*All archives* |  *Admin*

2013/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
よいお年を
おはこんばんちは  TreeMateです 

いやぁ大晦日ですなぁ 皆様、いかがお過ごしですか?
私はといえばあいもかわらず勤勉に忙しくネコと遊んでおります。
大掃除は途中で挫折したし年賀状もなかなか書けないし夕方から
ダウンタウン観なきゃいけないしでヒマなはずなのになんか忙しい。

昨夜はTreeMateふたりで忘年会
金もいないのに忘年会 今年はそこそこ稼いだのにどこいったのかなぁ?
この町は寂れてやがんなぁ、年末に駅前でこんな人少ないのか?
昔は週末なんか肩がぶつかるぐらい人がいたもんだが。
ま、考えようによっちゃ混んでるよりかはマシかもね。

パテ料理なんて普段は食わないもんね
011_convert_20131231032058.jpg
うまいシャルドネだが肝とは合わないだろ?まさみちゃん。
012_convert_20131231032122.jpg
ダックのりんご使ってるヤツだったらまだ合うでしょう?さっぱりしてるから。
014_convert_20131231032202.jpg
町はさびれてるけどこの店はいっぱいだった。早い時間にしてよかった。
013_convert_20131231032143.jpg
いろいろと、来年の抱負というか今後の方針についてごたくを言い合いました。
今年はね~、けっこういい年でしたよおもしろかったいちご
例年よりイベントいっぱい出たし(通販ねーから)ちょっとはツラも売れたかな
ツラも生体も売れたかもしれないけど気に入らないところもけっこうあったりして
なんかさ、まるでペットショップみたいに入荷とか仕入れて売る割合が多くなったりしてさ、
ブリーダーだってのを忘れかけてたぜ。だからハッチ数も種を問わず全体的に予想より少なめ。
まぁ業界人っちゃあ業界人かも知れないがイキッていっぱしの業者ぶっちまった。
おかげでブレた。自業自得でね。
生涯趣味人でありたいね。養殖を成功させたい種類はもうすでにずっと前から決めている。
来年はもっとコアにシビアにストイックに飼育をみっちりと頑張りたいですね。

まず一番の目標はやっぱりヤモリ!
やっぱり好きだし、なんというかどことなく詩的だからね。

クレステッドゲッコウ
009_convert_20131231032009.jpg
クレスは養殖してるけど数もクオリティももっと上げれるはず。
008_convert_20131231031952.jpg
とにかく尻尾切れますよ、飼ってれば。ちくしょう。
007_convert_20131231031932.jpg
完ッ全にメスだと思い込んでたのがオスだとショックです。
だから間違ってたお客さん、絶対はないのでご勘弁ください。

ガーゴイルゲッコウ
012_convert_20131231033559.jpg
ガーゴは間違うかどうか・・おかげ様で残りませんので余計にわかりません。
014_convert_20131231033619.jpg
気持悪い顔でしょう?でもコレがいいんです。
015_convert_20131231033639.jpg
ツノミカドだって?ツノねぇ・・昔のホソユビミカドの方が特徴をあらわしてる。
016_convert_20131231033654.jpg
この虹彩、ちょっと前よく見たトッケイの色変みたいで好きだなぁ。

チャホウア
010_convert_20131231032033.jpg
なかなか繫殖がうまくいかないチャホウア。
来年の目標のひとつである。

ヘンケリーヘラオヤモリ
050_convert_20131227231632.jpg
シコラエヘラオヤモリ
019_convert_20131219215837.jpg
エベナウイ
027_convert_20131231180324.jpg
ファンタスティカス
030_convert_20131231180456.jpg
エダハだけは見て選び抜かねばならない。色模様ぜんっぜん違うからね。
032_convert_20131231180534.jpg
ヘラオ、マソベはずっと続けていくつもりです。
マソベ最近載せねーけどあの時全滅したわけじゃねーかんな!
生き残ったヤツラはペアで再度繫殖に臨もう。まだ卵だってあるしね。
次は死なせねー。

キャットゲッコウ
016_convert_20131231180222.jpg
マレーシア産のオマキトカゲモドキだがこれも選びがいがある色彩の豊富さ。

ワキヒダフトオヤモリ
023_convert_20131231180306.jpg
褒めようたってな・・手がデカイ。

他のプロジェクトもありますがヤモリにもっと力を入れていきたいと思ってます。
他のトカゲ類と違って無理矢理に治療して生かすのは難しい分野ですがある種の
単純さを持っていて生命力、繁殖力が強いともいえる。動物学的にも興味深い一群。
そんな今日、ガーゴがハッチしてました。
033_convert_20131231180554.jpg
珍しくもない画像だが大晦日って事で終わりよければすべて良し。
来年からの繫殖計画に幸先がいいじゃあございませんか


皆様、今年はありがとうございました!来年もよろしくお願いいたします!
そろそろダウンタウンに集中します!

よいお年を~
002_convert_20131227230036.jpg
来年も仲良しだにゃー
スポンサーサイト
メス
どうもこんばんはっ 更新かるくサボッてたTreeMateでっす

先日、母の仕事の関係で事務所を移転するってんで
おそらく処分されるだろう備品などを物色してきました!
ウェッジウッド、たち吉などの新品ブランド物はソッコーでゲット!
これでブログ書くときのコーヒーの味も違ってくるはず?

さて、

キャパシティ。
在庫ばっかりのTreeMateですが個人が所有できる動物の数は限りがある。
もちろん、経験を積めば飼育も上手くなるし設備に金を使えば時間も短縮できる。
しかし場所ばっかりはどうしようもないし治療なんかがはいってくるともうすべてが狂う。
「在庫かかえない」はこの商売の鉄則だってわかってるんだけどつい欲が出る。
ここ数年は自分のキャパを超えないように仕事をしてきたつもりでしたが最近ヤバイ。
ちょっと売れたからって調子にのったらこのザマよ、今年の反省点。改めよう。

けどかかえちまった在庫は売れるか死ぬかするまでは家族。
飼育は一生懸命やんなきゃね。楽しんで、敬意を払って。
さぁ!ヤドクが上陸したぜ!

ミニオイヤポッキ もう初令食ってるぜ!たぶん。
041_convert_20131227231426.jpg
かなり跳ね回るようになった。

この画像は数日前。上陸直後だがすっかりカエルみたいになっちゃってよ、
019_convert_20131227230456.jpg
サッカーボール。
043_convert_20131227231505.jpg
しばらくはかなり多湿で飼う。乾燥にはかなり弱い。
042_convert_20131227231446.jpg
もうちょっとだけ凝ったレイアウトにしてみたくはあるがまずはメンテ重視。
簡単に餌が見つけられる事が最優先。ほんのちょっとの隠れ家がわりの植物。
続々と上陸してくれ。毎日のオタマの世話から開放してくれ!

ちょっとカエル繋がりでカエル紹介。
ジュウジメドクアマガエル
046_convert_20131227231532.jpg
何頭か飼ってるんだがみんなデカくなってきた
047_convert_20131227231612.jpg
皮膚毒を出した時はドクダミみたいなツンとする匂いがする。
たぶんアレ毒の匂いだよな?違うのかな??
とにかくクソ丈夫で可愛らしいデカめのアマガエル。
オイヤポッキと同じフレンチギアナの密林に棲息する。(両種ともCB個体)

ソバージュネコメガエル
051_convert_20131227231656.jpg
これは、CBとWCと両方飼ってる。
052_convert_20131227231714.jpg
手にとるとオシッコとかするんだけど爬虫類みたいに尿酸を排出するから
服に付いたりしたら色が付く。すこし変わってるヤツラだが飼育は難しくはない。

カエルって常に飼ってる。
商売とか考える前からカエルがいない時期ってあまりない。
学校帰りでも見かけたら捕まえない訳にはいかないだろう。
いかないだろうって言われても困りますよね、すんません。


「カメレオンの事を考えない日はない。」
とーとつに何言ってんだ、このボケ、とツッコまれそうですが
常にカメレオンの事を考えてます。変態です。
キサントロプスの赤ちゃん
024_convert_20131227230628.jpg
赤ちゃん・・いや、やや育った赤ちゃん。
023_convert_20131227230610.jpg
成長してるけど安心サイズなんてしばらくはない。コイツラ気難しいんだもん。

母親ジャクソン  立ってます。
029_convert_20131227230825.jpg
ひとが近付くと何かくれると思って立ち上がる。
028_convert_20131227230806.jpg
ホッキョクグマかテメェは。それともレッサーパンダか?
産後も成長を続けまた交尾する。調子もすこぶるいい。


コッチはワーナーの赤ちゃん達
033_convert_20131227231119.jpg
よく食べ調子はいい。今んとこはね。
032_convert_20131227230958.jpg
デカくはなったが、まだ儚くもろい。
035_convert_20131227231214.jpg
ワーナーはでかくした事があるんだ。数頭だけどね。

ワーナー・ママ
036_convert_20131227231230.jpg
こちらも産後も成長してすこぶる調子がいい。
037_convert_20131227231302.jpg
ドテッ腹を見れば妊娠を疑う。
貯精って言葉をご存知だろうか。ワーナーは年1回だと聞くが。
エリオットなんかでは受精嚢を持つ事で知られているがワーナーはどうだろうな?
カメレオン科全般に言える事だがクラッチっていうシステムはけっこう多い。

で、カメレオンについて何を考えたかってその寿命について。
たとえば上の2種はChamaeleo(Trioceros)の胎生種。
寿命が長い事でも知られる。飼い難いけど。
だが、

放っといても丈夫に育つカーペットカメレオン
022_convert_20131227230530.jpg
まだ子供だからグリーンの基調色。 うわ、私ツメがガタガタ。
021_convert_20131227230515.jpg
Furcifer属のカメレオンは野生種は数種しか輸入されない。
私もよく見かける種しか飼育した(繫殖した)事はないが、
パンサー、ラテラリス、オウストレッティのメスってのはたぶん長持ちしない。
もちろん、手間ヒマ惜しまず丁寧に世話をすればパンサーでも4~5クラッチ、来期も
オレンジ一色になったなら交尾、産卵が可能だがどうしても消耗感が出る。ハッキリと。

クリスマス終わったけどクリスマスカラーのパンサーちゃん。
030_convert_20131227230858.jpg
産卵させたらそりゃ消耗するでしょっ。って?
いや、そういうんじゃなくてちょっと違う気がするんだ。
餌もらって栄養もらって生かされてるっていうかさ、なんか。
オスならばワイルドで来た成体でも飼育下で5~7年は飼える。
稀だが10年を超えた例もたまに聞く。しかもオスはちゃんと
飼えてる、生きてる、いや活きてるって感じを見て取れる。

ジャクソン・ジャクソン産後も普通
038_convert_20131227231319.jpg

メスはどうだろう?メスを3年、あしかけ4年ぐらいは生かせるかも。
でもその間でも無理矢理生かしてる感が否めない。あくまで私の場合。
それもパンサーの場合でラテラリスときたら、まぁ、キツくない?
パンサーもラテもいったん妊娠カラーになればもう元の体色に戻る事はない。
パンサーは再び婚姻色は呈するが処女カラーには戻らない。
戻る必要がないんだろうな。基本産卵したら生き残る気がないんだから。
だからブリーダーはオスはワイルドを使ってもメスはCBを残す必要がある。
(あくまで私の飼育がヘボいかもってだけで解剖学的な知見ではないです)

プフェッファーズ 産後もまぁ普通
040_convert_20131227231403.jpg
うわ、コイツ尻尾やべぇな。

Furcifer全種がそうかどうかは知らない。ペットで流通する種は限られてる。
だが別属ならどうだろう?Triocerosでもそうなのだろうか?って事。
どーもツノのメスは生きる気全開な気がしてならないんだけど勘違いか?
野生下でも寿命の長いコイツラはメスも長生きなんじゃねーのか?って思いつつも
師匠とかにこんな事で電話するのも気が引ける。ダレか教えてちょ。

たとえばKinyongiaならどうよ?フィッシャー
039_convert_20131227231344.jpg
今んとこ産後も普通

何て事を考えてんすけどあんまりデータがないんすよ、コレが。
でもこうやって考えながら飼育してると楽しいですよ。累代繫殖の可能性がある。
いつまで輸入されるかわかんないヤツラだからツノ系は養殖に成功したいところです。
これの完全な養殖が確立したらパンサー、エボシより人気者じゃない?(完全な好み)
だってガチでツノ生えてるトカゲなんて現生種じゃ他にいないんだからさ!いるのかな?
025_convert_20131227230649.jpg
デカくね?このメルモン

年の瀬に何ぶっこいてんだとお思いでしょうがたわ言を連発するクセがあります。
では、ラストはクリスマスのイルミネーションの画像でもどうぞ!
どうぞ、とばしてくださいませ。

徳島あすたむらんどのイルミネーション
003_convert_20131227230133.jpg
T-REXかっこいい。
005_convert_20131227230209.jpg
顔隠してダレかわかんねぇ
006_convert_20131227230227.jpg
ふーん。
009_convert_20131227230257.jpg
「首絞めるとチョー気持イイゼ!ウヒョー!」
011_convert_20131227230320.jpg
「じゅん、じゅわぁ~!」 テイク4。ひとが見てようとカンケーないぜ!

はい、ではまた次回~
また講釈たれてみました
どうも、おはこんばんちは 妖怪のTreeMateです

最近、妖怪通りこして化け物なんてよばれてますけどね。
さて、外は木枯らし内は亜熱帯は爬虫類飼育者の常でしょうか。
光熱費もたまりませんな。自慢の地下室もホントの洞窟ほどには温湿度は安定しません。
生き物の調子が狂うのは皆さんもそうでしょうけどエアコンを使うシーズンですよ、ホント。
エアコンも調度よくいかないんですよ、コレが。

そんなややこしい季節でもなんとか頑張って生きて繫殖してる我が家の外産種たち。

パンサー・マソアラ
021_convert_20131219215912.jpg
少ねぇな。けど、コレはいい卵ですよ。
飼育下あるあるで数は少ないがいい卵、みたいな。
でも、上手いひとは数も多くとるけどね。

マソアラの親父
012_convert_20131219215533.jpg
何年も頑張ってくれてるほんとかわいいヤツ。
「マソアラ」って呼ばれてるのはタマタブとかマロアンとか南東部の多雨林地帯
の赤系のタクソンのひとつ。・・って事だけど?

南東部の赤系特有のパンサーストライプが不明瞭な体色。
010_convert_20131219215458.jpg
「マソアラ」ってのはマスアーラ岬から取ったネーミングだろうか?
実際にその地域が原産かどうかは知る由もないが、またタマタブやその近隣
の地域の個体との地域変異個体群とするに充分な差別化要因もわからないが、
とにかく、ペット界ではこのタイプは「マソアラ」と呼ばれ流通したりする。

威嚇するとオレンジ感が増す。
007_convert_20131219215315.jpg
調子がいいと頭部からノド、前肢のあたりまで真っ白になる。

パンサーカメレオンは地域によっていくつかのタクソンに分かれる。
って事はほとんど疑いようがない。
だが先進国でペットとしての流通名は分類上の地域差変異というよりは
ハーペトロタクソン、と捉えたほうがいいでしょう。
つまりはホビーの世界でのみ通用する分け方って事。

パンサー・アンバンジャ
008_convert_20131219215333.jpg
皮下線虫がもう1枚下の皮の深いところにいたので横腹の傷が生々しい。

北西部のやや乾燥気味といわれる地域のパンサー。(行った事はない)
北部に向かうにつれ青系の色彩をした個体群が現れる。
同種でこれほどに外見的に変化がある種も珍しい。
非常に興味深くスター性もある。

だいぶマシになったが立ち上げにはほど遠い。
011_convert_20131219215515.jpg
まだアップには耐えられないかとも思ったが載せてみる。
(ちょっとズルイけどライト当ててやったわ)

この、アンバンジャ・モルフにもかなり個体差があって一見同産地とは思えない
程に色味の違うものもけっこういる。
この子は最近よく来るカンジのアンバンジャ。同じアンバンの名を冠した個体でも
もろに赤いバーが入ったり、ビビットなオレンジが散らばったり、と変異に富む。
もちろん、加齢とともに色彩は変化する、という事も無視できない。
よく言う「最終的にはどんな色になるか」ってやつね。

パンサー・ノシ・ベ
013_convert_20131219215607.jpg
黄色いんですよ、コイツ。

黄色が目立つし「ベ島」のなかでも少なくとも2モルフはあるといわれてますが
実際はもっと細密にタクソンが存在するのかも?

立ち上げ前の色ボケってのともまた違う。と、思う。
014_convert_20131219215628.jpg
あら、ハナ見切れちゃったわ。

それとも、タクソンなんて存在しないかも?
そもそもコイツが本当にノシ・ベで採集されたかどうかもわからない。
その便で同じく輸入された個体達を見て判断するか?どうだかな。

このままのカンジで美しく覚醒して欲しいなぁ。
015_convert_20131219215707.jpg
パンサーを選ぶとき立ち上げ前から将来を予測するのが醍醐味、じゃない?

我が尊敬するクレイジーゲノのお姉様にならって私も調査に行きたいなー。
あ、知り合いっぽく言いましたがとんでもない、大先輩だし、昔ちょろっと
2,3回飲みの席に同席させていただいただけで私の事は憶えてないかも?
今夏の埼玉で数年ぶりにひと言、ふた事言葉を交わしましたがそれも憶えてないかも。

これはアフリカに爬虫類の採集に行った事のある輸入屋さんから伺ったのですが、
同じく色彩の変異に富むホーネリーカメレオンでも色の違いはその土地の色だという。
バナナ農園に棲んでいるとか、違う作物のプランテーションか、原生林か、的な。
標高によっても土の色も違うしそこに生える植物の種類や葉の色も違う。

さらに同種のヤモリでも赤土の乾燥地に棲むものと、灰色の礫砂漠に棲むものとでは
明らかに体色が違うらしい。

生き物の体色の変化、変異で時折見られる繁殖期限定の婚姻色は別として基調色
はやはり保護色にウェイトを置く事がセオリーなのだろう。
パンサーがそうとは言ってないがその要因はたぶん多い。
南東部の森は赤いのかな(笑)あ~あっ!いっぺんマダガスカル行きてーなー!

ジャクソンは亜種で色は違うけど同亜種内であまり個体差はない。
006_convert_20131219215243.jpg

カエル情報
003_convert_20131219214846.jpg
もうかなりオイヤポッキ
001_convert_20131219215105.jpg
すでにサッカーボール感がかなり出てます。
002_convert_20131219215130.jpg
上がっちゃえよ、ホラ、上がっちゃえ!

と、まぁこんな感じに毎日成長が見れて楽しんでます。
我がラボは常にちっちゃい餌昆虫を必要としています。
ちっちゃいもの好きだからね
カエルもいっぱいやりたいんだけどねぇ、・・金がない。

久々にルーセッツ
016_convert_20131219215729.jpg
とくに何もありませんが産みそうなので予告がてら。

世界の哺乳類の4分の1はコウモリである。
極地を除く世界中に分布している。だって飛べるからね。
ガラパゴス諸島にも分布するし真獣類がいない(ディンゴは除く)オーストラリアにも
分布している。いまだに新種が発見されるし、鳥類以外で継続的飛行を実践する唯一の
脊椎動物である。
さらには昼行性の飛翔性昆虫食の鳥類に対して夜の昆虫食の生態系ニッチを占める。

アップ
017_convert_20131219215804.jpg
原猿みたいだろう?だが類縁性はない、収斂。

昔は種類も多く出回ってましたがいまではルーセットの数亜種を除いて流通は稀。
輸入禁止以前は食虫性の小翼手亜目も売りにだされていた。惜しいね。
再び輸入が許されるなら(まずありえない!が、)アラコウモリ科のコウモリを飼育してみたい。
食虫性の哺乳類ってのは栄養面や量の問題とかで飼育が難しいが、アラコウモリ科、たとえば
最大のオオアラコウモリなどは完全な肉食動物で昆虫も食べるが、ネズミなどを餌にしている。
たぶん、餌、栄養の面では飼育しやすいと思う。ペット用に輸入される可能性はないだろうね、
残念。

生まれたらまた報告しまーす!

ネコはコタツでまるくなる
022_convert_20131219215931.jpg
コタツ出したのよ

画像の生体は売ってますので気になればお問い合わせください!
両生類のカエル以外は通販規制のなかにありますが、
東京、大阪なら私の商品を取り扱ってくれる協力店もございます!

お問い合わせは

treemate@hotmail.co.jp
080-5669-3685(080-3163-1290)


では、今夜はこの辺で おやすみなさいませ
憧れたんだ、その姿に。
はいどうもTreeMateでっす 
ハナがとまりません。グスッ 
アレルギー性の鼻炎なんだが普段はなんともなくて
不規則な生活をしてるとよく鼻グスグスになります。

花粉もあるだろうけどハウスダスト、寒暖の差、イロイロ。
ちなみにスギ花粉はなんともない。
規則正しい生活をこころがけます。
知らねーよ!ってカンジでしょ?


はいはい、新入荷
新入荷ってもなぁ。キライじゃないけどいきなりきてもちょっと困るぜ。

コバルトツリーモニターブルーマジックアオホソオオトカゲ、まぁ好きに呼んで。
008_convert_20131215225611.jpg
とはいえ、ふぅ軽く脱水して肌も荒れてるな、さぁ、立ち上げだ。
まずは水分補給ですね。風呂もいいんだけどこの時期湯冷めさせるとマズイ。

我が家にはコバルトは秋に仕入れたのが1頭いてプラス3頭追加。
003_convert_20131215225328.jpg
このコは秋から飼ってるヤツ


「明日送るから」と無二の親友の問屋さん。
スグにケージはねぇんだよ!今日は図書館でも行こうと思ってたのに、
ケージ製作に予定が変更。まずは庭の木でも適当に切り出してきますか。
寒いからあんま外でたくないのよね・(自堕落)

けっこうデカイっしょ?だよね、チビサイズなら値段がもっと張る。
013_convert_20131215225806.jpg
あわよくばメスでも混じってんじゃねーか?なんて期待を
ちょっとだけしてたけど見事、当然のようにオスばっかり。

ちょっと痩せてはいるが、悪くはない個体だ。
コバルトツリーなら文句言いつつも入荷断れるハズがない。ファンだからね。

飼育に関してはエメラルドツリーモニターよりかは性格にかわいげがある。
アホのエメツリと違ってまだ馴れることもあるだろう。(エメツリも大好きです)
でも基本的にはドタバタ系だから観賞飼育で吻を傷めないように気をつける。
小さい頃から飼えばペット的に飼えるかもしれないが向いてはいないだろうね。
無論、親から飼っても餌を手から採るぐらいにはなりますよ。
つーか慣れやすい種類でもでっかいので来たら触るのはこわいけどね。

ともあれ、美しい。

「はいはい、かわいいねぇ~」
010_convert_20131215225708.jpg
鳥の雛みたいにクチはっちゃって。

「うおっ!ナイス背筋!危ねー!」
009_convert_20131215225636.jpg
自慢の花粉症のハナ持ってかれるとこだった!顔にハクつけないでよ!

つってもすでに指ヤラレましたけどね。ダッセー!
かすっただけでも長い歯でジャクッと切れる。風呂行くの嫌だなぁ、痛い。
このテのヤツラに咬まれたらすぐに洗って消毒しましょう!
いや、まず予防、
皮手を装着しましょう!とは言っても投薬や細かい部分の点検やケアはちょっと
厚手の手袋じゃあやりにくい。

しょうがない。飼育してたらある程度は咬まれたり引っ掻かれたりするかもね。
でも爪でも歯でもコイツラに傷をつけられたなら必ず殺菌用石鹸で洗って消毒して
ホータイや絆創膏とかで傷口を外に出さない事。
コイツラ見た目はキレーでもキタネーぜ?腫れたりする人も中にはいます。

まぁ・・ちょっと痩せてるけど、どうですか?
駆虫・整腸等の初期ケアは施して1頭 50000円
複数購入の方には割引致しますよ。
立ち上がったらもう50000円じゃねー。


ハッチ情報

パンサーマソアラ
002_convert_20131215225045.jpg
やっと生まれだしました!けどまだ1頭。
それっきり出てこない、なんて事もたまにある。

産卵情報

フィッシャー
005_convert_20131215225456.jpg
やっと産んだぁ?よかったー!遅いからちょっと心配しちゃったぜ。
006_convert_20131215225523.jpg
9卵。こんなもんといったらこんなもん。
多いときには16卵ぐらいは産むんだが、まぁ10個前後じゃない?
あ、もち腹。ブリードではありません。
007_convert_20131215225546.jpg
お疲れちゃん 調子どう?血色いいじゃん。
あっれ、お前ノド水溜まってる?しょっおがねぇなー、もう!痛ぇゾ?

はい、こんなカンジで新入荷情報でした~!
もしオオトカゲ気になったらお問い合わせください。

お問い合わせは

treemate@hotmail.co.jp
080-5669-3685(080-3163-1290)

では、おやすみなさーい
キャット!
どうもこんばんは TreeMateです 冬は星がキレイ

いつも自堕落なんだけど寒いとよけーに自堕落になります。
ガキの頃はなんてことなかったのにね、体が動かない。情けない。

また滝を見にドライヴ言ってきました
001_convert_20131208190420.jpg
上勝正木ダム   どこのダムでもダムってのは寂しい

先日、車で買い物でてたら原チャ2ケツのガキ共が制服にニットだけで
かっ飛んでったけど、マジか?橋の上だぞ?軍手だけが防寒具かよ?
若いって・・すげーと思うけど風邪ひいちゃうぜ?

灌頂の滝
003_convert_20131208190533.jpg
落差80m 見上げてると首が疲れる

でも若さっつーか個人差かも。よく考えたら私の場合はガキん頃でも冬の単車は
下にレギンス履いてジャージ履いてその上にジーパン履いて靴下2重で、みたいな。
今よりマシでもやっぱ昔っから寒がりだったかな。

水量は少なく見えるが雨のように辺り一面を濡らす
006_convert_20131208190559.jpg
風向きによっては水滴は空中で美しい模様を描く

この寒いのにどいつもこいつも忙しそうにしやがって、
きーくん、まーくん、忙しそうだね。私は仕事がないわ。

これまた風向きと陽光によってはかなりちゃんとした虹も出現する
008_convert_20131208191402.jpg

でも明日はそのきーくんから荷物が届く。うふ、楽しみ。
まーくんにも発送。ご多忙な中、仕事を手伝ってくれてありがとう。
ふたりともいつかはご恩をお返しします。(いつかね、)

でも上まで上るのはけっこう疲れる
010_convert_20131208191508.jpg
途中で一休み

キャットゲッコウが産卵しました マレーキャット。
005_convert_20131213231746.jpg
1年以上かけてなんとか繫殖した訳ですが、オメー大丈夫か?
死にかけじゃねーか!しっかりしろ!普通は埋めるんだぜ?オイ。

「もうアカン・・」 大丈夫だって!ダレに飼われてると思ってんだ!
006_convert_20131213231811.jpg
「疲れた・・」 何とかするって。「マジで?」 いや、わかんないけど。

「せめて卵だけは・・どうか・・」 お、いい卵じゃねーか!ヨシヨシ、お疲れさん。
007_convert_20131213231843.jpg
さぁ、はやいとこ孵卵器に移そう! 「あの、あっしを助けるってハナシは・・」
まだ死なせはしねーよ、クラッチってのがあんだろーが?「コイツ、金だけか?」
ふん、金になる訳ねーだろ、たとえCBでもオメーらキャットがよ。どこでそんなクチ覚えた?

ボルネオのセスジオマキトカゲモドキ?だっけ?
ホワイトラインのグリーン・アイ。 ホワイトライン薄いな。
009_convert_20131213231906.jpg
みょーな形した腹見れば想像がつく。 
011_convert_20131213232000.jpg
抱卵。来た時はまだ小さかったがそんな年になったか。
こいつらはまだ人気種。つっても世間的には不人気種か?

また別の滝 この辺にはいたるところにプチ滝がある
015_convert_20131208191653.jpg
たとえ水面に霊が見えても教えないで 怖いから


オイヤポッキの手が生えました。

004_convert_20131213231731.jpg
うまく写真撮れないんすよ、コレが。もっとキレイなんだけど。
オイヤポッキいっぱいになったら楽しいだろーな。
ヤドクって強くて丈夫なんだけどたまに訳わかんないのに死ぬよな、どして?
003_convert_20131213231707.jpg
訳わかんないってのも人間側からの意見だけどね、でも訳わかんねーもん。

美しい
013_convert_20131208191556.jpg
もう紅葉は散ってるが全開ん時来てたらキレイだったろうな
014_convert_20131208191635.jpg
もともと清流なんだろうけど冬はさらに澄んで見えるな

また脱皮した!キサン!デカくなれ!
042_convert_20131213232249.jpg
かなりしっかりしてきたジャクソン・ジャクソン
044_convert_20131213232332.jpg
今回はうまく育ってるがはたして大きくできるのか?ツノ系!
私はカメレオンったらツノだと思ってます!しばらく距離を置いてたが
やっぱりツノが好き!アフリカのが好き!
コレできた日にはコレばっかやるからね、私は! カメレオンではね。

最近気に入ってかわいくってしょーがないプフェッファーズ。
013_convert_20131213232144.jpg
メスはヤマのメスだかなんだかわかんない見た目だがオスはステキ!
034_convert_20131213232232.jpg
この前Kinyongiaっぽいっって言ったけどどっちかってーとBradypodionっぽいね。
もちろん、実際はChamaeleo(Torioceros)pfefferi かわいいですよ、買いませんか(笑)

はい、こんなところで今夜はおひらき!
明日はナイスな新入荷があるのでまた紹介しまーす まめ
おやすみなさーい


グラシリオール・・だ・と?
んちゃ TreeMateだっちゃ
アラレちゃん?ラムちゃん?みたいな始まりですが
今日もゴキゲンに過ごしております、妖怪の上原です。
そんっなに妖怪に精通してる訳じゃないんですがなぜか
妖怪呼ばわりされる今日この頃です。(見た目かしら?)

さて、新入荷
つっても来たのはちょっと前ですが。
アクアリウムバスの帰りに輸入屋さん寄って持って帰ってきました!

ヨツヅノカメレオン

みなさんも最近チラホラお見かけするでしょうカメルーンです。
021_convert_20131208185353.jpg
あっれ?グラシリオか??
009_convert_20131208185143.jpg
微妙だぜ・ムツヅノっつうけど・・わかりづらい場合もあんだろーがよ?
バスの帰りの夜遅く眠たい中パパッと選んだからね、よく見なかった。

メスはカメルーン産のメスだ。グラシリでは、ない。
033_convert_20131208192303.jpg
キレイなメスだったからスグ選んだんだけど、カメルーン産だ。
034_convert_20131208192329.jpg
今回は来てなかった赤道ギニヤ産のほっぺたから首筋までオレンジの個体群
通称オレンジチークなんてしゃれた呼び方されるヤツラはオス、メス共に
ちょっと雰囲気ちがうなって思う外見だが、ヨツ、ムツわかりづらくない?

警戒色はヨツでもグラシリでもこんなカンジの色合いになる。
079_convert_20131208184746.jpg
グラシリオールは標高1800m付近に棲息するとの事だが
くれぐれも「亜種とされることもある」って位置づけだからね。
もっといっぱい買ってくるんだったぜ、まだ問屋にいるかな?

ともあれ、初期ケアとしては水分補給、一回駆虫、整腸ってところ。
けっして焦らずに、ゆっくり、ゆっくり立ち上げていくところに悦をおぼえる。
水はあくまで自然に飲ます事を基本とし、ちょっとレフ球を点けてはすぐ消す。
まじもんの日光浴はちょっと控えよう。まずは水→餌→フンのサイクルが先決。

ヨツは強ぇぜ?Triocerosと呼ばれるなかでは格段に飼い易い。
そして私はこの種類が大好きではっきり言って一番好きな種類。(2番目はフィッシャー)
だったら全部買ってくりゃよかったんだけどだって、先立つもんが・・
東京旅行で靴だ、カバンだ、って金消えちゃって「おあし」とはよく言ったもの。

それでもちょっとは仕入れねば、とこんなものも。
OH! プフェッファーズだ。
075_convert_20131208184501.jpg
チョーかわいいよね。TriocerosだがKinyongiaのようなルックス。
フィッシャー好きの私には琴線に触れた。
チョーかわいいカメレオンは・・チョーかわいいよね!!
074_convert_20131208184606.jpg
この種はあまりよく知らない・・が、
ちょっと涼しい方がいいんじゃない?ってな印象を受ける。
衣装ケースで管理してもいいし、目の細かいネットケージでも可だろう。
丈夫とのウワサは聞いてるが思ったより涼しいんだな、管理してて思う。

スペックはヨツと同じで水分補給、駆虫1回、整腸。

メスちゃん。小さいね、コイツしかメスいなかった。その汚れ?潜ったな?
014_convert_20131208185251.jpg
って事は・・ あー、やっぱりな、
015_convert_20131208185311.jpg
しょーっがねぇなー、オマエ何℃で孵化するんだ?3ヶ月か?もっとか?
ミツヅノカメレオン亜属の卵生種はたいてい孵化にようする日数が短い。
013_convert_20131208185235.jpg
ま、オマエだけは少し陽光でも浴びなよ、疲れたろう?

さぁ!産卵したヘロヘロメスちゃんは別にして(ちゃんと立ち上げますよ)
気になる個体がいたらお問い合わせくださーい!

ヨツヅノカメレオン 37000円
プフェッファーズ  25000円


在庫カメレオン
ジャクソンカメレオン・メルモンタヌス亜種
完全ではないが悪くない仕上がりだぜ。
018_convert_20131208191732.jpg
一回、死にかけて苦労したぜ、この子は。
普段もちっとキレイなんすけどね、撮影となると嫌がり色が全開。
尻尾が短く、ツノが長い。おもしろいバランスのメルモン、いかが?
17000円でっす。

キサントロプス亜種
019_convert_20131208191749.jpg
ワイルドの小さいのから育てたかわいい子。
020_convert_20131208191807.jpg
プリプリで可愛いです。ツノが伸びてきたけど形は良くはないかな?
メスもいまーす。35000円

フィッシャー・マルチツベルキュラータム亜種
023_convert_20131208191902.jpg
ごく普通のマルチ。けど仕上がりは悪くない。健康でやはりよく動く。
クチん中とか爪、指先とか細かい部分に気を付ければ長期飼育を楽しめます。
ただ、よく動くので見ててせわしない。12000円
024_convert_20131208191923.jpg

メスもいるけど出回る数が少ないメスは価格は高くしちゃいます。

カーペットカメレオンベビー
026_convert_20131208192101.jpg
いつもより成長遅いけど地味に育ってくれてます。
027_convert_20131208192126.jpg
コレも触ると色が悪くなる。ビビリめ。
025_convert_20131208191948.jpg
しかも走るのはやいしキレイだが性格にかわいげはない。
028_convert_20131208192146.jpg
価格は14000円

あと、メスしかいませんが欲しい方がいれば。
ジャクソン・ジャクソン

目立たないけど地味に3本ツノのメス。
037_convert_20131208192358.jpg
こちらは1本ツノタイプ。
038_convert_20131208235329.jpg
オスをお持ちの方、いかがですか?
持ち腹ベビー育成に挑戦したい方には微妙です。
ウチで産んだけど運がよければもう一回クラッチ続くかも?
あ、産んだといっても売る以上は産後のケアはしっかりやってます。
そりゃ、金より看板の方を大事に思ってますんで立ち上がってます。
Furciferのメスと違ってこの子らは寿命が長いはず。たぶん自然下でも。

ベビー状況
大きくなってきたジャクソン・ジャクソンの赤ちゃん。
002_convert_20131208184824.jpg
いっちょまえに脱皮してます。

キサントロプスもあいも変わらず成長してます。
004_convert_20131208184917.jpg
日々かわいいんですよ、これがまた。でもこっからが正念場。

ハッチ情報
ワーナー
067_convert_20131208185709.jpg
赤ちゃん生まれたけどコレは持ち腹。
070_convert_20131208185741.jpg
東京から戻ったら生まれてた。
人がいないってのはリラックスさせるんだ。リスクも多いけどね。
072_convert_20131208185801.jpg
ふ、かわいい。
006_convert_20131208184944.jpg
ゾウのように割れた皮膚がワーナーってカンジだべ?
あのねぇ・・育たなくはないんですけど簡単じゃないよね。
でも、今なら、今回ならできるかも?少しだけわかりかけてきたような?
なんて言ってて失敗するんでしょ、エラソーに言ってたら恥かくね(笑)
007_convert_20131208185002.jpg
ワーナー母さん。

ガーゴイルゲッコウ
016_convert_20131208185333.jpg
よいしょぉっ!ガーゴ生まれた~!コレが一番うれしいっ!ガーゴLOVE
017_convert_20131208185411.jpg
と、思いきやいや1頭ハッチ失敗。
孵卵の床材噛んじまったか、その時脱皮も並行してヨークサックの
取り込みも不完全なまま、ってか?もちっと早く気付けば事態は違ったかも?
ガーゴのハッチミスは稀だな。

シコラエヘラオヤモリ
039_convert_20131208192457.jpg
シコラエは久々です。うまくハッチすればヘンケリーより育成は容易。
040_convert_20131208192520.jpg
しっかりしたベビーです。たぶん大丈夫でしょう。

産卵情報
ヘンケリーヘラオヤモリ
011_convert_20131208185207.jpg
ホラ、ね、また産みだすんだ。餌いっぱい食ってたっぷり休み、蓄えたらね。
季節だって?フム、確かにマダガスルは南半球ってのもあるが飼育下だからね、
なんともいえない。ある程度は季節性はあるだろうが温帯種ほどシビアではない。
だって夏前に輸入されても産卵するしね。でも少し休む必要はあって再び始まる。
001_convert_20131113171509.jpg
オス。いい柄だ。

と、こんなところで今夜はおひらき。
気になる生体いたらお気軽にお問い合わせくださーい たこやき
通販規制のなかですが、私の生体を取り扱ってくれる協力店を介してなら受け取れます。
もちろん、お金払う前に「予め現物確認と対面説明」を受けてくだされば。違法ではないです。
とりあえず今んとこは東京はなんとか協力してくれそうです。
大阪~関西も大丈夫だと思われますが。たぶんね。

お問い合わせは
treemate@hotmail.co.jp
080-5669-3685(080-3163-1290)

なんか今回カメレオンばっかり。
それではおやすみなさーい
上野動物園の珍獣達
はーい 今日は動物園レポートでーす ニャオ

パンダで有名な上野動物園  初入場、初体験でーすキャッ

さて、とはいってもホテルに荷物預けたのが2時半ぐらいなんで5時の閉館まで時間がないっ
これというのも東名で事故渋滞に巻き込まれましてね、これだから高速は危ない。
やっぱ新幹線に限りますね、寝てたら着くしね。まぁとにかく最寄り駅までダッシュ!

なんとか着いたぜ、上野動物園 
005_convert_20131205175108.jpg
もう3時だってのに来園者は後を絶たない。

TreeMateは動物園で1日余裕でつぶせるが今日は厳選してピックアップしなければ!
あと2時間で見て廻らなければならない!

一番見たいのは順調に繫殖に成功しているアイアイだがまだ遠い。
つうか私は上野ZOOったらアイアイだと思ってる!パンダじゃなく。

子供の頃から知ってる動物でも実際に見た事ないやつもけっこういる。
今回は哺乳類で真獣下網に含まれる19目(鰭脚目を食肉目にするなら18目)
に焦点を絞ってとくに琴線に触れた種類を2時間内に見て撮影する。

食肉目

イヌ科
ドール
1属1種
インドの赤いオオカミだ。
006_convert_20131205175608.jpg
一度見てみたかった。体長90cm程で尾が黒い。
アムールドールなど10亜種が認められているが、この個体がどの亜種かは不明。
007_convert_20131205175637.jpg
子供を集団で育てるようなリカオン的な生活様式で繫殖にあたるメスは1頭だけ。
他の多くのイヌ科動物と違い左右の大臼歯の数が一対少ない。
短い鼻づらもリカオンみたい。
こんな事言ったらナンだけど、もっとカッコイイと思ってたなー。
なんか、ウチのイヌみたい。

同じくイヌ科で一番憧れたこのキツネ、
タテガミオオカミ
1属1種
024_convert_20131205180152.jpg
ちょっと、興奮しちゃうよね、生で見れるなんてさ、ははっ、なんだこりゃ?
体長105cm、肩高87センチのバケモノ。ああ、そして・・・なんて美しい
026_convert_20131205180233.jpg
イヌ科らしくないイヌ科ってほんとにカッコイイよ。
11の時からそう、憧れで見てみたかった。
この長い足は長年、速く走るためのものと思われてきたがそうではない。
彼等はオオカミのように獲物を走って追ったりはしないだろう。
第一、走るのは遅い。オオカミじゃあないからね、
アカギツネみたいにジャンプして小動物を捕らえるし単独で狩りをする。
025_convert_20131205180215.jpg
長い足はおそらくは丈の長い草地に対応したもので
独自の進化を辿る南アメリカ大陸での変わった選択。
だって普通は草の中を分け進む進化をするだろう?
進化の試作品、失敗例ほど美しく魅力的なものはない

ジャコウネコ科
フォッサ亜科
フォッサ
出た~!言わずと知れたマダガスカル最大最凶の肉食獣!
018_convert_20131205175852.jpg
なぁ?クーガーみたいだろう?ジャコウネコったらイタチみたいな小さな身体をした
シママングースやスリカータなんかを思い浮かべがちだが、こいつらまじネコみたい!
017_convert_20131205175824.jpg
ネコ科でもクーガーというよりはジャガランディに近い容姿かな、夜行性で樹上性。
だが両眼が正面を向き短いアゴと丸い耳といった特徴はネコ科に近縁という訳ではない。
収斂。というやつだ。生物の進化は収斂の進化。
収斂こそが分岐分類、進化分類の謎のすべて。
体長70cmで20kgに達する。
体重だけみるとジャコウネコ科全体でも最大で上あごの大臼歯が退化している。
歯式は3.1.3.1=32

管歯目
ツチブタ科
ツチブタ
023_convert_20131205180116.jpg
いかに大自然の野生動物の宝庫アフリカといえど
これほど不可解で不思議な動物が他にいようか?
有蹄類で現世の哺乳類では管歯目のたったひとつの生き残り!
切歯や犬歯はなく、臼歯は無根歯で伸び続ける。
上下ともに片方には2本づつ小臼歯、3本づつ大臼歯がある。
臼歯は他の哺乳類と違って象牙質がエナメル質ではなくセメント質
で囲まれているのも特徴だ。
胃の幽門部は筋肉質の砂嚢と化し食物をすり潰す。
ゆえにツチブタは食物を噛む必要がない。

アリとシロアリを食べるこの動物の事はまだあまり知られていない。
これもガキの頃から1度見てみたかった動物だ。

そ・し・て・いよいよアイアイですが・・・
昼間でも薄暗いアイアイの森の中に展示されていて
フラッシュでの撮影はご法度だろう。
別に撮影禁止の表示をいちいち見た訳ではないがアイアイ
にとっていい訳ないので撮影は回避した。
画像はなしで替わりにエリマキキツネザルを撮影。
020_convert_20131205175919.jpg
上野動物園のアイアイはマダガスカル北西部の乾燥森林地帯のマナサムディ山地
出身でタクソンがあるのかどうかは知らないがおそらくはチンバザザ動植物園から
贈られた個体の子孫だろう。
それとも2000年以降、他産地からもアイアイが来たのだろうか?
022_convert_20131205180048.jpg
アイアイと同時にハイイロジェントルキツネザルも上野動物園に贈られた。
アイアイはマダガスカルの原猿。
原猿類とは霊長類15科(絶滅種を含む)
77属283種のうちの2つの亜目、真猿類と原猿類。
うち、原猿類とはミゾコウモリのように溝状の鼻の穴、
鼻鏡に分泌線があっていイヌのように鼻が濡れている、
鼻の中央の溝、人中の割れ目が上唇まで続いてネコやミッフィーの
ような口元をしている、
あと、切歯と犬歯が並列して歯櫛と呼ばれる特殊な歯並びをしている、
後肢の第2指だけ鉤爪であとは霊長類の特徴である平爪をしている。

その原猿類のなかでマダガスカルの7つの科、すなわち、
コビトキツネザル科
キツネザル科、
インドリ科、
メガラダピス科、
ナマケモノレムール科(絶滅種)
ヒヒレムール科(絶滅種)
そして、アイアイ科である。

アイアイはこのなかでも規格外でまず犬歯がない。
齧歯類のような切歯が目立つ。見た目はサルにはまず見えない。
歯式は上顎が
切歯が1、犬歯がないので0、小臼歯が1、大臼歯が3、
下顎が1.0.0.3で小臼歯も欠く。
キツネザル一般では上下とも2.1.3.3でヒトなら2.1.2.3である。
齧歯類では1.0.1.3か1.0.0.3ってとこじゃない?アイアイとほぼ同じ。
リスなのか?リスの切歯はみんな知ってる通り一生伸び続ける特徴がある。
な・ん・と・アイアイもだ!齧歯類なのか?え?オーウェンさんよ!

だがね、上原君、アイアイはリス類のようにものを噛むための副咬筋という
のを持っていないし、アイアイの咬筋は霊長類のそれであるし、リスの舌は
縦に長いがサルは横に広い。あと、リスと違い睾丸も収納できず外に出たままなのだよ。
毛の生えていない耳も霊長類の特徴のひとつだ。

さすがよ、オーウェン。150年まえの学者とはいえ、着眼点は鋭どすぎる。
さらに、アイアイの足の親指は他の指と向かい合う対向性でその親指は
サルの特徴である平爪である。細長い中指は特徴的だが原猿類では中指は
長くなる傾向にあり、アイアイの指の変異も普通といえば普通である。

ちなみにアイアイの指のなかで細くて変なのは中指だけれど一番長いのは
薬指だけどね・・・

しかし、こういった定義付けも例外は幾らでもあるので何を持ってリスかサル
かを分けるかといったらひどく曖昧で総合的に判断しての結果で論じるしかない。
分類学、いや動物学はいつだって例外だらけで曖昧なものだし、だからおもしろい。
生命の神秘は数学の公式みたいに「こうだから、こう!」って訳にゃいかない。
意思を持ってるからさ、いや、意志か。

私はペット屋。そう奴隷商人。でも爬虫類やこのテの生き物を飼育する動機としては
もちろん、各人個々の理由はあるとしても動物学を志した者の知的好奇心と知的興奮
から来るところが大きいのではないだろうか?あるいはそれだけしかないだろう。

動物学を志すといっても東大出て論文発表とか博士課程がどうとかって話しじゃないぜ?
某国営放送での自然動物番組を観て感銘を受けたり、野山で昆虫採集して図書館で図鑑見て
種類を特定したり生活史を調べるってだけでも十分に学術的行動で学問に関与している。

もちろん、種類によってはコンパニオン・アニマルのように飼育できなくもないがやはり
そこには進化と収斂に関する考えが含まれていないと興味も色褪せるだろう、と考える。
分類を知っているからこそ、通常を知っているからこそ、その種の特異性、異常性がわかる。
(つってもそんなに詳しい訳じゃない、障りだけ。だからあんまりツッコんだ質問しないで。)
だからこそトリハダもんの感動を覚える事もある。ソイツが何者かを知る旅が私にとっての
動物飼育の動機であり商売も含めすべてである。だからペット買ってください(笑)


つうかダレかコレ読むのか?画像がなきゃもたせらんねぇ。
いや、画像があってももたないだろう。

と・に・か・く!アイアイはマジ感動って事っす!
いっぱいいて、すっごい近くで見れて、コアラみたいに
動かないかと思いきや、かなりアグレッシヴに動き回る!
サーカスみたいに軽業披露してくれてチョー最高っした!

ちょっと上野で残念だったのが翼手目のいる夜行性館がメンテ中で
展示してなくて見れなかった事!コッチは四国から来てんだぜ!ったく!

すいませーん、いつもにまして書きたい事ひとりよがりで書いてしまいました!
動物園最後はハンザキちゃんの画像でもどうぞ!
013_convert_20131205175706.jpg
うふまじカワイイ。お目目どこぉ?
両生類、爬虫類館は特筆するものはなかったかなぁ。私、爬虫類屋だからね、
もっと珍しいもの見慣れてる。でっかいイリエワニは戦慄もんだったけどよ。

日も暮れたんでメシでも食いにいきますか。
028_convert_20131205180327.jpg
あと買い物も込みでアメ横でも。
明日はイベント隅田川。(アクアリウムバス前日の話です)
テンション上げて臨みましょうってね。
スカイツリー
066_convert_20131202232457.jpg
はい、次回こそは新入荷&在庫状況&ハッチ情報やりまーす
おやすみなさーい
アクアリウムバス・レポート!
 はーい 今夜はイベントレポートでーす りんごふたつ
今年のイベント納めは東京浅草。賑わってて楽しかったですよー
売り上げ? ははっ、それはいつもよりかはよくなかったかなぁ
でも思ったより高額の生体も売れて後で計算してみたら利益はそこそこ。
行くまえにも言いましたが銭より何より行きたいから行くんです。
まぁ銭が儲かりゃそれにこした事はないんすけどね
ショーバイは運も関係ありますから儲からないときもある、と思い込む。
運がいいとか~悪いとか~
人は時々口にする~けど~、
そうゆうことってぇ~確かにあると~
あなたをみてて~そう思う~、ってやかましいわ!
最近の若い子さだまさしなんて知らねぇぞ、たぶん。

んで、今回は前日にホテル予約して観光旅行がてら出かけてきました!
上野動物園、アメ横、アキバ・・etc
上野動物園編はまた次回やります。

行きのハイウェイで朝日
004_convert_20131202230638.jpg
美しい~、たまんねぇ。
002_convert_20131202230725.jpg
よあけっまえっの~
むらさきの~ハイウェイ~ クールスもしらねぇな・・

さて、イベント会場&当ブース
031_convert_20131202230852.jpg
今回はコケ張ってちょっとだけ気合いいれたんだぜ?
カメレオンモドキ
052_convert_20131202231917.jpg
チョー気に入ってるワキヒダフトオヤモリ
038_convert_20131202231235.jpg

カメレオン達
ジャクソンは展示準備中に交尾しちゃった・・
029_convert_20131202230800.jpg
開場前でよかったわ。
子供達には見せられないもの・・
アホか!
057_convert_20131202232058.jpg
ガキのくせに生意気に色気づきやがって。

ノシ・ベ
059_convert_20131202232155.jpg
黄色いやつ。

アンバンジャ
048_convert_20131202231756.jpg
これは仕上がってないけどカッコよくなるぜ。

この個体画像はある特定の方へむけて、
アンビローベ・ピカソ
058_convert_20131202232130.jpg
美しい若めのヤング。
若めのヤングってどういう事だ?

いつものサンプルのポルカスカメレオンモドキ033_convert_20131202233515.jpg

このブースは好き!
039_convert_20131202231310.jpg
鮮苔類愛好家の私としてはかなりヒット!
041_convert_20131202231409.jpg
美しい~
040_convert_20131202231339.jpg
アクアリウムバスってだけあって即売イベントのなかでも
観賞面、ビジュアルに力をいれた展示が多い。そういうの好きだね。
042_convert_20131202231441.jpg
ベタは思わず買ってしまいそうだったが世話を考え、なんとか耐えた。
043_convert_20131202231510.jpg
好みだ。

うおっ!
047_convert_20131202231721.jpg
これはなんとも・・美しいというかもう神々しいな

このカニの展示はすごいかわいかった。
045_convert_20131202231603.jpg
私と同じダイソー御用達ね。でもこっちのがカッコイイ。

ぷーみん
062_convert_20131202232330.jpg
アクア的な商品もラインナップしていつもと違う雰囲気。
熱帯魚屋出身だからね、彼は。私もだけど。

コワモテ先輩だがなんともシャレオツなガーデンカフェみたいなブース。
061_convert_20131202232302.jpg
イケてるスポットのレーゲル。しかもメス。
032_convert_20131202233445.jpg
今日はブルーがお似合いね。
060_convert_20131202232225.jpg
接客中に盗撮しました。

せんせい。
044_convert_20131202231543.jpg
いつもひとだかりのファンタスティック。売れたならなんか食わしてください。
064_convert_20131202232414.jpg
姐様。また盗撮しちゃいました。

ガーゴの散策
いつものように出して展示してたのですが。
036_convert_20131202231206.jpg
あっちこっち探訪して・・
050_convert_20131202231823.jpg
おいしいもの探してんのか?
051_convert_20131202231842.jpg
それとも暑いのか、寒いのか?とにかく逃げたいのか?
055_convert_20131202232018.jpg
UV浴びて・・と。
こんなふうに放して展示してたらそのうち怒られます。
でもウケがいいからやっちゃうんだよなぁ。

と、まぁこんなカンジで楽しいイベントでしたストロベリィ
次回は動物園探訪記か新入荷情報やりまーす。また見てね~おやすみなさーい




プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR