*All archives* |  *Admin*

2013/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
変態の憂鬱
こんばんは 気候も春めいてき始めた今日この頃、皆様、ごきげんいかがですか?
相も変わらず変態ぶりのTreeMateです  きっと変態は死ぬまで治りません 

都内某所にある両生類をメインとしたプロショップを経営する友人から新たに生体を
入荷いたしましたのでご紹介します。この友人は私以上の完全な変態である。恐ろしい。

パンサーカメレオン・アンキフィー

蛍光イエローがかった地色に群青色のバーが入り、飼い込むと頭部周辺や緑色の部分
が水色っぽく染まり、中にはオレンジが入る場合もある、あのアンキフィーである。
が、メス個体。色味はない。
014_convert_20130228015159.jpg
悪くねぇ。いい体格だ。いかにもワイルドという感は否めないがそれはワイルド
だからしょうがない。立ち上げはがっしり力強い感もあるし安心できる仕上がりだ。
013_convert_20130228015142.jpg
もちろん飼い込みとは呼べないので調整は要するがそこそこサイズがあるいい女だ。
女は顔で選ぶものではありません、骨盤が丈夫ならいいんです!
でかいメスはそれだけで重宝する。「当方、カメレオンは素人なのでお願いします。」
だと?パンサーとはいえ、ワイルドカメレオンを立ち上げておいてどこが素人だ!
ワイルドのカメレオンの管理、立ち上げは同じく輸入されてくるその他のトカゲとは
一線を画す。やるじゃねぇか、さすがスペシャルショップ。一流の技は総てに通ずと
いうわけか・・。ちなみに偉そうに言ってるが彼は私より先輩である。(年は私が上)

どうですか?ナイスなメス個体 48000円
売れなきゃ私が繫殖に用います。

お次は彼らしい変態チックなチョイス。キャットゲッコー
マレーのオマキトカゲモドキ。いいのを選んでくれた、美しい。
赤がシャレオツなブリーディングペア
031_convert_20130228015335.jpg
以前からご紹介してるボルネオ産のセスジオマキトカゲモドキとは違う。
037_convert_20130228015413.jpg
ブリーディング用に入荷したものでサイズもGOODなメス。
042_convert_20130228015448.jpg
キャットわらわら。ボルネオ産はもうすぐ孵化するかもなんでお楽しみに。


あと、やっとオゥストレッティが産卵しました。
産卵して疲弊してお花畑が見えてきそうなアンカラミィモルフのメス。
002_convert_20130228015030.jpg
「あぁ~、しんどい、もうアカン。」 言ってるうちは大丈夫だよ。
40卵ほど産んだが一見無精卵っぽく見える?でもモチ薔薇はそうとは限らない。
(ど天然のアホぶりを発揮して撮影前にハッチライト上にかけてしまった私。)
005_convert_20130228015052.jpg
ウスタレでも飼育下で繫殖させた場合、卵はもっと大きくてしっかりしてるが
産卵数は少ない。でも、パンサーでもモチ腹で産む卵は異様に小さいが数は多い。
そしてその小さいがワイルドの卵って意外とちゃんと孵ってくるんだ、コレが。
6ヶ月後、皆様にかわいいベビーをご紹介したいです。育てやすいオゥストレッティ。

水飲んで虫食って少しマシな顔になったお母さん。まだぜんぜんダメだけどね。
029_convert_20130228015310.jpg
でも、そこは頑強なウスタレは虫食ってりゃ生き返る!そしてまた産む!
でも運が悪けりゃ明日にゃ旅に出るかも知れない。それがワイルドカメレオン。

カイデーなオス。
023_convert_20130228015230.jpg
アタシの象牙のような指が~!チョー痛いんですけど。握力はそうとうなモノ。
025_convert_20130228015255.jpg
撮影のためケージから出したが、やっぱカッコイイわ、コイツ。

他のカメレオンも出したれ!ほら、自由にお行き!
046_convert_20130228015519.jpg
ヤングサイズは散歩はご注意を!飼育場は自然以上に捕食者が!
020_convert_20130228015213.jpg
小さい子は出さなくてもいいのだが撮影も兼ねて。
006_convert_20130228015115.jpg
ヤングサイズは販売してるのでお問い合わせください!
とはいうものの価格は決めかねてるのよね?ベビーの頃は値段あったけど、
売れないとでっかくなっちゃううからさ、生きてるから。価格考えますんでどうぞ
よろしく!

しょうもない文章お付き合いありがとうございました。
では、今宵はこの辺で!また次回~オヤスミナサイ
スポンサーサイト
命を軽視されてきた愛らしいげっ歯類
はーい うどん大好き四国人のTreeMateでーす 今日も朝からうどん食いました

最近、入荷はもちろん入荷欲もなかった私でありますが、ここ1週間ほど入荷っていうか
飼ってみたい動物がおりまして、「モルモット」がどうしても欲しいんですかわいいもん。
子供の頃からどうしても欲しくて、けどデカイし小学生にゃ割と高いしでハムスターを選択
しました。もちろんハムスターはとってもかわいかったし、当時の私の1番の友達でした。
当時の(22~25年前)ハムスターはそんなに国民的アイドルでもなくて今みたいなおとなしい
パステル・カラーのハムではなく、デカくてこれレミングか?ウッドチャックか?ってくらい
野性味あふれる品種で、その中から今のゴールデン的な色抜けした個体やブドウ眼の個体を
ペットショップから友達と選んで抜いてくるのが楽しかった。400円~800円ぐらいだったか?
でもモルモットが飼ってみたかった。1番欲しかったグリーン・イグアナは25000円ぐらいして
とても手が出なかったがモルモットはまだ現実味があった。こうなったら友人である関西の
極道動物問屋(カタギです)に電話するしかない、と思って電話したら電話に出やがらねー!
まぁ極道とはいえ週末は家族サービスもあるだろうから大目に見るが夜にまた電話してやる。

それは買ったら報告するとして、シコラエヘラオヤモリの交尾シーンです!

033_convert_20130223165754.jpg
つーか、よくわかんねぇ!擬態しすぎだぜ!
030_convert_20130224163231.jpg
メスがデカいし、なんかただのコケに見えるし。
027_convert_20130224163148.jpg
オスはなんだか派手?な模様が白いボディに浮き出て面白い。

アップで見てもなぁ。カメラ映りの悪い種類だぜ。ハッ!腕が悪い?
031_convert_20130224163258.jpg
(解説)メスの尻尾にオスの再尾が下からグルンと廻り込んでる。

なかなかヘラオの交尾の写真は見ないでしょう?ない事はないが稀なはず。
つーかだったらもっとカメラの腕を磨けってハナシになるんですがなるべく
ジャマをしたくなかったんでビビッて遠巻きに撮ったらこのザマです。

ヤモリ繫殖ネタとしましてはコチラはお馴染みクレステッドゲッコー
009_convert_20130224162304.jpg
今夜あたりかな?と思えば産卵してやがる。なんで用意してる鉢に産まねー?

お母さんヤモリ
012_convert_20130224162440.jpg
すべてはこの子から始まった。もう7歳になる初めて飼ったクレス。
でもかわらず元気で今でも1番産卵数が多い。クレスは長寿だからね。

別コロニーでも産卵確認。もしやと思い見といてよかった。
013_convert_20130224162506.jpg

クレスの古参のほうのコロニーの様子。
011_convert_20130224162410.jpg
010_convert_20130224162342.jpg


ヤモリネタ今回のトリを飾るのは、オビタマオヤモリ

だいぶ大きくなりやがってカワイイ盛りね
016_convert_20130224162721.jpg

眠そうな眼がたまらん。事実眠いんだろうけど。
014_convert_20130224162603.jpg

大きくなったってもまだコレくらいだけどね。
015_convert_20130224162629.jpg

ママとツーショット
017_convert_20130224162749.jpg
ほほえましい食われちゃうぞ?

はい、宣伝。オビタマオヤモリCBベビー 25000円

お問い合わせはコチラ

treemate@hotomail.co.jp
080-5669-3685

まるでデッサンミスのようなデフォルメルッキングなラフスケール。
頭でっかちで成長しても赤ちゃんみたいに見えておもしろいですよ。
飼育に関しては砂を床材にシェルター入れて小さめの水入れと子供
なのでパネルヒーターを1部分に設置するのがベター。
エサは昆虫だがちょっと大っきくね?と思えるサイズがヤツラの好み。
まだ小さいから1日置きにはエサをあげよう。量や種類はその時々で。
家庭に1頭、みんなのタマオ!よかったらご検討くださーい!

今からダーウィンが来た!でツパイ見まーす!ではまた次回~!
ジェッタシー
はーい こんにちは  妖怪ブリーダーのTreeMateです 今日もゴキゲンですよ 

週末は実家でゆっくりするつもりでいつも深夜の更新ですが夕方更新です。
犬も早めに散歩行って仕事片付けて実家で肉でも頂こうってハラです。
つっても泊りはアレだから深夜には帰宅しますがね、ヤモリを見捨てられない。

ヤモリ以外も夜行性種はコウモリ、フクロウ等おりますが今日のニュースはコウモリから

ルーセットオオコウモリが出産しました

朝方、立ち会う事ができたので写りの悪いピンボケ写真をどうぞ!

ナメナメしてて刺激を。出るかな~?
023_convert_20130223165348.jpg
「むこう行っといて。」

出た!プリッと頭出た!なんか仔イヌみたいだな。
024_convert_20130223165408.jpg
「ムムム、もうちょっと」

全身出やがった~!写真は撮れてないがもう産まれてます。
025_convert_20130223165425.jpg
「どれ、ナメナメしたろ。カワイイから。コレ、大事やから。」

イヤ~よかった、よかった おめでとう よかったねぇ、お母さん?
026_convert_20130223165441.jpg
「見んといて!」

・・・・

ルーセットオオコウモリ属は大翼手亜目のなかでも原始的なグループ。
簡単なエコー・ロケーションを使い食虫性の小翼手亜目のように洞窟に棲む。
主食は果実などでその辺は他のオオコウモリとかわらない。

熱帯、亜熱帯に広く分布するがどの亜種が流通しているのかはわからない。
よく聞くエジプシャンルーセットといってもアフリカからアジアは中国の一部
まで棲息するのでロカリティもなんもわかったもんじゃないし市場に出回るのは
亜種間交雑種の可能性もある。同じ時期に売りに出されたものを複数購入すると
それは出もとが同じ可能性が高いので同じ種類である可能性が高い。もちろん、
輸入はできないので規制前に入荷したペット屋や動物園が出もとになるわけだが。

コウモリ自体は流通はあるがオス、メスを別々に集める場合、同じ亜種であるという
保証はない。亜種間交雑が簡単に起こりうるか、できにくいかもわからない。
この分野に詳しい専門家を捜すのは難しいのでまず細かくは見分けられない。と、思う。

飼育に関しては買ってくる果物などを与える。私はバナナをメインに使っているが
ラフランス、イチジクなど種類は多いほうがよい。花粉のトッピングなども使って
いるし、たまーにモンキーフードや九官鳥フードなども与えている。あと粉ミルク。
水はよく飲む。寒いのは苦手だが数頭の群れで飼うと少々寒くてもわりと平気。

ペットとしてはそれなりに馴れるし、エサ代はそれなりだが手間がかかるという訳でも
ないし、オススメである。汚すのは汚すが1頭飼いやペアでの飼育ではそんなでもない。
なにより飛行ありきで特化したその形態にはたまらない魅力がある。(私が変態か?)


パンサーカメレオン

色彩の変化ぶりが魅力の暖色系パンサー写真集

001_convert_20130223164842.jpg


003_convert_20130223164908.jpg
普段、こんな感じのヤングツアマシナですが


012_convert_20130223165242.jpg
興奮するとこんな感じに

011_convert_20130223165220.jpg
005_convert_20130223165128.jpg
面白い顔になってしまった。タマタブってこんなか?

ツアマシナってことだがマロアンだかマソアラだかあの辺の赤系モルフは
区別が難しい。わからん。

青いノシ・べなどはノシ・べだもんね。
でも輸入されてくる色ボケしたヤツや若めのヤツはやや難しいし
中には島モノ個体群とはいえ、中間的なヤツもいないではない。
008_convert_20130223165201.jpg

マソアラだがマスアーラ岬周辺の個体群かどうかは自分で行かなきゃわかんない020_convert_20130223165305.jpg




ソリッドではなく赤いバーがはいるノシ・ミツィオ
022_convert_20130223165329.jpg

金網にこすりつけて鼻突起がかわいそうに削れた子。
今はソフトネットの暗がりが多い落ち着きやすいケージに移動。
もう鼻をこするクセはしません。個体により性格も様々。あたりまえか。


はい、まだニュースはあるのですが一気に書くとネタがなくなるので
今日はこの辺で!また見てね~
NO RICE NO LIFE
どうもおばんですド変態ブリーダーのTreeMateでござる

北方では隕石の飛来で自分で窓ガラスを割る隕石詐欺が流行ってるらしい今日この頃、
みなさんゴキゲンでしょうか?

地球の回転軌道上には無数の岩石が浮遊しており、それらは毎秒平均400個ほど地球に
激突してきてるらしい。でも地球の大気の抵抗ではじき出されてしまうか、地上に到達
するまえに燃え尽きてしまう。「6.5°+-0.9°」宇宙船が帰還する時の突入角度だが
無数にぶつかってくる岩石自体がこの角度以内で突入してきた場合、大きさなども関係
してくるが燃え尽きずに地上に到達する岩石もあるだろう。

「オメー、何の話してんだ?」ってツッコミが入りそうなので動物の話します。


カッコイイ黒いヤドクガエル アウラタス「ブルー&ブロンズ」
013_convert_20130221231635.jpg

生長したらどうなるのか?
015_convert_20130221231731.jpg

今のところ模様が出る雰囲気はないが・ブロンズ色にはなるんだろうな。
014_convert_20130221231708.jpg

なんか上陸したてのヒキガエルの幼体みたいだな。このままだとカッコイイな。
コレ1頭で飼っても地味だが群れの中で飼うとカッコイイし逆に派手じゃないかしら?

他の地味?な兄弟
018_convert_20130221231900.jpg

016_convert_20130221231801.jpg

017_convert_20130221231823.jpg


カメレオンモリドラゴンの青いアイリングがワンポイントで美しい。ちょっとこの子は疲れてんな。
011_convert_20130221231540.jpg

「なに撮っとんねん!」 イラついております。
009_convert_20130221231424.jpg

コチラも変色能力見せ付けてアピールしてきます。
026_convert_20130221232254.jpg
「ホレ、ワシこんなにも色変わるんや。ビッたか?」
ビッてねーよ、人間ナメんなよ!つーかテメー飼われてんだかんな?
「かうってナニ?」
ド低脳が!話になんねーぜ。
所詮トカゲなどとは会話は成立しません。

美しいお顔ですね?
008_convert_20130221231325.jpg
「こっち見んなや」
チッ!

いやぁ、ごきげんいかがですか?
007_convert_20130221231259.jpg
「うわ、なんか気持ちワルゥ~」
お前や!それは!
どうも仲良くする気はないみたいです。
単独生活者だから対人関係は苦手なんでしょう。


CBは育ての親である私の事は平気みたいです。
001_convert_20130221230951.jpg
「放して」

飼育環境への適応度も全然違います。何でも若いうちから馴らせば。
002_convert_20130221231024.jpg
「放して」

ちなみにCBは販売してますのでお問い合わせくださーい。
004_convert_20130221231112.jpg
「触らないで」
よく馴れたCBパンサー(マソアラペア)でした~!

お前だけは私の友達だよな、ゴエモン。
022_convert_20130221232041.jpg
「かまって!遊んで!」
ん、あとでな。今忙しいから。

インタビューを続けます。
いやぁ兄さんかっこよろしいなぁ。シブいですね。
023_convert_20130221232106.jpg
「殺すぞ」
・・・・

樹上性のヘビって美しい種類が多いですよね。
美の秘訣は?
024_convert_20130221232132.jpg
「殺すぞ」
・・・・

美しいから美アクなんちゃって
あ、ネズミ食います?
025_convert_20130221232202.jpg
「殺す」
・・・・まぁ無理があるってもんですわ。そーゆータイプじゃない。
でも決して人間に馴れないキミが好きだよ、やっぱそーじゃなくちゃな。
あー、触りてーなー。(本音)


完全に抱卵してると思われるベーマソさん。
やったぜ!うまくいけばあまり例を見ない飼育下繫殖個体だぜ!
019_convert_20130222000426.jpg
ナゼか1番触れる妊婦のマソベ。性格にも当然個体差はある。
「いやだわ、なんかこんな事されたら死にたくなってきたわ。」
ごめんなさい、死ぬなんてイジワル言わないでください。
もう1カットで撮影終わりますんで。すみません、おつきあいください。

このどてっ腹がたんなる肉付きのよさだったりして。
ソレはソレでかわいいからいいんですけど。
020_convert_20130222000507.jpg
「ごめんね、赤ちゃん。産んであげられなくて。ママを許してね。」
わー!わかった!死ぬな!もう放すから、気をしっかりもて!
飼い主を脅すつもりか!ヤモリのクセにやたら長文でしゃべりやがって!
(実際はここまで神経質ではありません。誇張です。)

飼育しているとやはりこのテの動物はひとがキライだと思い知らされます。
人間と仲良しにはなれないけども飼育の目的は別に呼んだら来いって訳でもない。
私が昔飼ってたオオトカゲは呼んだら来たけど。(コレ、ホント!)
まぁなついたほうが可愛さは倍増するが、トカゲ、カエルを飼ってて何が可愛いって
ソコにいるのが可愛いんだよね。外でアマガエル見ても塀の上に座ってんのが可愛い
んだもん。何も考えてないような顔してソコに居るのがたまらなく可愛い
だってアイツラ常に素だもんね。でも感情はあるから口は悪いけどその低脳ぶりが
可愛いんですよ。一生懸命考えてるのがわかって可愛いと思うんです。

今夜はまだしゃべれない赤ちゃんカメレオンの画像で締めたいと思います。
028_convert_20130221232407.jpg

027_convert_20130222000553.jpg

030_convert_20130221232444.jpg

というわけで特にニュースもない更新でしたが見捨てずにまた見てください。
あとまた近いうちに在庫リスト出しますんでよろしくお願いいたします。
では、オヤスミナサイ
ヤドクの黒い子がお気に入り
はーいどうも~ TreeMateです はいはい、ごきげんですよ

村上春樹の新作が出るらしくてはやく読みたい今日この頃です。
もちろんゴキゲンなのは小説の事ではありませんです。
ヤモリ繫殖はわが命!「ヤモリをめぐる冒険」からご紹介いたしますのは、コチラ!

前回のヘンケリーに引き続き「不人気で伝わらないヤモリ繫殖選手権」 第2弾!

シコラエヘラオヤモリ ベビーが孵化しました

015_convert_20130217174302.jpg
今回も元気そうな赤ちゃんだぜ!しかしナゼか1頭。
016_convert_20130217174336.jpg
先日のヘンケリーは最初の方のクラッチの卵なんでひょっとするともち薔薇?
かも知れないが(いま産んでる別のメスは当然、飼育下繫殖である)コイツ、
シコラエは完全にCB個体だぜ!まぁまぁ繫殖例はあっても最近見ないでしょう?
019_convert_20130217175400.jpg

成体サイズがヘンケリーより小さいぶん、ベビーもチャイチィ。カワイイ
029_convert_20130217175914.jpg

ヘンケリーとは同期だがサイズ比はこんな感じ。
028_convert_20130217175841.jpg
030_convert_20130217175944.jpg
私、指にウンコ的なモノをされてます。

ヘンケリーは脱皮も終えたらしくフツーにベビーしてます。
031_convert_20130217180011.jpg
赤ちゃんでも一丁前に伝家の宝刀、逆さポーズ。
020_convert_20130217175456.jpg
またまたお家芸、カモフラ木化けの術。
021_convert_20130217175522.jpg

まだサイズがあるので飼い易さがある。エサもデカイの食えるし。
これがエダハったらマジでチャイチィだからねホント。でもCBは派手なものが多い。
まだまだヘラオヤモリ繫殖シリーズは続くので乞うご期待!(うまくいけばね。)

ノシ・ミツィオ脱糞シーン  「見んといて~!」
032_convert_20130217180115.jpg

ノシ・ミツィオ シャワーシーン 「こざっぱりしたぜ!」
033_convert_20130217180141.jpg


ヤドクガエルも順調に上陸をはたしております。

いい写真だ
022_convert_20130217181608.jpg

こういうヤツや、
027_convert_20130217175811.jpg
こーゆーヤツとかはまぁ普通じゃん?
026_convert_20130217175742.jpg
けど、コイツはお気に入り!
023_convert_20130217175617.jpg
マットなブラックがシブすぎる。コイツの親父も黒っぽい。
025_convert_20130217175716.jpg
けど、親父どころじゃねーゾ?まだ上陸したてだから色彩、模様は変化していくがね。

はい、今日はここまで!今からダーウィンが来た!がウミイグアナなんで見まーす
ハッチ情報と喫茶店の巻
はーい こんばんはっ TreeMateです
  
クソ寒いのでコーヒーばかり飲んでるのでトイレが近い今日この頃です
まぁ夏でもよく飲むカフェイン中毒ではありますが。学生の頃はよく喫茶店で本読んでました。
カフェ巡りが趣味で新しいとこ発見して気に入ればしばらくはソコ通って、また変えて、朝飯は
ココで、駅前行ったらココ、アソコは深夜でもやってっから、みたいな。最近は行かないですね。
どーでもイイですね、スミマセン  えーと、ハッチ情報でーす

ヘンケリーヘラオヤモリ

おっ よさそうなベビーじゃねえか!
001_convert_20130215235153.jpg
うおぉっ!テメー他の卵けちらしてんじゃあねーぞ!

しっかりしててイイかんじ!暴れまわってくれてるし。
002_convert_20130215235222.jpg

白い斑がいいね。好みのタイプ 
004_convert_20130215235356.jpg
でかいヘンケリーの幼体もでかめ。
005_convert_20130215235426.jpg
有鱗目では例外的だ。真性ヤモリ類はこういう硬質の卵殻を持つ。
006_convert_20130216022942.jpg
カワイイ。仲良くするんだよ?
014_convert_20130216000143.jpg
顔面アップ。
015_convert_20130216000214.jpg
脱皮するな、コイツ。
012_convert_20130216000036.jpg
マジか?コオロギ食ったぞ?撮影中にその辺に逃げてたコオロギ食った!
ふーん、もう食うんだ。昨日生まれて今日食うの?シェッド前に?ふーん。
016_convert_20130216000245.jpg
眼に体液つけてやがる。食った瞬間撮れなかった。ピントあったのがコレ。
                               (あってねーよ、って?)


今までもさんざっぱら自慢してきましたが、今一度、親の画像でもドーゾ。

010_convert_20130215235939.jpg
美しいね。いいでしょう?

009_convert_20130215235656.jpg
私のキレイな手(キズだらけ、爪には土)と比べてみるとこんな感じ。カイデー!

ヘラオヤモリ写真集
おもに顔面アップ。

ヘンケリー
008_convert_20130215235614.jpg

007_convert_20130215235546.jpg



シコラエ
017_convert_20130216000317.jpg

022_convert_20130216000624.jpg

021_convert_20130216023016.jpg



ファンタスティカス
018_convert_20130216000353.jpg

019_convert_20130216000439.jpg

020_convert_20130216000520.jpg

なんか今回は画像の色が地味だね。擬態系だから全体的に隠藪色。
カラフルな華やかさには欠けるがシブイ回という事で。
この、曖昧な、境界線がはっきりしない夕暮れ時に道路も車も街行く人も
一様にネイビーに染めて視界が悪い感じの配色がヤモリの持ち味だと思うし、
ヤモリの方ももちろんソレを望んでるからあのぼけたような色合いなのだろうね。
それでは、また次回~ また見てね~
カエルとカメレオンとヴァレンタイン
はーい!こんにちはっTreeMateですっ!どうも、どうも。

ヴァレンタインデー・キッス  な今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
そういや、チョコレートってあげる時にチョコによるメッセージとかってありましたっけ?
ホワイトデーのお返しはイロイロあったと思うんですが、例えば好きならホワイトチョコ、
友達ならマシュマロ、嫌いならクッキー、的な。まぁ地方や年代によって違うでしょうけど。
チョコあげる時はあんま聞いたことないな。手作りとかチロルはあからさまに伝わるが。

さぁ、とーとつに話かわってヤドクガエルですが、

023_convert_20130214153941.jpg
兄弟たちも上陸をむかえようとしてます。まだ子供でも模様の個体差は当然ある。

すでにフツーにカエルとして生活してる年長の個体。
024_convert_20130214154010.jpg
もうすでに一丁前の体(てい)です。まだ赤ちゃんなのにね。


コッチはすでに赤ちゃんは軽く卒業したらしい。
034_convert_20130214154510.jpg
かっわいいでしょ?牛柄だからミルキィなんて洒落たことをいうひとがいましたが
粘つく毒液を皮膚から分泌するからミルキィです。モトイミルキィなんてのもいますが、
この国じゃミルキィフロッグっていやぁ、このジュウジメドクアマガエルの事をいう。
033_convert_20130214154330.jpg
以前から飼ってみたくて何度となく機会はあったのだが購入せず何年か越しで入手。
飼ってみるとやはりカワイイ。たぶん西日本で1番カワイイんちゃうか?と思います。


これは・・かわいいっつーか、ちょっとキショイけどカワイイ、キモカワ系
036_convert_20130214174659.jpg
ワキシーモンキーフロッグはハラまでグリーンなグロさをみせる。
035_convert_20130214174626.jpg
このモンキーフロッグと呼ばれるphyllomedusa属の1群はアマガエルのくせして
ベチャッと壁にひっつかないレイアウトゲージに最も映えるツリーフロッグなのさ
ビバリウム作るときにここにカエルとまって欲しいなぁと思ってもだいたい多頭で飼うと
何頭かは壁面に張り付きやがってレイアウト台無しなのがツリーフロッグ。
037_convert_20130214174728.jpg
しかし、このソバージュネコメガエルなら枝の上にじっといてくれて絵になるんです


カエルに負けじとパルダリスも元気に育っております。
いいサイズでしょ?コイツはオススメ 
016_convert_20130214153727.jpg

次のコイツはオススメとまではいかないが大好きな1頭なのさ。とゆーのも、まだ
ベビーサイズの頃、コイツはもう死ぬんじゃねーか?って諦めてたけど甦った。
パンサーではよくある事だ。CBってほんとにそーゆー面は強いんだ。
017_convert_20130214153751.jpg


コイツもオススメ デカくなってきた!
012_convert_20130214153537.jpg
デカクくなったってもまだまだヤングの範疇。色彩はこれから魅せてくれるはず。
011_convert_20130214153508.jpg
赤いシャア専用のツアマシナ。いかがですか?

ベビー達
020_convert_20130214153847.jpg

019_convert_20130214153823.jpg

021_convert_20130214153915.jpg

元気よく育ってます。もっと大きくなったら販売しようかと。


コチラは今スグにでもオススメなパルダリス

015_convert_20130214153658.jpg

014_convert_20130214153631.jpg

013_convert_20130214153602.jpg

カッコイイでしょ?まだ若い彼等は色彩は変わっていくが暖色系のパンサーと
比べると年をとって変化や味わいが深まるといった感はあんまりない気がする。
青系パンサー全体にいえるが私個人の美感なのでお気になさらずに。

それでは今日はこのへんで。オススメの個体、気になる方はお問い合わせください。

treemate@hotmail.co.jp
080-5669-3685

では、また次回~。 
ハッチと入荷情報~
はい、こんにちは  TreeMateです  どうもどうも

今後、選挙がネットで投票になりそうなのにペットのネット販売が規制されそうな今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?別に通信販売は禁止ではなく原則対面販売を義務付けようと
いう事ですが、あくまで原則。例外もあってしかりでその辺がまだ爬虫類も含まれる決定とは
いいつつ、審議中(どうせ審議なんてしてないけどね)なんて煮え切らない回答をする結果で
ありましょうか?
よく爬虫類は別だなんて爬虫類ファンの法案に対する意見がありますが個人的にはイヌもネコも
鳥も爬虫類もその他飼育動物もみんな同じで規制する必要はないという意見です。
問題が起こるだって?対面だろうがネットだろうが問題を起こす業者も客もきまっている。
彼等はたとえ店舗でもいい加減な商売をして看板を汚してるし、クレーマーはどこにでもいる。
だから規制しても改善はされない。つーかブリーダーの縮小という意味合いも強いのだろうけど。

愛護に関してはいわずもがなで動物は送りでくるのは普通だし(動物園も輸入屋もショップも)
対面現物確認でもマイカーで来ない限り送りになるわけだ。まさかニシキヘビ持って電車はまだ
しも飛行機に乗って帰る訳にもいかんだろう?徒歩やチャリで行ける範囲に確認に行ければイイ
けどね。

動物をネット通販するのは商業的で自己利益のみを追求した批判すべき行為か?
その批判に対する意見と反撃に移るまえに、コチラをどうぞ。

昨日バルバータス・カメレオンモドキが孵化しました!
014_convert_20130211122524.jpg
チビだが元気はイイ!この卵はダメだと思ったんだがなぁ?わからんものだ!
めでたいことにはかわらんがね。
016_convert_20130211122425.jpg
親のカメレオンモドキもお散歩させて運動の時間。
コイツは親ではなくポルカスだが。
010_convert_20130209180048.jpg
不規則な斑の入りかたで個体を識別もできる。
015_convert_20130209180156.jpg
体型の割には細い枝を好むよな?ヤモリみたいにへばりつきそうなのに。
016_convert_20130209180222.jpg

当の親はというと・・・交尾してやがる。
バルバータスカメレオンモドキのペア
014_convert_20130209180130.jpg
ペアで飼ってるが外に出すと交尾が始まった。結構トカゲ類ではよく見られる。
繁殖家あるあるであるある。
同居しているペアが繫殖率が低いなら試してみる価値はある。
私はこれでグリーンイグアナやトゲオアガマも交尾に成功したのだから。
今回のは勝手にしただけで特に意図してやった訳ではないが。

続いて新着情報

カメレオンモリドラゴン              その1
019_convert_20130209182004.jpg

その2
020_convert_20130209182032.jpg
その3 メス
021_convert_20130209180346.jpg

もっといっぱい来たのだがカメラに耐えられるのはこの3頭ぐらい。
着状態が良くなくこの3頭もお客様にお引渡しできるレベルではないが、
私の友人が悪い訳ではない。これがワイルド便だ。どうもこうも実際に
来るまで何が起こるかわからない。わかりようがない。

最低限のケアとしてはある程度の数に振り分け(もちろん1頭づつ分けれる
ものなら私はそうしている)全員に水を飲ませて(この場合の水は自然でも
シリンジで与えてもかまわないがビタミン水などにせず、真水、純水に近い
ものを与える)湿度が高く薄暗く涼しい環境に置き、数時間ごとに温度を上げ
たり、レフ球でホットスポットを作ってやる。もちろん限度を越えた高温は厳禁。
24℃~27℃の範囲でケージ内に勾配をつけれたらとりあえず問題はないだろう。
だがこれは立ち上げの初期設定で重要な事はここから始まる。

まず、採餌するかどうか、食い気があるかどうかだけを見て実際には与えない。
餌は見せるだけで彼等の反応をみてみる。
早すぎる給餌でいかに多くのトカゲの命が失われたか。
トカゲの動きが迅すぎて見せ餌をとられることも念頭に置いて脱皮したての
柔らかい餌を使用する。まだ消化しやすそうで安全に思えるし事実そうだろう。

すこーし、水を飲む、木に登ってバスキングする。小さな餌を食べる、といった
ような仮生活サイクルが出来上がってきたらいよいよ駆虫だ。信頼できる獣医師
のもとで整腸菌と駆虫薬を処方してもらうとよい。もしプライドばかり高くて経験も
ないくせに飼育者を一般人と見下しているような獣医師なら病院を変える事。

種類にもよるだろうが(私は詳しくない)整腸菌は割と安全性が高く使い易い。
駆虫のあとに使うがそれよりもっと早い段階で使っても効果は得られるし実際に
駆虫するかどうかを見極める時期を稼げる。
ケガをしていたり、潰瘍、膿瘍、壊死などのロットや口が異常に粘ついている場合は
抗生物質も同時に処方してもらおう。
軟膏、錠剤、液体タイプや種類も多数あるので獣医師とよく話し合って症状にあった
ものを選んで使うが抗生剤は効果もあるが効きすぎる事もあるのでよく獣医の説明を
聞く事。
この分野に詳しい獣医を捜すのは難しいかも知れないが要は親身になってともに
模索してくれる獣医師をさがすという事で、それは見つけることができるだろう。

立ち上げはまだ安心には程遠い。駆虫をしながら餌食いがあがってきたらビタミンや
カルシウムのバランスを考えながら削げ落ちた肉を付けていく。フンの観察や吐き戻し
の餌がないか毎日ケージのチェックをする。代謝の低い爬虫類のなかでもとりわけ代謝
が低いのでその辺は注意して1度に多く与えすぎない事。すぐに餌を摂らなくなる。
もし、どうしても餌を食べないなら獰猛な彼等は威嚇して大きく口を開くのでそれを
利用して餌を放り込む。ピンセットや手指など硬いものを噛むと噛んだ餌を放すこと
があるので餌のみを噛ますこと。もっともストレスがかかるので長期的には使えない
手段ではある。

個人的な意見だがあまりに怒りっぽい個体は飼いにくい。噛み付かれて歯の欠損、
顎の損傷など生体にダメージを負わす危険があり、この気遣いによるストレスを
メンテナンス時や健康チェック時、脱皮の残りを取り除こうとする度に味わされて
うんざりするからだ。


と、お世辞にも飼い易いとはいえないカメレオンモリドラゴンだが私よりうまく
飼えるひとはいくらでもいるし、森林棲トカゲの立ち上げにチャレンジしてみたい
ひともいるかもしれないので気になる方は是非お問い合わせください。

1頭4800円 2頭か個体あたり4000円頭数割り ペア取り可



お問い合わせはコチラ

treemate@hotmail.co.jp
080-5669-3685


我々は動物を物扱いし、金欲に走った批判されるべき輩か?

爬虫類の繫殖は容易な事ではない。ばかばか増えるなら
悩みのほとんどは解決する。

散歩中のノシ・ベ
001_convert_20130209175409.jpg

モリドラゴンの立ち上げのくだりのように信じられへんくらい気をつかい、
設備費、餌代、電気代、医療費と投資して、それでも繫殖するしないは
結局トカゲ任せで確実な方法論などない。もしあるっていうヤツがいたら
ソイツはものを激しく知らない素人か詐欺師かのどっちかだ。

散歩中の別の個体
004_convert_20130209175701.jpg

何年飼っても増えないかも知れないし、産卵のダメージでメス親を死なせるかも。
無精卵かも。有精卵でも卵の管理に失敗するかも知れないし、孵化に失敗するかも。
ベビーの育成に失敗するかも知れないし、夏の日にインキュベーターがぶっ壊れて
オーブンレンジに化けるかも知れない。
かかる費用と世話に要する時間、それらを鑑みた場合、とてもじゃないが割に合う
商売ではない。これを仕事として続けていくなど正気の沙汰ではない。
ちょっと頭が回ればこの仕事を選ぶ選択は早い段階で回避される。

002_convert_20130211121939.jpg

それでも懲りずに繫殖を続けているのは思い入れと尽きぬ興味と、なにより
愛情あってこその事だろう。金儲けでやってるなら算数は小1でとまっている。
だから生態系云々の批判はまだ聞けるがこの手の動物愛護の批判は私をひどく暗い
気持ちにさせる。と同時に激昂させる。

005_convert_20130211122157.jpg

数々の苦難を乗り越えてなんとか繫殖に成功して利益を得たら商業的なの?
まぁ飼育自体を嫌う風潮もあるが生き物の家畜化の終わりを勝手に決めんな!

012_convert_20130211122253.jpg

純粋な科学としての動物学の研究にも飼育による検証はつきものだ。
フィールドワークによって調べられる事とそれには向かない事がある。
多くの昼行性トカゲもそうだがヤモリのような夜行性種はよけいに
観察や追跡が容易ではなく、飼育個体を使った方がよりスムーズに
繁殖行動や採餌行動の観察ができるし、野生にストレスをかけること
もない。繫殖における孵卵に限っては飼育下でしか知見は得られない。

008_convert_20130211122225.jpg

長年我が家に巣食うアオジタトカゲ
013_convert_20130211122325.jpg

それは研究者がやるって?違う。同じ環境で得た結果は単一に近いものだし
データとしても乏しい。累代繫殖に成功してても同一の環境で生まれ育った
ものは同じ事が原因で全部滅びるしそれをもって広く取ったデータとは呼べない。
一般に広く飼われているから、教えられて偏った学識ではないからこそ多様で
意外な知見が得られる。

我が家のコロニーは自然界の個体とくらべて何かを著しく欠いているだろうか
ガーゴイルゲッコー
018_convert_20130211124153.jpg

我々、繫殖家、愛好家はこの趣味を楽しむうえで批判される事も多い。
こうした批判で考えさせられる事によって時間を無駄にする事もあるが
闘争的な気分にさせてくれてより正しく商売して行こうという気概にも
させてくれる。自分でもんもんと考えるだけでなくこうやって文章にする
事も普段ほとんど使わない脳の部分を活性化できてその点ではイイのかも。

ともあれ、近年ますますこの趣味に関して風当たりはきついね。

今日はここまで!また、次回~
先人は言う。「かえるの子はなんたら・・」
どうもクリミナル・マインドが好きです。TreeMateです
名言「サイコパスは謝らない。」謝らないらしいです。

ヤドクがついに上陸しました!初の自家産ヤドクはアウラタス

ブルー&ブロンズ

007_convert_20130206171314.jpg
まだ情けなさが見えますがソコがカワイイ!
うれしーッス 丈夫に育てよ

次になにげに繁殖狙ってるのは同じアウラタスの別モルフ

マイクロスポット
032_convert_20130206171827.jpg

個体によってスポットの入り方は様々。
024_convert_20130206171645.jpg

グリーンの面積が多くて好みの個体。
028_convert_20130206171735.jpg

焼き物感がたまらない。
033_convert_20130206171923.jpg


唐突ですがヘンケリー・ヘラオヤモリが産卵してました。
しばらくケージのチェックしてないと必ず産んでる。
卵は回収し忘れてもビバリウム内で孵化するだろうけど(親に食われる危険はある)
メス親に産卵の疲弊の為に給餌をしなければならないので
ケージはマメにチェックする必要がある。

卵は何も考えず回収しちゃったので産み付けた画像はない。
タッパーから出して並べてもよかったがウソになるもんね。

コロニーで飼ってるメスは2頭 どっちか産卵したはず。
オメーか、ラーハーのロイシーがカワイイ
004_convert_20130206171249.jpg
コイツか、だな。
003_convert_20130206171159.jpg

ヘンケリーはよく産むがシコラエはそんなでもない。
飼育下繁殖例はシコラエの方が耳にする。私がヘタなのか。

湿潤系ヤモリでしかも樹上性ならTreeMateの好みドンピシャ!やっぱり・・
ベーマソクレササっしょ

いい写真が撮れたからお付き合いください。
001_convert_20130206172727.jpg
カワイイ肥えっぷりです。

2頭まとめて。
002_convert_20130206172750.jpg

モゾモゾしてます。
003_convert_20130206172819.jpg

ワラワラしてます。
006_convert_20130206172844.jpg

最近来たペアはまだ少し痩せてますが餌はよく?食ってます。
昔これは飼えない、なんて都市伝説もありましたが・・なんともいえない。
2世代くらい繁殖させたら飼えるよ!って言ってやるんですが。
でも飼育にあたってビビるほどの弱さはないです。噛むけどね。
気になる方は遠慮せずにお問い合わせください!

クレスの在庫状況でーす
クレステッドゲッコーその1
010_convert_20130205220224.jpg
全長13cmで13000円

クレステッドゲッコーその2
012_convert_20130206173107.jpg
全長13cmで13000円

クレステッドゲッコーその3
025_convert_20130205220634.jpg
全長12cmで15000円


クレステッドゲッコーその4
019_convert_20130206173354.jpg
カッコよくなると思います
020_convert_20130206173426.jpg
コイツは私的にナイスなんでちょい高めの全長12cmで18000円


お問い合わせください。

treemate@hotmail.co.jp
080-5669-3685


話かわってカメレオンベビー

015_convert_20130206171446.jpg
ノシ・ミツィオ
恩師より届いた別血統のミツィオ。無理いってわけて頂きました。
大事に育てますよ、老師

産卵場所を模索するオゥストレッティ・アンカラミーモルフ。
043_convert_20130206172046.jpg
昔、師に教わったのは木の配置。かなり重要事項です。

044_convert_20130206172114.jpg

カイデーなオス。
039_convert_20130206173805.jpg

コイツラの赤ちゃんはとてもキレイでおっきくて成長がはやい。
飼育、繁殖はそう困難ではないがなぜかほとんどCBを目にしない。
だれも興味ないのなら私がやりましょう!と導入した訳ですが繁殖は
ある程度時の運。昔できたからといって今回もできるとは限らない。


はい、今日はこの辺で。また見てください、お問い合わせもください
ごきげんよう

038_convert_20130206171950.jpg
発色がナイスなノシ・ベ
040_convert_20130206172016.jpg


節分と太巻きとクーリング
どうもおはこんばんちは TreeMateです 

コロニーの新メンバーとして入荷した新メスのクレスがなんと、もち薔薇
これはしかも臨月っぽいので1日落ち着かせてソッコーねり餌で栄養補給!あと水分と!
一昨日、深夜の産卵となりました。眠たかったが新入りは見とかないとね。

新クレス 半分もぐってます。
005_convert_20130203160902.jpg

体勢がきまらない。
004_convert_20130203170100.jpg

産んだ。埋めにかかってるのか?
011_convert_20130203160930.jpg

掘ってやりました。キャ~、やめて~、泥棒~!
014_convert_20130203161126.jpg
やめねーよ。 風呂上りに土汚れありがとう。
016_convert_20130203161157.jpg

古参のコロニーでも産卵。まぁもう指汚れてっからいいんだけどね。
001_convert_20130203160732.jpg


最近は一時的なものかも知れませんがこころなしか気候も春めいてきたような。
とくに昨日は暖かさもさることながら、イイ感じの湿度とあいまって日光浴へ。

まずは前述の産卵後のメスから。この気温なら大丈夫だろ。
017_convert_20130203161300.jpg

ベビーも出したれ。
028_convert_20130203161952.jpg

こいつはイイな。美しい
030_convert_20130203162055.jpg

ガーゴイル
021_convert_20130203161454.jpg

ガーゴイル。 美しい虹彩の変異。宝石のようなマーブル感がたまらない。
033_convert_20130203162243.jpg

バルバータス 鱗が碧く見える。微細なグアニン結晶のティンダル散乱による現象。
031_convert_20130203162138.jpg

パンサーカメレオン ノシ・ミツィオのメス
022_convert_20130203161846.jpg

ノシ・ベ 美しいね。
034_convert_20130203162312.jpg

マソアラ  シャレオツだね。
037_convert_20130203162415.jpg

カワイイ配色パターンのこのパンサーは青をバックにより映える。
038_convert_20130203162026.jpg


バスキング大会も気温が下がるまえにおひらきに。クレスわらわら。
035_convert_20130203162343.jpg

このまま暖かくなればいいのにな。やっぱ寒いのは苦手。
よく温帯種の繁殖をするとき現地の冬は長いから冬眠はきっちり12週間!なんて
いうがどうなんだろうな?日本の爬虫類も長い冬を冬眠して過ごすわけだが
きっと冷えが厳しい年や寒さが長引いた年は翌年の繁殖率は下がるだろうな。
真に強くて運のいい者しか冬を乗り越えることはできないからだ。
哺乳類も鳥類もそうだがなるべく早く春が来てほしいと願ってるはず。
春になり目覚めたものの緑の大地を目の前にして力尽きて死んでいくのだ。
嗚呼、あと2週間でも早く目覚めたなら何か変わっていたんだろうか・・って。
楽しかるべく夏の日を夢見て朽ちていくんだろう。

ウィンタークーリングはもちろん必要だがある程度の経験を要する。
私はその昔、温帯種のヘビの繁殖をしていたが種によってはかなり冷やす。
それもかなり長期間にわたってクーリングをしていて繁殖には成功していたが
実際、もっと早く目覚めさせたら繁殖はしないのか、と言われれば答えられない。
気温そのものも勿論そうだが光周期も関係あるし餌をとらないという絶食期の関係も
繁殖の誘発には必要なのかも知れない。

まぁ今は厳密な意味でクーリングが必要な種はいないので関係はないのだが
いつか温帯種の繁殖を再開するかも知れないので情報は欲しいし好奇心を誘う。


話変わってまたヤドクの画像。

アウラタスブルー&ブロンズ だいぶヤドクらしく。
003_convert_20130203160642.jpg


それでは今日はこの辺で。ごきげんよう

プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR