*All archives* |  *Admin*

2012/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
下弦の月
はーいヤモリ大好きTreeMateです

Gekkota
ヤモリ科で88属989種
トカゲモドキ科6属22種
Pygopodidae(イザリトカゲ科)7属35種 と
トカゲ亜目Lacertiliaの中でも大所帯
種数でいえばスキンクScincidaeの次に多いんじゃないかしら?
ゆえにヤモリだけでも多くの種類を選び飼うこともできました
このうちjicariなどイザリトカゲの仲間は飼育経験はないです
                 (興味はあるけどね)
真トカゲモドキや私がよく紹介するキャット(オマキトカゲモドキ)
なんかは科のレベルではなくヤモリ科の亜科とされる事も多いですね
ヤモリの他にイシヤモリやスキンクヤモリなんかも亜科とされます

子供の頃から不思議だったヤモリ カナヘビやトカゲと雰囲気が違う
夜行性だし肌の質感も変わってるし何よりひっつくってのが面白いですよね

そういう変わったヤツラだからホビーの世界ではトカゲなのに
「ヤモリ」なんて1ジャンルを与えられています 私は納得いかんがね
だってトカゲだから

さぁくだんねぇ話はこの辺にして画像行くぜ!



ガーゴイルゲッコウ ちょっと眼が面白いでしょう?
2531_convert_20121129020054.jpg


赤が美しいチャホウア
2298_convert_20121129020257.jpg



お次はシコラエへラオの産卵されてるのを発見の図
008_convert_20121129015501.jpg



もち薔薇じゃあないってんならコイツが父親(繁殖行動っぽい事はしてたよ)
2658_convert_20121129015532.jpg
美しい尿酸がこびりついた様な模様(となりの木にあるのはマジ尿酸)


ヘンケリー
2654_convert_20121129015100.jpg
夜は美人になるねよく産卵する女丈夫(これはもち薔薇

ファンタスティカス
2647_convert_20121129015736.jpg
数年前 初めてコイツを見た時動けなかった
私をヤモリマニアにした憎いあの娘(キャロル知ってる?)


ストライプがイイけどピンボケっていうね
2651_convert_20121129015901.jpg



最後はベーマソちゃんです
スターダストなんてスカした名前が妙にハマる不思議ちゃん
闇に生きるヒステリックな狩人って感じでもう私おとされてます 
004_convert_20121129014712.jpg

どぉですか?ヤモリ欲しくなってきたんとちゃいます?
ぶりーぢんぐに精出してナイスな個体紹介しますんで
そん時はTreeMateで決めちゃってくださいよ

終わりーはーい



スポンサーサイト
青い収集癖
まいど寒いですね みなさん今週の運勢はどうですか? 最近ツイてない私は朝から脱走者発見

ルーセットが出てました
一晩中遊んでたんかよ?
今 捕獲してやっからな



002_convert_20121127011006.jpg
妊婦のくせに無茶しやがって  まぁ 私が悪いんだけどね
無事捕獲してケージに戻すと仲間が心配してたように寄ってくる群れで暮らす動物って事か 社会性がある



唐突ですがパンサーカメレオンのカッコイイのをいくつか

                                   ノシ・べ
010_convert_20121127011353.jpg


                                   ノシ・べその2   イイね 仕上がってきた009_convert_20121128014644.jpg


                                   ノシ・べその3   七分咲きかなこれからさ012_convert_20121127011657.jpg 


                                    ノシ・べその4  また違った趣  まぁコイツもこれからさ

016_convert_20121127011438.jpg
 

青系パンサーがツボなもんでノシ・べ収集癖があります
まだいるんですがノシ・べばっかりもアレなんで


               ブルー・バーの秀逸品  お気に入りのアンビローブ  ご機嫌なボディー・カラーでしょ


019_convert_20121127011731.jpg


と 紹介させてもらって ノシ・べその1、2はカートにものっけてて販売中なのでいかがでしょう?
このテの動物の状態に安定なんてものはないかも知れないけれど まぁ安定してますよ
悪くない仕上がりですよまだ若いんで色彩の変化も楽しめます

初期トリートメントはだいぶ前に実施してますが定期的にケア・トリートメントは必ず実行します
間隔は長くなっても継続して行います たぶん一生 ワイルドだもんやっぱり まぁ人間ドックみたいなものです
でも定期的にケアして何年も飼い込めばCBとはまた違う丈夫さや生命力の強さ 自然環境で勝ち続けてきた
たくましさを見せつけてくれます 「温室育ちと俺ゃ違ぇーんだよ」ってでも まぁ CBの方が断然イイと思うけどね(どっちやねん) 

クレス&ガーゴ

今回はちゃちゃっと
クレステッドゲッコーとガーゴイルゲッコーのベビーを紹介

ちらほらとお問い合わせをいただいてるので
ブログにてお披露目させていただきます
まだ小さく販売までもうちょいです


クレステッドゲッコー

038_convert_20121126221152.jpg

ピンストライプ
042_convert_20121126221130.jpg
白っぽく印象が薄いようですが
次第に美しくなると思っています



ガーゴイルゲッコー

マーブル
024_convert_20121126221311.jpg
腰のあたりにオレンジスポットが気持ち程度あります


ストライプ
032_convert_20121126221335.jpg



産卵もありました

014_convert_20121126221106.jpg

白い卵がクレスで土付きのがカメレオンモドキです



最近のTreeMateは小さな命がたくさんいて活気があります
昔に憧れていた爬虫類を飼育できてることに日々幸せを感じています
おまけに繁殖までできた日にゃ天にも昇る気分

マニアな道を歩むのはほんと楽しい
これからも心に響いた爬虫類だけ
こだわって飼育していきます


末永くお付き合いくださいませ


秋のカメレオン

 南国の四国といえど11月の声は聞こえてくる 山の空気は透明感を帯び紅葉は萌えて
伸びたススキが幻想的な銀の海原に波を立てる

 晩秋である 里に下りたニホンザルは春よりあきらかに大きくまるまると見える 
やがてくる冬を前に植物も動物も決算時期を迎えているようだ

つーことで今日は墓参りついでに紅葉を見て来ました
山ん中に墓があるのでサルも普通にいるし(けっこう近い)照葉樹林も広がっています
私は以前ここでニホンアナグマMeles anakumaを見たことがあります しかも親子で


唐突ですがドリアエねえさんです

009_convert_20121125221238.jpg
もうちょっと太らせて来春には繁殖させたいです

もう1枚 こいつはお母さんでもう1クラッチいって欲しいが無理はするな
008_convert_20121119223107.jpg


パンサー(マソアラ) の赤ちゃんもだいぶしっかりしてきていい感じ004_convert_20121125215513.jpg
つってもまだチャイチイだけどね

010_convert_20121125215454.jpg
チャイチイでもアホみたいにエサ食います



2・3日まえからハッチしてきた軍団  さぁて何のモルフでしょうね?そのうちお教えしますよ
009_convert_20121125215549.jpg

生まれてくる者もあれば死ぬ者もでる 誕生はこのうえなく神秘的だが死も同じように神聖なもの
別に信心深い訳ではないけれどやはり毎度冥福を祈っています
私はあるていど技術を持っています でもその技術は幾千の死体を積み上げて得たものです
ブリードしたからと魂の帳尻が合うわけないのですがハッチの瞬間にそのことを思います
もっとも次の瞬間には忘れてますけどね 産まれたらケアしないとね    輪廻ってか

やーなんか久しぶりに墓参り行ったからか秋の色合いに染まった山がセンチなのか感慨深い感じ
になってしまったけど懲りずにまた見てやってください そしてまた買ってください


これにて失敬

ジャガランディカフェ

拝啓 晩秋の候みなさまいかがお過ごしでしょうか
冷えと乾燥が日々厳しくなっておりますのでご注意を

何年飼育していても季節の変わり目には毎回ビビらされます
お気に入りのカエルが調子悪くなってしまったエアコン前はとくにご注意を(悲劇が起きます)
飼育種ごとに部屋が欲しかとです みんなそう思いますよね
いきなりですがマソアラの赤ちゃんもカワイク育ってます

024_convert_20121123220835.jpg
上見てやがる この背にのるブロッチ若いがコイツ女だな 赤系のメスだ
もうちょっと大きくなったら販売開始したいと思っております

005_convert_20121123221652.jpg
親父マソアラ オレンジの写真撮りたかったが今日は全然変色しやがらねぇので地味バージョンで

ノシ・ミチオ(ミシオ)赤いラインがでるやつです
002_convert_20121123220735.jpg
コイツまじミチオか?親はソリッド・グリーンのワイルドなんだぜぇメスだって見間違う筈がないわ
実際赤がはいるやつも野生画像でもCBでも見るけどソリッドに黒がはいるのが私のミチオさんのイメージ
もう少し累代重ねて研究してみますね

でかいメスだわ こんなにでかいのに処女なの?だいたい何のメスなの?モルフは?
007_convert_20121123220000.jpg
また我が師匠に聞いておきますスンマセン



唐突にバルバータスカメレオンモドキ
020_convert_20121123220123.jpg
結構成長してきました カワイイですよね
009_convert_20121123220018.jpg
上のがオスで下のちょっと小さいのがメスです 誕生日が違うからサイズが違う
まだ卵結構あるのでうまくいけばカメモドブリーダーと名乗ります(ゴメンナサイ調子こいた事を)
ともあれアノール系のやつみんなそうだけどヤモリっぽくて不思議な感じの飼育種
動きも遅いしなかなか魅力的でしょ?昔から一度飼ってみたかった種類ですね


大型ヤモリケージ
031_convert_20121123220717.jpg
                 いや とくに意味はないっす


TreeMateな暮らしはホントに楽しいです
皆様も存分に満喫してください(できれば当方のブリード個体を買ってください


ではさよなら
月光の仮面
ご機嫌なことにヤモリがますます調子がいいです

飼育部屋のヘラオヤモリに寒さは関係ナッシング


数ヶ月飼い込んだ>シコラエヘラオヤモリ(Uroplatus sikorae)はこれ以上ないほどの仕上がり

027_convert_20121119223328.jpg

017_convert_20121119223156.jpg

入荷当初はつるつるだった肌も
日を追うごとに苔むしたように立体的に
・・・美しい

ケージには複数いるのにも関わらず
何もいないかの様

さすが擬態系
ただ残念なのは肉付きが良すぎて
木の一部になりきれないところ


メスには期待が高まります

016_convert_20121119223134.jpg

下腹がぷっくり
もしかして・・・懐妊?

まさか便秘とか言わないで~



ヘンケリーヘラオヤモリ(Uroplatus henkeli)なんつーか・・・でっかいヤモリ

031_convert_20121119223434.jpg

これがエサ待ちのポーズ
写真を撮りにきたのにエサと間違えたようです
もっとヒョウ柄の瞬間撮りたかったけどピンボケです(また撮っときます)
ヘンケリーはでかい卵いくつか産んでくれたので(モティ腹ですが)
カワイイ赤ちゃん期待できます


最後はハッチ情報

ガーゴイルゲッコー

005_convert_20121119223001.jpg

006_convert_20121119223017.jpg

アレ?2枚目のコイツちょっとアカンかんじガンバレ

久々のストライプ柄 今シーズンはこの子らで最後かな?ちょっとママ休憩させてます


では また次回~
卵の成長

以前にヤドクガエルにお産卵をお伝えしましたが
なんとかオタマジャクシになったので
成長過程を見ていただこうと思います

ただ単にカエルの卵がオタマジャクシになったというだけの話です

カエルの卵のおもしろいとこは
日に日に成長する過程が見えるとこですね
生命の神秘を感じさせてくれます
皆様も少しでも共感していただければ幸いです


マダラヤドクガエルのブルー&ブロンズの卵です。

006_convert_20121031182354.jpg


まず1枚目は産みたて卵
011_convert_20121029184232.jpg

真っ黒でタピオカのよう
この頃はちゃんと発生するのか半信半疑


次は5日後
021_convert_20121117163045.jpg

すでにオタマを感じさせるフォルム


9日後
002_convert_20121117163126.jpg

だんだん丸みがなくなって
バランスボールに乗ってるようです
よく見ると外鰓が確認できます
ウーパールーパーの顔の横付いてるにひらひらと同じ

大きな変化を見つけると感動します


13日後
004_convert_20121117163227.jpg

ほぼオタマジャクシ
出てくるのは時間の問題


数日経つと卵から出てきたので1匹ずつ管理

007_convert_20121117163318.jpg

エサを与え初めました
すでに大きくなってきています
日本のヒキガエルのオタマによく似ていますね

水換えの日々が続きます
そんなにたくさん産まないので管理も行き届きます
何種類も飼ってればそれなりに大変でしょうけど

オタマ飼育は初めてではありませんが
ヤドクは初めてなのでどうなることか
これからはカエルになるのを見守っていきます

ヤドクガエルは両生類の中でももっとも複雑な社会行動をとります 
その求愛・繁殖行動は観察していて飽きません
飼育対象として非常に興味深い種であるといえます


ではまた次回



モリドラゴンDAY

なんかおもしろい生体いないかなー
とカメラを持ってうろうろ (自分ちの中をね)


これなんかどうでしょう


001_convert_20121115224224.jpg

ドリアエモリドラゴンのオスです
成熟しきって完全にまっ茶っ茶

特大ケージで悠々と過ごしています(同居人も多いけどね)

中央にいるカメレオンモリドラゴンと比べると
KING OF モリドラゴンと言ってもいいくらいの風格

とは言ってもカメモリも中々イイ線いってます

002_convert_20121115224248.jpg

まだ立ち上げ途中ですが

威風堂々の構え
ブルーとオレンジのコントラストがすばらしい
これから種親にすべくじっくり育てていくつもりです
どのトカゲもオスって飼いにくいんですよね

ついでにベビーの画像でも

005_convert_20121115224559.jpg

ちょっとは大きくなったのかな
毎日見てるとわかりにくい
相変わらず手乗り上手

逆さにしても落ちなーい

008_convert_20121115224414.jpg

愉快な習性です





最後はスベヒタイヘラオヤモリ

007_convert_20121115224457.jpg

このどてっ腹がたまらない
大型ヤモリなのでホントによく食べる
持つとかなりの重量感
白いお腹も魅力的(背中はヒョウ柄)

画像に竹が写ってますが
いつも逆さまになって張り付いており
ゴハン時にはいつでもいったるで体制でお待ちになっています
ヘラオヤモリ属(Uroplatus)はTreeMateのもっとも愛する一群です
なんとしても累代繁殖させていかなければならない種類だと思っております
つっても結局は繁殖するしないはヤモリ次第なんですけどね
いくら可愛がって生態を研究してもヤモリの気持ちがわかるのはヤモリだけ


これからも繁殖研究励みたいと思います ではまた次回
ちびちびズ

当店のファームは小さい命がたくさんいます


本日の代表は

オビタマオヤモリ 


先日生まれてたベビー
順調に放しコオロギを食べるようになりました

005_convert_20121112213956.jpg

007_convert_20121112214016.jpg

まだまだ小さいので販売はできませんが
気になる方は頭の片隅においといてください

販売を開始した途端問い合わせがくる種類ですので
どうしてもゲットしたい方はお問い合わせください

問い合わせ先
メール treemate@hotmail.co.jp
電話  080-5669-3685



うふふ なカエルをお迎えしました

マダラヤドクガエルのマイクロスポット

004_convert_20121112214129.jpg

002_convert_20121112214040.jpg

蛍光エメラルドグリーンに茶色のスポット

こんな配色ヤドクガエルしかありえません
こういう生き物がいることがとても不思議
ビバリウムによく映えます

003_convert_20121112214114.jpg

環境に慣れていないのに割りと姿を見せてくれるので
隠れがちなコイツラにしては物怖じしない性格のようです
アウラタスはモルフによって多少性格も違うみたいでブルー&ブロンズなんて
ここんとこ会ってません 生きてんのかな?と思うくらい(生きてるけどね)
 
とある両生類が経営する両生類専門店が素敵な種類を紹介してくれるので
私はすっかりカエルにハマッてしまいました


おわり はーい
アンビローブ販売中
しょp最近は寒さで動きが鈍くなってます
飼育部屋では暖房をいれっぱなので生体たちはいいですよね

そこでがんばってるのがキャットゲッコーのお母さん

001_convert_20121111215948.jpg

産卵を目撃したのは初めてです
1年以上飼いこむとさすがのキャットも人を気にしなくなるようです
入荷当初はエサを食べてる姿をみることすらできなかったのに

この手のワイルドは人の気配を消すことに気をつけてます
ケージのレイアウトを工夫
自然っぽい感じでシェルターは流木
全体に薄暗くやたらと覗かない

注意点の多い種類ですが
環境に慣れてくれたら強いです


002_convert_20121111220006.jpg

3頭で同居
エサを多めに入れておけば争いは起こりにくいです
いい感じにペアになってるのでできるだけ長く繁殖していきます
さて、そろそろ卵泥棒に入ろうかな?


パンサーカメレオン達も仕上がってきてます

アンビローブ2頭を販売中


1頭目 デカめの体躯でカッコイイ若雄です
008_convert_20121111220100.jpg

010_convert_20121111220120.jpg



2頭目 セミアダルト  いや、美しいね お気に入り
017_convert_20121111220539.jpg

020_convert_20121111220335.jpg

一丁前にメスを見て興奮してました


どちらの個体もエサを見れば寄ってきます
興奮時はイエローにブルーバーが入るタイプ
2頭目の方は普段から明るめのカラーを見せてくれます


価格はどちらも63000円


問い合わせ先
 treemate@hotmail.co.jp
 080-5669-3685





今日はモーターショーに行ってきました
国産の新車展示会みたいな感じだったので
見るものは少なかったのが残念

心に響いた1台
006_convert_20121111220029.jpg

カレラなので国産ではありませんが
改造の仕方は日本の走り屋風 911は旧車仕様がハマリます

どうしてもスポーティーなものに惹かれてしまいます
プリウスもマークXもスポーツ仕様
あのような車で高速を走ってみたいものです




では今日はここまで




なんか色々

今日はテーマがない
取り留めのない思いつきの回


まずは


ミルキーフロッグのおちびちゃん

014_convert_20121107001135.jpg

きっちり十字目

手の上に乗せるとこんなに小さい

016_convert_20121107001024.jpg

激しく愛らしい
今日もエサをあげました
ミニミニワームを目の前で食べる食べる
カエルは見る見る大きくなるので
日々の観察が楽しい

ちなみに販売はしておりません



カメレオンモドキ

最近ずいぶんカメレオンモドキの登場が多くなってますが
お付き合いください

前回の個体とは別のベビー
こちらはエサを一人で食べれません

012_convert_20121107000946.jpg

グリーンが強め



卵も産んでまっす

009_convert_20121107000700.jpg



ガーゴイルゲッコーが生まれました

010_convert_20121107000627.jpg

このガーゴでベビーは今シーズン終わりかも
ラスト1頭となると争奪戦ですね
ともかく今は大きく育てるだけです





最後はまたもや自己満足

我が家のネコは基本的にフードしか食べないのですが
たまに人の食べてるものをほしがります
いつも一舐めしたら満足するのですが
今回はしつこかった

竹ちくわを気に入ったらしい

005_convert_20121107001509.jpg

かぶりつき
舐めとる

004_convert_20121107001450.jpg

ヘンなやつ




では今日はここまで

オビタマの誕生!

寒くなると人も動くのがおっくうになります
空き時間ができるとすぐ寝てしまう
お世話をほどほどにして
ごろごろしながらDVD鑑賞するのが至福の時間です

たまに飼育部屋に行くとカメレオンたちの調子は絶好調で
人によってきてエサをねだります
もう販売できる状態なのに画像が撮れていないので
カートに載せれてません
「お前はきれいだなー」と褒めているだけでは
皆様に迎えてもらえないので早く紹介したいんですけどね・・
パンサーは複数いるので画像を撮るのは気合がいります

今回はパンサーは置いといて
ヤモリのハッチ情報をお届けします


久々にオビタマオヤモリが出てきました

014_convert_20121104165126.jpg

013_convert_20121104165053.jpg

オビタマの孵化はまだ手探り状態で失敗もしましたが
少し感覚を掴めてきたように思います
爬虫類は乾燥系と多湿系で別の飼育感覚が必要です
繁殖もしかり
飼育経験が増すことに喜びを感じるようになったら
我々変態の仲間入り
歓迎しますよ



次はクレステッドゲッコー

017_convert_20121104165158.jpg

014_convert_20121104165413.jpg

2頭分

イベントでベビーがいなくなってしまい
ケージが空いてるので入れ放題
これからバンバン大きくしていきます



最後にカメレオンモドキの産卵

022_convert_20121104165237.jpg

なぜか1卵ずつしか産まない
なんせ比較ができないのでこれが普通なのかわからない

謎の多い方が飼育してて楽しいです
これからも謎多き爬虫類のブリードをすべく走り続けていきます
増えたら買ってくださいね



では今日はここまで


いい感じ!はーい!
何はともあれカメレオンモドキ

バルバータスカメレオンモドキのベビーは日々成長中

2316_convert_20121027013614.jpg

2315_convert_20121027013555.jpg

このたまらないぷくぷく感
1頭はピンセットから食べるようになったので
もうちょっと大きくしたら販売できるようになります

ショッピングカートに載せる前のフライング問い合わせ大歓迎

キャットゲッコーもフライングですでにいません
カートにアップするのを待つより軽く問い合わせてみた方が
確実にゲットできますよ


問い合わせ先
 treemate@hotmail.co.jp
 080-5669-3685




両親の画像 (私のではありません)

2312_convert_20121027013533.jpg

上がオスで
下がメスだったかな

さすが擬態系
境目がない

仲がいいもんで同居中
いつもエサをねだって寄ってくるので
たまらなくカワイイ


相性がいいらしく交尾を何度も確認しています

2311_convert_20121027013433.jpg

でもそろそろ離さないと消耗してしまう
他のケージ用意するのか・・(ため息)

元気な親あってのブリードですから
さっそく明日、もしかしたら明後日、明々後日・・
ケージ作るかも



今日のところは大人しく休みます

ではまたー










プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR