*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
ヘルメットイグアナ
おそらく、多くの人がそうであるように私も付録につられて雑誌買います。
今や雑誌社で付録がない方が珍しい。

とは言え、ちょっとこれはまじで欲しいなって思う付録のやつがあったとしても、
いくら付録が良くってもその雑誌の服が趣味じゃない場合はさすがに買えん。
付録目当てで買うんだけど、まったく読みもしないだろうものってのはね・・・
DSC00263_convert_20171015223841.jpg
先週末は、ちょこっと体調が回復したんで久しぶりに外で飲みました。
過疎地の徳島は週末の夕方だってのに電車もガラガラ、駅前も静かなもの。
予約してないけど金曜に大丈夫かな?大丈夫だよ、人いねぇもん(笑)
ふぅ。終わるな・・この町も。

かつて川沿いのこの広場はワキにクルマ停めて若者でごったかえしていた。
ハイドロ組んだローライダーが大きな車体を軋ませながらホップし火花散らす、
オーディオカーは盛大に惜しみなく腹にくる重低音と光を撒き散らかしていた。
けたたましい4発の直管コールが何度も往復してそれをセダンが追いかけてく。
ナンパ待ちの女の子の髪やスカートが川からの風に揺れてアクセは光を弾く。
6連ホーンのゴッドファーザーが口説きの失敗を告げるかのように鳴り響く。
笑!青春グラフィティ?徳島駅前90年代末期若者の肖像ですか(笑)
くだらねぇ。 でも静かになった様は季節のせいもあり少しだけ哀愁を感じます。

ぎんなん。
DSC00297_convert_20171015224029.jpg
ここのハイボールは美味かった。 なんか日本のウイスキーだったな。
濃くってね、ちょっと酔いました。もうちょっと炭酸きつい方が好みだけど。
でもまぁ炭酸入りレモン水みたいな薄いの出す店よりはマシです。


スベヒタイヘルメットイグアナ
DSC00324_convert_20171015224623.jpg
相変わらず、絵になる。
まだ本領は発揮していませんが、それでもその静かな佇まいに溜息をつく。
DSC00329_convert_20171015224701.jpg
時折、ハッとするぐらいに森林色してる瞬間があり撮影したいが難しい。
植物を多く配したビバリウムで飼育したいですよね、それでこその森林棲。
DSC00326_convert_20171015224635.jpg
いつか、立ち上がって完全体になった姿をご覧にいれましょう。
それ見たら勃ち上がるのはきっとあなたの方

客も来ないし、問い合わせもとくに来ない。
友達はこの前誕生日で・・いくつになったって?来月はあたしの誕生日。
もういい歳です。まったく・・・将来が楽しみでしょうがないです(笑)
ヘルメットイグアナがどうとか付録がどうとか言ってる場合でしょうか?
DSC00279_convert_20171015225544.jpg
樹上性の種は行動範囲が枝の上に限定されルートがルーティンになる。
この仲間はケージ側面にも指先のラメラで吸着できるが枝の上を好む。
なるべくこういった種には枝を多く配し選択肢を多く与えて飼育している。
ここで考えるのはある程度開けた場所を活動圏とする彼等の地理認識。

ネフーオセアニアモリヤモリは樹の低所で活動し枝というよりは樹の幹。
樹上性というよりはいわゆる壁チョロだが休む時は地上の物陰を利用する。
倒木や岩、落ち葉の下だろうか。地上にまったく下りないタイプではない。
DSC00316_convert_20171015224600.jpg
クチサケやラコダクに比べると地面への依存度が高く、障害物に慣れてる。
樹幹や樹間の空中に張り出した開けた場所を活動する種は移動が単純だ。
地上を徘徊する種は地理認識までいかないが迂回する事を知っている。
DSC00292_convert_20171015225623.jpg
頻繁に立体活動を行うトラフフトユビヤモリも壁面移動する種類ではあるが
地面へのアプローチ度合いは高い。地上で普通に採餌を行う。
これがイロワケヤモリの仲間になるとより地上に精通し、たくみに障害物を
乗り越えケージ内に手を入れても逃げる方向の多様性を見せつけてくる。

だが、開けた場所に棲むものほど逃げ方が単純な気がする。パターン化。
知性とか知能とか言う話ではなく、生活様式が得手、不得手を決めてしまう。
進化の過程上、どの部分にウェイトを置くかという事なのでしょう。

地上、半地中生活を送るものの中にはスカベンジャー的な種類が多い。
食性は種にとって繁栄度とある程度は脳の発達にも関係してくる。
DSC00310_convert_20171015224539.jpg
ベタベタな話題だが利潤率。 コストがどーとかって聞き飽きた内容。
ものすごく極端に言えば草や葉っぱ食べる動物は頭が悪いでしょうね。
私の好きな可愛らしいパンダはどうみてもクマよりもアホっぽく見えます。
DSC00236_convert_20171012211752.jpg
考えなくてもその辺にあるもの食べるからね、そりゃそうでしょうけど。
サルなんかでは脳の重さまで食性によって変わってくる。
それをそのまま爬虫類に当てはめるとかなり強引で見当違いではありますが。

得やすい餌を食べるのものと食性の幅が広い雑食。
このベタな理論をトカゲを基準に当てはめるのはかなり難しくなります。
基本的に代謝率が哺乳類とは違いますから。でも多少は当てはまる。
DSC00333_convert_20171015224712.jpg
ホソユビミカドヤモリのように何でもは食べないけど雑食性の視力が発達した
種類は飼育下でしばしば神経質さを感じさせその顔に少しだけ知性を感じる。
雑食性ってだけで学習しなければならない事が多い気がします。

別にカーストはどうでもいいですよ、頭が良かったとして偉いとかではない。
飼育していて「あ、こいついま考えてるな、迷ってるな?」と感じたときには、
少し困らせてやろう、的な意地悪をしかけて反応を見てるだけです(笑)
逆に「こいつらってほんと何も考えてねぇよな」と思う瞬間も愛おしくなります。

ヒマか? もうちょっと危機感を持ち営業努力をしなさい、ってところですね。
頑張ります。


では、また次回~


スポンサーサイト
スベヒタイ
はーい、やっと風邪が治ってきた感じのTreeMateです。

愛好家の皆様、また冷えて来ましたのでご自愛ください。

案外ね、マニアって飼ってる生き物には温度とか敏感で心配しすぎ?
ってくらい過保護に対策するけど、自分の事はおろそかになりがち。
身体が資本ですよ、寝る前はしっかり水分摂ってくださいね。

DSC00231_convert_20171005003621.jpg

昨晩、アウトレイジを観に行きましてね、迫力があって良かったですよ。
観てない方もいらっしゃるでしょうから内容についての感想は控えます。
ただね、子供の時分から東映や松竹で任侠映画を観て来た私としては
この2017年にやくざ映画にあれだけ人が入るってのが嬉しいですね

DSC00232_convert_20171005003525.jpg

ベタベタなのがやくざ映画の良いところ。
単純なストーリーが良い。やくざ映画のだいたいは物語の軸は跡目争い。
みんな跡を取りたい。けど取れない、だから裏切り、策略、謀。
でも損得関係なく義理を重んじて仁義を欠かない侠客は復讐に燃える。

DSC00212_convert_20171004230431.jpg

個人的にはアウトレイジは第一作目が一番好き。
トップは常に下が力を持つのを警戒し資金源に色気を出し潰そうとする。
そして下の方も親子盃もなんのその、平気で親でも弾く(ひく)外道っぷり。
まさに全員悪人に相応しい。任侠ではなく極道な感じがして。
トップの北村総一郎が子組の若頭の杉本哲太に言うんだよね、
跡を取りたきゃ親の恥を雪げ。あれが良い!ひでぇ、外道!って感じで(笑)

さておき、見事なゴシキゴナトデスでしょう?
色彩も相当派手ですがそのガッシリした体躯も素晴らしい。生命感漲る。
見たい時にはたいてい物陰に隠れてるんですが、ふとした瞬間に目が合う。
午前中の柔らかな白い光の中、ひょっこりと茂みから陽だまりに姿を現す。
カメラ向けるとピント合う前にさっと消えるんですが。シャイな子・・・(笑)
ケージが小さいので窓際は考え物ですけどね、すぐにオーバーヒートしがち。

オーバーヒートとは言っても全体的に夜間気温は下がり光周期は短くなる。
この辺とか、
DSC09853_convert_20170909203657.jpg
この辺とかが一昨日ぐらいからなんかウィンタークーリングモード?
DSC09399_convert_20170823204040.jpg
クーリング・・・とかっていう種類かな?まぁ多少はありますよ、どの種でも。
明確な冬がある故郷なのかどうか、まぁ様子見ながら試すしかないですね。
ゼンマイはなんかソレっぽいけどアミーバちゃんってどうなんかな?

で、コイツラは逆に数日前からなんか急に活発になってくるという・・・
DSC00245_convert_20171012211811.jpg
しばら~く姿見えなくて、たまに掘り起こしては生存を確認する数ヶ月。
なんで今、目覚めるの?マダガスカルが南半球だからってここ飼育下よ?
とにかく、起きてんなら散水をもっと大量に頻繁に行う。水は生命の息吹よ。

このあいだ、友人と仕事の電話してて「あ、ゾノサウルス要りませんか?」
「わたしもカーステンをトリオで持ってるの。まとめて要りません?」
「・・・はい、では聞かなかった事に」 だって(笑)ひっでぇよな、いいトカゲよ?

確かに、商売としてそんなに将来性があるネタではない。
だけどわたし結構好きなんだよね、飼ってると面白いし可愛い仕草も見せる。
色彩も美しく観賞価値も高く非常に丈夫でサイズ感も大きすぎず小さすぎず。
だがそれらの特徴は何もコイツラである必要がないのも確かだ(笑)

こちらは、同じマダガスカル産でも対照的な人気を誇る不動のセンター。
DSC00251_convert_20171012211835.jpg
毎日、アホみたいに食って目で見てサイズアップしていくベビーたち。
見た目に成長し逆にコオロギなど餌類は目減りしていくという・・・
Y31シーマかZ30のフューエルメーターばりに目減りしていく。コスパ・・(笑)
一目で南東部の個体群。特徴出まくってるでしょう、期待が持てます。
あと一月ちょっとで仕上げて見せますからね、買ってください。

と、ちょっとシブイのいっときますか?
こういったものは案外ノスタルジックな感慨に浸れるでしょう?
DSC00240_convert_20171012211945.jpg
最近ではまず目にしない。いやぁ、たまらんねぇ、この粗野な感じ
地衣類や枯葉に紛れて昆虫を狙う熱帯雨林の静かなる狩人なのか。

こちらは女の子で、やや赤っぽい体色。クレストの風穴が良いアクセント!
DSC00243_convert_20171012211959.jpg
久しぶりに、テンションが上がった今日この頃でございます。
バシリスクやイグアナというよりはモリドラゴンって印象ですよね。
トギレなんかは鱗も小さく皮膚が滑らかで新世界っぽさもあるんですが、
こちらは四肢のガサガサ感とかがまるでアガマ科の一種のよう。
収斂のカウンターパートとかそんな言い方したらたまらなくベタですね(笑)

古い図鑑ではモリドラゴンはモリトカゲってなってるんですけど。
日本語綴りならちょっとダサイけどモリトカゲの方が整合性がある気もします。
かと言ってレインフォレスト・ドラゴンなんて英語読みしても長いですしね。
そう考えればモリドラゴンってなかなか良く出来た名に思えてきた。

ああ、こんなこと言ってたら勘違いする人いるかも。
コイツはモリトカゲじゃなくてヘルメットイグアナね(笑)
わたしはしばらくはご機嫌よ





神戸ぶりくら!ありがとう!
こんばんは

季節の変わり目にきちんと体調崩したTreeMateです。

ちょっと遅くなりましたが、ぶりくら無事終了!
ご来場くださり、あまつさえ当ブースにお立ち寄りいただきお買い上げ、
この上原、心から顔射感激でございます。ええ、息も出来ないくらい(笑)

常連様、いつも差し入れありがとうございます。
買ってもらった上に差し入れって・・・よろしいんでしょうか?
そうですか、それではありがたく頂戴いたします。
ええ、若いもんは遠慮なんてしては可愛げない、そう言われ育ちました。

主催者、同業の方々、いつもながらお世話になりました。

実は土曜からかなり体調ヤバくて・・・生体は絶好調なんですが。
日曜の朝、「うん、今日ムリ!」と思ったのですがもう行くしかない(笑)
薬飲んでチョコBをキメて刹活孔を突いて勝負に臨みました。

会場画像はこれだけ
DSC00223_convert_20171004230531.jpg
あらぁ、さっこちゃん。今日もお肌プルプルね、キレイよ。
オバサンちょっと横に立たれるのキツイわ、ねぇ?
なんで黒カブリしてんの?ねぇ、今日法事なの?ぶりくら法事なの?

終了後は珍しくソッコーで帰路につきました。すでに顔面崩壊・・・
淡路のSAでカツ丼とうどんセットを注文。もちろん2人でシェア。
DSC00201_convert_20171004230503.jpg
別にパーキングのメシ食う銭もねーワケじゃありませんことよ?
オバハンになるとカツ丼の1人前とか無理なのよ。後で後悔する。
しかし、熱出るとどうしてあんなにお腹空くんでしょうね。
やっぱり熱で代謝上がってるぶん消費するんでしょうね、食欲だけはある。
DSC00219_convert_20171004230515.jpg
ほら、後みろよ相棒?ボーダーいるべ?だから中は白着ろって言ったのよ。
ローラが言ってたぞ?「私はボーダーは着ない」って(笑)

カメレオンはいなくなり、クレスもほぼいなくなった。(帰ればいっぱいいますよ?)
流木もよく売れた。
いい感じです。 ああ、しんどかったけど行って良かった!
現金ほど甘美なものはありません。

それにブリーダーズイベント特有の雰囲気があっていいですね。
制限があるのに自由を感じる空気。やっぱ好きですね、ぶりくら。
体調が良ければもっと良かったんですけどね。

もー家帰って化粧落として着替えて録画してあるアウトレイジ観るー!
と、思ったのですが、生き物飼いは自分の都合では休めません。
水は飲ませなければならないし、臨月のメスには少しでも栄養を摂らせたい。
インキュベーター覗けば気分良くハッチしてやがる・・・おめでとう。
1回やり出したらハイになっちゃって結局、朝方までメンテナンス・・・
おかげで全然、回復してません(笑)

しつこいけどリゴソマ画像いっとく?
DSC00153_convert_20171004230602.jpg
はぁ・・やたら癒されます。この光沢、色、フォルム、デカさ・・
DSC00154_convert_20171004230617.jpg
案外、手で掬うとそんなに身悶えないんですよね、可愛いです
DSC00158_convert_20171004230629.jpg
さぁ、今日こそは早く寝よう!

おやすみなさーい





ぶりくら
こんばんは

変態奴隷商人TreeMateです。

こんな事言っていいものかどうか・・
まぁウチに来たお客さんはよく知ってると思うんだけどね。

あたしって、よく生体逃がす。 あ、もちろん部屋ん中でね。
よくないよ、小型種が目の大きな網のケージ内に入れば食われてしまう。
大型種が逃げたら上開き衣装ケース飼育の中に入れば皆殺しにされる。
絶対に何をおいてもすべての予定を中止して捜索しなければならない。
今、この時、気付いた時点で!後回しにはできない。

そういう時さ、バカみたいだけどトカゲの気持ちになるよね。
種の習性に応じて、「あたしだったら、ここからまずこのコードを上る」とか。
それがさ、えらいもんで読めてくるって言うかさ、結構な確率で的中する。
ここから、ここだろ、そして普通ならここ通る、これは避けて・・あ、いた!
第3候補ぐらいまでで見つけてしまう。光に寄っていくとかなんだかで・・
良くないよ、良くないんだけど・・自分でも流石だなぁ、動物を識ってると(笑)
これが、相方のTreeMate2号の能力が神がかっている。千里眼か、オマエ?
はい、今後はもっと落ち着いてメンテします。食われた子の魂に誓って。

つまりこういう事よ、飼育をする際にはトカゲの気持ちになろう。
私の悪癖の例題はともかく、敵を識る事は当然、飼育の成否にも繋がる。
いつだって、ヤツラの側に立って考える。 だからこそ騙せるんだ。
ここは囚われの牢ではない、愛すべき故郷だ。安心して暮らし子を残せ、と。

あ、日曜ぶりくら。
まー締め切り間際に応募したし、ニコイチブースって制限まで付けたからね、
場所はお世辞にも良くない(笑) いや、全然いいんだけど、出れるだけで。

逆に場所はわかりやすくはなってるからさ、ちょっと立ち寄って見てよ?
偉そうにのたまうクソババアはどんなツラしてやがんだ?的な感じでさ。

でも、腐っても私は商業ブリーダー。 悪いもんは置いてないぜ?
そんな珍しいもんもないけどね、出品品目自体は少ない。

まず、私としては久しぶりの、
パンサーカメレオン
DSC00187_convert_20170928232817.jpg
久しぶりに出そうと思ったら結構パンサー屋いるじゃねぇか!
やべぇな・・・ちょっと目立つと思ったのによ?上手くいかないね。

南東部の青/白系。結構エグイと思いますよ、ギラつく青を発色する。
ノシ・ボラハってんでもない気がする。青がイヤラシイ。下品な感じ。
生後約1ヶ月とちょっと。2ヶ月は経ってないと思うよ。どうかな?
2回脱皮で3回目が始まっている。成長は遅くない。
加温とかで無理に代謝上げたりせず涼しく自然に育てた良い成長だ。
DSC00182_convert_20170928232845.jpg
出来るだけバラエティ豊富な餌とサイズの強弱でさらに食材豊富に見せる。
なぁ、野生種ってたぶんめちゃくちゃ成長早いよなぁ?それには勝てない。
だけど少しでも野生に近づけたい。そう意識して育てました。
DSC00195_convert_20170928232800.jpg
ちょっと腹部に赤が差す子とかいてね、まぁこの辺が南東部。安定しない。
パンサーって地域によっては明らかに形質が違うタクソンがあるのは有名。
でもさペットで扱うモルフ的に「このタクソンは必ずこういう表現」てのは妄信。
とくに東海岸の連中はその表現の幅が広い。だから色は制限があるが様々。
DSC00186_convert_20170928232832.jpg
でも、特有の特徴はすでに幼体でも出てくる。顔付きや体型などは南東部。
大型化し全体的にゴツくなりそのフォルムは尖ってない。
サンバーバまで北上すると少し尖って見えるんですよね、この辺が境かな。

数年ぶりのパンサー出品ですが、ウデは鈍っていませんよ、むしろ研げる。
最も金を使い、最も屍を積み上げた思い入れと因縁の深い種類だ。
そうですよね、大恩ある亀岡建寿先生?
おれはあんたから免許皆伝を許された唯一の養殖家でしょう?
おれこそが、この上原こそが生涯壱マニアを継ぐもの。
カメレオン続けます。

お次は、バルバータスカメレオンモドキ
DSC00178_convert_20170928232913.jpg
バルばっかりです。ポルカスは1頭だけ。
もうちょっとしたらポルカスも出てくるんだけどなぁ、間に合わなかった。
バルバータスもあんま大きくない。けどバクバク食うからめちゃ成長早い。
DSC00176_convert_20170928232900.jpg
飼育はなんて事はない。水吹いてバラッとコオロギ撒いとけば食うよ。
手からあげれば状態も給餌量もより厳密に把握できてより良い。
餌付けるとか餌付かないとかって問題の種類じゃないんだ、飼える。
よく難しく考えてる方もおられますがブースで気軽に質問してみてよ。
しつこいぐらい説明するから。優しく丁寧にしゃべり倒します。
説明聞いたからって買わなくてもよい。聞いてヤメるためでもあるんだ。

けど、あれはナシな。
「さっき向こうのブースで買った子なんですけどぉ、環境はどんな?」
こういうのマジでいるんだよ、結構いる。 知らねーよ、そこで聞け!

クレステッドゲッコウ
DSC00169_convert_20170928232959.jpg
クソほど殖えるがまだ小さい。
良いサイズのは四国SBSであらかた捌けちゃってね、小ぶりサイズ。

手からでもバラ撒いても一心不乱にアタックしてコオロギ食べる。
もちろんゴキブリでも何でも無理だろ?ってサイズでも食いつく。
DSC00170_convert_20170928233026.jpg
練り餌はすぐ食べる子もいるけどあんま好きじゃない子もいる。
けど成長にしたがってやがてみんな大好きになる。クレスはね。
ジャイゲやガーゴは練り餌の方がすぐ餌付くんだけど。
でも、まぁ、逆よりかはマシよ、虫食わなきゃハナシにならない。
昆虫で育てる大切さは理解しなくてはいけない。

カラーとしては色々だけどパターンレス系が多いですかね。
そんな見た目に派手とか美しいとかいったベビー達ではない。
でも、毛並みは悪いが血筋は良いぜ?
頭部の大きなスレンダーな体型の自慢のベビー達です。
DSC00173_convert_20170928233038.jpg
選んで良い血統で繁殖してますし、育て方にもこだわってます。
DSC00175_convert_20170928233050.jpg
めちゃめちゃ元気ですので是非、ブースまで見に来てください。

ガーゴイルゲッコウ
DSC00162_convert_20170928232927.jpg
ホソユビミカドヤモリほど撮りにくい種類もいない。
今、わたしが見えているように写れ!と思いますね、上手く撮れない。
DSC00164_convert_20170928232940.jpg
少しクレスよりクセがありますが丈夫で長寿で良いヤモリ!
こちらはベビーからちょっと育ったサイズまでラインナップ!
まぁ、連中とも付き合い長いからね。それなりに語れますよ。
うちで買ったお客さんは皆さん繁殖成績いいんですよ。
是非、ブースまで。ババアの薀蓄でも聞きにきてください。
「向こうで買った子なんですけどぉ」はナシな。

あと、撮影が少々困難なものがちょっといますがそれは割愛。

皆さん、日曜は宜しくお願い致します。
では、会場で~



エメツリ
こんばんは
陽が落ちると寒いですね、私冷え症なんで靴下履いてます。
でも昼間そこそこ暑いし着るもんに困りますね。
冒頭の挨拶、自分でもつまんない事言うなぁ、と自覚あります。
言葉が浮かばない養殖家TreeMateです。

パンサーちびが予想通りにきちんと6ヶ月で出てくるから忙しい。
DSC00081_convert_20170926185701.jpg
前回より少し小振りな気もするが卵数は多く全卵ハッチ。
1頭だけ出てきてすぐ死んじゃったけどね、他の子はやたら元気一杯です。

ちびかわいいねー。 ・・・かわいいか?  まぁ、普通。
DSC00082_convert_20170926185712.jpg
どっちかってーと、おれはナシ~って感じ。 このネタ知ってるよな?
DSC00087_convert_20170926185732.jpg
しかし生活にメリハリが出て良いかもですね。
好きな時に食い、好きな時に寝る。好きな時に・・・女は抱きませんが。
まるで雲のジュウザのように無頼を気取ってる私ですがちびがいるとね・・
朝しっかり起きてやさし~く水与えてますよ、ライト点けて消して調節して。

ポピュラーなCB種パンサーカメレオンでもやる事やらないとすぐ弱ります。
でもマメに世話すりゃその分、期待に応えてくれる。
DSC00084_convert_20170926185753.jpg
育てるのは手法が難しいというより手間ヒマかかるんですよね、とにかく。
卵の管理から何から、とにかく見てなきゃならないトカゲなんですよね。
DSC00112_convert_20170926185811.jpg
しかもそれ一生だからね、親になっても結構マジに見てないと弱ってくる。
どんな種類のトカゲでもそうだって?少し違うと思うよ、カメレオンはまた。
私のお客さんは8年以上飼ったしゴリオの亀岡氏のアンバンは10年以上。
惜しみない愛情とその集中力に敬服致します。

この辺とかはあんまり見ないよね(笑) あ、餌でもやるか、みたいな。
DSC00104_convert_20170926185826.jpg
でも知らぬ間にまた何頭か抱卵してますねー、美味しいものあげますね。
DSC00105_convert_20170926185856.jpg
そんなもんさ。そういうところが好き。非常に接しやすい。
もちろんちゃんと見ないとヤバイくらい衰弱してたりするからサボリはNGよ。
でもカメレオンみたく生活習慣変えるほどではないからペットには相応しい。
コミュニケーションはまったく取れないがね。そこはカメレオンの勝ちかな。

なんか一部の種類が秋になってものすごく発情モードなんですけどぉ。
この「けどぉ」の小っさい「ぉ」が殺してやろうか?ってぐらいムカつくでしょ?
ウソ、殺さないでよ(笑)
若いコみたいにそぉいうの言ってみたかったのよ、見逃してよ!
DSC00127_convert_20170926185538.jpg
春のやつはぁ、半強制エコ飼育でぇ、熱帯種に無理矢理クーリング状態でぇ
たぶん体力的にダメってわかってたんだけどぉ、カッコつけの交尾画像だしぃ
今回はぁ、個別管理で太らせないよぉに体力付けての交尾だからぁ、
・・・やっぱあたしでは無理があるわ。40前だしね・・・
DSC00116_convert_20170926190829.jpg
で、今回はペアリングで数日にわたって何度もヤッてるし今度こそは・・・
と期待が高まります。おい、頼むぜ、エメ公、いっぺんベビー拝ませてくれ!
また美味しいもんあげるから!!

こちらは来年以降になると思われますが、ブリードより何より楽しいです。
DSC00129_convert_20170926185552.jpg
だんだんとね、この土飼ってるようなヤツが慣れて図々しくなるのが良い。
バレルスキンクもリッタースキンクも微妙な人馴れ(環境慣れ)を見せる。
DSC00130_convert_20170926185607.jpg
ああ、なぜかしら・・、昔からスキンク好きなのよね・・
私ってモリドラゴンとかラコダクとか森林棲樹上性種ってイメージがある。
そう言われるし、自分でも言ってきた。
けど、ほんとはこういう這いつくばってるヤツや潜るヤツ大好き・・・!
たぶん体型と動き。シュルシュルって蛇行して手から抜ける感じ。イイぜ。
DSC00131_convert_20170926185623.jpg
あとは、まぁ・・・放っておいてもいいよね。 飼育に疲れたなら癒しにならん。
さぁ、これからも集めよう。トカゲ科のトカゲを集めよう。

何遍も言うけどさ、カワウソみたいでしょ? え、違う?
よっしゃ、待っとれ、繁殖して実物見せちゃる。
今週末のぶりくらには間に合わんが。



プロフィール

miyabi。

Author:miyabi。
TreeMateというお店のブログで、自家繁殖をメインとしています。
カメレオンやヤモリとの楽しい暮らしを紹介します。
代表 上原 雅美
徳島県徳島市国府町府中349-1
E-mail treemate@hotmail.co.jp
第10268号 販売 第10412号 貸出
登録年月日 平成22年4月28日
有効期間  平成32年4月30日

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR