるのも欲しいところ。
012_convert_20150626213546.jpg
最近のガーゴイルは体格がいいハッチが多い。
まだデータは取りは続くから洋書なんかと照らし合わせて孵化温度も様々。
だから性比とかって言うのもあるけど体格も温度帯によって違うんだろう。
それかただ単に親によっての卵の良し悪しなんかも知れないけどね。

このコはいい卵産む親
034_convert_20150626214049.jpg
デカイしね。 付き合いも長い。
来た時すでにかなりデカくてあれから9年。

まぁまぁいい卵だが産卵数が少なくなった親
029_convert_20150626213827.jpg
こいつも初期メンバーのひとり。同じく9年モノ。

乗り上手のオスちゃん。
041_convert_20150626214110.jpg
やっぱコイツが一番孕ますんだよなぁ、抑え切れない性欲。 えげつないぜ。

まだ若いが定期的に産むコたち。
026_convert_20150626213811.jpg
卵は可もなく不可もなく、たまにいい卵産む。
044_convert_20150626214202.jpg
なんかね、ガーゴイルは何頭いても満足しない。
常にもっともっと欲しい!
047_convert_20150626214218.jpg
ソコはグラブパイ食っとる画像にしとけや! ごもっとも(笑)
だって一応撮ったんだけど黒くて何食ってるかわかんないんだもん!

ついでにクレステッドゲッコウもお気に入りのコを。
088_convert_20150626214453.jpg
コイツは将来が楽しみな1頭。
093_convert_20150626214543.jpg
繁殖に使うもよし、売れたらそれもよし。
086_convert_20150626214422.jpg
クレステッドって相当変わってますよ、実際。
フリンジが背まで続くデコレーションされたルックス、
なんだこのヤモリ?って思ったもん、昔。
後肢のサルエルもちょーカッコイイ!
古いイシヤモリ亜科のなかでも更に原始的な雰囲気を持つ珍ヤモリ!
珍珍ヤモリ!ちんちん・・ いや、何でもない。

では、〆はうちのかわいいゴエモンちゃんとかわいい私の2ショットで。
054_convert_20150626214246.jpg
イヤがんなや!ゴエモン!
誰か眉毛生えてくる方法知りませんか?

では、また次回~












スポンサーサイト
ドライヴ
こんばんは

最近、体調がいい36歳変態TreeMateです。

とはいっても毎日、毎日、売れもしない気持ちの悪い生き物達の世話ばかりだと
さすがに老け込んでしまうのでたまにはドライヴデートでも

徳島県と言えば過疎地の分校、ってなイメージがあるかと思うんですが、
わたしらのヤサは市内なんで街ではないけれどそれなりに市街地。

けど、徳島南部地方とかはそのイメージがピタリとはまる文明から遠い遥かなる聖地。
「つうかもともと徳島に何のイメージもねぇよ!どこにあんだよ?九州?」ってのが正しい?
あの、四国です。

アカウミガメの産卵場所として有名な海岸
029_convert_20150622201911.jpg

梅雨の時期、緑は若葉でもなく濃くもなく1年でもっとも元気さを感じる色合い。
むせかえるような真夏とは違い、少し木陰を走ると空気は冷たく湿っている。
ミズオオバコが茂る水田では何種類かの魚も見られる。

026_convert_20150622201851.jpg

観光客は少なくお遍路さんの方が多く見られる。
知ってますか?同行二人。
真言にまつわるこの地方の風習を?

不動明王真言はみんな知ってるだろう、

なうまくさんまんだ ばざら だん せんだま
かろしゃだ そわたや うんたらた かんまん

032_convert_20150622202017.jpg
 
無上甚深微妙法 百千万劫難遭遇

我今見聞得受持  願解如来真実義

どうだ、静かな気持ちになるだろう?

翼竜が飛んでそうな断崖
034_convert_20150622202142.jpg

美しい自然と密教の歴史に触れる。 すばらしいコラボだ。
四国はお大師様がこしらえた霊場
我々は大自然と死を見つめて生きてるのさ。

035_convert_20150622202225.jpg

だが、はっきりいってわたしは田舎があまり好きではない(笑)
たまに行くから美しいが最近流行りの移住とかは気が知れん。

道の駅で足湯など
010_convert_20150622192558.jpg

今までそれなりに引っ越しとかしてきたけど、都会じゃないけど
何もないところには住んだ事がない。
歩いてコンビニ、スーパー、ファストフード、薬局がなければ。
景色は美しいがそんな感動はすぐに色褪せるだろう。

012_convert_20150622192628.jpg

でも、不便があってもそれを上回る魅力があるんだろうか。
ウミガメが産卵に来るのはステキだけどね。

011_convert_20150622192611.jpg

自然が豊富で昆虫や小動物も多く見られる。
生き物ってのは深い大自然の中では逆に見つけにくい。
ここ日和佐町のような古き良き日本の里山だからこそよく目に付く。

だが古き良き里山の魅力は自然景観や動植物だけではない。
魚介類など特産品?違うな~

見よ!古き良き文化の伝承を!

昔懐かしい改チャリだ~!!
025_convert_20150622201834.jpg
しかもかなり造り込んである。
自作のサイドカバーとホイールでモチーフがCBX400Fだとわかる。
018_convert_20150624002845.jpg
テールランプはモノホンのCBXテールを流用。
しかもスモークテールにしていて不良度合いをUP!
017_convert_20150622201800.jpg
自作の3段シート、テールカウル、タンデムバー、
懐かしいなぁ、あたしも中学ん頃、チャリに3段付けてたなぁ。
024_convert_20150622201816.jpg
カマキリハンに六角グリップ、ロングホースにジャンケンミラー、リザーバータンク
あたしなんかより断然レベル高いよね、こだわってんなぁ。

オーナーっぽい兄ちゃんを発見して勇気を出してコーラ手みやげに「撮影していいっすか?」
ふたつ返事で「いいよ、」 ついでにブログに載せてもいいとの事、ありがたい。
優しくて笑顔がステキな兄さんでした。 いやぁ、トッポイね!

これも地方名物のひとつです!継承していって欲しい文化ですね、
都会のゆとり世代、よっく見とけよ!これが徳島の若モンじゃい!

海水浴場はまだシーズンじゃないのでガラガラ

砂浜みたらラクガキするよね、ハイスクール落書き、なんて知らねぇか。
斉藤由貴ちゃんのファンだったの(笑)

カキカキ、コレも定番(笑)
049_convert_20150622202406.jpg
「やめとけや!オマエ中坊か!」
051_convert_20150622202421.jpg
「痛い!」 ろくでなしブルースの中島ふうにね。

よっしゃ!久しぶりに稽古じゃ!
前蹴り
066_convert_20150622202709.jpg
上足低を突き出し押し込むように蹴る。

横蹴り
半身から真っ直ぐに膝を上げそのまま横方向に蹴る。
067_convert_20150622202725.jpg
このとき、足は足刀にしておく。
068_convert_20150622202743.jpg

一本拳
075_convert_20150622202803.jpg
貫手
077_convert_20150622202821.jpg
二本貫手
078_convert_20150622202837.jpg
空手の美しさはその鍛錬された切っ先のような指先にある。
079_convert_20150622202851.jpg
ぎゃああ!あたしの眼がぁ~!!
081_convert_20150624010409.jpg
下から滑らすように突き上げて放つ二本貫手は危険な技である。
056_convert_20150622202603.jpg
このようにいつもわたしは指先の鍛錬を怠らない。(ウソです、運動しません)

ネコちゃん発見!
042_convert_20150622202255.jpg
どこいってもネコはいますね~、ネコはいいよなぁ
045_convert_20150622202320.jpg
ここにも大きいネコちゃんいたんでかるくハラスメント
047_convert_20150622202341.jpg
うおっ!でけぇ!そして固い・・そりゃあね。

はい、楽しいデートでした~! 結構リフレッシュした(笑)
041_convert_20150624012114.jpg

あ、ハッチか?

ビブロンゲッコウ
002_convert_20150622192504.jpg
とくに言う事はない・・まぁ、その、ビブロンゲッコウですよ。
003_convert_20150622192519.jpg
可愛いね。
売れずにずっと飼ってたらそりゃ卵も産む・・ってカンジ?
でも、こういった種類を利益に関係なく継続するってのも悪くない。
だって、このカルチャーは友愛と情熱だから(笑)

ラガッツィファンフィンガー
092_convert_20150622203021.jpg
これはただの野生種だがこういった樹上性でもない乾燥地の
岩が多い地域に棲む種類は飼育方もよく似ている。
096_convert_20150622203039.jpg
そこそこに日光浴をして薄い体型は調度品の裏側などに張り付くのに都合がいい。
そしてそこそこに冬がある地域で多少のウィンタークーリングが繁殖を促す。
102_convert_20150622203100.jpg
団扇という表現が正しいかどうかはさておき独特の指先をしている。
ラメラの吸着は強くワレユビヤモリ亜科の壁面への進化を物語る。

なんて、どんなに語っても売れないものは売れないんだよなぁ(笑)

では、また次回~





ああ、無情
こんばんは!!
034_convert_20150618225055.jpg
ローレル、ケンメリ、117クーペ、
ああいったボディラインに欲情するTreeMateです。
色っぽいんだよなぁ

かなり上の先輩とかには4枚ドアのケンメリが人気あったけどね、
車高落としたらキマるから。
でもわたしは中学ん頃から憧れのハードトップ派。

つってもあたしの年じゃ年代的に少数派であんま見かけなかったけどね。
年の近い先輩らは430、Y30、ちょい高めでシーマが多くてセルシオはお金持ち。
手頃なところで初めてのクルマは20ソアラかプレリュードか?なんて。
コレなんのブログ?
いやいや、とくに入荷が多いって店でもないので動物ネタにも限りがあるもんでして。
趣味のお話でもしてわたしの人となりから親しみを持っていただこう、という理由ですよ。

ほどよく太った美しいフォルムのエリマキトカゲ
038_convert_20150618225111.jpg
・・・・・このように、よく見せる画像ばかりになってしまう(笑)
でも、いいでしょ?うちのフリルちゃん。
ほんとに気に入ってるんですよね、毎日コイツラの世話するのが楽しみで。
餌関係とかもコイツラ中心に考えてしまう入れ込みようです。
この子達なしの生活なんて考えられないね、今となってはもう。
はい、15000円です。

鼻が擦れちまって売りにくいタマタブ(傷は完全に治癒してますよ)
011_convert_20150618224635.jpg
落ち着けないケージで飼ったらこうなる、っていう好例だな、ったく。
でも、そこはフンパツして新しくケージを用意するべきだったね、余計に高くつく。
売り物にならない以上は飼うしかないしクチがある以上は餌を食う。

でも、タダメシ食わすだけってのも芸がねぇ。
ちょーど今イイカンジの同じ南東部系のいいメスがいるのさ。

よぉ、たまってんべ? オンナ奢ってやんよ。
026_convert_20150618224225.jpg
お前のようにビジュアルがイケてないヤツはベビー売るときに
親の写真見せて売る訳にもいかねぇ。
子供はある程度成長するまで飼い込んでの個体勝負しかないってわけ。
わかってる?
025_convert_20150618224207.jpg
ふっ 聞いちゃいねぇ。
まあいい、ありがとよ。 ていよく交尾に応じてくれて。
パンサーだからメス見りゃアタマと腰振るんだけどね、下手なオスもなかにはいる。
売らなくていいヤツほど可愛いものよ、ずっと暮らせるんだから。


ヤモリネタ

美しいヤモリ下目はTreeMateの自慢。

よっしゃ、立ち上がってきたぜぇ、マソベササクレヤモリ
003_convert_20150618223848.jpg
駆虫、整腸、水分補給、サプリメント、なんとかちょっと太ってくれました。
004_convert_20150618223908.jpg
このコたちについては飼育ケージとか色々考えることが多いです。
今の植物を植え込んだビバリウムでも悪くはないんだがもうちょっとね。
簡易なつくりというか、メンテ等がしやすいケージで管理したいわけ。
006_convert_20150618223923.jpg
いいでしょう?かっこいいんですよ、大型のマソベは。
割と手狭なケースでうまく管理している例も見なくもないんですが、
実際、かなりアクティブに樹上で活動する彼等を見てるとやはり高さは確保してあげたい。
野生でどうやって生きてんのかなぁ、一度フィールドで見てみたいもんだぜ。

原産地も違うしすでにヤモリでもないんだがなんとなく似たイメージがあるキャットゲッコウ
セスジオマキトカゲモドキ
013_convert_20150618224654.jpg
とは言ってもコッチは多少の暑さや蒸れにはビクともしないけどね、丈夫い。
でも、陰鬱そうなツラした感じとか半樹上性傾向というか、雰囲気が似てる。
深い色した虹彩を持つデカ眼野朗は夜行性が強めで気難しい面がある。
レヴィスなんかもそうだよね、ラフスケールの方はもっと飼い易い。
014_convert_20150618224715.jpg
細長い手足をゆっくり動かして移動する。
マソベとかよりはるかに飼育環境に順応性があり慣れてくると日中でも捕食する。
よく似た点としてはどちらも産卵による消耗が激しくイメージより食欲旺盛で多く餌をとる。
代謝関係が把握しづらいのもこういった陰気なヤツラの特徴で飼育の難しさに繋がる。

マソベとか見てると、そうだな、現地の宝は現地だけのもの。・・・か?
そうかもな。 交尾、産卵まではなんとか、けど孵化率は良くないしメスも長生きしない。
でも今や愛好家が多くの子をとるパンサーも昔は人工環境では育成できないと言われた。
でもキャットなら養殖できるぜ、子供全部売っちまったんで証明はできんが可能な種類さ。

ハッチは、
ベーメオオヒルヤモリ
021_convert_20150618224132.jpg
ちびちゃんは孵化容器から飼育容器に移動するのに気を遣う。
022_convert_20150618224150.jpg
仮性●茎皮あまり  この表現も飽きたわね、もっといいフレーズはないかしら?

親は親で掃除んときにダッシュしやがって!
009_convert_20150607205403.jpg
っったくよぉ!マダガスカルのヤモリってヤツはめんどくせぇヤツばっかだぜ?
008_convert_20150607205254.jpg
無傷で捕らえたいんだな、コレが。 尻尾切れたら嫌なんだな。
012_convert_20150607205436.jpg
ナメやがって! 汗かいちまったじゃねーかよぉ?汗かくのキライなんだよ!

なんやねん!オマエ!? いつからそこにおんねん?
さては昨日の晩の餌やりの時やな?
013_convert_20150607210241.jpg
なんかえらいウチがずさんに管理してるみたいやないけ?
ご安心を。
無事確保して今日も個体数に異常はございません!

今日の小雨浴中の美しいヘンケリーヘラオヤモリF1
026_convert_20150618224928.jpg
いや~、たまんないね!このカラー!
028_convert_20150618224947.jpg
毒々しい
なんだかんだ手間はかかるがマダガスカルのヤモリは魅力的な種が多い。

得意のクレステッドゲッコウは新参のメスが産卵
きれいでしょ ひらひらと いいオンナでしょ?
021_convert_20150618224730.jpg
みかけよりつくすタイプね
024_convert_20150618224748.jpg
いい卵
025_convert_20150618224801.jpg
サングラスはずしたらふきだしちゃうほど
お相手
006_convert_20150618224533.jpg
縦長の眼をしてるアイツによわいの~ってか。 くだらん。

今年はもっとコロニーを増設してクレス養殖にちからをいれます!

回転寿司でいつもうどん食う
あのね、死国の人間ね、ほんとにしょっちゅう、うどん食います(笑)
035_convert_20150618224308.jpg
ふたりとも眼鏡っこですが髪の分け目が逆です。
042_convert_20150618224411.jpg
いや、とくに意味ないですよ、恒例だから食時風景(誰も望んでいない)

ではでは、また次回~
039_convert_20150618225128.jpg
にゃんっ







タイトルが思い浮かばねぇ。
爬虫類飼育というヤバイ趣味をご近所にバレないよう生活する愛好家の皆様、
ごきげんよう
皆様の心の友、TreeMate の配信です。

ここ数日はほどよく暖かく、夜間はそこそこに気温が下がり、悪くない。
死にかけだったメラーカメレオンが日に日に状態が良くなって一安心です。

掴む力も強く細く長いツメが肌に傷を付ける大陸最大種
002_convert_20150612215714.jpg
水はよく飲むが少しカラッとさせた環境が調子イイ。
001_convert_20150612215659.jpg
多くの湿潤系と思われがちなミツヅノ亜属全体にこの事が言える。
この国は高湿度だからね、無理に多湿を意識する必要はない。
つまり、乾燥域原産の種の飼育は日本では難しい、と言える。
よく逆の事が言われてたりするけどね。
009_convert_20150612215926.jpg
さて、ここから。
安心するのはまだ早い。
ある程度、調子を取り戻してくると今まで気にならなかった事まで気にするようになる。
最初は水が飲めるだけでいいんです、昆虫もふるまって頂けるのですか?ってヤツがよ、
047_convert_20150612220402.jpg
マズイんだよ!この虫!狭いし、誰コイツ?個室にしてくんない?
なんなら逃がしてくれない?
035_convert_20150612220340.jpg
ヤツラの増長はとどまるところを知らない。
欲求は立ち上げと比例して多く大きくなる。
048_convert_20150612233810.jpg
可能なら望みを叶えてやればいい。
でも多くの場合それは実現不可能な要求である。
だから押さえつけなければならない、こちらの都合と折り合いがつくように。
イヌやネコとは意味合いは違うが、やはり立場を解からせ飼い馴らす必要がある。
そしてそれにはイヌやネコ以上に辛抱強く接さなくてはならない。


繁殖ネタ


交尾

クレステッドゲッコウ
016_convert_20150612220044.jpg
ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、  って息づかいが聞こえてきそう。
実際にはグッ、グッ、グッ、グッ、って鳴いてるけどね。
018_convert_20150612220101.jpg
ハァッ、ハァ、・・・ウッ!
あ、イッた? はやいじゃない、・・・・アホらし。

バルバドスカメレオンモドキ
002_convert_20150607205204.jpg
前に見たような画像だがよく見てください、メスが違う。 わからんわ!
003_convert_20150612235859.jpg
わたし一重じゃないの、よく見て、奥二重なの。 みたいな事言われてもね。 
いつ撮っても得意の場所でおんなじ体位で似たような写真になるんですよ、
最近、年とってか夜になると割とクッキリ二重になります。 

産卵

ゴマバラトカゲモドキ
019_convert_20150612220120.jpg
なかなか産まないから心配しちゃったじゃない、ハニー?
滅茶苦茶に部屋ん中散らかして、泥棒でも入ったかよ? 産んだんだな。

当ててやろう、その不自然な盛り土。お山にしちゃって、バレバレなんだよ。
021_convert_20150612220140.jpg
残念でした~!水入れの下でした~! あはは、人間の顔!ダセー!
022_convert_20150612220156.jpg
・・・。 飼い主あいてにナメたフェイクかましやがって、罰として卵は没収だ!
ま、どうあっても卵は没収するんだが。

こんなに可愛いのにナゼか売れないルイーちゃん。
024_convert_20150612220247.jpg
構わないよ、コレクションだ。 またゴニウロ仕入れようっと。

あと、産卵はポルカス、バルバドス、ガーゴ、クレスなど・・

ハッチ

クレステッドゲッコウ
014_convert_20150607205509.jpg
紅いクレスベビー、レッドも少しずつ完成度が高くなる。

カメレオンモリドラゴン
011_convert_20150612215943.jpg
そろそろ、打ち止めか?全部孵化したかな。
写ってる卵はヤモリのもの。 温度帯で色々とね。
012_convert_20150612220000.jpg
今回は少し孵らない卵もあったけど孵化率は悪くなかったかな。
温度はいつも一緒で孵化率は卵の良し悪しに依る事が多いんじゃない?
いい卵はビバリウムに放っておいても孵化するってよ、ケッ!言うじゃない。

グランディスオオヒルヤモリ
052_convert_20150612220715.jpg
ふぅ、プラケいっぱい。
053_convert_20150612220733.jpg
グランディスとかは斑紋とかに個体差が見えるから少し面白い。
野生種を選ぶときも好きな柄、好きじゃない柄あるもんね、やっぱ。
あ、コイツなら欲しい、みたいな。

やや育った個体
043_convert_20150612220527.jpg
一緒に写ってるのはベーメオオヒルヤモリ

飼育はしやすく、やはり養殖個体だと野生で捕獲されたものより馴れる。
044_convert_20150612220550.jpg
美しく、飼いやすいが日々のメンテが大変。
大量に食い、大量にフンをする。掃除の度に逃がさないように気を遣う。
逃げてとっさに捕まえれば尾を切る、皮膚が剥がれる、隙間に入り込む、最悪。
プラケじゃなく前開きのケージでもちょっとはマシだが結局同じ。


繁殖ネタはこれぐらいで、これから養殖に挑戦したい種類の紹介。
例えば、
アオマルメヤモリ
036_convert_20150612220417.jpg
これほどに美しいヤモリは他に知らない。
040_convert_20150612220450.jpg
飼育は容易で頑強な種だが輸入されたばかりの個体はその限りではない。
ケアとかトリートメントとか立ち上げる間もなく死んでしまう事も多い。
その場合、他の中~大型ヤモリと違い手の施しようがないだろう。
だいたい大量に入荷される事が多いので購入の際は個体をよく見て選びたい。
見た目に健康そうな発色でよく太って動き廻る個体ならスグに立ち上がるだろう。

よく同時に輸入されるキガシラマルメヤモリと比べてパウダーフードにも餌付きがいい。
美しい体色を維持する為には紫外線の照射は不可欠。繁殖は簡単そうで結構難しい。

トウブクビワトカゲ
027_convert_20150607210654.jpg
インヴォイスだよ、亜種には詳しくない。
他にも大型の亜種を飼ってんだけど、アッチはたぶんメキシコ亜種?と思っている。

メス個体
057_convert_20150612220859.jpg
まだ若い。 冬を越しての繁殖を狙っているが売れたら当然売る!
パンサーメスと同居中。
ネットケージとかはクビワトカゲの飼育に向いている。
通気性があり柔らかいネットは金属の網とは違い、ダッシュするコイツラに優しい。
だが新しくネットケージを用意するほどではない。

他種との雑居をどう判断するか。
そりゃ、良い訳ない。ましてパンサーならメスでも単独飼育が望ましい。
だが、同種よりかはマシというのもあるし、個体の性格もある。
このパターンは長期は無理だが、原産地の違う種類同士でも習性や個体の性格、
環境の適応の幅を考慮に入れるなら長期的にも不可能ではない組み合わせもある。

ただ、寄生虫などの感染症や咬傷、同居人の捕食や卵の食害などの危険は伴う。
仲良く均衡を保って飼育できるなら、見た目も楽しい集合住宅的ビバリウムになる。
自己判断、自己責任でプリーズ。

こねこ

だいぶしっかりしてきた
033_convert_20150607210729.jpg
こねこってかんじにしあがってきたにゃあ

めし、めし、めし、めしくうにゃあ!
046_convert_20150612220932.jpg
あれ、いっちょ足りない・・

がじがじがじ
051_convert_20150612220629.jpg
ああ、ミサンガが・・

もうこねこハウスにかえろうか、ねむたいだろう?
032_convert_20150607210716.jpg
ひとの子供とおんなじでだいたいまだねむくにゃい、って言います。
020_convert_20150607205644.jpg
いいカラーだ。成長したらどんなねこになるんだろう。
わたしがそれを見ることはない。ワクチンまでの県のボランティアだからね。
でも、将来は優しい飼い主のとこに行って欲しいな、ベビーシッターとしては

では、また次回~


外は雨
おはこんばんちは

外は雨、ざーざー雨

薄暗くて、涼しくて、湿度があって、わたし好み

こんな日はお昼寝で過ごすしかないですよねぇ?
その理屈でいえば梅雨の間中寝て過ごすことになりますが。

ナニが好きって睡眠が一番好き
美味い料理もSEXもお昼寝の甘美な誘いの前には色褪せる。
わたしはねこになってヒマありゃ寝ていたい

そんな自堕落なことばかり言ってるとますますダメ人間になりそう。
たまにゃちょっと運動でもしないとね、
019_convert_20150607210423.jpg
仕事はせんのかい!?
ごもっとも。いやぁ、軽く汗かいてからの、仕事ですよ。
018_convert_20150607210405.jpg
いや、しかし、衰えを感じますね。
ちょっと振っただけで筋肉痛っていうね、背中痛い
雨天浴って聞いたことあると思うんですけど。
ある種のトカゲ類の飼育における日光浴の一環として行う。

わたしの場合、曇天浴、小雨浴なら夏季など気温が高い季節における
定期的な日光浴の代わりとして行う。 紫外線照射が目的なわけ。
たいていの飼育種は直射日光にはてきめんに弱い。

だが、完全な雨天浴となると日常的には行わない。
紫外線照射が目的ではないから。 そりゃ雨だから保湿が目的。
これは各人、飼育方も健康管理方も違うから当然一概には言えないが、
わたしの場合、得てして、体調が完全ではない個体に対し行う。
導入初期にあたる輸入個体、脱水症状の気がある個体、もろもろ疲れた個体。

かといってガチで弱った個体ならそのまま雨と涙に濡れる事になる。
ある程度、体力のあるほどほどに疲れた個体で立ち上げのもう一押し、ってカンジ?006_convert_20150607205958.jpg
(クビワトカゲには雨天浴は一般的ではない、同居のパンサーの関係でしゃあなし)

外気温、冷たい雨か暖かい雨か、実行する木陰や物陰、ケージレイアウト、
なにより個体のコンディション、餌いっぱい食った日は得策ではないだろう。

気温が許せば一晩中でも雨にさらしておいてもいいが翌朝は早起きして
陽が射すまえに回収しなければならない。
かつては有鱗目の鱗は浸透性がないと考えられていたが
現在ではある事がわかっている。
一晩中、木陰や葉からしたたる水を浴び、飲み、たまに風が吹き、
餌食って、糞もして、健康を取り戻しつつあるタンザニア便とかの
ツノ系カメレオンとかはひび割れた皮膚が潤って眼も輝く。

もちろん、パンサーやパーソンなどの飼育にもよく使われる手法。

その他、モリドラゴン類、クシトカゲ類、ウォータードラゴンなどの半樹上アガマ関係、
カメレオンモリドラゴン
1220_convert_20150208173956.jpg
ちょっと水切らしたらスグ脱水になりやがるコイツラには遠慮はいらない。

同じ理由でイグアナ関係にも雨はいい刺激になる。
ポルカスカメレオンモドキ
043_convert_20150609200900.jpg
この辺は単純で数時間~でも効果が見られる気がする。

はてはヘラオヤモリ類など。応用できる種は多い。
ヘンケリーヘラオヤモリ
013_convert_20150609200531.jpg
全長25cmを越える大型種だ。
014_convert_20150609200549.jpg
餌は食うけど、尻尾の縮れてるっぽいワイルドコート感漂う個体には雨浴は有効

ラコダク、旧ラコダク類に関しては曇天浴、小雨浴にとどめたほうがいいだろう、
チャホウアミカドヤモリ
028_convert_20150607205755.jpg
またちょっと違う。あんま雨浴って雰囲気ではないなぁ、してもいいだろうけど。
クレステッドゲッコウ
032_convert_20150609200812.jpg
旧ラコダクの画像はたんなる宣伝よ、お家芸。

ガーゴイルゲッコウ
コイツいいでしょう?
013_convert_20150602001835.jpg
ガーゴイルはさておき、
保湿はしたいが蒸れに弱いというすでに飼育するもんじゃねーんじゃねーか?的な
種類には戸外での雨天浴というのは効果を発揮する。 

共通するのはどれも湿潤な森林に棲み樹上を生活の場とし低温に強い。
保水もあるがカエルの繁殖みたいに気圧の変化や湿度を含んだ空気感など
全体的に影響を受けるんだろう、空が見えれば頭頂眼に訴えるものがある?

勝手にコオロギ食うんじゃねー!
029_convert_20150609200755.jpg

半透明の鱗の下には頭頂孔と呼ばれる孔が頭骨に開いている。
かつて生物は左右に一対、縦に上下一対の光受容体を持っていた。
左右のそれはまさに現在の眼に相当する。
上下のひとつは頭頂眼、もうひとつは松果体として内分泌器官となっている。
でも、眼としてものを見る機能はないがその内臓機能は眼球のそれである。
外に出すとすぐ脱皮するアイツラは何かしらのホルモン分泌を促されるのだろうか?
頭頂眼は一般的には体温調節機能だというが空からの情報も同時に得ているのかも、

しかも逆ギレすんじゃねー!
028_convert_20150609200740.jpg

雨天浴しながらこの大絶滅から生き残った鱗竜上目の秘密にロマンを馳せてみる。
神秘のポテンシャルに魅力を感じたなら毎日のめんどくせぇ世話にも身が入る?かも。
脊椎動物9億年の生物進化のまさにミッシング・リンク
自分がナニを飼ってるのかを考えたときにこそこの趣味は娯楽から高尚なものに変わる。
自分のなかだけでね(笑)

なんて屋外飼養を勧めているように思われるが、一番確かなのは別に外に出さなくても
日常は変わんないからね。でも、アクションを起こせば悪い結果になる場合もある。
自己責任でプリーズ

ハッチ情報

カメレオンモリドラゴン
003_convert_20150609232417.jpg
まぁ、そうだな・・・カメレオンモリドラゴンだよ。
004_convert_20150609192347.jpg
ちょっと育った幼体
023_convert_20150609200650.jpg
けっこう大食いなモリドラゴンの仔。
こどもから飼っていてもある程度成長すると攻撃的になる。
でも、丈夫さは野生種とは比較にならない!
ふっつーに飼育できる。 が、見事立派な成体にするのは骨が折れる。
同属のドリアエとかはコレとは違い餌やってれば性成熟まであまり苦労はしない。

ねこばっかりもアレなんで今日はわんこの画像
021_convert_20150602002013.jpg
仲いいんだぜ?なぁ、相棒
024_convert_20150602002108.jpg
「近い!」ってイヌとかネコとか言いやがりません?
クサイのか?わたしはクサイであるか?

では、また次回~








































 

















ラーメー
どうも~ おはこんばんちは

武芸十八般すべてに秀でるTreeMateです

うそですよ、
ネタです。真に受けて死合いなど申し込まないでくださいね。

とはいえ、格闘技好き。
若い頃ですが唐手をやってましてね、これでも。
当時「コータローまかり通る!」って漫画がありまして、憧れた訳です。
もう20年も前のハナシですよ、血迷って死合い申し込まないでくださいね。

少し曇ったので海岸で流木拾い。
貯め込んでたプラケ用止まり木にネコが小便しやがったもんでしてね。
ノリノリのTreeMate
002_convert_20150602001651.jpg
海の写真でユーレイ写ってても教えてくれなくていいからね。
基本、ふざけてますよ、いつだって。

全然、落ちてなかったんだけどね、キレイに掃除しやがって。
あと、基本あたしは肉体労働はしない。頑張って、サーティーン!
005_convert_20150602001729.jpg
砂浜見ると側転とかしたくなりません?

さて、2週間前に持ち帰った死にかけメラーがちったぁマシになりました。

メラーカメレオン
056_convert_20150602002601.jpg
鼻っ先なんかきれーに落ちちゃってるけど、命は取りとめた?たぶんね。
040_convert_20150602002353.jpg
この種のいいところは他個体に対しあまり排他的ではないところ。
あと、やっぱりオシャレなカメレオンだよね。
アース系のボーダーカラーにドットが入る。波打つような背のクレストがたまらない。
044_convert_20150602002435.jpg
そして複数飼育できるのが管理数が多い販売者向き(笑)
つうか、実はアフリカのカメレオンにはペア飼いできたりとか複数飼いできるのが多い。
でも見た目に誰かが辛い目にあってるようなら分けてあげましょう。
037_convert_20150602002328.jpg
サイズはヤングが中心で管理がしやすい。
けど、持ち上げると明らかに軽いのでまだまだ立ち上げは続く。

持ち帰って当初は目も開けない日々が続いたからイヤだった。
めんどくせぇなぁ~、なんて思ったけど生きてるから放っておけないよね。
メラーカメレオンは頑強だからけっこう雑な荒療治でも回復がはやいのよ。
そりゃ、手間隙かけれるならさらにいい。
立ち上げればとても立派で見栄えのするアフリカ大陸最大のカメレオン。
メラーの超大型個体はパーソンと比べても遜色ないほどの異様な迫力を持つ。
値段は全然違うけどね(笑)

さて、今夜はいつもはあまり紹介しないような種類でも載せてみます。

かなり調子良くなっていいカンジの、キャットゲッコウのヤングペア
セスジオマキトカゲモドキ
034_convert_20150603231334.jpg
はぁ~、完全に立ち上がった。 よかった、あきらめないで。
こーゆーのは着状態がすべて。
採集された野生種だから痩せてて自分で食わないときは要注意。
悠長にかまえてる時間はあまりないので日々のお世話に気を遣う。
041_convert_20150603231350.jpg
最初からバクバク食べるコなら心配いらないけどね。
与えすぎによる吐き戻しだけ気を付けてれば順調に太ってくる。
繁殖個体? フッ、見た事ないな、この私のところ以外では。
また殖やしますよ、売れなかったら。

全然太んねーなー、やなカンジー、なベーマソのクレササちゃん。
マソベササクレヤモリ
016_convert_20150603231255.jpg
まー、暗くなると動き廻ってるようだからさほど悪い状態ではない。
明るいうちから出てくるようなら要注意。 迎えが近いぜ?
015_convert_20150603231239.jpg
真っ暗んならないと出て来ないから自然な姿は意外と撮影しにくい。
でもね、キャットと同じで手間隙かけりゃ立ち上げるのよ、これがまたなかなかどうして。
神経使うけどね、ウワサと違って結構丈夫、なんて言いたいとこだがウワサ通り難しい。

先のメラーでもそうだけどさ、イグアナ下目の連中って結構どーにでもなる感があるのよ、
無理矢理にでも立ち上げられるっていうか、割とムチャがきくところがある。
けど、ヤモリ下目になれば対処はできるが半分以上は動物まかせなカンジでさ、ムズイ。
裏を返せば単純でさ、一回立ち上がればあまり見てなくても勝手に育つ面もあるけどさ。
まぁ、頑張りますよ。 ペット屋は死なせれば0円。 もう回収はできない。

で、マラガシーが続きますが、シコラエは抜群の仕上がりを見せる。
ヤマビタイヘラオヤモリ
059_convert_20150603231450.jpg
いいわね~、シコシコ シコラエ! シコシ・・ヤメよう、また怒られる。

コッチはメス個体だからシコらないんだけど、カラーはイケてるモッシークィーン
067_convert_20150603231526.jpg
ヘラオヤモリ選ぶときは尾を見るんだぜぇ、キレイに広がってるなら状態は悪くない。

これは古参のメス
086_convert_20150603231559.jpg
さすがにデカイ。 脱皮に失敗しかけたならヘラオヤモリ類は要注意。
なんらかの不調が原因でそうなるんだろうけどスグ対処すれば問題ない。

対処ってもサプリ関係は後の話でまずは浮いて固まりかけた脱皮殻を除去する。
手で補綴する事に非常に弱いので迅速に行うか休憩しながらにする事。
なんかね、調子良く餌食わせすぎても脱皮不全っぽくなる気がするんですよね、
だからやっぱり肥満ってのはよくないんでしょうね。

はい!ぜい肉つけない!がコンセプトのスリムなTreeMateです

オッケー、ハッチ情報!  

マラガシー繋がりでデイゲッコウ!
ベーメオオヒルヤモリ
077_convert_20150523234152.jpg
これも増えてくると何気に世話が大変でたまらん。
育成は難しくないが皆このヒルヤモリとかマルメヤモリの掃除ってどうしてんの?
デカイのはいいけどちびはどーしよーもなくない?イヤ、そりゃ掃除はするけどさ。

マラガシー関係ないぜ、
クレステッドゲッコウ
031_convert_20150603231313.jpg
気持ち悪いよぉ、もう! 生まれたてって可愛くないんだよね、たいてい。
まるで悪魔の子だぜ・・・

はい、食レポ! 

たまには駅前とかも出て行きますよ、

パテ
004_convert_20150523235006.jpg
アクアパッツァの目玉のオリーブが笑ってしまうがなんかムゴイ・・
008_convert_20150523235148.jpg
ちょっと肩だしで女っぽなTreeMate2号
006_convert_20150523235133.jpg
あ、今夜はこねこ情報がありません、申し訳ありません。
次回はかわいいこねこ画像いっぱい載せますんでご心配なく。

では、おやすみニャー














プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR