*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ハッチと入荷情報~
はい、こんにちは  TreeMateです  どうもどうも

今後、選挙がネットで投票になりそうなのにペットのネット販売が規制されそうな今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?別に通信販売は禁止ではなく原則対面販売を義務付けようと
いう事ですが、あくまで原則。例外もあってしかりでその辺がまだ爬虫類も含まれる決定とは
いいつつ、審議中(どうせ審議なんてしてないけどね)なんて煮え切らない回答をする結果で
ありましょうか?
よく爬虫類は別だなんて爬虫類ファンの法案に対する意見がありますが個人的にはイヌもネコも
鳥も爬虫類もその他飼育動物もみんな同じで規制する必要はないという意見です。
問題が起こるだって?対面だろうがネットだろうが問題を起こす業者も客もきまっている。
彼等はたとえ店舗でもいい加減な商売をして看板を汚してるし、クレーマーはどこにでもいる。
だから規制しても改善はされない。つーかブリーダーの縮小という意味合いも強いのだろうけど。

愛護に関してはいわずもがなで動物は送りでくるのは普通だし(動物園も輸入屋もショップも)
対面現物確認でもマイカーで来ない限り送りになるわけだ。まさかニシキヘビ持って電車はまだ
しも飛行機に乗って帰る訳にもいかんだろう?徒歩やチャリで行ける範囲に確認に行ければイイ
けどね。

動物をネット通販するのは商業的で自己利益のみを追求した批判すべき行為か?
その批判に対する意見と反撃に移るまえに、コチラをどうぞ。

昨日バルバータス・カメレオンモドキが孵化しました!
014_convert_20130211122524.jpg
チビだが元気はイイ!この卵はダメだと思ったんだがなぁ?わからんものだ!
めでたいことにはかわらんがね。
016_convert_20130211122425.jpg
親のカメレオンモドキもお散歩させて運動の時間。
コイツは親ではなくポルカスだが。
010_convert_20130209180048.jpg
不規則な斑の入りかたで個体を識別もできる。
015_convert_20130209180156.jpg
体型の割には細い枝を好むよな?ヤモリみたいにへばりつきそうなのに。
016_convert_20130209180222.jpg

当の親はというと・・・交尾してやがる。
バルバータスカメレオンモドキのペア
014_convert_20130209180130.jpg
ペアで飼ってるが外に出すと交尾が始まった。結構トカゲ類ではよく見られる。
繁殖家あるあるであるある。
同居しているペアが繫殖率が低いなら試してみる価値はある。
私はこれでグリーンイグアナやトゲオアガマも交尾に成功したのだから。
今回のは勝手にしただけで特に意図してやった訳ではないが。

続いて新着情報

カメレオンモリドラゴン              その1
019_convert_20130209182004.jpg

その2
020_convert_20130209182032.jpg
その3 メス
021_convert_20130209180346.jpg

もっといっぱい来たのだがカメラに耐えられるのはこの3頭ぐらい。
着状態が良くなくこの3頭もお客様にお引渡しできるレベルではないが、
私の友人が悪い訳ではない。これがワイルド便だ。どうもこうも実際に
来るまで何が起こるかわからない。わかりようがない。

最低限のケアとしてはある程度の数に振り分け(もちろん1頭づつ分けれる
ものなら私はそうしている)全員に水を飲ませて(この場合の水は自然でも
シリンジで与えてもかまわないがビタミン水などにせず、真水、純水に近い
ものを与える)湿度が高く薄暗く涼しい環境に置き、数時間ごとに温度を上げ
たり、レフ球でホットスポットを作ってやる。もちろん限度を越えた高温は厳禁。
24℃~27℃の範囲でケージ内に勾配をつけれたらとりあえず問題はないだろう。
だがこれは立ち上げの初期設定で重要な事はここから始まる。

まず、採餌するかどうか、食い気があるかどうかだけを見て実際には与えない。
餌は見せるだけで彼等の反応をみてみる。
早すぎる給餌でいかに多くのトカゲの命が失われたか。
トカゲの動きが迅すぎて見せ餌をとられることも念頭に置いて脱皮したての
柔らかい餌を使用する。まだ消化しやすそうで安全に思えるし事実そうだろう。

すこーし、水を飲む、木に登ってバスキングする。小さな餌を食べる、といった
ような仮生活サイクルが出来上がってきたらいよいよ駆虫だ。信頼できる獣医師
のもとで整腸菌と駆虫薬を処方してもらうとよい。もしプライドばかり高くて経験も
ないくせに飼育者を一般人と見下しているような獣医師なら病院を変える事。

種類にもよるだろうが(私は詳しくない)整腸菌は割と安全性が高く使い易い。
駆虫のあとに使うがそれよりもっと早い段階で使っても効果は得られるし実際に
駆虫するかどうかを見極める時期を稼げる。
ケガをしていたり、潰瘍、膿瘍、壊死などのロットや口が異常に粘ついている場合は
抗生物質も同時に処方してもらおう。
軟膏、錠剤、液体タイプや種類も多数あるので獣医師とよく話し合って症状にあった
ものを選んで使うが抗生剤は効果もあるが効きすぎる事もあるのでよく獣医の説明を
聞く事。
この分野に詳しい獣医を捜すのは難しいかも知れないが要は親身になってともに
模索してくれる獣医師をさがすという事で、それは見つけることができるだろう。

立ち上げはまだ安心には程遠い。駆虫をしながら餌食いがあがってきたらビタミンや
カルシウムのバランスを考えながら削げ落ちた肉を付けていく。フンの観察や吐き戻し
の餌がないか毎日ケージのチェックをする。代謝の低い爬虫類のなかでもとりわけ代謝
が低いのでその辺は注意して1度に多く与えすぎない事。すぐに餌を摂らなくなる。
もし、どうしても餌を食べないなら獰猛な彼等は威嚇して大きく口を開くのでそれを
利用して餌を放り込む。ピンセットや手指など硬いものを噛むと噛んだ餌を放すこと
があるので餌のみを噛ますこと。もっともストレスがかかるので長期的には使えない
手段ではある。

個人的な意見だがあまりに怒りっぽい個体は飼いにくい。噛み付かれて歯の欠損、
顎の損傷など生体にダメージを負わす危険があり、この気遣いによるストレスを
メンテナンス時や健康チェック時、脱皮の残りを取り除こうとする度に味わされて
うんざりするからだ。


と、お世辞にも飼い易いとはいえないカメレオンモリドラゴンだが私よりうまく
飼えるひとはいくらでもいるし、森林棲トカゲの立ち上げにチャレンジしてみたい
ひともいるかもしれないので気になる方は是非お問い合わせください。

1頭4800円 2頭か個体あたり4000円頭数割り ペア取り可



お問い合わせはコチラ

treemate@hotmail.co.jp
080-5669-3685


我々は動物を物扱いし、金欲に走った批判されるべき輩か?

爬虫類の繫殖は容易な事ではない。ばかばか増えるなら
悩みのほとんどは解決する。

散歩中のノシ・ベ
001_convert_20130209175409.jpg

モリドラゴンの立ち上げのくだりのように信じられへんくらい気をつかい、
設備費、餌代、電気代、医療費と投資して、それでも繫殖するしないは
結局トカゲ任せで確実な方法論などない。もしあるっていうヤツがいたら
ソイツはものを激しく知らない素人か詐欺師かのどっちかだ。

散歩中の別の個体
004_convert_20130209175701.jpg

何年飼っても増えないかも知れないし、産卵のダメージでメス親を死なせるかも。
無精卵かも。有精卵でも卵の管理に失敗するかも知れないし、孵化に失敗するかも。
ベビーの育成に失敗するかも知れないし、夏の日にインキュベーターがぶっ壊れて
オーブンレンジに化けるかも知れない。
かかる費用と世話に要する時間、それらを鑑みた場合、とてもじゃないが割に合う
商売ではない。これを仕事として続けていくなど正気の沙汰ではない。
ちょっと頭が回ればこの仕事を選ぶ選択は早い段階で回避される。

002_convert_20130211121939.jpg

それでも懲りずに繫殖を続けているのは思い入れと尽きぬ興味と、なにより
愛情あってこその事だろう。金儲けでやってるなら算数は小1でとまっている。
だから生態系云々の批判はまだ聞けるがこの手の動物愛護の批判は私をひどく暗い
気持ちにさせる。と同時に激昂させる。

005_convert_20130211122157.jpg

数々の苦難を乗り越えてなんとか繫殖に成功して利益を得たら商業的なの?
まぁ飼育自体を嫌う風潮もあるが生き物の家畜化の終わりを勝手に決めんな!

012_convert_20130211122253.jpg

純粋な科学としての動物学の研究にも飼育による検証はつきものだ。
フィールドワークによって調べられる事とそれには向かない事がある。
多くの昼行性トカゲもそうだがヤモリのような夜行性種はよけいに
観察や追跡が容易ではなく、飼育個体を使った方がよりスムーズに
繁殖行動や採餌行動の観察ができるし、野生にストレスをかけること
もない。繫殖における孵卵に限っては飼育下でしか知見は得られない。

008_convert_20130211122225.jpg

長年我が家に巣食うアオジタトカゲ
013_convert_20130211122325.jpg

それは研究者がやるって?違う。同じ環境で得た結果は単一に近いものだし
データとしても乏しい。累代繫殖に成功してても同一の環境で生まれ育った
ものは同じ事が原因で全部滅びるしそれをもって広く取ったデータとは呼べない。
一般に広く飼われているから、教えられて偏った学識ではないからこそ多様で
意外な知見が得られる。

我が家のコロニーは自然界の個体とくらべて何かを著しく欠いているだろうか
ガーゴイルゲッコー
018_convert_20130211124153.jpg

我々、繫殖家、愛好家はこの趣味を楽しむうえで批判される事も多い。
こうした批判で考えさせられる事によって時間を無駄にする事もあるが
闘争的な気分にさせてくれてより正しく商売して行こうという気概にも
させてくれる。自分でもんもんと考えるだけでなくこうやって文章にする
事も普段ほとんど使わない脳の部分を活性化できてその点ではイイのかも。

ともあれ、近年ますますこの趣味に関して風当たりはきついね。

今日はここまで!また、次回~
スポンサーサイト
モリドラゴンDAY

なんかおもしろい生体いないかなー
とカメラを持ってうろうろ (自分ちの中をね)


これなんかどうでしょう


001_convert_20121115224224.jpg

ドリアエモリドラゴンのオスです
成熟しきって完全にまっ茶っ茶

特大ケージで悠々と過ごしています(同居人も多いけどね)

中央にいるカメレオンモリドラゴンと比べると
KING OF モリドラゴンと言ってもいいくらいの風格

とは言ってもカメモリも中々イイ線いってます

002_convert_20121115224248.jpg

まだ立ち上げ途中ですが

威風堂々の構え
ブルーとオレンジのコントラストがすばらしい
これから種親にすべくじっくり育てていくつもりです
どのトカゲもオスって飼いにくいんですよね

ついでにベビーの画像でも

005_convert_20121115224559.jpg

ちょっとは大きくなったのかな
毎日見てるとわかりにくい
相変わらず手乗り上手

逆さにしても落ちなーい

008_convert_20121115224414.jpg

愉快な習性です





最後はスベヒタイヘラオヤモリ

007_convert_20121115224457.jpg

このどてっ腹がたまらない
大型ヤモリなのでホントによく食べる
持つとかなりの重量感
白いお腹も魅力的(背中はヒョウ柄)

画像に竹が写ってますが
いつも逆さまになって張り付いており
ゴハン時にはいつでもいったるで体制でお待ちになっています
ヘラオヤモリ属(Uroplatus)はTreeMateのもっとも愛する一群です
なんとしても累代繁殖させていかなければならない種類だと思っております
つっても結局は繁殖するしないはヤモリ次第なんですけどね
いくら可愛がって生態を研究してもヤモリの気持ちがわかるのはヤモリだけ


これからも繁殖研究励みたいと思います ではまた次回
いい感じに育ってきました

わんこの散歩の途中でうんちをするのが常ですが
今日は回収袋を忘れてしまいあせったのですが
冷静になって後で回収に戻ろうといったん帰りました
自転車で現場に戻るとヤツが冷えて待っていましたよ
なんだか哀愁を感じてしまいました



さて今回はカメレオンモリドラゴンのベビーのその後をお伝えします

体型がしっかりしてきて
ずいぶん育てやすくなってきました

逕サ蜒・4106_convert_20121006235121

手に取るとガシッと指に掴まってくるので
いとおしくてたまりません

普段は枝に張り付いてます

逕サ蜒・4097_convert_20121006235022

エサを撒くとぴょんと降りて捕獲していきます

同じようなサイズを複数飼育してるのですが
どの個体も模様が同じで個体差がない
観察するときは全体を見回して
特に異常がなければOk

こんな調子でこれからも育っていくでしょう
いい感じに大きくなったら
カメモリ飼育を始めてみませんか?


4ヶ月ほど飼育したらこんな感じに育ちます

逕サ蜒・4111_convert_20121006234926

ずいぶんカメモリらしくなりました

アップです

逕サ蜒・4113_convert_20121006234634

カスクがふっくらしてるのが
いかにも繁殖個体って感じ
欠損もないですし
性格もワイルドよりはおっとりです

ノドの辺りに黄色の線が出はじめ
どうやらオスらしい
どういう風に大人になるのか楽しみです



販売してるのはベビーのみですが
興味のある方はこちらまでお問い合わせください

 treemate@hotmail.co.jp
080-5669-3685




〈繁殖状況〉

オビタマヤモリが産卵

逕サ蜒・4102_convert_20121006235607

ご苦労様でした


キャットゲッコーの卵

逕サ蜒・4104_convert_20121006235249

2つが繋がっているので
放さず孵卵床にイン

最近産卵の波に乗ったキャットゲッコー
小さいベビーもいるのですがとても順調に育ってます
いい感じに育ったら販売いたします



クレステッドゲッコー

逕サ蜒・4096_convert_20121006234437

逕サ蜒・4118_convert_20121006234537



ここまでお付き合いいただきありがとうございました
また次回もお付き合いください

晴れた日の休日
久々に晴れました

たまにはお出かけしたい!
輸入車ショーが近場で開かれていたので
旦那と見にいってきました
好きな車に触り放題なのが良かった

私のNO

逕サ蜒・3390_convert_20120709003442

ジャガーのスポーツ  
実は運転席に乗ってます 昔のケーニッヒを思わせます
細部にこだわっていてすばらしかった 
小さめの家が買えるくらいの値段でした

旦那のNO

逕サ蜒・3389_convert_20120709003315

マセラッティのスポーツ
ご満悦で乗車中
憧れのマセラッティを見れて目がキラキラしてました(北方謙三ファン)

一通り見て帰る途中に感想を言い合う 
結論はやっぱり国産車がいいよねってなる
現行日産GT-Rがベストかな~って言ってると(ベスト2はハコスカGT-R HT)
後ろから走ってきてびっくりした
(仕様は好みではなかったけど)
あまり見かけないですから
どういう仕事したらあんな車に乗れるんでしょうか
ぽよぽよヤモリを繁殖してるだけでは無理そうです


家に帰ったら現実が待っています
せっせとお世話


今回はブリーデイングルームは特に変化がないので
育っている子を紹介します


カメレオンモリドラゴン

逕サ蜒・3397_convert_20120709004103

逕サ蜒・3396_convert_20120709004018

順調に育っていきます
手に取るとぴたっとくっついてきて
かわいさにハッとします

この個体意外のベビーを販売中


キャットゲッコー(ボルネオ・グリーン・アイ)

逕サ蜒・3391_convert_20120709003638

逕サ蜒・3392_convert_20120709003722

赤みが強いのは繁殖個体だからでしょうか
お顔もかわいいです

この子は旦那の溺愛ゲッコーなので
販売はしておりません
ご安心下さい またハッチしてきますから



クレステッドゲッコー

逕サ蜒・3400_convert_20120709003840

逕サ蜒・3394_convert_20120709003804

最近ショッピングカートに載せたクレス
前の画像は少しカラーがボケていたのですが
今回はキレイに撮れてます


クレステッドゲッコーのカラーは
基本的にはより美しくなっていきます
自分で育てて実感しているのですが
セミアダルトくらいになると急に開花します
すべてのクレスに言えると限りません
あくまで当店で繁殖した個体での実感です
お客様からも最近急にキレイになって驚いてると
嬉しい報告をいただきクレスの底力を思い知っているところです
美しさを保つには健康であることが1番ですよ


産卵情報

ガーゴイルゲッコーが産卵しました
逕サ蜒・3388_convert_20120709003530

誰が産んだかわかりませんが
こういう大きい卵を産んでくれるメスは
大体想像つきます
いつも感謝しています


なんやかんやの問い合わせ先
 treemate@hotmail.co.jp
 080-5669-3685



ではこの辺で失礼します


レプタイルズフィーバー2012 その2
いやーついに明日がレプタイルズフィーバーです

久々のイベントで少々緊張気味


イベントに連れて行く生体の一部を紹介

カメレオンモリドラゴン

オス
逕サ蜒・3322_convert_20120629205812

メス
逕サ蜒・3325_convert_20120629205525

チビ達
逕サ蜒・3321_convert_20120629205856

逕サ蜒・3323_convert_20120629205700

好みに応じて選んでくださいね


次はタランチュラ《メキシカンファイヤーレッグ×メキシカンレッドニー》  

逕サ蜒・3326_convert_20120629205439

数匹連れていきますので
早めに選んでゲットしてください



ここからはハッチ情報になります

キャットゲッコーが産卵しました

とっても久しぶりです
有精卵なので孵ってくれるといいな

逕サ蜒・3328_convert_20120629205343


親はこんなん

逕サ蜒・3320_convert_20120629204416

親子写真
真ん中にいるのは脱皮中のヤング
ここまでなんとか育ちました
本当は親子ではなく別の赤いメスの子供 彼女は先に旅立ちました
キャットの産卵がまた始まったのはずっと行方不明だったオスがしばらくまえに
帰ってきたからです飼育部屋の中でニホンヤモリのように半野生
で生き延びていて、プリプリでした太い
でもエサに不自由しなくても女にゃ飢えてたみたいで、連れて帰ってすぐ交尾
またブリード再開です


今日はこれくらいにしてまた準備に戻ります



プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR